Jリーグ合同トライアウト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

Jリーグ合同トライアウト(ジェイリーグごうどうトライアウト)は、日本プロサッカー選手会日本プロサッカーリーグが合同で運営する、自由契約選手を対象としたトライアウトである。

概要[編集]

例年12月と1月に開催されている[1]《年度により12月のみ開催のケース有[注 1]》。これは、Jリーグの各クラブが所属選手に対して11月末を期限に契約更新の有無を通告し、翌年1月末ないし2月に新シーズンが始まるという日程が組まれていることによる[1][4]

対象となるのは同年のシーズン終了時にJリーグなどの所属クラブから来期の契約を結ばない旨通告された選手だが、これ以外でもトライアウトの前年以前に契約満了となった選手(つまり参加時には「無所属」の選手)もいる[5]

クラブ側からは、各クラブのスカウト、若しくは監督、ゼネラルマネージャーが参加して選手の評価を行う。スカウトを派遣するクラブはJリーグのクラブに限らず、日本フットボールリーグ(JFL)、もしくはそれ以下のカテゴリのクラブがスカウトを派遣する場合もある。

トライアウトは試合形式で行われる。2016年の場合はウォーミングアップを兼ねた7人vs7人のミニゲームを行った後、30分フルタイムの紅白戦2試合のスケジュールを初日・2日目の午前と午後でそれぞれ実施している[5]

歴史[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 過去、少なくとも2008・2015両年度に於ける合同トライアウトは12月のみ2日間の開催だった[2][3]

出典[編集]

  1. ^ a b Jリーグ合同トライアウト”. Jリーグ選手協会(現・日本プロサッカー選手会) (2008年). 2016年11月23日閲覧。 ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  2. ^ Jリーグ合同トライアウト”. Jリーグ選手協会(現・日本プロサッカー選手会) (2010年). 2016年11月23日閲覧。 ※ 現在はインターネット・アーカイブ内に残存
  3. ^ a b 海江田哲朗(フリーライター) (2015年12月12日). “【Jリーグ】トライアウトで垣間見えた”ベテランの価値と矜持””. サッカーダイジェストWeb (日本スポーツ企画出版社). http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=13023 2016年11月23日閲覧. "全3頁構成。左表記リンクは1頁目(→P2P3)" 《→アーカイブ(P1P2P3)》
  4. ^ a b 合同トライアウト(合同入団テスト)”. Jリーグ選手協会(現・日本プロサッカー選手会) (2003年). 2016年11月23日閲覧。 ※ 現在はインターネット・アーカイブ内に残存
  5. ^ a b c サッカー:2016 JPFAトライアウト 第1回”. スポーツナビ. Yahoo! JAPAN (2016年12月8日). 2016年12月26日閲覧。
  6. ^ 【合同トライアウト】J2選手中心74選手が参加”. スポーツ報知 (2014年12月4日). 2015年1月17日閲覧。
  7. ^ 2014 JPFAトライアウト 1回目”. スポーツナビ (2014年12月3日). 2015年1月17日閲覧。
  8. ^ 2014 JPFAトライアウト 2回目”. スポーツナビ (2014年12月16日). 2015年1月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]