東日本大震災復興支援 Jリーグスペシャルマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東日本大震災復興支援 Jリーグスペシャルマッチ(ひがしにほんだいしんさい・ふっこうしえん・Jリーグ・スペシャルマッチ)は、日本プロサッカーリーグ主催による、東日本大震災被災地を支援するための慈善試合である。2012年から日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の公式行事として開催されている。

概要[編集]

Jリーグは東日本大震災発生直後から『チカラをひとつに。-TEAM AS ONE』をスローガンに、震災被災地の復興支援活動を続けており、その一環として開催される慈善試合である。

Jリーグによるチャリティーマッチとしては、震災直後の2011年3月29日に、長居陸上競技場(長居スタジアム)で、当初国際Aマッチでの試合が予定されたサッカー日本代表と、日本代表以外から選出したJリーグ選抜の「TEAM AS ONE」による「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」が行われており、この趣旨を引き継いで開催されるものである。

大会形式としては、かつて開催されていた「Jリーグオールスターサッカー」や「JOMOカップ Jリーグドリームマッチ」に類似した形式で、Jリーグ所属選手からファン投票によって出場選手を選出するオールスターゲーム形式によって行われる。「被災地支援」という側面もあることから、対戦チームの組み合わせは東西対抗形式などではなく、被災地選抜チーム「TEAM AS ONE」(クラブ施設およびホームスタジアムが被災したベガルタ仙台鹿島アントラーズと両チーム以外の東北地方出身選手および海外招待選手からの選抜メンバー)と、Jリーグ選抜(仙台・鹿島以外のJ1所属16チームからの選抜メンバー)による対戦となっている。

歴代大会結果[編集]

開催日 ホーム 結果 アウェー 会場 入場者数
1 2012年7月21日 Jリーグ TEAM AS ONE 4 - 0 Jリーグ選抜 カシマサッカースタジアム 23,760
2 2013年6月16日 Jリーグ TEAM AS ONE 2 - 1 Jリーグ選抜 国立霞ヶ丘競技場 41,246

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]