ギラヴァンツ北九州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギラヴァンツ北九州
原語表記 ギラヴァンツ北九州
呼称 ギラヴァンツ北九州
クラブカラー     イエロー[1]
創設年 1947年
所属リーグ 日本プロサッカーリーグ
所属ディビジョン J3リーグ
クラブライセンス J1
ホームタウン 福岡県北九州市[1]
ホームスタジアム バックスタンドからメインスタンドを見るミクニワールドスタジアム北九州[1]
収容人数 15,300[1]
運営法人 株式会社ギラヴァンツ北九州[1]
代表者 原憲一[1]
監督 日本の旗 原田武男
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社ギラヴァンツ北九州
Giravanz Kitakyushu Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 802-0001
福岡県北九州市小倉北区浅野3-1-26 あべりあ浅野ビル[2]
設立 2008年10月10日[3]
業種 サービス業
法人番号 8290801008429
事業内容 サッカークラブの運営
代表者 原憲一[1]
資本金 1億9,800万円 (2016年1月期)[4]
売上高 7億7,700万円 (2016年1月期)[4]
営業利益 500万円 (2016年1月期)[4]
経常利益 300万円 (2016年1月期)[4]
純利益 300万円 (2016年1月期)[4]
純資産 3,900万円 (2016年1月期)[4]
総資産 1億7,200万円 (2016年1月期)[4]
決算期 1月期
主要株主 ニューウェーブ北九州持株会 758株[3]
TOTO 200株[3]
安川電機 200株[3]
ゼンリン 180株[3]
外部リンク http://www.giravanz.jp
特記事項:2011年2月、株式会社ニューウェーブ北九州から商号変更。
テンプレートを表示

ギラヴァンツ北九州(ギラヴァンツきたきゅうしゅう、Giravanz Kitakyushu)は、日本福岡県北九州市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要[編集]

1947年に創部された三菱化成黒崎サッカー部が前身となり[1]2010年に九州地区ではロアッソ熊本に次いで5番目の、福岡県ではアビスパ福岡に次いで2番目のJリーグ加盟クラブとなった。運営会社は株式会社ギラヴァンツ北九州である(2011年2月に株式会社ニューウェーブ北九州から商号を変更)[1]

クラブ名称の「ギラヴァンツ」(Giravanz)はイタリア語で『ひまわり』(北九州市の市花)を意味する "Girasole" と『前進する』という意味の "Avanzare" を組合せた造語である[1]

北九州市1市をホームタウンとしている[1] が、北九州市周辺の自治体との間で「スポーツの振興や地域の活性化、住民サービスの向上を図ること」を目的とした「フレンドリータウン協定」を締結しており、2014年2月20日遠賀郡水巻町[5]を皮切りにを北九州市周辺の6市11町[注 1]と締結している。

チームマスコットは、ズグロカモメをモチーフとしたギラン(Giran)。2010年にウェービー(Wavy)より名称を変更している[1]

歴史[編集]

前史[編集]

1947年(昭和22年)、三菱化成工業黒崎工場(現・三菱化学黒崎事業所)内にサッカー部が創部[1]九州リーグではリーグ優勝7回の成績を納める。

2001年4月、北九州市と地元企業などが共同でJリーグ入りを目指す任意団体「北九州フットボールクラブ」を設立(2004年にNPO法人に移行)。2001年から三菱化学黒崎サッカー部の運営を引き受け[1]、市民主導のクラブチーム「ニューウェーブ北九州」として再出発する。2007年に九州リーグで優勝、全国地域サッカーリーグ決勝大会で準優勝し、翌年日本フットボールリーグ(JFL)へ昇格[1]。同年にはJリーグへの準加盟承認を受け[1]、同年に運営法人を株式会社化。2009年、JFLで4位の成績を収め、2010年からのJリーグ加盟が承認された[1]

2010年 - 2016年(J2)[編集]

2010年から2011年までの35戦未勝利の期間の戦績[11]
年度 会場 スコア 相手 年度 会場 スコア 相手
2010 4 Ksスタ 0-0△ 水戸   2010 23 鳴門大塚 4-4△ 徳島
5 本城 0-3● 千葉 24 本城 0-2●
6 富山 0-1● 富山 25 長良川球 0-1● FC岐阜
7 本城 1-1△ 栃木SC 26 本城 2-2△ 岡山
8 大銀ド 0-0△ 大分 27 本城 0-1● 草津
9 本城 0-1● FC岐阜 28 味スタ 0-4● 東京V
10 カンスタ 0-0△ 岡山 29 本城 1-1△ 大分
11 正田スタ 1-1△ 草津 30 栃木グ 0-2● 栃木SC
12 本城 0-1● 札幌 31 レベスタ 0-2● 福岡
13 ニンスタ 1-1△ 愛媛FC 32 本城 1-2● 富山
14 本城 0-1● 福岡 33 小瀬 0-6● 甲府
15 ベアスタ 2-3● 鳥栖 34 本城 0-3● 愛媛
16 本城 0-0△ 甲府 35 フクアリ 1-2● 千葉
17 日立柏 0-2● 36 本城 0-1● 鳥栖
18 本城 2-2△ 熊本 37 熊本 0-3● 熊本
20 本城 1-1△ 水戸 2011 1 本城 0-3● 千葉
21 札幌厚別 0-2● 札幌 8 本城 0-2● 鳥取
22 本城 1-4● 横浜FC 9 ニンスタ 3-0○ 愛媛

2010年[編集]

チームスローガン:感動創出

与那城ジョージが監督を続投(4年目)。商標上の問題から、2月にチーム名を「ギラヴァンツ北九州」と改めた(7月23日に商標登録を出願)[12]

甲府から時久省吾福岡から長野聡ウェリントン熊本から河端和哉水戸から村松潤を完全移籍で、から池元友樹(北九州へは4年ぶりの復帰)をレンタル移籍で獲得した。前シーズン途中に徳島よりレンタル移籍していた大島康明を完全移籍で獲得。さらにシーズン途中の7月に栃木SCからレオナルドペルセラ・ラモンガン英語版(インドネシア)から小森田友明を獲得した。

Jリーグ初戦は横浜FCに敗れたが、第3節(東京V戦)でJリーグ初勝利(及び初勝ち点)を挙げた。

その後は得点力不足(年間で2得点以上は全36試合の内4試合)および守備崩壊(無失点は全36試合の内5試合、第17節以降シーズン最終戦まで20試合連続計47失点、うち4失点3試合6失点1試合)に苦しみ、第33節の甲府戦に敗れリーグ戦1シーズン29試合連続勝ち試合なし(それまでは2003年シーズンの鳥栖)、11月20日の千葉に敗れリーグ戦31試合連続勝ち試合なしのそれぞれJリーグワースト記録を更新した(それまでは2003年から2004年シーズンの鳥栖)[13]

Jリーグ初年度は最下位で、リーグ戦年間1勝のJリーグ最少記録、リーグ戦ホームゲーム年間1勝も併せてJリーグワースト記録[注 2] で、リーグ戦アウェイゲーム年間無勝利は2003年の鳥栖に並ぶワーストタイ。シーズン終了後に与那城が監督を退任、三浦泰年が2011年2月1日付で後任監督に就任した[14]。ニューウェーブ北九州時代からプレーしてきた選手を含む多くの選手が退団・移籍した。

天皇杯は、9月5日に行われた2回戦で草津戦に勝利して、リーグ戦の東京V戦以来約5ヶ月半ぶりに公式戦勝利を挙げた[注 3]

2011年[編集]

チームスローガン:一心

2011年は、三浦に監督が交代した以外にコーチ陣も一新。新たにゴールキーパー専門のコーチも導入した。

また、清水から永畑祐樹札幌から佐藤優也川崎から木村祐志G大阪から安田晃大、栃木から宮本亨林祐征を完全移籍で、東京Vから福井諒司横浜FCから橋村祐太FC東京から森村昂太(前年度所属は水戸)をレンタル移籍で獲得。開幕後は3月に金水連(8月に契約解除、公式戦出場なし)、4月に呉勝録、7月に金鐘必と韓国人選手を獲得した。さらに前年度所属選手のうち、特別指定選手であった多田高行鹿屋体育大学)が正式に入団したほかレンタルだったレオナルドは完全移籍へ移行、池元友樹のレンタル期間も延長された。

一方で、7月に佐野裕哉SC相模原へレンタル移籍、河内勇太が契約満了により退団した。

2月9日から19日まで、長崎県島原市で前身を含め球団創設以来初となるキャンプを行い、主将に移籍1年目のMF木村が就任[15]

開幕戦(千葉戦)、東日本大震災による中断後の初戦(第8節・4月24日鳥取戦)と連敗したが、第9節(4月30日愛媛戦に勝利し、前年からの連続試合未勝利を35(12分23敗)で止めた。また、第13節(5月22日京都戦で初のホーム連勝、第14節(5月29日富山戦(ホーム)で初の連勝を飾った。

第19節(7月2日大分戦に勝利してバトルオブ九州初勝利。第23節(7月30日)でFC東京、第3節(8月5日)で徳島と当該節時点での首位を連破。また、第36節(11月20日)で同じく2位の鳥栖に勝利(後半戦19試合での鳥栖の敗戦はこの試合のみ)して、シーズン目標の「勝点56」を達成、順位も一時は5位へ上げた。

シーズンを通して、連敗は2度のみ(うち一度は開幕からの2連敗)で、最終順位は8位となり、前年の最下位から順位を上げた。

その一方で、Jリーグでのアンフェアなプレーによる反則ポイントは、2010年の125[16] から180[17] へと増加し、制裁措置となる反則金の金額も前年の60万円[16] から150万円[17] へと増えた。特に2011年シーズンでは反則ポイント・反則金の金額ともJ1・J2の38クラブを通じて最多であった[17]

天皇杯は、3回戦で名古屋に敗戦。

2012年[編集]

チームスローガン:一心(前年度より継続)

大宮から新井涼平(前年度所属はFC岐阜)、徳島から登尾顕徳水戸から常盤聡を完全移籍で、甲府から加部未蘭、東京Vからキローラン木鈴キローラン菜入高野光司清水から竹内涼横浜FMから端戸仁をレンタルで獲得した。さらに渡大生広島皆実高校)と、前年度特別指定選手だった武田大東京学芸大学)が入団した[18] ほか、よりレンタル移籍していた池元友樹FC東京からレンタル移籍していた森村昂太を完全移籍で獲得した。

一方で、重光貴葵桑原裕義が引退、河端和哉長崎へ移籍)、宮川大輔SC相模原へ移籍)、佐藤真也呉勝録が契約満了により退団し、時久省吾が岐阜へ完全移籍、水原大樹讃岐へレンタル移籍、東京Vからのレンタルだった福井諒司が復帰(その後、柏へ完全移籍)、佐野裕哉が相模原へ完全移籍した。

リーグ戦は、第7節終了時にJ1昇格プレーオフ圏内の6位に浮上。第28節の大分戦(8月12日)から第34節(9月17日)の千葉戦まで6勝1分の成績を残した。第29節(8月19日)の福岡ダービーで、過去3戦3敗の福岡に初勝利。また、バトルオブ九州も2連覇を達成した。

9月28日、2013年度のJリーグクラブライセンス申請において、J2ライセンスの交付を受けた[19]。これにより本シーズン終了後のJ1昇格は無くなった。なお、最終成績は9位で、勝点は前年の58を上回る64を獲得した。

天皇杯は初戦(2回戦)でFC町田ゼルビアPK戦で敗退。シーズン終了後に三浦が監督を退任した。

6月には渡大生がAFC U-22アジアカップ2013 (予選)U-19日本代表に選出され、クラブ史上初めての代表選手となった。

2013年[編集]

チームスローガン:一新

監督に京都や山形の元監督の柱谷幸一が就任[1]、前伊賀FCくノ一監督の大嶽直人がトップチームヘッドコーチに就任。常盤聡佐藤優也安田晃大関光博金鐘必関光博らが東京V、新井涼平甲府木村祐志が大分、川鍋良祐松本にそれぞれ完全移籍。また、クラブが長期的な方針として期限付き移籍による補強(2012年は所属29選手中7選手)を減らし、大卒ルーキーを積極的に獲得する方向に転換したこともあって[20]、期限付き移籍満了でDFキローラン木鈴、GKキローラン菜入が東京Vに、端戸仁竹内涼がそれぞれ横浜FM清水に復帰、高野光司は所属元の東京Vから町田に期限付き移籍した。さらに加部未蘭福岡大学に進学、大島康明および林祐征が引退、水原大樹および鈴木慎吾が退団(その後、アルビレックス新潟シンガポールへ移籍)。2012年から継続して在籍している選手は7名となった。

一方で栃木SCからGK武田博行とMF鈴木修人京都からMF内藤洋平、関西リーグ・アミティエSCからDF松本陽介横浜FCからMF八角剛史とDF渡邉将基、大分からMF小手川宏基湘南からGK松本拓也山形から前田和哉札幌から大島秀夫韓国大田キム・ドンフィを完全移籍で、韓国・水原アン・ヨンギュ大宮から李根鎬を期限付き移籍で獲得。また、九州共立大学から柿本健太桃山学院大学から谷口功等大卒5名、高卒1名が加入した。さらに7月1日にセレッソ大阪から井上翔太を2014年1月31日までの期限付き移籍で獲得した。

リーグ戦は、第3節時点で10位につけたのがシーズン最高順位となった。第8節の福岡戦から第13節の札幌戦まで6連敗を喫し、第11節から第14節まで21位へ順位を落とした。第19節の熊本戦でリーグ戦クラブ記録となる1試合7得点を記録したが、第21節から第26節まで6試合勝ちなし(2分4敗)で第27節時点で20位と低迷。9月に3勝1分1敗[注 4] の成績を残して、第35節時点で16位へ順位が上昇。ただし、年間通して公式戦で3連勝以上を挙げることが無く、最終順位は昨年度を下回る16位の成績。なお、バトルオブ九州は2勝4敗の成績で3年連続の優勝は成らなかった。天皇杯は、3回戦でJFLAC長野パルセイロPK戦で敗れた。

9月30日、2014年度のJリーグクラブライセンス申請において、2013年度に続きJ2ライセンスの交付を受け、その際、「2014年度末までに債務超過を解消する方法について具体的に提出すること」という旨の是正通達を受けた[21]

2014年[編集]

チームスローガン:一進

柱谷体制2年目。武田博行C大阪森村昂太福岡武田大鹿児島へいずれも完全移籍、松本陽介と、キム・ドンフィアン・ヨンギュナム・イルウ韓国籍3選手とは契約を更新せず、大宮から期限付き移籍していたイ・グノとの契約も満了(後に秋田に期限付き移籍)、また、谷口功が鹿児島へ期限付き移籍することとなった。一方、京都から原一樹湘南から下村東美川崎から風間宏希G大阪から星原健太鹿島から川島大地、秋田から鈴木彩貴がいずれも完全移籍で、浦和から大谷幸輝が期限付き移籍でそれぞれ加入し、2013年度途中にC大阪から期限付き移籍で加入していた井上翔太が完全移籍することとなった。また、新人として関西大学から寺岡真弘が加入した。なお同年のJ1、J2所属40クラブの中で唯一、シーズンを通して外国籍の選手がいないクラブとなった。

前年のチームをベースに風間・星原・大谷などがレギュラーの座をつかみ、堅い守備陣を構築。12節富山に勝利してクラブ最高順位の4位に躍進。これ以降は一度も6位以下に下ることなく最終的に5位でリーグ戦を終えた。なお、J2ライセンスの交付となったため、J1昇格プレーオフへの出場は成らなかった。

天皇杯ではJ2東京V、前年度天皇杯王者J1横浜FM、J1甲府に勝利し、クラブ初となるベスト8進出を果たした(準々決勝でJ2山形に敗戦)。

2015年[編集]

チームスローガン:一心 〜夢へホップ!〜

チームスローガンについては、新スタジアム完成が予定されている2017年シーズンに向けてJ1昇格という目標にステップアップするという意味で、3年分一斉に発表され、2016年は「一心 〜夢へステップ!〜」、2017年は「一心 〜夢へジャンプ!〜」とされた[22]

柱谷体制3年目。前シーズン全公式戦に出場したGK大谷幸輝が、期限付き移籍期間終了で浦和に復帰、前身のニューウェーブ北九州時代を知るFW池元友樹松本へ、DF冨士祐樹岐阜へ共に完全移籍。さらにDF渡邉将基甲府へ、GK松本拓也と地元出身のFW柿本健太秋田へ、前シーズンから期限付き移籍中のDF谷口功がJFL・鹿児島へ、DF田中優毅中国リーグ松江シティFCへいずれも完全移籍。DF下村東美、MF鈴木修人が引退(鈴木は明治学院大学サッカー部コーチに就任)、また、Kyuリーグ時代の2007年から通算8年間在籍し、2013年度からは地域コミュニケーターだった藤吉信次東京Vユース監督に就任するためクラブを離れた。一方、湘南からGK阿部伸行群馬からMF加藤弘堅大分からFW小松塁(2013年シーズンから長崎に期限付き移籍中)、栃木からFW近藤祐介横浜FCからDF西嶋弘之千葉からFW大塚翔平がいずれも完全移籍加入し、新人として福岡大学から弓崎恭平近畿大学からGK中山開帆鹿屋体育大学からMF小谷健悟の3名が加入、さらに、前シーズンU-18チームから2種登録選手として登録されていたDF梶原夕希也が正式にプロ契約となった。

J2参入6シーズン目にして初めてホーム開幕戦(第2節)・徳島戦で勝利したものの、その後3試合無得点で3連敗し、第5節終了時点で降格圏となる21位にまで順位を下げる。第6・7節を連勝して降格圏を脱し、暫くは連勝連敗を繰り返したが、第15節・千葉戦からJ2参入後新記録となるリーグ戦4連勝を含む5試合負けなしで一旦10位まで順位を上げ、前半戦は9勝2分10敗勝点29の13位で終える。後半戦はリーグ戦で2連勝3回2連敗2回と一進一退の戦績を繰り返していたが、10月以降の8試合で5勝1分2敗で順位を上げ、2年連続プレーオフ圏内となる6位以内こそならなかったものの、最終的に6位長崎と勝点差1の7位でシーズンを終えた。

小松塁がクラブ新記録かつ自己最多の18ゴールを挙げ、J2得点ランキングでジェイ(磐田)、ムルジャ(大宮)に続く3位(日本人選手では1位)となったほか[23]原一樹も13ゴールで7位タイとなるなど、チームの総ゴール数は59で全22チーム中4位と攻撃面で躍進した一方、守備面では前年度のレギュラーが3人抜けたこともあり不安定な状況が続き、岐阜栃木に次ぎ、横浜FCと並んで22チーム中ワースト3位の58失点であったため得失点差は僅か+1。また順位こそ7位ながら、勝敗では18勝5分19敗と負け越しとなった。また、反則ポイントが-5と初めてマイナスとなり、2014年に続き2年連続でフェアプレー賞を受賞した[24]

2016年[編集]

チームスローガン:一心 〜夢へステップ!〜

柱谷体制4年目。1月1日付で、2008年10月にクラブ運営会社が株式会社化されて以来7年以上社長を務めた横手敏夫が退任、強化本部長の原憲一が後任の社長となり、発表日前日(2015年12月15日)付で福岡取締役を退任したばかりの野見山篤が原の後任の強化本部長に就任[25]。コーチの大嶽直人京都ヘッドコーチに就任のため退団[26]、後任に元長野監督の美濃部直彦が就任した[27]

選手では、FW大塚翔平川崎に移籍)、DF宮本亨(現役引退し福岡U-18コーチに転身)が契約満了に伴い退団。東海リーグFC鈴鹿ランポーレへ期限付き移籍中のMF山之内優貴との契約も満了(後に大分に移籍)となった。また、FW渡大生徳島に完全移籍した。一方、長崎からMF石神直哉[28]、MF花井聖[29] と地元出身のDF刀根亮輔名古屋から期限付き移籍中)[30] を、さらに鹿島を退団した地元出身のMF本山雅志[31] をそれぞれ完全移籍で獲得。また、前年松本に移籍したFW池元友樹が完全移籍により復帰した[32]

シーズン前には、監督・スタッフが「100点満点(の補強)。自分がやれる事は全てやれた」とプレーオフ圏内を目指すことを明言[33]、J2加盟7シーズン目にしてクラブ初となる開幕戦勝利を挙げたものの、続く第2節の山口戦から11試合連続未勝利(5分6敗)を記録、第9節終了時には“J3降格圏”となる21位に転落する。第13節でシーズン2勝目を挙げるも以後4連敗を喫し、第16節終了時には、2010年シーズン以来となるJ2最下位となる[34]

こうした状況を受けて、夏の移籍期間には大宮からDF福田俊介、長崎からFWロドリゴをいずれも期限付き移籍で獲得。鹿屋体大のDF福森健太が特別指定選手で加入した。ロドリゴは北九州としては2013年以来3シーズンぶりの外国籍選手となった。

第20節・21節とシーズン初の連勝を記録してJ2残留圏となる20位まで浮上したものの、結果的にこれがリーグ戦唯一の連勝となり、後半戦に入り8試合連続未勝利(4分4敗)となる。特に、後半戦最初の試合となった第22節山口戦では5失点を喫した。第25節終了時には再び最下位に転落し、その後もなかなか浮上のきっかけをつかめないままシーズンが過ぎる。第39節終了時に20位に浮上するものの、長崎戦を含む最終4節で勝利出来ず(2分2敗)、最下位の金沢と勝ち点差なしの21位で迎えた最終節で山形に敗れ、首位札幌と引き分けた金沢に交わされて最下位が確定、初めてJ1ライセンスを取得した年にJ3降格となった[35]

敗戦数こそほぼ変わらないものの、勝ちきれない試合が増え、特にアディショナルタイムでの失点が増加[36]。後半44分以降に失点した試合が実に42試合中13試合に上り、失点64は岐阜・群馬に次ぐJ2リーグワースト3位となったことが戦績に大きく影響した。

天皇杯では、2回戦で徳島に敗れ敗退。

シーズン終了後、柱谷が監督を退任し[37]、美濃部・吉満・豊島の各コーチの退任[38]が相次いで発表された。

2017年(J3)[編集]

2017年[編集]

チームスローガン:一心 〜夢へリスタート〜

監督に長崎でU-18監督などを務めていた原田武男が就任[39]。ヘッドコーチに東京Vジュニアユースコーチの萩村滋則を、GKコーチに元神戸鳥取GKコーチの武田治郎を、コーチに湘南トップチームアシスタントコーチの齋藤直幸を招聘した。

DF多田高行・FW大島秀夫が現役引退、MF風間宏希山形、FW原一樹讃岐、MF新井純平とDF寺岡真弘長野、MF小手川宏基が古巣大分、DF星原健太松本、GK鈴木彩貴横浜FMへいずれも完全移籍。GK阿部伸行(長野に移籍)とDF市川恵多群馬に移籍)が契約満了で退団。2016年シーズン途中に長崎から期限付き加入したFWロドリゴも契約満了により退団となった。

一方、同じく前年途中に大宮から期限付き移籍で加入していたDF福田俊介が完全移籍加入したほか、福岡からFW平井将生とFW中原秀人(中原は特別指定選手時代以来の北九州復帰)、長崎からMF神崎大輔、横浜FMからGK高橋拓也JFL奈良から前年度JFL新人王のMF茂平がいずれも完全移籍で加入。また熊本からDF鈴木翔登、長崎からMF小野寺達也千葉からDF浦田樹(前年は琉球へ期限付き移籍)、金沢からFW水永翔馬、山形からGK山岸範宏が、それぞれ期限付き移籍で加入した。また新人として、前年度特別指定選手だったDF福森健太と、MF紀藤隆翔三重高校)が新加入した。主将には地元出身の池元友樹が就任し、副将に八角剛史加藤弘堅が選ばれた[40]。またシーズン開始後の3月に中国超級上海上港から孫峻崗を期限付き移籍で獲得した。

年頭の出陣式で、監督、選手ともに「1年でのJ2復帰」を明言[41]、同年からホームスタジアムとなったミクニワールドスタジアム北九州では、開幕戦の秋田戦を引き分けた後、ホームゲーム5連勝で6試合連続負けなし(5勝1分)を記録するなど前半戦6勝1分1敗、勝点19を挙げるという相性の良さを見せたものの、逆にアウェーは開幕から5試合未勝利(1分4敗)と相性が悪く、アウェー初勝利となった6月18日の第13節福島戦でJ3リーグ初の連勝を果たすが、これが前半戦唯一のアウェー勝利となり、J3リーグが約4週間の中断期間に入る直前の7月22日、後半戦初戦となる第18節FC東京U-23戦でようやくアウェー2勝目を挙げるも、同節まででアウェーでは2勝2分5敗、勝点8しか挙げられなかったこと、また中断期間前時点で9位以上の8チームに対し3分5敗と、昇格を争う上位陣に全く勝てなかったことが影響し、中断期間前時点で通算8勝3分6敗の勝点27、首位の秋田とは勝点差10、J2昇格圏となる2位富山とは勝点差8の7位と低迷。

天皇杯では、2009年以来の県予選からの参加(ただしシードされ県予選決勝のみ)となり、対戦した九州産業大学に一度は同点に追いつかれながらも、3-2で勝利し本大会出場を果たす[42]。1回戦では香川県代表のアルヴェリオ高松に10-0と大勝したものの、2回戦で清水エスパルスに1-4と完敗した。

中断期間中の8月1日、同年から移籍加入していたMF中原秀人が鹿児島に完全移籍する一方[43]、8月9日には、栃木からFW安藤由翔が完全移籍で[44]、同12日には、金沢からMF山藤健太が期限付き移籍で[45]それぞれ加入した。

成績[編集]

タイトル・表彰[編集]

スタジアム・練習場[編集]

ホームスタジアム[編集]

本城陸上競技場はギラヴァンツのJリーグ加盟時にJ2開催基準を満たすための改修工事を行い、収容能力が椅子席で10,202人となったが、それでもなおJ1の開催基準のひとつである収容人数15,000人を満たしていなかった。このため北九州市は2013年、小倉駅北側の小倉北区浅野3丁目小倉駅北口)に、15,000人収容の球技専用スタジアムを建設すると表明[46]。その後の検討を経て建設されたのがミクスタで、正式開業は2017年のJ3リーグ第1節の3月12日となった[47]。スタジアムの名称については施設命名権(ネーミングライツ)が導入され、地元の不動産会社・ミクニが落札した。

スタジアムDJ[編集]

  • 2011年 - 2016年 メイン:TOM G(伊佐智史)、代役:マサル(スーパーワン)、下釜豊成 ほか
  • 2017年 八木徹

練習場・クラブハウス[編集]

練習場は北九州市本城公園内の本城運動場と、門司区新門司北の新門司球技場[1]を併用する。新門司球技場については、2009年2月までクラブを運営していた特定非営利活動法人北九州フットボールクラブ(北九州FC)が(新門司球技場を含めた北九州市立新門司体育施設全体の)指定管理者となっている。

クラブハウスは当初新門司球技場内の施設を利用していたが、J1ライセンス基準を踏まえて、2016年から隣接する新門司マリーナの一角にある元レストランを改修し借り上げて使用している[48]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

  •     黄、   

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
安川電機 YASKAWA 2012年、
2017年 -
2012年は「YASKAWA安川電機」表記
2011年はパンツ
2013年 - 2016年は背中上部(「安川電機」表記)
背中上部 TOTO TOTO 2012年 - 2010・2012年はパンツ
2013年 - 2016年は胸
背中下部 なし
ナフコ ナフコ 2010年 -
パンツ ゼンリン ZENRIN 2013年 - 2010年 - 2012年は背中上部

トレーニングウェアスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記
練習着 第一交通産業 第一交通産業

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2010 Kitakyushu ZENRIN 解禁前 ナフコ TOTO UMBRO
2011 TOTO YASKAWA
2012 YASKAWA
安川電機
TOTO
2013 TOTO 安川電機 ZENRIN bonera
2014
2015
2016 -
2017 YASKAWA TOTO
  • 2010年の「Kitakyushu」は多数企業の合同スポンサー
  • ユニフォームに関する備考
    • 2011年 - 2012年のユニフォームのシャツは1stが黄色、2ndは紺色を採用。なおこの間のザスパ草津戦においては、両方の色が草津の1stユニフォームの色(紺に黄色の縦縞)と重複したため、ホームの草津が2nd(白に紺の縦縞)、アウェーの北九州が1stユニフォームを着用した。

オフィシャルサプライヤー[編集]

スポンサー[編集]

下部組織[編集]

アカデミーとしてユースチーム(U-18)、ジュニアユースチーム(U-15)を有している。また、若手育成を目的として発足した九州チャレンジャーズリーグ2009年の発足当初より参加している。

なお、「北九州フットボールクラブ」が運営する女子中学生以上を対象とした「ニューウェーブ北九州レディース」、40歳以上を対象とした「ニューウェーブ北九州シニア」が別途存在する。

応援をめぐる騒動[編集]

同チームのサポーターが応援する際、横断幕や応援コールで地元北九州の方言で「殴り倒せ」を意味する「ぶちくらせ」という言葉を使用している事について、クラブ側は不適切な表現であるとして、使用禁止を通達した。これに対しサポーター側は反発し、使用を継続したが、2015年11月にクラブ側は使用した者を入場禁止にした[50][51][52][53]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 水巻町以外の締結日と締結自治体は以下の通り。
  2. ^ J1も含めると、2013年J1で大分がホームゲーム年間0勝で記録更新。
  3. ^ このため、公式戦での連続未勝利はJ2リーグ戦第4節から24節までの21試合。
  4. ^ 同月開催された天皇杯鳥取戦も勝利

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t ギラヴァンツ北九州(クラブ・選手名鑑)”. 日本プロサッカーリーグ. 2017年2月8日閲覧。
  2. ^ “事務所移転のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2017年2月10日), https://www.giravanz.jp/information/2017/0231048/ 2017年2月14日閲覧。 
  3. ^ a b c d e クラブプロフィール”. ギラヴァンツ北九州. 2017年2月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 2015年度(平成27年度)Jクラブ個別情報開示資料”. 日本プロサッカーリーグ. 2016年8月20日閲覧。
  5. ^ “ギラヴァンツ北九州と「フレンドリータウン協定」を締結しました” (プレスリリース), 水巻町公式サイト, (2014年2月21日), https://www.town.mizumaki.lg.jp/news/news_20140220.html 2014年4月14日閲覧。 
  6. ^ “ギラヴァンツ北九州と「フレンドリータウン協定」を締結しました。” (プレスリリース), 芦屋町公式ホームページ, (2014年4月14日), http://www.town.ashiya.lg.jp/view.rbz?cd=2028 2014年4月14日閲覧。 
  7. ^ J2:第7節 北九州 vs 磐田”. J's GOALフォトニュース (2014年4月13日). 2014年4月14日閲覧。
  8. ^ “宮若市・直方市・小竹町・鞍手町 「フレンドリータウン協定」締結のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州公式サイト, (2015年4月1日), http://www.giravanz.jp/news/2015/04/post-437.html 2015年4月2日閲覧。 
  9. ^ フレンドリータウン協定合同調印式”. ギラヴァンツ北九州 (2015年5月25日). 2015年5月26日閲覧。
  10. ^ 飯塚市とフレンドリータウン協定締結”. ギラヴァンツ北九州 (2017年8月22日). 2017年8月22日閲覧。
  11. ^ 2010年J2は19クラブ体制だったため、第19、38各節は北九州は試合なし。
  12. ^ “ニューウェーブ北九州がJリーグ入会” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2009年11月30日), http://www.jleague.jp/release/article-00003312/ 2017年2月8日閲覧。 
  13. ^ “ギラ 31戦勝ち星なし Jワースト更新”. 西日本スポーツ. (2010年11月21日). http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/211152 2010年11月21日閲覧。 
  14. ^ “三浦泰年監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2010年11月30日), http://www.giravanz.jp/news/index/index/id/385 2010年11月30日閲覧。 それぞれの日付については当日NHK北九州放送局が地域ニュースで報じた。
  15. ^ NHK『こんばんは北九州』2011年2月14日放送の「VIVA!ギラヴァンツ」コーナーより
  16. ^ a b “2010Jリーグ アンフェアなプレーに対する反則金” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2010年12月21日), http://www.jleague.jp/release/article-00003812 2017年2月8日閲覧。 
  17. ^ a b c “2011Jリーグ アンフェアなプレーに対する反則金” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2011年12月19日), http://www.jleague.jp/release/article-00004273 2017年2月8日閲覧。 
  18. ^ “輝け!ギラヴァンツ:サッカー J2 11選手、新天地で活躍誓う--入団会見/福岡”. 毎日新聞北九州版. (2012年1月18日). http://mainichi.jp/area/fukuoka/archive/news/2012/01/18/20120118ddlk40050334000c.html 2012年2月26日閲覧。 
  19. ^ “クラブライセンス交付第一審査機関 (FIB) による 2013シーズン Jリーグクラブライセンスの交付について” (プレスリリース), Jリーグ, (2012年9月28日), http://www.jleague.jp/release/article-00004701 2017年2月8日閲覧。 
  20. ^ “J2北九州が大卒積極獲得、「期限付き移籍」転換”. 読売新聞九州版. (2012年12月27日). オリジナル2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/bInMO 2013年1月13日閲覧。 
  21. ^ “2014シーズン Jリーグクラブライセンス交付について”. ギラヴァンツ北九州. (2013年9月30日). http://www.giravanz.jp/news/2013/09/2014-j.html 2013年10月3日閲覧。 
  22. ^ “2015クラブスローガン決定のお知らせ”. ギラヴァンツ北九州. (20155-01-01). http://www.giravanz.jp/news/2015/01/2015-9.html 2015年1月9日閲覧。 
  23. ^ “【進め! ギラヴァンツ北九州】J2の得点ランキング3位 FW 小松塁選手(32)”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2015年12月3日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/210853 2016年1月1日閲覧。 
  24. ^ 新年のご挨拶”. ギラヴァンツ北九州 (2016年1月1日). 2016年1月1日閲覧。
  25. ^ “役員人事等についてお知らせ”. ギラヴァンツ北九州. (2015年12月16日). http://www.giravanz.jp/news/2015/12/post-533.html 2015年12月16日閲覧。 
  26. ^ “大嶽 直人 コーチ 京都サンガF.C.ヘッドコーチ就任のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2015年12月22日), http://www.giravanz.jp/news/2015/12/-fc-9.html 2015年12月25日閲覧。 
  27. ^ “【北九州】元長野監督の美濃部氏がコーチ就任”. スポーツ報知. (2015年12月24日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20151224-OHT1T50090.html 2015年12月25日閲覧。 
  28. ^ “石神直哉選手 ギラヴァンツ北九州へ完全移籍のお知らせ” (プレスリリース), V・ファーレン長崎, (2015年12月8日), http://www.v-varen.com/news/30756.html 2015年12月25日閲覧。 
  29. ^ “花井聖選手 ギラヴァンツ北九州へ完全移籍のお知らせ” (プレスリリース), V・ファーレン長崎, (2015年12月28日), http://www.v-varen.com/news/31087.html 2016年1月2日閲覧。 
  30. ^ “名古屋DF刀根はJ2北九州へ 地元出身「J1昇格に力尽くす」”. スポーツニッポン. (2015年12月17日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/12/17/kiji/K20151217011701940.html 2015年12月25日閲覧。 
  31. ^ “鹿島退団のMF本山が北九州に移籍「すべてを出し切りたい」”. ゲキサカ (講談社). (2015年12月26日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?179472-179472-fl 2015年12月26日閲覧。 
  32. ^ “松本FW池元 1年で北九州へ復帰「思うようにいかず、難しい1年に」”. スポーツニッポン. (2015年12月25日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/12/25/kiji/K20151225011748230.html 2015年12月25日閲覧。 
  33. ^ “【2016シーズン始動!】北九州:新体制発表会見での出席者コメント(1)newspaper=J's Goal”. (2016年1月9日). http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/n-00004851/ 2016年11月21日閲覧。 
  34. ^ “本山雅志、プロ19年目で初体験の“プレッシャー”。故郷・北九州で挑むJ2残留争い(3/5)”. Football Channel (kanzen Ltd.). (2016年10月28日). http://www.footballchannel.jp/2016/10/28/post181917/3/ 2016年10月31日閲覧。 
  35. ^ “新スタジアムが来春開業も、J3降格…北九州が謝罪「申し訳ない気持ちでいっぱい」”. サッカーキング. (2016年11月21日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20161121/518368.html 2016年11月21日閲覧。 
  36. ^ “【北九州】最下位22位転落でJ3自動降格…柱谷監督「全ての責任は自分にある」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年11月20日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20161120-OHT1T50198.html 2016年11月21日閲覧。 
  37. ^ “柱谷 幸一 監督 退任のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2016年11月21日), https://www.giravanz.jp/information/2016/1129849/ 2016年11月21日閲覧。 
  38. ^ “美濃部 直彦コーチ、吉満 樹フィジカルコーチ、豊島 幸一GKコーチ 契約満了のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2016年11月23日), https://www.giravanz.jp/information/2016/1129858/ 2016年11月28日閲覧。 
  39. ^ “原田 武男氏 監督就任のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2016年12月12日), https://www.giravanz.jp/information/2016/1230146/ 2016年12月12日閲覧。 
  40. ^ “2017シーズン キャプテン、副キャプテンならびに選手会役員決定のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2017年1月20日), https://www.giravanz.jp/information/2017/0130627/ 2017年2月4日閲覧。 
  41. ^ “輝け!ギラヴァンツ サッカー 1年でのJ2復帰を 新加入選手発表し、出陣式/福岡”. 毎日新聞. (2017年1月16日). https://mainichi.jp/articles/20170116/ddl/k40/050/393000c 2017年8月4日閲覧。 
  42. ^ “【天皇杯 県予選決勝】九州産業大学戦の結果”. ギラヴァンツ北九州. (2017年4月9日). https://www.giravanz.jp/news/p31665.html 2017年8月12日閲覧。 
  43. ^ “中原秀人選手 鹿児島ユナイテッドFCへ完全移籍のお知らせ”. ギラヴァンツ北九州. (2017年8月1日). https://giravanz.jp/news/p32001.html 2017年8月4日閲覧。 
  44. ^ “安藤由翔選手 栃木SCより完全移籍加入のお知らせ”. ギラヴァンツ北九州. (2017年8月9日). https://www.giravanz.jp/news/p32043.html 2017年8月12日閲覧。 
  45. ^ “山藤健太選手 ツエーゲン金沢より期限付き移籍加入のお知らせ”. ギラヴァンツ北九州. (2017年8月12日). https://giravanz.jp/news/p32063.html 2017年8月14日閲覧。 
  46. ^ “北九州市、新球技場着工へ 市街地活性化狙う”. 日本経済新聞. (2013年6月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASJC25028_V20C13A6ACY000/ 2013年6月26日閲覧。 
  47. ^ ミクニワールドスタジアム北九州グランドオープン”. 北九州市. 2017年2月4日閲覧。
  48. ^ “第7回サポーターカンファレンス議事録” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2016年3月12日), https://www.giravanz.jp/information/2016/0323597/ 2017年2月4日閲覧。 
  49. ^ “2013シーズンユニフォームサプライヤー決定ならびに新ユニフォームデザイン発表のお知らせ” (プレスリリース), ギラヴァンツ北九州, (2012年10月26日), http://www.giravanz.jp/news/2012/10/-bonera.html 2013年3月26日閲覧。 
  50. ^ “「ぶちくらせ」問題で北九州が見解と経過報告”. ゲキサカ[講談社]. (2015年7月17日). http://web.gekisaka.jp/news/detail/?167387-167387-fl 2015年12月1日閲覧。 
  51. ^ “「ぶちくらせ」横断幕禁止に J2北九州、応援コールも”. 朝日新聞デジタル. (2015年11月2日). http://www.asahi.com/articles/ASHC23F4CHC2TIPE009.html 2015年12月1日閲覧。 
  52. ^ ““ぶちくらせ”問題、サポーター14名が無期限入場禁止に。北九州が対応を発表”. フットボールチャンネル. (2015年11月6日). http://www.footballchannel.jp/2015/11/06/post118636/ 2015年12月1日閲覧。 
  53. ^ “「ぶちくらせ」応援 物議 J2北九州”. 西日本新聞. (2015年11月8日). http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/205891 2015年12月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]