Jクロニクルベスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Jクロニクルベストは、2013年日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)誕生20周年を記念してJリーグが主催して行った、過去20年間のJリーグ「ベストイレブン」「ベストゴール」「ベストマッチ」を選出する企画。

概要[編集]

1993年から2012年までの20年間での「ベストイレブン」「ベストゴール」「ベストマッチ」の3部門をサポーターの投票で決めるというもので、最終結果は2013年5月17日に発表された[1]

選考は以下の3段階で実施された。

  1. Jリーグ公式サイト内にも受けられた特設サイト『Jクロニクルベスト』に各部門ノミネートに対するリクエストを受付(2012年12月4日 - 2013年1月6日)[2]
  2. リクエスト結果に基づいて、Jリーグが以下のノミネート対象を公表し、これに対して『Jクロニクルベスト』サイトでWEB投票を実施(2013年1月15日 - 5月15日)[3]
    • ベストゴール - 各シーズン平均20ゴール、合計400点前後を事前選考
    • ベストマッチ - 合計20試合を事前選考
    • ベストイレブン - 過去Jリーグに在籍経験のある3,000人以上の選手をインデックス化
  3. 各部門のベスト10での「決選投票」を実施(2013年5月8日 - 5月15日)。決選投票は『Jクロニクルベスト』サイトからのWEB投票のほか、ソーシャルコンテンツ『Jリーグドリームレジェンズ』(コナミデジタルエンタテインメント)からも投票を受け付けた[4]

「ベストマッチ」部門でランクインした10試合は、その試合に出場していた選手を解説をしたものがスカパー!で放送された[5]

ベストイレブン[編集]

所属チームは、発表時(2013年5月)現役選手は発表時点での所属チーム、故人・引退選手はJリーグでの最終所属。

Pos. 選手名 所属チーム
GK 川口能活 ジュビロ磐田
DF 松田直樹 横浜F・マリノス
中澤佑二 横浜F・マリノス
井原正巳 浦和レッズ
MF 遠藤保仁 ガンバ大阪
中田英寿 ベルマーレ平塚
中村俊輔 横浜F・マリノス
名波浩 ジュビロ磐田
FW 三浦知良 横浜FC
中山雅史 コンサドーレ札幌
ドラガン・ストイコビッチ 名古屋グランパスエイト
順位 GK DF
選手名 所属チーム 得票数 選手名 所属チーム 得票数
1 川口能活 ジュビロ磐田 3,756 松田直樹 横浜F・マリノス 4,793
2 楢崎正剛 名古屋グランパスエイト 3,240 中澤佑二 横浜F・マリノス 4,449
3 シジマール 清水エスパルス 1,288 井原正巳 浦和レッズ 4,283
4 川島永嗣 川崎フロンターレ 932 田中マルクス闘莉王 名古屋グランパスエイト 4,000
5 曽ヶ端準 鹿島アントラーズ 731 秋田豊 京都サンガF.C. 2,583
6 松永成立 京都パープルサンガ 434 長友佑都 FC東京 2,326
7 都築龍太 湘南ベルマーレ 395 内田篤人 鹿島アントラーズ 2,219
8 西川周作 サンフレッチェ広島 329 ギド・ブッフバルト 浦和レッズ 1,961
9 アルノ・ヴァン・ズワム ジュビロ磐田 202 駒野友一 ジュビロ磐田 1,360
10 ハーフナー・ディド コンサドーレ札幌 187 加地亮 ガンバ大阪 572
順位 MF FW
選手名 所属チーム 得票数 選手名 所属チーム 得票数
1 遠藤保仁 ガンバ大阪 4,974 三浦知良 横浜FC 5,852
2 中田英寿 ベルマーレ平塚 4,759 中山雅史 コンサドーレ札幌 5,510
3 中村俊輔 横浜F・マリノス 4,608 ドラガン・ストイコビッチ 名古屋グランパスエイト 4,855
4 名波浩 ジュビロ磐田 4,585 パトリック・エムボマ ヴィッセル神戸 2,725
5 小野伸二 清水エスパルス 4,511 久保竜彦 サンフレッチェ広島 2,457
6 ドゥンガ ジュビロ磐田 3,441 佐藤寿人 サンフレッチェ広島 1,958
7 藤田俊哉 ジェフユナイテッド千葉 3,139 エメルソン 浦和レッズ 1,733
8 小笠原満男 鹿島アントラーズ 3,122 マルキーニョス 横浜F・マリノス 1,700
9 香川真司 セレッソ大阪 2,548 前田遼一 ジュビロ磐田 1,591
10 ロブソン・ポンテ 浦和レッズ 1,464 ワシントン 浦和レッズ 1,532

ベストゴール[編集]

選手の所属チーム・開催スタジアムの表記は開催当時のもの。

順位 得点者 対象試合 開催日/開催スタジアム 得票数 外部リンク
1 レオナルド(鹿島) '95 Jリーグ NICOSシリーズ 第19節
鹿島アントラーズvs横浜フリューゲルス
1995年11月1日
県立カシマサッカースタジアム
4,106 公式動画(YouTube)
2 久保竜彦(横浜FC) 2007 Jリーグ ディビジョン1 第1節
浦和レッズvs横浜FC
2007年3月3日
埼玉スタジアム2002
1,981 公式動画(YouTube)
3 小笠原満男(鹿島) 2001サントリーチャンピオンシップ 第2戦
鹿島アントラーズvsジュビロ磐田
2001年12月8日
県立カシマサッカースタジアム
1,820 公式動画(YouTube)
4 パトリック・エムボマ(G大阪) 1997 Jリーグ 1stステージ 第1節
ガンバ大阪vsベルマーレ平塚
1997年4月12日
万博記念競技場
1,744 公式動画(YouTube)
5 玉田圭司(名古屋) 2011 Jリーグ ディビジョン1 第24節
名古屋グランパスエイトvsヴァンフォーレ甲府
2011年8月28日
豊田スタジアム
1,699 公式動画(YouTube)
6 ラモス瑠偉(V川崎) 1994 Jリーグサントリーチャンピオンシップ 第2戦
ヴェルディ川崎vsサンフレッチェ広島
1994年12月2日
国立霞ヶ丘競技場
1,484 公式動画(YouTube)
7 永井雄一郎(浦和) 2004 Jリーグ ディビジョン1 2ndステージ 第2節
浦和レッズvs東京ヴェルディ1969
2004年8月21日
埼玉スタジアム2002
1,305 公式動画(YouTube)
8 エドゥー(横浜F) '94 Jリーグ サントリーシリーズ 第6節
ジュビロ磐田vs横浜フリューゲルス
1994年4月2日
ジュビロ磐田スタジアム
1,040 公式動画(YouTube)
9 ジーコ(鹿島) '93 Jリーグ サントリーシリーズ 第1節
鹿島アントラーズvs名古屋グランパスエイト
1993年5月16日
県立カシマサッカースタジアム
761 公式動画(YouTube)
10 フランサ(柏) 2008 Jリーグ ディビジョン1 第20節
浦和レッズvs柏レイソル
2008年8月9日
埼玉スタジアム2002
518 公式動画(YouTube)

ベストマッチ[編集]

対戦カード・開催スタジアムの表記は試合の行われた当時のもの。

順位 対戦カード 開催日/開催スタジアム 概要 試合データ 得票数
1 2006 Jリーグ ディビジョン1 第34節
浦和レッズ 3-2 ガンバ大阪
2006年12月2日
埼玉スタジアム2002
最終節での首位浦和と2位G大阪の直接対決(優勝決定戦)
62,240人の最多観客記録(当時)の試合を制した浦和がリーグ初優勝。
公式記録 2,306
2 2001 サントリーチャンピオンシップ 第2戦
鹿島アントラーズ 1v-0 ジュビロ磐田
2001年12月8日
県立カシマサッカースタジアム
2試合とも90分でドローとなったためVゴール方式の延長戦を実施
鹿島MF小笠原満男のFK(ベストゴール3位)が決まって鹿島の優勝決定
公式記録 2,010
3 1999 サントリーチャンピオンシップ 第2戦
清水エスパルス 2-1(PK2-4) ジュビロ磐田
1999年12月11日
日本平スタジアム
清水が数的不利の状況からMF澤登正朗のFKなどで逆転勝ちし2戦でタイスコアに。
最後はPK戦に勝利した磐田が静岡ダービーのチャンピオンシップを制す。
公式記録 1,160
4 '93 Jリーグサントリーシリーズ 第1節
ヴェルディ川崎 1-2 横浜マリノス
1993年5月15日
国立霞ヶ丘競技場
約6万人の観衆を集めたJリーグオープニングマッチ
V川崎が先制するも横浜Mが逆転勝ち
公式記録 1,116
5 2008 Jリーグ ディビジョン1 第34節
ジェフユナイテッド千葉 4-2 FC東京
2008年12月6日
フクダ電子アリーナ
J1残留のかかる最終節の一戦
千葉が2点先制されながらも終盤の4得点で残留を果たす
公式記録 1,081
6 2003 Jリーグ ディビジョン1 2ndステージ 第15節
横浜F・マリノス 2-1 ジュビロ磐田
2003年11月29日
横浜国際総合競技場
最終節での首位磐田と3位横浜FMの直接対決
横浜FMが逆転で完全優勝を決める
公式記録 764
7 1999 Jリーグ ディビジョン1 1stステージ 第11節
鹿島アントラーズ 1-2v ジュビロ磐田
1999年5月5日
国立霞ヶ丘競技場
黄金期を迎えた磐田と鹿島の一戦
磐田MF藤田俊哉のVゴールで激闘を制す
公式記録 626
8 2011 Jリーグ ディビジョン1 第7節
川崎フロンターレ 1-2 ベガルタ仙台
2011年4月23日
等々力陸上競技場
東日本大震災に伴うリーグ戦中断明けの初戦
クラブ自身も甚大な被害を受けた仙台が逆転勝利。等々力でのクラブ初勝利を記録。
公式記録 564
9 2005 Jリーグ ディビジョン1 第34節
川崎フロンターレ 2-4 ガンバ大阪
2005年12月3日
等々力陸上競技場
5チームが絡む優勝争いでの最終節の一戦
G大阪が終盤の2得点で逆転優勝
公式記録 451
10 2004 サントリーチャンピオンシップ 第2戦
浦和レッズ 1-0(PK2-4) 横浜F・マリノス
2004年12月11日
埼玉スタジアム2002
3年振りに開催された“最後の[6]”チャンピオンシップ第2戦
延長でも決着がつかずPK戦で横浜FMが優勝を決める
公式記録 419

脚注[編集]

外部リンク[編集]