東北人魂を持つJ選手の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東北人魂を持つJ選手の会
略称 東北人魂
格付 任意団体
専門分野 教育系(スポーツ振興)
社会系(社会活動・災害救助)
設立日 2011年5月19日
活動地域 東北地方
主な事業 復興支援活動
サッカーイベント開催
主な協力組織 日本サッカー協会(JFA)
(公社)Jリーグ
東北および東北各県サッカー協会
テンプレートを表示

東北人魂を持つJ選手の会(とうほくじんたましいをもつジェイせんしゅのかい)とは、東日本大震災を機に東北地方サッカー復興のために設立された任意団体。略称東北人魂

概要[編集]

2011年に起きた東日本大震災において東北は甚大な被害を受け、サッカーにおいても各県のクラブやサッカー施設に多大な影響を受けた。これに対し、東北のサッカー復興を目指して、東北出身および東北にゆかりのある日本のプロサッカー選手によって設立された、ボランティア団体。

発起人は出身地の全国地方公共団体コード順に、柴崎岳青森県)、小笠原満男岩手県)、今野泰幸宮城県)、熊林親吾秋田県)、秋葉勝山形県)、茂木弘人福島県)の6人。

各々が所属するJリーグクラブ、日本サッカー協会(JFA)、(公社)Jリーグ、東北および東北各県サッカー協会、日本プロサッカー選手会と連携し、全国で東北復興に向けたチャリティー活動を行なっている。

参加選手[編集]

東北出身のJリーグ所属経験者で構成される「会員選手」に加え、東北にゆかりのある選手あるいは東北出身のなでしこリーグ所属選手で構成される「協力選手」が当団体に参加している。

会員選手[編集]

2013年4月5日現在

協力選手[編集]

2012年3月30日現在

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]