J1昇格プレーオフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
J1昇格プレーオフ
KokuritsuKasumigaoka 20121123.jpg
開始年 2012年
終了年 2017年
主催 日本プロサッカーリーグ
参加チーム数 最大4
前回優勝 名古屋グランパス
最多優勝 大分トリニータ
徳島ヴォルティス
モンテディオ山形
アビスパ福岡
セレッソ大阪
名古屋グランパス(1回)
備考 画像は2012年の決勝戦
テンプレートを表示

J1昇格プレーオフ(ジェイワンしょうかくプレーオフ、J1 Promotion Play-off[1])は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)において2012年シーズンから導入され、2017年シーズンまで開催された翌年度のJ1リーグ参入チームを決定するためのプレーオフ制度。

概要[編集]

2011年8月18日に実施されたJリーグ理事会において、2012年シーズンからの実施が決定した[2]。J1参入チームをポストシーズンにより決定するのは、2004年シーズンから2008年シーズンまで5年間導入されていたJ1・J2入れ替え戦以来。8月の理事会では名称を仮称としていたが、2011年12月19日のJリーグ理事会で「J1昇格プレーオフ」が正式名称に決定した[3]

JリーグにおいてJリーグ ディビジョン1 (J1) とJリーグ ディビジョン2 (J2) の参加チームの振り分けについては、入れ替え戦廃止後の2009年シーズンから2011年シーズンの3年間は、「J1年間順位下位3チームが自動降格、J2年間順位上位3チームが自動昇格」とする方式がとられていた。これを、2012年度以降は「J1年間順位下位3チームが自動降格」というルールはそのまま、J2から自動昇格するチーム数を3チームから2チームに減じた上で、残る1チームをJ2年間順位の3位から6位までのトーナメント方式によって争うというものである。

このようなプレーオフにより3チーム目の昇格チームを決定する方式は、以前よりイングランドチャンピオンシップからプレミアリーグへの昇格)やイタリアセリエBからセリエAへの昇格、ただし条件付き)で行われてきた方式であり、Jリーグではプレーオフの導入によりJ2の年間順位6位のチームにまでJ1昇格のチャンスを与えることにより、「J2リーグ戦の活性化」「新しいファンの開拓」「J2クラブの経営、環境改善の促進」を目的とすることを掲げている[4]

2017年6月27日に行われたJリーグ理事会で、2018年シーズンからはJ2年間順位の3位から6位までと、それまでJ2自動降格となっていたJ1年間16位のチームとの間でJ1参加クラブを決定する「J1参入プレーオフ」を行うことが発表され、J2クラブのみで昇格チームを争う形式の昇格プレーオフは2017年シーズン限りとすることとなった[5]

レギュレーション[編集]

Jリーグが2011年8月18日に発表したニュースリリース[2] ならびに2011年12月19日に発表したニュースリリース[3] に基づくレギュレーションは以下の通り。

参加チーム[編集]

J1参入資格を持ち、J2年間順位の3位から6位までのクラブ、最大4チームが参加する。

昇格プレーオフ参加にはホームスタジアムや環境面などでJ1参入資格(J1ライセンス)を有することが必須条件となり、これを有しないクラブは昇格プレーオフに参加できない。また、公式試合安定開催基金からの貸付を受けているクラブについても、J2リーグ戦最終日の30日前までに基金からの貸付を完済しない場合は「J1クラブライセンスの交付判定を受けられなかったクラブ」とみなされ、昇格プレーオフへに参加できない[6]。これらの場合、7位以下のクラブからの繰り上げはなく、その分は参加チーム数が減じられることになる。また、J2年間順位上位2チームがJ1参入資格を有しない場合も、自動昇格チームの繰り上げは行われず(J2からの自動昇格チーム数およびJ1からの自動降格チーム数がそれぞれ減じられる)、3位から6位のチームがプレーオフ出場を免除されることはない。

3位から6位までのクラブのうち、J1ライセンスを有するクラブが1チーム以下の場合はJ1昇格プレーオフは行われない。1チームだけの場合は当該チームがJ1へ自動昇格し、J1ライセンスを有するクラブがいない場合はJ1の16位クラブの自動降格が行われない(J2からの昇格枠が1減となる)。

試合方式[編集]

J2のリーグ戦全日程終了後、最大4チームによるトーナメント方式でJ1昇格チームの座を争う。以下は4チーム参加の場合のレギュレーション。

準決勝 決勝
A
 J2・3位 H
C
 J2・6位
 Aの勝者 (H)
B
 Bの勝者
 J2・4位 H
 J2・5位  
    
    
  • 初戦(準決勝)は「J2年間3位 - J2年間6位」・「J2年間4位 - J2年間5位」の組み合わせで戦う。勝者は決勝進出、敗者はJ2残留となる。
  • 準決勝の勝者同士が決勝を戦って、決勝の勝者がJ1昇格となる。
  • 各試合とも1試合勝負(かつての入れ替え戦のようなホーム・アンド・アウェーではない)。90分を戦って同点の場合は延長戦PK戦は行わず、年間順位の上位チームの「勝利」(決勝進出、またはJ1昇格決定)とみなす。
    • 準決勝は上位チーム(年間3位・4位)のホームゲーム(H)として行われる。
    • 決勝は2012年から2015年までは中立地開催(Jリーグが直接主管する試合。ただし組み合わせ上は、上図Aの勝者側をホーム扱い)として行われた。2012・2013年は国立競技場で行われたが、国立競技場の建て替え工事に伴い、2014年は味の素スタジアム[7]、2015年はヤンマースタジアム長居[8] 開催された。しかし、2015年シーズンではヤンマースタジアム長居をホームとするセレッソ大阪(リーグ戦4位)が決勝に進出し、同じく決勝に進出したリーグ戦上位(3位)のアビスパ福岡の優位性が薄らいだ[注 1]との指摘を受け、2016年からは準決勝同様、上位チームのホームスタジアムでの開催に変更される[10][11]

なお、参加チームが3チームの場合は準決勝は下位2チームにより行われ、最上位チームは決勝から参加となる(例えば、4位が出場できない場合、3位が決勝戦に自動的に進出し、5位と6位で準決勝を行う)。また、参加チームが2チームの場合は決勝戦のみが行われる。

J1昇格(プレーオフ優勝)クラブにはJリーグより優勝盾が贈呈される。

試合結果[編集]

トーナメント表の上のチームのホームゲーム(2015年までの決勝は中立地開催のためホーム扱い)として行われる[12]

J1昇格プレーオフ制度が始まった2012年から2016年において、J2の年間順位5位のチームはトーナメントを勝ち抜いたことがなく、J1への昇格経験がない。

尚、2013年から2016年の間、前年度にJ1昇格プレーオフトーナメントを勝ち抜いた昇格チームは、いずれも4位以下のチーム(6位が2例)、かつJ1の翌年度のシーズンで即J2へ降格し続けている。

2012年[編集]

  準決勝(11月18日・西京極 / ニッパ球 決勝(11月23日・国立
                 
3位  京都サンガF.C. 0  
6位  大分トリニータ 4  
    6位  大分トリニータ 1
  5位   ジェフユナイテッド千葉 0
4位  横浜FC 0
5位   ジェフユナイテッド千葉 4  

6位の大分が3位の京都、5位の千葉を破ってJ1昇格を決めた。

2013年[編集]

  準決勝(12月1日・西京極 / 鳴門大塚 決勝(12月8日・国立)
                 
3位  京都サンガF.C. 0  
6位  V・ファーレン長崎 0  
    3位  京都サンガF.C. 0
  4位  徳島ヴォルティス 2
4位  徳島ヴォルティス 1
5位   ジェフユナイテッド千葉 1  

4位の徳島が5位の千葉と引き分けて決勝に進出し、決勝で3位の京都を破って初のJ1昇格を決めた。

2014年[編集]

  準決勝(11月30日・ヤマハ     決勝(12月7日・味スタ
                 
    3位   ジェフユナイテッド千葉 0
  4位  ジュビロ磐田 1     6位  モンテディオ山形 1
  6位  モンテディオ山形 2  

5位のギラヴァンツ北九州がJ1ライセンスを保有していないため3チームでの対戦となり、6位の山形が4位の磐田、3位の千葉を破ってJ1昇格を決めた。

2015年[編集]

  準決勝(11月29日・レベスタ / ヤンマー 決勝(12月6日・ヤンマー)
                 
3位  アビスパ福岡 1  
6位  V・ファーレン長崎 0  
    3位  アビスパ福岡 1
  4位  セレッソ大阪 1
4位  セレッソ大阪 0
5位  愛媛FC 0  

6位の長崎を破った3位の福岡が4位のC大阪と引き分け、規定(年間順位上位)によりJ1昇格を決めた。

2016年[編集]

  準決勝(11月27日・松本 / 金鳥スタ 決勝(12月4日・金鳥スタ)
                 
4位  セレッソ大阪 1  
5位  京都サンガF.C. 1  
    4位  セレッソ大阪 1
  6位  ファジアーノ岡山 0
3位  松本山雅FC 1
6位  ファジアーノ岡山 2  

4位のC大阪が5位の京都と引き分けて決勝に進出し、6位の岡山を破ってJ1昇格を決めた。

2017年[編集]

  準決勝 (11月26日・パロ瑞穂 / えがおS) 決勝 (12月3日・豊田)
                 
3位  名古屋グランパス 4  
6位   ジェフユナイテッド千葉 2  
    3位  名古屋グランパス 0
  4位  アビスパ福岡 0
4位  アビスパ福岡 1
5位  東京ヴェルディ 0  

3位の名古屋が6位の千葉を破って決勝に進出し、4位の福岡と引き分けてJ1昇格を決めた。

統計[編集]

クラブ別成績[編集]

クラブ名 昇格年度 敗退年度
アビスパ福岡 2 1 1 2015 2017
セレッソ大阪 2 1 1 2016 2015
大分トリニータ 1 1 0 2012
徳島ヴォルティス 1 1 0 2013
モンテディオ山形 1 1 0 2014
名古屋グランパス 1 1 0 2017
ジェフユナイテッド千葉 4 0 4 2012,2013,2014,2017
京都サンガF.C. 3 0 3 2012,2013,2016
V・ファーレン長崎 2 0 2 2013,2015
横浜FC 1 0 1 2012
ジュビロ磐田 1 0 1 2014
愛媛FC 1 0 1 2015
松本山雅FC 1 0 1 2016
ファジアーノ岡山 1 0 1 2016
東京ヴェルディ 1 0 1 2017

年間順位別成績[編集]

昇格年度 決勝進出年度
3位 2 4 2015(福岡), 2017(名古屋) 2013(京都), 2014(千葉), 2015(福岡), 2017(名古屋)
4位 2 4 2013(徳島), 2016(C大阪) 2013(徳島), 2015(C大阪), 2016(C大阪), 2017(福岡)
5位 0 1 2012(千葉)
6位 2 3 2012(大分), 2014(山形) 2012(大分), 2014(山形), 2016(岡山)

プレーオフ制度に対する意見[編集]

プレーオフ制度の導入については賛否両論がある。

スポーツライター戸塚啓は、自身のコラム[13] で「J2の昇格争いはサッカー界だけの注目にとどまっているのが現状」と指摘した上で、「プレーオフ進出をかけた争いという新たな興味は、J2の中位争いに目を向けさせることになる」「(昇格争いでホームタウンが盛り上がれば)クラブの経営が少しでも上向いたり、スタジアムなどの環境整備に勢いが出てくれば、プレーオフ導入のメリットはある」と肯定的な意見を述べている。

一方、サッカー解説者のセルジオ越後は、自身のコラム[14] の中で「普段、J2は見向きもされないのに、プレーオフだけ騒がれても、Jリーグ全体のレベルアップ、盛り上がりにはつながらない」「(仮に6位のチームが昇格しても)本来、シーズンを通して6番目の力しかなかったのだから、J1で通用するはずがないし、だからといって無理して補強などすれば、財政的に逼迫する可能性もある」と述べ、J2の活性化より前にJ1のレベルアップが必要だと否定的な意見を述べている。2012年・2013年にJ1昇格プレーオフを勝ち抜いた大分・徳島はいずれも翌年J1最下位でJ2に降格しており、2014年12月7日付のデイリースポーツは「来季の山形の成績次第では、大会のあり方を見直す必要があるだろう」と記している[15]。なお、その山形も、さらには翌年プレーオフで昇格した福岡もJ1最下位でJ2に降格している。しかし、2016年に昇格プレーオフを勝ち抜いたC大阪はリーグ戦3位となり、ルヴァンカップ天皇杯の二冠を達成している。

関連項目[編集]

脚注[編集]

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これについてJリーグは、国立競技場に替わる決勝会場として、入場可能数2万人以上の全国のスタジアムの中から開催希望地を募り、「(チャンピオンシップ開催に伴い)J1で使用しないスタジアムであること」「J2・J3入れ替え戦が同日に開催できること」「スタジアムのアクセス、立地、開催時の気象等」の3条件を総合的に勘案して3月のJリーグ理事会で選定したものであると説明している[9]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lineup set for J1 Promotion Playoffs”. 日本プロサッカーリーグ (2015年11月24日). 2015年11月28日閲覧。
  2. ^ a b “J1昇格プレーオフ(仮称)2012シーズンより導入および大会方式の決定について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2011年8月18日), http://www.jleague.jp/release/article-00004108/ 2011年11月11日閲覧。 
  3. ^ a b “2012Jリーグ J1昇格プレーオフ 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2011年12月19日), http://www.jleague.jp/release/article-00004278/ 2011年12月19日閲覧。 
  4. ^ “J2で「昇格プレーオフ」検討=3~6位までに権利”. 時事通信社. (2011年6月14日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201106/2011061400807 2011年11月11日閲覧。 
  5. ^ “2018年以降のJ1・J2昇降格決定方法について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年6月27日), https://www.jleague.jp/release/post-49333/ 2017年6月28日閲覧。 
  6. ^ Jリーグ規約第20条の2第3項
  7. ^ “【2014J1昇格プレーオフ】決勝 キックオフ時刻・スタジアム・TV放送決定のお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年10月10日), http://www.jleague.jp/release/article-00006078/ 2014年10月12日閲覧。 
  8. ^ “J1昇格プレーオフ決勝は12・6長居で開催”. 日刊スポーツ. (2015年10月6日). http://www.nikkansports.com/soccer/news/1549200.html 2015年10月10日閲覧。 
  9. ^ “JリーグがJ1昇格プレーオフ決勝開催地の選定理由について説明”. サッカーキング. (2015年12月1日). http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20151201/375941.html 2015年12月16日閲覧。 
  10. ^ “「J1昇格プレーオフ 決勝」主管の変更について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年12月15日), http://www.jleague.jp/release/post-40983/ 2015年12月15日閲覧。 
  11. ^ 【2016Jリーグ】大会方式が一部変更 昇格プレーオフ決勝はリーグ戦上位のホームで開催”. J.LEAGUE.jp. 日本プロサッカーリーグ (2015年12月15日). 2015年12月16日閲覧。
  12. ^ “【2012J1昇格プレーオフ】決勝の組み合わせは 大分トリニータ vs ジェフユナイテッド千葉に決定!” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2012年11月18日), http://www.jleague.jp/release/article-00004799/ 2012年11月18日閲覧。 
  13. ^ 戸塚啓 (2011年7月14日). “J1昇格プレーオフ制度がもたらす様々な感情”. All About. 2015年6月13日閲覧。
  14. ^ セルジオ越後の一蹴両断! 第283回「神戸の三木谷オーナーはアブラモビッチとはちょっと違うようだね」”. 週刊プレイボーイ. 集英社 (2012年11月22日). 2012年11月25日閲覧。
  15. ^ “PO昇格組に即降格のジンクス”. デイリースポーツ. (2014年12月7日). http://www.daily.co.jp/newsflash/soccer/2014/12/07/0007564783.shtml 

外部リンク[編集]