奈良クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
奈良クラブ
原語表記 奈良クラブ
呼称 奈良クラブ
クラブカラー      青、    
創設年 1991年
所属リーグ 日本フットボールリーグ
クラブライセンス J3
ホームタウン 奈良市を中心とする奈良県全県[1]
ホームスタジアム Kōnoike Athletic Stadium 201410.jpgならでんフィールド[1]
収容人数 30,600
運営法人 特定非営利活動法人奈良クラブ[1]
代表者 矢部次郎
監督 薩川了洋
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
特定非営利活動法人奈良クラブ
国籍 日本の旗 日本
格付 特定非営利活動法人
法人番号 4150005003780
専門分野 教育系 (スポーツ)
設立日 2010年3月29日 (法人認証日)
代表者 矢部次郎
活動地域 奈良県
主な事業 地域スポーツ振興、スポーツクラブ運営
郵便番号 630-8144
事務所 奈良県奈良市東九条町1112-1
株式会社中川政七商店内
外部リンク http://www.naraclub.jp
テンプレートを表示

奈良クラブ(ならクラブ、NARA Club)は、日本の奈良市を中心とする奈良県全県をホームタウンとする[1]日本フットボールリーグ(JFL)に所属するサッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。

歴史[編集]

1991年、初代監督・山口幸司を中心に都南クラブ創設[2]1997年奈良県リーグ1部に昇格。

2008年、チーム名を奈良クラブに改称し、奈良の枕詞「あをによし」に由来する「青」と「赤」をクラブカラーとした。関西府県リーグ決勝大会で優勝した。

2009年関西サッカーリーグ2部に昇格した1年目で優勝を果たす。橋垣戸光一がリーグMVPとベストイレブン、梶村卓がベストイレブン、畑中俊逸が新人王とベストイレブンを獲得[3][4]

2010年、サッカー部門にジュニアチームを設立[5]。また、クラブのサポート体制の確立のため、スペインのFCバルセロナに代表される「ソシオ」制度を発足させた[6]。 2010年3月29日奈良県から特定非営利活動法人の認証を受ける[7]。 2010年、関西リーグ1部で4位の成績。畑山俊逸がアシスト王とベストイレブンを獲得した[8]。 2010年12月1日近鉄奈良駅近くの角振町から率川神社近くの北向町に移転した[9]

2011年2月3日横浜F・マリノス元コーチの吉田悟が就任[10]。関西リーグ1部で優勝。第35回全国地域サッカーリーグ決勝大会は1次ラウンドで敗退した。

2012年、カマタマーレ讃岐元監督の羽中田昌を監督に迎えたが、6月30日の9節終了後に辞意を表明、7月3日付けで辞任した[11] 。GMの矢部次郎が監督代行に就任。リーグ戦は2位。 天皇杯は2回戦でセレッソ大阪に敗れる。KSLカップで優勝した。12月19日、事務所を西九条町に移転した[12]

2013年9月17日、Jリーグ準加盟クラブとして承認された[1]。10月15日、J3クラブライセンスのスタジアム基準を満たさないことより2014年のJ3リーグ入会は成らなかった[13]。また、申請していた日本フットボールリーグ(JFL)入会も叶わなかった[14]

2014年、横浜FC元コーチの中村敦が監督に就任。関西リーグ1部で3年ぶりに優勝。また、第38回全国地域サッカーリーグ決勝大会も優勝した。12月10日の日本フットボールリーグ(JFL)理事会でJFL入会が承認された[15]

2016年シーズンをもって中村が監督を退任し、2017年よりSC相模原元監督の薩川了洋が監督に就任した。

年度別成績・歴代監督[編集]

都南クラブ[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点
1992 奈良県教育リーグ 3位 * * * * * * * *
1993 奈良県5部 優勝 * * * * * * * *
1994 奈良県4部 優勝 * * * * * * * *
1995 奈良県3部 優勝 * * * * * * * *
1996 奈良県2部 優勝 * * * * * * * *
1997 奈良県1部 6位 * * * * * * * *
1998 4位 * * * * * * * *
1999 3位 * * * * * * * *
2000 2位 * * * * * * * *
2001 優勝 * * * * * * * *
2002 3位 * * * * * * * *
2003 5位 18 10 6 0 4 17 14 +3
2004 優勝 25 10 8 1 1 25 8 +17
2005 3位 19 10[16] 6 1 3 25 11 +14
2006 優勝 25 10[17] 8 1 1 31 11 +20
2007 3位 22 11 6 1 4 22 10 +12

奈良クラブ[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 天皇杯 監督
2008 奈良県1部 2位 27 11 8 3 0 39 9 30 県予選敗退 山口幸司
2009 関西2部 優勝 30 14 9 3 2 47 18 29 2回戦敗退
2010 関西1部 4位 24 14 6 6 2 36 24 12 1回戦敗退 藤本憲一郎 (代行)
2011 優勝 35 14 11 2 1 42 13 29 1回戦敗退 吉田悟
2012 2位 29 14 8 5 1 28 11 17 2回戦敗退 羽中田昌/矢部次郎 (代行)[11]
2013 5位 13 14 3 4 7 11 22 -11 2回戦敗退 矢部次郎/水越潤[18]
2014 優勝 33 14 10 3 1 30 11 19 3回戦敗退 中村敦
2015 JFL 7位 46 30 13 7 10 33 28 +5 1回戦敗退
2016 10位 37 30 10 7 13 41 48 -7 2回戦敗退
2017 7位 40 30 10 10 10 41 51 -10 1回戦敗退 薩川了洋
2018     30            

タイトル[編集]

チーム[編集]

個人[編集]

  • JFL新人王
    • 2016年 - 茂平

ホームスタジアム[編集]

ホームスタジアムはならでんフィールド(旧称:奈良市鴻ノ池陸上競技場)[1]である。その他の開催スタジアムは下表を参照。

年度別入場者数[編集]

年度 所属 合計
入場者数
最多入場者数 最少入場者数 平均
入場者数
試合数 ホームゲーム
開催スタジアム
入場者数 相手 会場 入場者数 相手 会場
2015 JFL 27,250 3,466 沼津 橿原 812 FC大阪 橿原 1,817 15 鴻ノ池10、奈良橿原5
2016 22,620 2,621 MIO 鴻ノ池 1,140 Honda 鴻ノ池 1,508 15 鴻ノ池14、奈良橿原1
2017 15

下部組織[編集]

アカデミー他[編集]

  • ジュニアユース
  • ジュニア(2010年創設)
  • 奈良クラブソシオス
    • 2011年創設。奈良県リーグ1部所属。
    • サッカーを愛好する者による同好会チームとし、様々な人たちがサッカーを通して「明るく、楽しく、真剣に学ぶ」ことをモットーに、勝敗以上の感動や笑いを共有できるクラブチーム作りを目指す」としている[19]

チアリーディング[編集]

  • 奈良クラブdoes (社会人)
  • 奈良クラブTwinkles (ジュニア)
    • 2009年創設。

電動車椅子サッカー[編集]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd) ピンク ピンク ピンク
GK(1st) グレー グレー グレー
GK(2nd) 薄緑 薄緑 薄緑
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

2011年シーズンのユニフォームの模様は蔦蔓文様(つたかずらもんよう)を採用していた。それは奈良時代にシルクロード経由で渡来した文様であるとともに、唐草模様の原型となった[22]。2012年シーズンは、霰小紋(あられこもん)であった[23]

2012年に天皇杯で奈良クラブがセレッソ大阪と対戦した際、C大阪監督(当時)のレヴィー・クルピが、試合終了後のコメントで「日本で一番最初の都となった奈良、奈良クラブさんのユニフォームを私もぜひ一枚とっておきたいので、無理を承知でお願いしますが、ぜひ私にも一枚わけてください」と発言したこと[24] を聞きつけた、当時ゼネラルマネージャー兼アンバサダーの矢部次郎が、C大阪のユニフォームと交換する形で奈良クラブのユニフォームを贈呈[25]、クルピは「(同監督がブラジルに所有する)レストランに飾る」と言っており[26]、翌2013年3月にトレーニングマッチで対戦した際にも、新デザインとなったユニフォームを改めて贈呈している[27]

2013年シーズンは、大和蹴球吉祥文であった。縁起の良い謂れを持つ生き物(八咫烏鹿うさぎとんぼたぬき、跳ね鯛、左馬)が小紋としてあしらわれ、亀甲状に配列されている。またストッキングには、2013年が巳年にちなみを配している[28]

2014年シーズンは、立涌(たてわく)と鹿の子であった[29]、立涌とは奈良時代に貴族の装束や生活用品に使われた有職文様(ゆうそくもんよう)のひとつである。また「鹿の子」はチームのトレードマークでもある奈良の鹿からの連想とされている[29]。そしてストッキングは、午年にちなんで「馬蹄」を配している[29]

2015年シーズンのシャツに入っている模様は、『鹿角唐草』(しかつのからくさ)であった。鹿の角は勝利、力、成長の象徴として、また、唐草は「繁栄・長寿」の意味を意味する。ストッキングは2015年の干支がであることから、正倉院宝物の羊木臈纈屏風(ひつじきろうけちのびょうぶ)から巻き角をモチーフにしている[30]

2016年シーズンのシャツに入っている模様は、鱗文様であった[31]。古来より魔除けとして使われてきた文様で、選手達の健康と勝利を祈願するために採用した[31]。また、J3昇格祈願と2016年のメンイスポンサーである中川政七商店の創業300周年を記念し「三」も掛けた[31]。ストッキングは2016年の干支がであることから、ならまちの軒先で見かける「庚申(こうしん)さん」をモチーフにした[31]

2017年シーズンのシャツに入っている模様は、散華×霊芝雲文(さんげれいしうんもん)である[32]散華は蓮の花弁を表現し、は泥の中から美しい花を咲かせることから、忍耐・成功を表現[32]。ユニフォーム上部の霊芝雲文は正倉院宝物にも見られる万年茸を雲に描いた吉祥文様である[32]。ストッキングは2017年の干支がであることから、正倉院宝物文様より花喰い鳥をモチーフにしている[32]

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
丸産業 MARU
INDUSTRYCO.LTD.
2014年-2015年
2017年-
2013年はパンツ
2016年は袖
背中上部 DMG森精機 DMG Mori 2017年-
背中下部 奈良トヨペット 奈良トヨペット 2017年- 2012年-2013年は背中上部
2014年-2016年はパンツ
中川政七商店 中川政七商店 2017年- 2011年-2012年および2016年は胸
2016年は三百周年中川政七商店表記
パンツ 無し -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2009 せんとくん - - - - mitre
2010
2011 中川政七商店 Yoshino Heart Discover Japan AMRIT
2012 奈良トヨペット SHIBUTANI & Co.
株式会社 渋谷
大和農園 GAVIC
2013 SHIBUTANI & Co.
株式会社 渋谷
大和農園 丸産業
2014 MARU
INDUSTRYCO.LTD.
SHIBUTANI & Co.
株式会社 渋谷
奈良トヨペット SQUADRA
2015 大和農園 -
2016 三百周年
中川政七商店
MARU
INDUSTRYCO.LTD.
2017 MARU
INDUSTRYCO.LTD.
DMG MORI 奈良トヨペット 中川政七商店 -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年9月17日), https://www.jleague.jp/release/article-00005325 2017年11月12日閲覧。 
  2. ^ チームデータ - 奈良クラブ 関西サッカーリーグ
  3. ^ 試合日程・記録 表彰記録”. 関西サッカーリーグ. 2013年1月10日閲覧。
  4. ^ 表彰選手発表!”. 奈良クラブサポーターズサイト NaLa12 (2009年12月27日). 2013年1月10日閲覧。
  5. ^ 奈良クラブジュニアチーム発足のお知らせ”. 奈良クラブ (2010年3月17日). 2013年1月10日閲覧。
  6. ^ 奈良クラブソシオ発足のお知らせ”. 奈良クラブ (2010年3月16日). 2013年1月10日閲覧。
  7. ^ NPO法人検索”. ならNPOねっと (2010年3月29日). 2013年1月10日閲覧。
  8. ^ 畑中アシスト王&2年連続ベストイレブン獲得!”. 奈良クラブサポーターズサイト NaLa12 (2010年12月25日). 2013年1月10日閲覧。
  9. ^ 事務所が移転しました!” (2010年12月1日). 2013年1月10日閲覧。
  10. ^ “吉田悟氏 トップチーム監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 奈良クラブ, (2011年2月3日), http://naraclub.jp/archives/4229 2015年1月2日閲覧。 
  11. ^ a b 羽中田昌監督・武井雅之コーチ 辞任のお知らせ”. 奈良クラブ (2012年7月3日). 2012年7月3日閲覧。
  12. ^ 事務所移転のお知らせ” (2012年12月19日). 2013年1月10日閲覧。
  13. ^ “J3スタジアム審査結果のお知らせ” (プレスリリース), 奈良クラブ, (2013年10月16日), http://naraclub.jp/archives/27131 2015年1月2日閲覧。 
  14. ^ “2014シーズンについて” (プレスリリース), 奈良クラブ, (2013年12月4日), http://naraclub.jp/archives/29105 2015年1月2日閲覧。 
  15. ^ “第17回日本フットボールリーグ 新入会チーム決定” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2014年12月10日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=820 2015年1月2日閲覧。 
  16. ^ 1部リーグ勝敗表 (pdf)”. 奈良県社会人サッカー連盟. 2013年1月10日閲覧。 “本来12チームで争う予定だったが、天理大学FCが繰り返しの規律違反により成績が抹消されたため1試合少ない。”
  17. ^ 平成18年度奈良県社会人サッカー1部リーグ勝敗表 (pdf)”. 奈良県社会人サッカー連盟 (2006年11月23日). 2013年1月10日閲覧。 “本来12チームで争う予定だったが、生駒SCが繰り返しの審判不履行により成績が抹消されたため1試合少ない。”
  18. ^ トップチーム体制変更のお知らせ”. 奈良クラブ (2013年10月10日). 2013年10月11日閲覧。
  19. ^ 〔クラブ情報〕奈良クラブソシオス(奈良県3部)発足のお知らせ(奈良クラブ2011年1月28日 2014年12月2日閲覧)
  20. ^ がんばれ!日本代表!チーム紹介ページ 第1回FIPFAワールドカップ2007公式サイト
  21. ^ 大会情報 第1回FIPFAワールドカップ2007公式サイト
  22. ^ 〔クラブ情報〕ユニフォームの説明について]”. 奈良クラブ (2011年3月8日). 2011年4月24日閲覧。
  23. ^ 〔クラブ情報〕2012シーズンユニフォーム発表!”. 奈良クラブ (2012年3月23日). 2012年3月23日閲覧。
  24. ^ 試合速報・公式記録 2012天皇杯 2012年9月8日  13:00~”. セレッソ大阪CEREZO OSAKA OFFICIAL SITE (2012年9月7日). 2013年12月13日閲覧。
  25. ^ yabejiro26 2012年9月8日 - 17:11 (UTC+9)の発言
  26. ^ yabejiro26 2012年9月8日 - 22:38 (UTC+9)の発言
  27. ^ naraclub_info 2013年3月2日 - 16:34 (UTC+9)の発言
  28. ^ 2013シーズンユニフォーム発表!【大和蹴球吉祥文】”. 奈良クラブ (2013年2月24日). 2013年2月24日閲覧。
  29. ^ a b c 2014シーズン新ユニフォーム発表!【立涌×鹿の子(たてわくかのこ)】”. 奈良クラブ (2014年1月25日). 2014年4月8日閲覧。
  30. ^ 2015シーズン新ユニフォーム発表!【鹿角唐草(しかつのからくさ)】” (2015年1月25日). 2015年1月25日閲覧。
  31. ^ a b c d 2016シーズン奈良クラブユニフォーム”. 奈良クラブ. 2017年1月27日閲覧。
  32. ^ a b c d 2017シーズン新ユニフォーム発表!【散華×霊芝雲文】”. 奈良クラブ (2017年1月26日). 2017年1月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]