FC今治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FC今治
原語表記 FC今治
呼称 FC今治
クラブカラー     [1]
    [1]
    [1]
創設年 1976年
所属リーグ 日本フットボールリーグ
クラブライセンス J3
ホームタウン 愛媛県今治市[2]
ホームスタジアム Arigato-yume-stadium2.JPGありがとうサービス. 夢スタジアム[2]
収容人数 5,000
運営法人 株式会社今治.夢スポーツ[2]
代表者 日本の旗 岡田武史[2]
監督 日本の旗 小野剛
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社今治.夢スポーツ
種類 株式会社
本社所在地 794-0084
愛媛県今治市延喜甲604-1[3]
設立 2002年5月29日[3]
業種 サービス業
法人番号 5500002019727
事業内容 スポーツクラブ・スポーツ施設・文化施設の運営事業他[3]
代表者 代表取締役会長日本の旗 岡田武史
代表取締役社長日本の旗 矢野将文
資本金 4,880万4千円(2016年4月27日時点)[3]
決算期 1月期
主要株主 岡田武史
テンプレートを表示

FC今治(エフシーいまばり)は、愛媛県今治市をホームタウンとする、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するサッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。

概要[編集]

1976年に大西サッカークラブとして創設。愛媛FCの下部組織「愛媛FCしまなみ」時代を経て、2012年からFC今治にチーム名を変更した。長年地域のアマチュアクラブとして活動してきたが、2014年11月に日本代表元監督の岡田武史が代表に就任すると、2025年には「J1で常時優勝争いをするチームとなり、ACLで優勝を目指す」「5人以上の日本代表選手を輩出する」という長期ビジョンを掲げた。

ホームスタジアムはありがとうサービス. 夢スタジアム(夢スタ)である。

歴史[編集]

前史[編集]

1976年、愛媛県越智郡大西町(現:今治市)を拠点として大西サッカークラブ(大西SC)が創設される。

1991年、大西町だけでなく今治市と越智郡をカバーする地域密着型のサッカークラブにという狙いから今越(いまお[4])フットボールクラブ(今越FC)に改称、2004年に愛媛しまなみフットボールクラブ(愛媛しまなみFC)に改称。

2009年から愛媛FCのアマチュアチームとなり、チーム名を愛媛FCしまなみに変更した[5]

2011年は四国リーグで優勝したが、第35回全国地域サッカーリーグ決勝大会への出場を辞退した[6]。財政的な問題で来季の活動が不透明なためと高知新聞は報じている[6]

2012年 - 2016年(四国リーグ)[編集]

2012年に愛媛FCから独立して、同時にチーム名をFC今治に変更した[7] 。なお、当初は「FC.IMABARI」の表記を用いていた[8]同年の天皇杯の2回戦で、J1サンフレッチェ広島F.Cに勝利した[7]が、第36回全国地域サッカーリーグ決勝大会はグループリーグで敗退。2013年も四国リーグで優勝したが、第37回全国地域サッカーリーグ決勝大会はグループリーグで敗退した。

2014年11月に岡田武史が株式会社今治.夢スポーツの株式の51%を取得し[9]吉武博文大木武眞藤邦彦らがチームスタッフとして加わった[10]2015年は四国リーグで優勝したが、第39回全国地域サッカーリーグ決勝大会はグループリーグで敗退した。この際、「岡田メソッド」というトップチームから育成まで一貫した型を作ることを目標にし、全カテゴリー同じコンセプトでボールを大切にするサッカーを目指す。また、技術とコンビネーションを前面に出した攻撃的なポゼッションサッカーを目指して、「プレーモデル」を整理して独自のトレーニングメゾットを開発するとしている[11]

2016年、監督に吉武、岡田が代表兼務のCMO(チーフ・メゾット・オフィサー)に就任した。また、グローバル事業部が新設されて中国サッカー・スーパーリーグ杭州緑城と業務提携を結んだ。2月23日、Jリーグ理事会においてJリーグ百年構想クラブとして承認された[2]。また、今治スタジアム(仮称、当時)を建設する計画を発表した(詳細はありがとうサービス. 夢スタジアムを参照)。第52回全国社会人サッカー選手権大会は2回戦で敗れたが、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016で優勝した。12月7日のJFL理事会で2017年度からのJFL入会が承認された[12]

2017年 - (JFL)[編集]

2017年

JFL参入初年度。東京Vから楠美圭史金沢から玉城峻吾、JFL・青森から三田尚希東海1部鈴鹿から小澤司、昨年レンタル移籍で加入していた上村岬磐田から完全移籍で加入、川崎から可児壮隆がレンタル移籍で加入、水谷拓磨のレンタル移籍期間が延長された。また、GKコーチに藤原寿徳、チームアドバイザーにラモス瑠偉が就任。

シーズン中には、今シーズンから加入したレニーが脳震盪の発症リスクが高いことを理由に引退したが、東京Vから中野雅臣京都から牟田雄祐ポルティモネンセSCからブバをレンタル移籍で獲得。さらに山田卓也が2年ぶりに復帰した。

JFLリーグ戦は前期は6位、後期は4位で通算6位の成績。天皇杯は1回戦でFC琉球に勝利したが、2回戦で岡山に敗れた。なお、9月28日にJ3ライセンスの交付を受けた[13]

2018年

戦力補強は、金沢のDF太田康介を含む10人[14]。5月20日を終えた時点で、年間順位は5勝2分け3敗の4位(勝ち点17)に位置していた[15]

しかし、シーズン中盤で成績が思うように伸びず、チームに漂う閉塞感から、シーズン途中で工藤直人へ監督交代。終盤に連勝して第2ステージ第10節時点で年間順位は6位に浮上。第2ステージ第12節終了時点で、年間通算成績は13勝6分け8敗(勝ち点45)で、J3昇格条件となる4位に浮上した[16]。だが、残り2試合に1分1敗となり、年間総合5位でシーズンを終了。J3昇格はならなかった[17][18]。シーズン終了後、工藤が監督を退任した[19]

2019年

新監督は小野剛、戦力補強は福岡から元日本代表の駒野友一東京Vから橋本英郎札幌から内村圭宏熊本から園田拓也を含む新選手11名が加入した[20][21]FC大阪との開幕戦を引き分けで終えたものの、続くホーム開幕戦のHonda FC戦に勝利し、JFL加盟後、同クラブに対して初勝利を挙げた。5月にFCマルヤス岡崎にアウェーで敗戦を喫するも、前半戦は9勝5分1敗の成績を残し、Hondaに次ぐ2位でシーズンを折り返した。一方、愛媛県サッカー選手権大会決勝では松山大学に敗れ、11年ぶりに天皇杯出場を逃した。

成績[編集]

タイトル・表彰[編集]

チーム[編集]

個人[編集]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd
  • 2015年シーズンのユニフォームはオフィシャルパートナーであるLDHのアパレルブランド24karatsが全面協力してユニフォームを作成した[22]
  • 2016年シーズンのユニフォームは、昨年ユニフォームを制作したLDHとの相談の結果、色々な対応できるスポーツメーカーの方が良いという結論によりアディダスに変更[22]。そのデザインをLDH所属のGENERATIONSEXILEのメンバーである白濱亜嵐が行った。

チームカラー[編集]

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
デロイト トーマツ コンサルティング Deloitte. 2015年 -
鎖骨 NTTぷらら ひかりTV4K 2019年 - 左側に表記
2017年 - 2018年は背中下部
リプロダクションクリニック大阪 Reproduction
Clinic
2019年 - 右側に表記
背中上部 LDH LDH 2015年 -
背中下部 ザイマックス xymax
ザイマックス
2019年 -
三菱商事 DREAM AS ONE.
Mitsubishi Corporation
2015年 -
パンツ 今治造船 今治造船 2017年 -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2008 ありがとう
グループ
解禁前 とり壱 解禁前 - - asics
2009 ありがとう ITC 今治鐵鋼センター Zボイラ
MIURA
Fuji Mizuno
2010
2011
2012 imabari towel
Japan
- - (今治デパートのロゴ) asics
2013 ありがとう
サービス
2014 les cinq sens
2015 Deloitte. LDH DREAM AS ONE.
Mitsubishi Corporation
ありがとう
サービス
24karats
2016 - adidas
2017 ひかりTV4K 今治造船
2018 -
2019 ひかりTV4K(左)
Reproduction
   Clinic
(右)
xymax
ザイマックス

下部組織[編集]

今治市の少年サッカーチーム「今越FC」を2013年4月に吸収合併する形で運営を引き継ぐ。現在、U-15(中学生チーム)、U-12(小学生チーム)、キッズチームをFC今治として運営している。また、女子サッカーチームとしてFC今治ひうちレディースがあり、愛媛県女子サッカーリーグに所属している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f クラブ概要 - FC今治オフィシャルサイト
  2. ^ a b c d e “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年2月23日), http://www.jleague.jp/release/post-41864 2016年2月23日閲覧。 
  3. ^ a b c d 企業情報”. FC今治. 2017年7月23日閲覧。
  4. ^ https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201708280007-spnavi
  5. ^ “愛媛しまなみFC(四国リーグ)の来季より愛媛FCのアマチュアチームとしての活動のお知らせ” (プレスリリース), 愛媛FC, (2008年11月28日), http://www.ehimefc.com/efc/topics.php?stpId=100179 2016-12-117閲覧。 
  6. ^ a b 全国地域リーグ決勝大会出場決定のお知らせ”. llamas高知FC (2011年10月19日). 2016年12月2日閲覧。
  7. ^ a b Match No.45 2回戦”. 日本サッカー協会 (2012年9月8日). 2012年9月27日閲覧。
  8. ^ “愛媛FCしまなみ 移管についてのお知らせ” (プレスリリース), 愛媛FC, (2011年12月30日), http://www.ehimefc.com/efc/topics.php?stpId=101645 2016年12月11日閲覧。 
  9. ^ 岡ちゃん、FC今治株51%取得!代表監督からクラブ経営へ(スポーツニッポン2014年11月1日 11月2日閲覧)
  10. ^ 今治の『育成メソッド』構築へ、アマクラブに集結する強力布陣”. フットボールチャンネル (2015年1月14日). 2016年12月11日閲覧。
  11. ^ 岡田メソッドFC今治公式サイト
  12. ^ “第19回日本フットボールリーグ新入会チーム決定!” (プレスリリース), 日本フットボールリーグ, (2016年12月7日), http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/view/s.php?a=1128 2016年12月7日閲覧。 
  13. ^ “2018シーズン J3クラブライセンス判定結果について (J3入会を希望するクラブ)” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年9月28日), https://www.jleague.jp/release/post-50832/ 2017年9月29日閲覧。 
  14. ^ “今治に感じるJ3昇格への自信と重圧 上々の「船出」となったJFL開幕戦” (プレスリリース), スポーツナビ公式サイト, (2018年3月13日), https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201803120007-spnavi 2018年1月27日閲覧。 
  15. ^ “FC今治、宿願のJ3昇格へ勝負の年” (プレスリリース), 日本経済新聞公式サイト, (2018年5月28日), https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30821520S8A520C1000000/ 2019年1月27日閲覧。 
  16. ^ “JFL 第2ステージ第12節 FC今治快勝 年間順位4位浮上” (プレスリリース), 愛媛新聞ONLINE, (2018年10月29日), https://www.ehime-np.co.jp/article/news201810290083 2019年1月27日閲覧。 
  17. ^ “JFL・第2ステージ第10節 FC今治、6位浮上 4得点で快勝” (プレスリリース), 愛媛新聞ONLINE, (2018年10月15日), https://www.ehime-np.co.jp/article/news201810150045 2019年1月27日閲覧。 
  18. ^ “FC今治、J3昇格へ来季は失敗許されぬ” (プレスリリース), 日本経済新聞公式サイト, (2018年12月26日), https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39319020T21C18A2000000/ 2019年1月27日閲覧。 
  19. ^ “FC今治監督に小野氏”. 愛媛新聞. (2018年12月12日). https://www.ehime-np.co.jp/article/news201812120050 2019年1月28日閲覧。 
  20. ^ “2019シーズン方針発表会実施のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2019年1月25日), http://www.fcimabari.com/news/2019/002927.html 2019年1月28日閲覧。 
  21. ^ “ホーム満員の試合増が目標 悲願のJ3昇格 達成誓う FC今治新体制” (プレスリリース), 愛媛新聞ONLINE, (2019年1月26日), https://www.ehime-np.co.jp/article/news201901260047 2019年1月28日閲覧。 
  22. ^ a b 【リリース】ユニフォームデザイン変更理由に関するお知らせ(プレスリリース),FC今治

関連項目[編集]

外部リンク[編集]