牟田雄祐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
牟田 雄祐 Football pictogram.svg
名前
愛称 ムッティ
カタカナ ムタ ユウスケ
ラテン文字 MUTA Yusuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1990-09-22) 1990年9月22日(28歳)
出身地 福岡県福岡市[1]
身長 187cm[1]
体重 80kg[1]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 京都サンガF.C.
ポジション DF
背番号 17
利き足 右足[1]
ユース
2009-2012 福岡大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2015 名古屋グランパス 56 (2)
2016- 京都サンガF.C. 6 (0)
2017 FC今治 (loan) 10 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年12月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

牟田 雄祐(むた ゆうすけ、1990年9月22日 - )は、福岡県福岡市出身のプロサッカー選手京都サンガF.C.所属。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

東吉塚小学校3年時に、千代サッカークラブに入団。博多中学校から筑陽学園高校に進み、3年時に主将として全国高校サッカー選手権に出場した[2]。なお、高校の2学年後輩に同クラブのチームメイトである大武峻がいる。高校卒業時に名古屋グランパスから入団オファーを受けたが、福岡大学へ進学してプレーすることを選択[3]。1年生からレギュラーを獲得し、夏の総理大臣杯で全国優勝を果たした[4]。3年生の時に出場した天皇杯2回戦の大宮アルディージャ戦では、FWラファエルを完璧に抑え込み、福岡大学のPK戦勝利に貢献[5]。4年生では主将を務めた[2]

プロ入り後[編集]

Jリーグの8クラブが獲得に動いた争奪戦の末[2]2012年10月6日、名古屋グランパスへ2013年シーズンより入団することが決まった[6]。福岡大学の先輩である永井謙佑が、名古屋で成長しロンドン五輪でブレークしたことも、決断を後押しした[2]。入団内定後、早くプロに慣れることを目的に、名古屋は日本サッカー協会特別指定選手の申請をしたが、協会側がシーズン残り試合が少なくなってからの適用について難色を示したため、名古屋は申請を取り下げた[7]

2013年3月2日の開幕戦となるジュビロ磐田戦で、クラブとしては片山奨典以来7年ぶりの新人開幕スタメンを果たしたが、後半で途中交代となりほろ苦いデビューとなった。その後は試合にほとんど絡むことができず、第25節の清水エスパルス戦から5試合連続で先発出場するなどしたものの、出場機会は限られた。

しかし翌2014年はシーズン途中からスタメンに定着し、リーグ戦24試合に出場を果たした。シーズン最終節の浦和レッズ戦ではプロ初ゴールを決めるとともに、この年は警告を1度も受けることなくシーズンを終えた。

2016年より京都サンガF.C.に完全移籍した[1]

2017年8月よりJFLFC今治に期限付き移籍[8]。今治ではリーグ戦10試合に出場し、JFLのシーズンが終了した11月に京都に復帰した。

人物・エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 福岡大 4 - - - 3 1 3 1
2011 - - 3 0 3 0
2012 - - 2 0 2 0
2013 名古屋 3 J1 8 0 0 0 0 0 8 0
2014 24 1 5 0 4 0 33 1
2015 24 1 4 0 1 0 29 1
2016 京都 4 J2 0 0 - 0 0 0 0
2017 17 6 0 - 0 0 6 0
2017 今治 32 JFL 10 0 - - 10 0
2018 京都 17 J2 -
通算 日本 J1 56 2 9 0 5 0 70 2
日本 J2 6 0 - 0 0 6 0
日本 JFL 10 0 - 0 0 10 0
日本 - - 8 1 8 1
総通算 72 2 9 0 13 1 94 3

その他の国際公式戦

タイトル[編集]

クラブ[編集]

福岡大学
名古屋グランパス

個人[編集]

  • 全国高等学校サッカー選手権大会 優秀選手 (2008年)
  • 九州大学サッカーリーグ1部 新人賞 (2009年)
  • 九州大学サッカートーナメント大会 最優秀選手賞 (2012年)
  • 九州大学サッカーリーグ1部 最優秀選手賞 (2012年)

代表歴・選抜歴[編集]

  • 2009年 日本高校選抜
  • 2010年 U-20日本代表
  • 2010年 全日本大学選抜
  • 2011年 U-21日本代表
  • 2011年 全日本大学選抜
  • 2012年 全日本大学選抜

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g “牟田雄祐選手 完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), 京都サンガF.C., (2015年12月17日), http://www.sanga-fc.jp/news/detail/31766 2015年12月23日閲覧。 
  2. ^ a b c d 8クラブ争奪戦…福岡大・牟田が名古屋へnikkansports.com、2012年8月18日
  3. ^ 名古屋が福岡大DF獲得へゲキサカ、2011年7月24日
  4. ^ 熱烈、ポスト闘莉王・牟田取り中日スポーツ(CHUNICHI Web)、2012年5月4日
  5. ^ 福岡大DF牟田にJリーグ4チームが争奪戦!スポーツ報知大阪版 2012年1月11日
  6. ^ 牟田 雄祐選手、来季新加入内定のお知らせ名古屋グランパス公式サイト、2012年10月6日
  7. ^ 来季加入の牟田、特別指定取り下げ中日スポーツ(CHUNICHI Web)、2012年10月26日
  8. ^ “【リリース】牟田 雄祐選手 京都サンガF.C.より期限付き移籍のお知らせ” (プレスリリース), FC今治, (2017年8月7日), http://www.fcimabari.com/news/2017/000686.html 2017年8月7日閲覧。 
  9. ^ エル・ゴラッソJリーグプレーヤーズガイド2016(スクワッド、雑誌コード17970-04)177頁
  10. ^ 【福岡大スポーツ】名古屋入団内定の牟田雄祐「目標は日本代表、ここからが本当のスタート」サッカーキング、2012年10月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]