高知中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高知中学校・高等学校
過去の名称 江陽学舎
城東商業学校
城東中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人高知学園
設立年月日 1899年
創立者 信清權馬
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 中学校
普通コース
特進コース
高等学校
文理コース
総合コース
特進コース
学期 3学期制
高校コード 39504J
所在地 780-0956
高知県高知市北端町100番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

高知中学校・高等学校(こうちちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、高知県高知市北端町にある私立中高一貫校で、高知学園短期大学付属幼稚園から高知学園短期大学まである高知学園の中等部・高等部。高知県有数の私立教育機関であり、「学園」の愛称で呼ばれている。

概要[編集]

1899年に創設。100年以上の歴史を有する。 野球部は中学・高校共に全国大会での優勝経験がある。

高知学園のシンボルとして、朝の朝礼と6時間目の授業終了時の2度鳴らされる「世界の鐘」がある。

アクセス[編集]

設置課程・学科[編集]

全日制課程
  • 普通科
    • 文理コース
    • 総合コース
    • 特進コース

特色[編集]

中学はA〜Eの5クラス編成。A〜C組が普通コース、D・E組が特進コースとなっている。

高校は5〜6クラス編成。毎年クラス数は変動している。高校は1組・2組と数字表記。文理コース、総合コース、特進コースがある。特進コースは中学同様に、1年から希望特進と選抜特進に分かれる。2年になると、文理コースが文系と理系に分かれる。また特進クラスは、基本的に1年からの持ち上がりで、文理混合のクラスとなる。以前は、総合・文I・文II・理I・理IIに分かれていた(I類が現在の特進、II類が文理に相当)。現在のようなクラス編成に変更になったのは、現在の校長が就任してからである。大半が4年制大学への進学だが、同じ系列校の、高知学園短期大学高知リハビリテーション学院への進学者も多い。

制服[編集]

制服は男子は学生服学習院風の制服で、女子は夏は水色のセーラー服と高知県下でも特色のある制服である。

施設[編集]

高校棟、中学棟、管理特別棟、体育館、食堂、屋内温水プール、クラブ棟、駐輪場兼用テニスコート、弓道場、中高運動場、射撃場

校歌[編集]

当高校の教員であった橋詰泰二の作詞、高知県出身で県内をはじめ全国各地の校歌を手掛けてきた平井康三郎の作曲で作られた。なお、この2名はともに明徳義塾中学校・高等学校須崎市土佐市)の校歌も手掛けている。

沿革[編集]

  • 1899年4月 - 江陽学舎として創立。
  • 1919年4月 - 城東商業学校設立。
  • 1948年4月 - 城東高等学校・城東中学校設立(現在の高校と中学)。
  • 1952年3月 - 学校法人城東学園に組織変更。
  • 1956年5月 - 学校法人高知学園に組織変更、高知高等学校・高知中学校に改称。
  • 1957年4月 - 現在地の高知市北端町100番地に移転。
  • 1960年4月 - 高知学園高知工業高等学校を開校。
  • 1962年4月 - 高知工業専門学校を開校(翌年国立高知工業高等専門学校に移管)。
  • 1982年3月 - 高知高校校舎、体育館改築落成(現在の校舎)。
  • 1983年8月 - 高知中学校校舎、管理特別棟改築落成本館改築落成(現在の校舎)。

部活動[編集]

運動部[編集]

文化部[編集]

野球部[編集]

高知県の高校では唯一、センバツ夏の甲子園の両方で全国制覇の経験がある。2005年には、明徳義塾の不祥事による出場辞退を受けて、第87回選手権大会に急遽繰り上げ出場した経験がある。2009年第91回選手権大会の1回戦では、広島県代表の如水館との試合が、2日連続で雨天ノーゲームとなる珍事が発生した。甲子園での試合結果については選抜高等学校野球大会 (高知県勢)及び全国高等学校野球選手権大会 (高知県勢)を参照のこと。

主な卒業生[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]