兵庫県立芦屋高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
兵庫県立芦屋高等学校
Hyogo pref Ashiya highschool.jpg
過去の名称 兵庫縣立芦屋中學校
国公私立の別 公立学校
設置者 兵庫県の旗 兵庫県
学区 第1学区
校訓 教育綱領:自治・自由・創造
設立年月日 1940年(昭和15年)
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 28125F
所在地 659-0063
兵庫県芦屋市宮川町6番3号
北緯34度43分43.4秒 東経135度18分36.6秒 / 北緯34.728722度 東経135.310167度 / 34.728722; 135.310167座標: 北緯34度43分43.4秒 東経135度18分36.6秒 / 北緯34.728722度 東経135.310167度 / 34.728722; 135.310167
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
兵庫県立芦屋高等学校の位置(兵庫県内)
兵庫県立芦屋高等学校

兵庫県立芦屋高等学校(ひょうごけんりつあしやこうとうがっこう)は、兵庫県芦屋市に所在する公立高等学校。略称は「芦高」(あしこう)。

設置学科[編集]

概要[編集]

同校は学力向上ステップハイスクール事業の指定を受け、甲南大学甲南女子大学関西学院大学との高大連携講座を実施している。2005年度から通学区域拡張および全日制普通科単位制に改編された。

教育目標[編集]

民主的、文化的で平和な国家及び社会の有為な形成者として必要な資質を養うために、自ら学ぶ意欲と社会の変化に対応できる能力の育成を図るとともに、個性の伸長を目指した教育の充実に努める。

校風[編集]

「自治・自由・創造」を教育綱領としており、創立以来自由な校風を特徴としている。そのため「自治会」と呼ばれる生徒による運営が行われている。また標準服は指定しているものの、制服は指定されておらず、服装も生徒の自主性に委ねている。同校の前身は1940年(昭和15年)に設立された旧制兵庫県立芦屋中学校。最近では学区再編や単位制への改編があった。

著名な出身者[編集]

部活動[編集]

運動部16・文化部15がある。硬式野球部は昭和20年代に6回、全国高等学校野球選手権大会に兵庫県代表として出場し、1952年(昭和27年)の第34回全国高等学校野球選手権大会で優勝した。

1997年ナホトカ号重油流出事故の際には、ボランティア部の生徒を中心に、100名以上の生徒が北陸の海岸で原油回収作業にあたった。

阪急電鉄元会長大橋太郎や鉄道アナリスト川島令三を輩出した鉄道研究部やダブルダッチ同好会、カヌー部、ヨット部といった公立高校では珍しい部活動も存在する。

阪神・淡路大震災[編集]

1995年に発生した阪神・淡路大震災では同校も人的・設備的にも大きな損害を受けた。当時の在校生3名、卒業生31名が死亡した。校舎は中館・南館が使用不能となり約2年4か月にわたり仮設校舎で授業を行った。

その他[編集]

  • 入学定員の50%は推薦入学による選抜である。推薦選抜は兵庫県全県から出願が認められている。
  • 2007年度より2学期制へ移行した。
  • 同窓会は、「あしかび会」と呼ばれる組織によって行われている。体育館・プールの敷地の南側に2階建ての「あしかび會館」がありOB・OGに開放している。
  • 平成26年度より台湾の新北市立三重高級中学校と提携を結んでおり,修学旅行ではお互いの交流を深めている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]