福岡県立三池工業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
福岡県立三池工業高等学校
MTHS.jpg
過去の名称 私立三井工業学校
私立三池工業高等学校
福岡県立三池南高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 福岡県の旗 福岡県
校訓 個性尊重
自覚努力
自学自習
創作工夫
知恩感謝
設立年月日 1908年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程、定時制課程
設置学科 全日制
電子機械科
電気科
情報電子科
土木科
工業化学
定時制
機械科
電気科
高校コード 40160K
所在地 836-8577
福岡県大牟田市上官町4丁目77
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

福岡県立三池工業高等学校(ふくおかけんりつ みいけこうぎょう こうとうがっこう)は、福岡県大牟田市にある県内最南の公立(県立)の高等学校である。通称「三池工業」の名前で呼ばれている。2008年平成20年)に創立100周年を迎えた。

1965年昭和40年)の第47回全国高等学校野球選手権大会で、初出場初優勝を飾ったことで有名である。

沿革[編集]

1908年明治41年)4月三井家が、その経営する三池炭鉱と附近工場を実習場としてわが国工業界の「志士」を育成する目的で三井工業学校を設立し、終戦後工業高等学校となり、その後福岡県に移管され今日にいたっている。校名は変わったが今日も三井工業で知られている。

  • 1908年 私立三井工業学校を福岡県三池郡大牟田町大字稲荷に開設。三年制甲種工業学校(採鉱科、機械科)として発足。
  • 1913年 中国建国の志、孫文が本校を視察。扁額寄贈。電気科を設置、第3種電気主任技術者資格許可。
  • 1917年 財団法人となる。応用化学科を設置(現在は工業化学科と改称)。
  • 1935年 大牟田市上官町4丁目77の現在地に改築移転
  • 1938年 第二部採鉱科併置(1944年3月閉鎖)。三井金山技術員養成所併置(1946年3月閉鎖)
  • 1948年 学制改革により私立三池工業高等学校と改称
  • 1950年 県営移管、福岡県立三池南高等学校と改称。定時制(夜間工業課程、機械電気工業化学科)併置
  • 1953年 福岡県立三池工業高等学校と改称。創立45周年記念式を挙行し、文化祭、運動会を開催する。
  • 1958年 創立50周年記念式を挙行し、慰霊碑、文化祭、運動会の開催、創立五十年史の発刊、本校創設者および第二代校長の胸像造立および記念植樹を行う。
  • 1961年 工業化学科(全日制)一学級増設し、二学級となる。
  • 1962年 機械科(全日制)一学級増設し、二学級となる。
  • 1963年 電気科(全日制)一学級増設し、二学級となる。
  • 1965年 第47回全国高等学校野球選手権大会で、初出場初優勝を飾る。
  • 1966年 採鉱科を開発工学科と改称
  • 1968年 創立60周年記念式を挙行し文化祭を行う。
  • 1978年 創立70周年記念式を挙行し文化祭を行う。
  • 1981年 定時制工業化学科募集停止
  • 1982年 開発工学科を開発土木科と改称
  • 1986年 工業化学科(一学級)減、情報電子科(一学級)新設
  • 1988年 開発土木、機械、電気、工業化学、情報電子の5科体制確立。創立八十周年記念式典を挙行、八十周年記念誌発刊、校訓碑建立、三工祭を行う。
  • 1990年 開発土木科を土木科と改称
  • 1991年 機械科(全日制)二学級廃止、電子機械科(全日制)二学級新設。大規模改築工事第一期教室棟竣工
  • 1992年 大規模改築工事第二期管理棟竣工
  • 1996年 大規模改築工事第三期体育館竣工
  • 1998年 弓道場(142.8m2)落成。電気科実習棟(437.34m2)落成。創立九十周年記念式典を挙行、三工祭を行う。
  • 1999年 校地整備(グランド拡張)工事完成
  • 2004年 電気科(一学級)減
  • 2008年 創立百周年を記念し龍城館竣工

学科[編集]

資格・検定[編集]

国家資格

全国工業高等学校長協会

その他の公的資格・民間資格

交通手段[編集]

大牟田駅より15・21・25番系統の路線バスに乗車、三池工業高校前停留所下車。

出身者[編集]

その他[編集]

前出の通り甲子園で初出場初優勝を飾っているが、その後選抜・選手権大会を通じて一度も甲子園には出場していない。 つまり、甲子園勝率10割の高校である(他には海部高校がある)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]