兵庫県高等学校一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
兵庫県高等学校概要(平成28年度)
総数 212校・2分校
国立 なし
公立 160校・2分校
私立 52校
教育委員会所在地 650-8567
兵庫県神戸市中央区下山手通5-10-1
公式サイト 兵庫県教育委員会
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

兵庫県高等学校一覧(ひょうごけんこうとうがっこういちらん)は、兵庫県高等学校および中等教育学校(後期課程)の一覧。

国立高等学校・中等教育学校[編集]

公立高等学校・中等教育学校[編集]

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

全日制課程[編集]

区割りの変遷[編集]

[1]

1949年(昭和24年)

新制高校の発足にあわせ、小学区制で施行。県下56校すべてに1校ずつ通学区域を設定した。

1952年(昭和27年)

神戸市、姫路市、尼崎市等8市で中学区制に移行(35学区)。

1964年(昭和39年)

全県で中学区制に移行(15学区)。

1990年(平成2年)

明石・加印学区を明石学区と加印学区に分割(16学区)。

1994年(平成6年)

西宮・宝塚学区を西宮学区と宝塚学区に分割(17学区)。

2005年(平成17年)

神戸第一学区と芦屋学区を神戸第一・芦屋学区に統合(16学区)

2015年(平成27年)

16学区を5学区に再編した。また普通科・総合学科の高等学校を対象に複数志願選抜を導入し、第1志望校には所定の加算点を加えて合否判定を行う。一方、「その他校合格」(志望校に不合格だった場合、希望すれば合格者が定員に満たない高校があったときにその高校に合格できる制度)は廃止された。新学区と旧学区の対応は以下の通り。

  • 第1学区:神戸第一・芦屋学区、神戸第二学区、神戸第三学区、淡路学区
  • 第2学区:尼崎学区、西宮学区、伊丹学区、宝塚学区、丹有学区
  • 第3学区:明石学区、加印学区、北播学区
  • 第4学区:姫路・福崎学区、西播学区
  • 第5学区:北但学区、南但学区

なお太字の学校は所在地にかかわらず、現行では定員の全員が県下全域から出願可能である。

第1学区[編集]

神戸市芦屋市洲本市淡路市南あわじ市

第2学区[編集]

尼崎市西宮市宝塚市伊丹市川西市川辺郡三田市丹波篠山市丹波市

第3学区[編集]

明石市加古川市高砂市加古郡小野市三木市加東市加西市西脇市多可郡

第4学区[編集]

姫路市神崎郡たつの市相生市赤穂市宍粟市揖保郡赤穂郡佐用郡

第5学区[編集]

豊岡市美方郡養父市朝来市

第5学区では進学連携校方式により、※印の各校では連携中学校がそれぞれ指定され、普通科一般入試では連携外の中学校からの合格者は募集定員の18%以内に限られる。

定時制課程[編集]

定時制課程のみの高等学校と、全日制・定時制課程を併設している高等学校の一覧

多部制・単位制課程[編集]

通信制課程[編集]

私立高等学校[編集]

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

阪神地区[編集]

神戸・丹有地区
播磨・但馬地区
淡路地区

男子校[編集]

女子校[編集]

サポート校[編集]

高等専修学校[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]