安藤敏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
安藤 敏雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 (1941-10-04) 1941年10月4日(80歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1960年
初出場 1962年
最終出場 1964年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

安藤 敏雄(あんどう としお、1941年10月4日[1] - )は、大阪府大阪市[2]出身の元プロ野球選手

経歴[編集]

芦屋高校では藤悟郎の1年下。2年生の秋からエースとなり本格派右腕として注目される。同期の広瀬幸司とバッテリーを組み活躍。1958年秋季近畿大会準決勝に進み、平安高藤野隆司と投げ合うが敗退。しかし翌1959年春の選抜への出場を決める[2]。大会では1回戦で三浦和美のいた広陵高を完封するが、2回戦で浪華商に敗れる[3]。同年夏は県予選準々決勝で滝川高に敗退、甲子園には届かなかった。他の高校同期に一塁手西岡浩史らがいる。

1960年西鉄ライオンズへ入団[2]するが、肩を故障しアンダースローへの転進を余儀なくされる。1962年に一軍初登板。1964年には6月から先発の一角として起用される。8月27日には阪急を相手に先発、梶本隆夫と投げ合い8回を4失点に抑え、9回に味方が逆転して初勝利を挙げる。しかし翌1965年は登板機会がなく、同年限りで引退した[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1962 西鉄 2 0 0 0 0 0 0 -- -- .000 10 2.0 2 1 1 0 1 1 0 0 1 1 4.50 1.50
1964 39 6 0 0 0 1 8 -- -- .111 386 91.0 91 17 30 1 3 36 2 1 46 40 3.96 1.32
通算:2年 41 6 0 0 0 1 8 -- -- .111 396 93.0 93 18 31 1 4 37 2 1 47 41 3.97 1.33

背番号[編集]

  • 16 (1960年 - 1965年)

脚注[編集]

  1. ^ https://npb.jp/bis/players/71173825.html
  2. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、27ページ
  3. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]