1962年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1962年 | 1962年のスポーツ

競技結果[編集]

日本プロ野球[編集]

ペナントレース[編集]

セントラル・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 阪神タイガース 75 55 3 .577 -
2位 大洋ホエールズ 71 59 4 .546 4.0
3位 中日ドラゴンズ 70 60 3 .538 5.0
4位 読売ジャイアンツ 67 63 4 .515 8.0
5位 広島カープ 56 74 4 .431 19.0
6位 国鉄スワローズ 51 79 4 .392 24.0
パシフィック・リーグ
順位 球団 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
優勝 東映フライヤーズ 78 52 3 .600 -
2位 南海ホークス 73 57 3 .562 5.0
3位 西鉄ライオンズ 62 68 6 .477 16.0
4位 毎日大映オリオンズ 60 70 2 .462 18.0
阪急ブレーブス 60 70 1 .462 18.0
6位 近鉄バファローズ 57 73 1 .438 21.0

日本シリーズ[編集]

1962年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月13日(土) 第1戦 東映フライヤーズ 5-6 阪神タイガース 阪神甲子園球場
10月14日(日) 第2戦 東映フライヤーズ 0-5 阪神タイガース
10月15日(月) 移動日
10月16日(火) 第3戦 阪神タイガース 2-2 東映フライヤーズ 明治神宮野球場
10月17日(水) 第4戦 阪神タイガース 1-3 東映フライヤーズ
10月18日(木) 第5戦 阪神タイガース 4-6 東映フライヤーズ 後楽園球場
10月19日(金) 移動日
10月20日(土) 第6戦 東映フライヤーズ 7-4 阪神タイガース 阪神甲子園球場
10月21日(日) 第7戦 東映フライヤーズ 2-1 阪神タイガース
優勝:東映フライヤーズ(初優勝)

個人タイトル[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
タイトル 選手 球団 成績 選手 球団 成績
最優秀選手 村山実 阪神   張本勲 東映  
最優秀新人 城之内邦雄 巨人   尾崎行雄 東映  
首位打者 森永勝治 広島 .307 J.ブルーム 近鉄 .374
本塁打王 王貞治 巨人 38本 野村克也 南海 44本
打点王 王貞治 巨人 85点 野村克也 南海 104点
最多安打 長嶋茂雄 巨人 151本 榎本喜八 大毎 160本
盗塁王 河野旭輝 中日 26個 広瀬叔功 南海 50個
最優秀防御率 村山実 阪神 1.20 久保田治 東映 2.12
最多勝利 権藤博 中日 30勝 久保征弘 近鉄 28勝
最多奪三振 小山正明 阪神 270個 米田哲也 阪急 231個
最高勝率 小山正明 阪神 .711 皆川睦男 南海 .826

ベストナイン[編集]

  セントラル・リーグ パシフィック・リーグ
守備位置 選手 球団 選手 球団
投手 村山実 阪神 稲尾和久 西鉄
捕手 森昌彦 巨人 野村克也 南海
一塁手 王貞治 巨人 榎本喜八 大毎
二塁手 小坂佳隆 広島 J.ブルーム 近鉄
三塁手 長嶋茂雄 巨人 小玉明利 近鉄
遊撃手 吉田義男 阪神 豊田泰光 西鉄
外野手 近藤和彦 大洋 張本勲 東映
並木輝男 阪神 山内一弘 大毎
森永勝治 広島 吉田勝豊 東映

オールスターゲーム[編集]

高校野球[編集]

作新学院が史上初の春夏連覇

大学野球[編集]

社会人野球[編集]

メジャーリーグ[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

  • 1月13日 - 広島は新首脳陣の陣容を発表し、平山智のコーチ兼任に、上田利治がコーチに就任[1]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

  • 7月1日 - 巨人の王貞治が対大洋戦(川崎)において一本足打法を初披露。第2打席で本塁打を記録するなど、この日3安打。
  • 7月12日 - 国鉄の村田元一が後楽園球場での対阪神ダブルヘッダー第2試合に先発し、9回2死までパーフェクトに抑えるも、27人目の打者西山和良に安打を打たれ完全試合達成はならず[15]。試合は1-0で村田が勝利投手。
  • 7月19日 - 阪神の小山正明が広島球場での対広島17回戦で勝利投手となり、プロ通算250勝を達成[16]
  • 7月22日 - 近鉄が東京スタジアムでの対大毎ダブルヘッダーの第1試合18回戦の1回表に、1番の矢ノ浦国満から8番の吉沢岳男まで8者連続得点を記録、パ・リーグ4度目の記録[17]。この試合で近鉄は1回表に8点を挙げ、第2試合の1回表にも8点を挙げる[18]
  • 7月29日 - 南海の島原輝夫が大阪球場での対西鉄20回戦の5回表に代打で出場し、プロ通算1000試合出場を達成[19]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

  • 11月10日 - 東映と国鉄が韓国のソウル市営球場でオープン戦を開催。2日間で約2万人の観客を動員する[32]

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞1962年1月13日6面「広島、新首脳陣を発表」
  2. ^ 毎日新聞1962年4月7日夕刊1面「作新学院が初優勝 センバツ 日大三を完封」毎日新聞縮刷版1962年4月p141
  3. ^ 毎日新聞1962年4月7日夕刊7面「プロ野球も一斉に 東映・大映は神宮を舞台」毎日新聞縮刷版1962年4月p147
  4. ^ 読売新聞1962年4月9日6面「杉山が千本安打」読売新聞縮刷版1962年4月p186
  5. ^ 毎日新聞1962年4月20日9面「毒島、千試合出場」毎日新聞縮刷版1962年4月p413
  6. ^ 毎日新聞1962年4月23日6面「阪神三宅選手が千試合出場」毎日新聞縮刷版1962年4月p476
  7. ^ 毎日新聞1962年4月29日7面「土橋がプロ入り百勝」毎日新聞縮刷版1962年4月p603
  8. ^ 読売新聞1962年5月2日7面「新コミッショナーが誕生 きのう内村就任式」読売新聞縮刷版1962年5月p29
  9. ^ 毎日新聞1962年5月25日9面「足立(阪急)奪三振17の新記録 カーブでなで切り 南海打線、全く無気力」毎日新聞縮刷版1962年5月p505
  10. ^ 読売新聞1962年5月27日7面「鶴岡監督、第一線退く 気分一新に 蔭山コーチが代行」
  11. ^ ベースボールマガジン』、ベースボール・マガジン社2012年11月、 72頁。
  12. ^ 読売新聞1962年6月3日7面「東京スタジアム 花やかに開場式」読売新聞縮刷版1962年6月p51
  13. ^ 読売新聞1962年6月18日7面「広島の長谷川 奪三振千五百」読売新聞縮刷版1962年6月p393
  14. ^ 読売新聞1962年7月1日7面「高倉(西鉄)が千試合出場」読売新聞縮刷版1962年7月p7
  15. ^ 読売新聞1962年7月13日7面「村田(国鉄)無念の一投 九回二死、完全試合逃す」読売新聞縮刷版1962年7月p289
  16. ^ 読売新聞1962年7月20日7面「小山が通算百五十勝 4試合連続完封で飾る」読売新聞縮刷版1962年7月p443
  17. ^ 読売新聞1962年7月23日7面「パ、4回目の珍記録」読売新聞縮刷版1962年7月p509
  18. ^ 読売新聞1962年7月23日7面「二試合とも初回に8点 近鉄、大毎投手陣を粉砕」読売新聞縮刷版1962年7月p509
  19. ^ 読売新聞1962年7月23日7面「島原、千試合出場記録」読売新聞縮刷版1962年7月p655
  20. ^ 読売新聞1962年8月9日7面「南海監督が復帰 まず阪急と星分ける」
  21. ^ 読売新聞1962年9月16日7面「金田、12年連続の20勝 阪神を抑え、自ら決勝打」
  22. ^ 読売新聞1962年9月16日7面「藤田プロ入り100勝 広島を完封、巨人3位へ」
  23. ^ 【9月22日】1962年(昭37) 三原監督、ルール守ってアテ馬7人 エースも三塁守らせる”. スポーツニッポン (2012年9月22日). 2015年11月22日閲覧。
  24. ^ 読売新聞1962年10月1日6面「東映宿願の胴上げ 勝ち星で飾れず 延長10回、大毎と引き分く」読売新聞縮刷版1962年10月p6
  25. ^ 読売新聞1962年10月1日6面「榎本通算百号放つ」読売新聞縮刷版1962年10月p7
  26. ^ 読売新聞1962年10月3日夕刊1面「阪神、15年ぶり優勝 セ・リーグ」読売新聞縮刷版1962年10月p57
  27. ^ 読売新聞1962年10月6日6面「セ・村山 パ・張本 最高殊勲選手 新人王に城之内 パは尾崎が安藤(元)に大差」読売新聞縮刷版1962年10月p116
  28. ^ 読売新聞1962年10月7日「国鉄監督に浜崎氏 砂押氏はヘッド・コーチに」読売新聞縮刷版1962年10月p138
  29. ^ 読売新聞1962年10月8日6面「ペスキー氏にきまる レッドソックス監督」読売新聞縮刷版1962年10月p162
  30. ^ 読売新聞1962年10月8日6面「権藤(中日)2年連続30勝 セ新」読売新聞縮刷版1962年10月p162
  31. ^ 読売新聞1962年10月9日6面「『沢村賞』は小山投手」読売新聞縮刷版1962年10月p184
  32. ^ 週刊ベースボール』、ベースボール・マガジン社、2011年11月14日、 44頁。