梶本隆夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
梶本 隆夫
Takao Kajimoto1954.jpg
新人年の梶本隆夫(1954年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県多治見市
生年月日 (1935-04-08) 1935年4月8日
没年月日 (2006-09-23) 2006年9月23日(満71歳没)
身長
体重
186 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1954年
初出場 1954年3月27日
最終出場 1973年10月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 2007年
選出方法 競技者表彰

梶本 隆夫(かじもと たかお、1935年4月8日 - 2006年9月23日)は、岐阜県多治見市出身のプロ野球選手投手)・プロ野球監督プロ野球コーチ野球解説者山梨県甲府市生まれ。

愛称は「」あるいは「梶さん」「梶やん」。

弟は元プロ野球選手の梶本靖郎

来歴[編集]

プロ入りまで[編集]

実家は岐阜県多治見市の「梶本ミシン商会」[1]。梶本が中学の時父親が亡くなり、母が女手ひとつで子育て、仕事を切り盛りした[1]多治見工業高校では同期の安藤順三とバッテリーを組む。1952年秋季中部大会に進むが、1回戦で浜松北高に惜敗し、翌年春の選抜への出場を逸する。1953年夏の甲子園岐阜県予選では2回戦で郡上高から完全試合(7回コールド)、準々決勝で関一高からノーヒットノーランを記録するなど活躍。決勝でも岐阜高をノーヒットノーランで降し優勝、三岐大会に進出するが決勝で津高に完封負け、甲子園出場はならなかった。

現役時代[編集]

プロ3球団から入団交渉を受け、阪急が契約金50万、中日が120万、最後の巨人が200万。阪急に決めた理由は「高いお金をいただいてダメだったら申し訳ない。だったら一番安いところに」という母親の考えによるものだった[1]1954年に阪急に入団。高卒ルーキー1年目にして監督の西村正夫に開幕投手に指名され勝利投手[1]。球宴までに12勝を挙げ、ファン投票で1位で選ばれる[1]。同年は55試合に登板し20勝を挙げるも、新人王争いは宅和本司南海)に敗れる。ルーキーで20勝しながら新人王に選ばれなかったのは、現在も梶本ただひとり。スポーツ新聞では「5000円エース」と称されたが、実際の月給は2万円だった。本人は「その年の8月からいきなり給料が倍額になった」と回想しているが、これは新聞記事によって名を知らしめてくれたことに対するリップサービスである。1956年には28勝を挙げたが後述するように大映スターズ三浦方義(29勝)に阻まれ最多勝を逃した。1957年にも24勝と2年連続20勝、1960年にも21勝を挙げるなどエースとして阪急の「灰色の時代」を支えた。

1957年7月23日の対南海戦で達成した公式戦9連続奪三振は、現在もプロ野球記録。このときの1人目が投手の皆川睦男。最初は「いつもよりちょっと三振が多いな」くらいにしか思っていなかったが、9人目を三振に奪った時に捕手山下健に「カジ、これ新記録やで」と言われ、急に記録を意識したという。10人目の打者は再び投手の皆川(皆川も好投していたため、代打を出せなかった)だったが、不用意にストライクを取り行ったところをバットに当てられ、センターフライになり、記録が途絶えた。梶本は後に「もし皆川をまた三振に取っていたら20は行ったんじゃないかな」と語っている[2]

1959年6月12日の試合で9回2死まで無安打に抑えながら、最後の打者に安打を打たれてノーヒットノーランを逃している。

後に入団する米田哲也ヨネカジコンビを形成し、Bクラスが多かった昭和30年代の阪急を支えたが、二人とも年間50試合前後の登板数であり、このタフさがチームの支柱となっていた[3]1967年パームボールを習得して15勝を挙げ、念願の初優勝に貢献。同年に通算200勝を達成。1973年限りで現役引退。通算254勝255敗と、200勝以上を記録した投手の中で唯一負け越している。時には貧弱な打線を支えるべく3番として出場したことがあるほか、一塁手として試合に出場したこともあった。また、1966年にはシーズン15連敗という不名誉な記録をマークした結果、200勝以上を記録した投手としては史上初の先に200敗を記録した投手となった(後に東尾修も記録)。

1972年4月14日の対東映戦では、二塁塁審の露崎元弥公認野球規則8.04に規定された、20秒ルール(無走者の時、投手はボールを受けてから20秒以内に投球しなければ、球審はボールを宣告する。試合の引き延ばしを防ぐための規定)によってボールを宣告された。露崎はストップウオッチで計測しており、文句のつけようがなかった。梶本は日本プロ野球公式戦で投球の遅延行為を取られた最初の適用者であった。[4]

引退後[編集]

引退後の1974年から1978年、及び1981年から1985年までは阪急一軍投手コーチ・ヘッドコーチを務め、5度のリーグ優勝と3度の日本一に貢献する。

1979年からは上田利治の後を受けて阪急監督に就任。1962年シーズンの戸倉勝城以来17年ぶりという久々の球団OB(選手としての在籍経験者)監督となった。同年は後期優勝と前後期通算勝率1位を達成したが、プレーオフ西本幸雄が率いる前期優勝チームの近鉄に敗北し、球団OB監督の下で初めてとなるリーグ優勝と日本シリーズ進出を目前で逃した。2年目の1980年は前期4位、後期5位、前後期通算勝率も5位と成績が急降下し、その責任を取って僅か2年で監督を退任した。なお、阪急・オリックス球団におけるOB監督はこの後2010年シーズンの岡田彰布まで30年間に渡って途絶えることになり、球団OB監督の下でのAクラス入りは現在までのところ1979年が最後となっている。

1986年から1988年は阪急球団調査部長。1989年から1993年はオリックス二軍投手コーチ。1998年から1999年中日ドラゴンズ二軍投手コーチを努め、指導者としての評価も高い。監督を辞任した次の年に同じチームのコーチとなった例はプロ野球史上でも非常にまれである。なお1984年には上田利治の病気療養により、数試合だが監督代行を務めたこともあった。現場を離れてからはデイリースポーツ野球評論家、J SPORTSラジオ関西の野球解説者として活動した。

弟の梶本靖郎も阪急の投手で、通算3勝2敗の成績を残している。このうちの1勝は兄弟でリレーした試合であった。

2006年9月23日午前6時26分、呼吸器不全のため神戸市内の病院で死去。満71歳没。

死後、2007年野球殿堂入り。

プレースタイル・人物[編集]

同時代の投手の多くが力投型のフォームで投げたのに対して、長身にもかかわらずスリー・クォーター気味の、一見おとなしく見えるフォームからの快速球を特徴としていた。ゆったりとしつつ全身を大きく使うフォームは当時最高の左腕投手の呼び声が高かった金田正一を手本にしたと言う。しかし本人によれば「カネさんの独特の全身の使い方はあの人にしか出来ないもの。ついにものにできなかった」という[5]

タイトルや記録にこだわるような性格では全くなく、シーズン終盤、最多勝を獲らせるために勝ちゲームでのリリーフ登板を監督から促されたこともあったが、「他人の勝ち星を奪うようなことは勘弁してください」と登板を断ったことがある。同様に自身の勝ち星にもこだわりがなく、現役最後の年に自身の通算勝利数が通算敗戦数を上回らせるためにリリーフで登板する事を監督が打診しても拒否したという。雑誌のインタビューで「10-0で勝つより0-1で負けたほうがいい。勝った負けたより、内容のあるピッチングをしたかどうか、そのほうが自分にとって大事だった」と語っている。

私生活でも極めて温厚な人物として知られ、野村克也に言わせれば「ピッチャーらしくない、仏様のような性格」。反面、非常に芯の強いところもあり、プロ入り直後に「酒ぐらい飲めないと一人前になれないぞ」と言われた先輩選手の前でボトル一本分の水割り(グラス十数杯分)をズラリ並べ、すべて飲み干したというエピソードもある。米田哲也によると「どんな無理なことも気安く引き受けて実行してくれる誠実な人。だから、アニキ(梶本)のためならワシもどんな苦労もいとわない」と語っていた[6]。後輩の面倒見が非常によく、コーチ・監督時代を通じて選手たちからも慕われた。また、一軍で実力の出せなかった今井雄太郎の酒好きに目を付け、今井に酒を飲ませて登板させてエースに成長させた。佐藤義則は「現役時代、何人かのコーチにアドバイスを受けたのですが、一番、的確だったのが梶本さん。いい時のフォームを覚えてくれていて、いくつかのポイントしか指摘しないんです。余計なことは一切言わない。僕には非常にありがたいコーチでした」[7]、「コーチとして手本にしているのは梶本さん」[8]と述べている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1954 阪急 55 31 17 2 0 20 12 -- -- .625 1300 309.1 266 19 118 -- 4 228 2 1 112 94 2.73 1.24
1955 49 34 19 6 2 18 14 -- -- .563 1112 273.1 232 10 84 3 4 222 4 1 104 87 2.86 1.16
1956 68 33 20 5 2 28 17 -- -- .622 1478 364.1 284 13 118 8 12 327 5 0 110 91 2.25 1.10
1957 53 33 26 7 4 24 16 -- -- .600 1328 337.1 259 13 92 4 4 301 5 0 95 72 1.92 1.04
1958 44 29 15 3 3 16 18 -- -- .471 1078 265.0 232 18 79 6 5 186 4 0 98 88 2.99 1.17
1959 39 27 5 2 1 11 17 -- -- .393 847 199.1 198 14 58 1 5 136 0 0 86 72 3.25 1.28
1960 48 31 18 4 4 21 18 -- -- .538 1228 297.2 266 31 82 12 4 171 1 1 97 84 2.54 1.17
1961 54 31 17 3 4 17 23 -- -- .425 1105 269.2 261 25 56 6 2 141 1 0 108 84 2.80 1.18
1962 50 23 12 0 0 14 15 -- -- .483 983 235.2 244 18 59 9 3 154 7 0 103 86 3.28 1.29
1963 46 26 7 1 0 9 17 -- -- .346 790 180.1 204 19 57 4 1 107 1 0 98 87 4.34 1.45
1964 53 28 6 1 1 9 13 -- -- .409 980 231.2 237 11 61 8 2 142 3 0 96 86 3.34 1.29
1965 51 16 2 1 0 5 11 -- -- .313 747 177.1 183 16 50 9 1 137 1 0 76 71 3.60 1.31
1966 39 19 3 0 0 2 15 -- -- .118 586 141.2 120 18 47 7 4 112 4 0 69 58 3.68 1.18
1967 37 26 9 3 2 15 9 -- -- .625 786 188.1 167 11 70 7 4 136 5 0 58 51 2.44 1.26
1968 45 31 7 2 0 12 8 -- -- .600 926 221.1 207 27 63 10 5 175 1 0 82 73 2.97 1.22
1969 40 24 9 1 1 18 10 -- -- .643 766 187.2 178 16 39 1 4 93 5 0 73 62 2.97 1.16
1970 29 17 4 0 1 4 9 -- -- .308 452 103.1 116 17 35 2 2 56 1 0 62 55 4.79 1.46
1971 33 15 4 1 0 6 8 -- -- .429 576 136.0 134 12 43 4 1 74 0 1 57 52 3.44 1.30
1972 17 12 2 1 0 2 5 -- -- .286 298 69.0 66 11 28 3 3 35 0 0 34 28 3.65 1.36
1973 17 1 0 0 0 3 0 -- -- 1.000 90 19.2 25 2 5 2 1 12 3 0 16 14 6.41 1.53
通算:20年 867 487 202 43 25 254 255 -- -- .499 17456 4208.0 3879 321 1244 106 71 2945 53 4 1634 1395 2.98 1.22
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1979年 阪急 2位 130 75 44 11 .630 2位・1位 193 .281 3.84 44歳
1980年 5位 130 58 67 5 .464 4位・5位 204 .262 5.08 45歳
通算:2年 260 133 111 16 .545 Aクラス1回、Bクラス1回
※1 1979年から1996年までは130試合制
※2 1973年から1982年までは前後期制のため、ゲーム差欄の順位は上が前期、下が後期の順に表示
※3 1979年は前後期通算勝率トップながら近鉄とのプレーオフで敗退したため、パ・リーグ優勝および日本シリーズ出場を逃した。

タイトル[編集]

  • 最多奪三振(当時連盟表彰なし):2回 (1956年、1957年) ※パシフィック・リーグでは、1989年より表彰

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000投球回数:1957年5月11日、対毎日オリオンズ2回戦(後楽園球場) ※史上65人目
  • 1000奪三振:1957年8月24日、対西鉄ライオンズ15回戦(阪急西宮球場)、2回表に稲尾和久から ※史上14人目
  • 100勝:1958年7月9日、対東映フライヤーズ16回戦(駒澤野球場)、12回5失点完投勝利 ※史上23人目
  • 1500投球回数:1958年8月10日、対西鉄ライオンズ15回戦(平和台球場) ※史上35人目
  • 1500奪三振:1960年7月12日、対南海ホークス12回戦(阪急西宮球場)、7回表に福田弘文から ※史上6人目
  • 2000投球回数:1960年9月10日、対東映フライヤーズ24回戦(駒沢野球場) ※史上19人目
  • 150勝:1961年8月12日、対近鉄バファロー16回戦(阪急西宮球場)、8回表に3番手で救援登板・完了、4回無失点 ※史上14人目
  • 2500投球回数:1962年8月15日、対毎日大映オリオンズ22回戦(阪急西宮球場) ※史上12人目
  • 500試合登板:1963年9月21日、対毎日大映オリオンズ25回戦(東京スタジアム)、先発登板で5回0/3を6失点(自責点4)で敗戦投手 ※史上12人目
  • 2000奪三振:1964年5月3日、対近鉄バファローズ8回戦(日生球場)、8回裏に土井正博から ※史上3人目
  • 3000投球回数:1965年5月19日、対東京オリオンズ5回戦(阪急西宮球場) ※史上9人目
  • 600試合登板:1965年7月8日、対東京オリオンズ21回戦(阪急西宮球場)、9回表2死に2番手で救援登板・完了、1/3回無失点
  • 200勝:1967年6月6日、対南海ホークス10回戦(阪急西宮球場)、9回完封勝利 ※史上12人目
  • 2500奪三振:1967年10月10日、対西鉄ライオンズ27回戦(阪急西宮球場)、8回表に伊藤光四郎から ※史上3人目
  • 3500投球回数:1968年4月29日、対南海ホークス4回戦(大阪球場) ※史上6人目
  • 700試合登板:1968年5月26日、対南海ホークス11回戦(阪急西宮球場)、先発登板で7回2/3を1失点で勝利投手 ※史上2人目
  • 800試合登板:1970年10月16日、対ロッテオリオンズ24回戦(阪急西宮球場)、先発登板で3回1失点 ※史上2人目
  • 4000投球回数:1971年5月5日、対ロッテオリオンズ4回戦(阪急西宮球場) ※史上6人目
  • 250勝:1972年5月20日、対近鉄バファローズ6回戦(中日スタヂアム)、9回完封勝利 ※史上7人目
その他の記録
  • 1試合9者連続奪三振(1957年7月23日)
  • 1イニング3者連続3球三振(1954年7月10日対近鉄戦の6回と、1957年10月18日の対南海戦の3回)日本プロ野球史上初[9]
  • オールスターゲーム出場:12回 (1954年、1956年 - 1958年、1960年 - 1963年、1965年、1967年 - 1969年)

背番号[編集]

  • 33 (1954年 - 1977年)
  • 78 (1978年 - 1985年)
  • 91 (1989年 - 1993年)
  • 80 (1998年 - 1999年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 阪急ブレーブス黄金の歴史 [永久保存版] よみがえる勇者の記憶 1936-1988、ベースボール・マガジン社、2011年、P44-P45
  2. ^ 「阪急ブレーブス黄金の歴史~よみがえる勇者の記憶」ベースボール・マガジン社
  3. ^ 野球殿堂2012 The Baseball Hall of Fame 野球体育博物館 (編集)、ベースボールマガジン社、2012年、P188
  4. ^ 2007年にこの8.04条項は改正され、12秒以内とさらに厳しくなった。2009年8月18日には横浜工藤公康がこの年よりローカルルールとして制定された15秒ルールによりボールを宣告された。2011年7月18日には、中日エンジェルベルト・ソトが2度目の適用者となった
  5. ^ 文春ビジュアル文庫「豪球列伝」文藝春秋社
  6. ^ 週刊ベースボール2012年4月2日号、P81
  7. ^ 佐藤義則(ソフトバンク投手コーチ)「勝てない投手を勝たせるのが、私の仕事」 二宮清純レポート ダルビッシュ有、田中将大を育てた「優勝請負人」が明かす
  8. ^ 読む野球-9回勝負-No.8、2015年、P80、主婦の友社
  9. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」688ページ

関連項目[編集]