中内正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中内 正(なかうち ただし、1959年8月4日 - )は、日本実業家福岡ダイエーホークスのオーナー、読売ジャイアンツのオーナー顧問を歴任した。財団法人中内育英会第2代理事長。ダイエー創業者、中内功の次男。実兄はダイエー元副社長の中内潤。妻は常陸宮華子の姪、るみ(財団法人中内育英会第4代理事長)。芦屋高校及び青山学院大学経済学部卒業、経済学士。南カリフォルニア大学経営大学院修士課程修了、MBA

人物[編集]

高校時代の同級生に後のホークス投手コーチ矢野実がいる。

オーナー代行〜オーナー時代、母校青学から小久保裕紀井口忠仁をはじめとする多くの有望選手のホークス入団に尽力。

1992年8月に上田利治に監督要請し上田も了承し組閣の準備に入っていたが、父功が同時期に西武の管理部長根本陸夫が招聘に動き3日間話し合い功が「球団作りは専門家に任せなさい。お前はその専門家を使う人間にならなきゃいけない」と言い田淵幸一は解任され後任に根本が監督に就任した[1]

2003年11月、読売ジャイアンツ小久保を無償トレードした際に開かれた記者会見の席で涙した事が話題となるが、これは球団社長高塚猛が小久保の自由契約による事実上の放出を強硬に主張したので、これを回避するために泣く泣く巨人への放出を決断したからだと言われている。

ダイエーの経営危機によるソフトバンクへの球団売却後も球団経営に対する真摯な姿勢を評価されてホークスでは引き続き名誉顧問職に就任する。だが、ダイエーの創業者一族の経営責任を問う主張は収まらず、2006年1月26日に保有していたソフトバンクホークスの株2%を球団に譲渡し、同日付でソフトバンクホークス非常勤名誉顧問から退任した。

2006年2月1日付で読売ジャイアンツオーナー顧問に就任[2]。2009年1月まで務めた[3]

2005年11月、父・中内功の後を継いで財団法人中内育英会の第2代理事長に就任。2011年3月まで務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【田淵幸一物語・第4部(16)】「解任」か「辞任」か 4年目の舞台は用意されず
  2. ^ 「前ソフトバンクの中内氏が巨人オーナー顧問に/プロ野球」、読売新聞 東京朝刊、2006年2月1日、21頁。
  3. ^ スポーツニッポン2010年6月4日。

外部リンク[編集]