正仁親王妃華子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
常陸宮正仁親王妃 華子
Princess Hitachi 2012-1-2.jpg
2012年 新年一般参賀にて
続柄 津軽義孝第四令嬢
全名 華子
身位 親王妃
敬称 殿下
お印 石南花
出生 (1940-07-19) 1940年7月19日(78歳)
日本の旗 日本東京府東京市淀橋区
(現:東京都新宿区下落合)津軽伯爵邸
配偶者 常陸宮正仁親王
父親 津軽義孝
母親 津軽久子
役職 日本いけばな芸術協会名誉総裁
日本動物福祉協会名誉総裁
日本馬術連盟名誉総裁
日本・ラテンアメリカ婦人協会名誉総裁
日本赤十字社名誉副総裁
テンプレートを表示
称号: 親王妃
Japan Kouzoku Flag 16ben.svg
敬称 殿下
皇室
Imperial Seal of Japan.svg

今上天皇
皇后 美智子





お印に選ばれた石南花
1940年代の津軽伯爵家。右から実枝子、明子、久子伯爵夫人、華子。

常陸宮正仁親王妃華子(ひたちのみやまさひとしんのうひ はなこ、1940年昭和15年〉7月19日 - )は、日本皇族。元華族伯爵令嬢)。常陸宮正仁親王の妃。旧名は津軽 華子(つがるはなこ)。身位親王妃(常陸宮妃)。皇室典範における敬称殿下お印石南花(しゃくなげ)。勲等は勲一等。戦後皇室に嫁いだ妃の中で唯一の旧華族家出身者である。

宮邸は、東京都渋谷区にある常盤松御用邸

略歴[編集]

1940年昭和15年)7月19日東京府東京市淀橋区(現:東京都新宿区下落合)津軽伯爵邸にて華族令嬢として誕生。戦時中のため休園していた女子学習院幼稚園には入園せず、1947年(昭和22年)に新制の学習院初等科に入学。1953年(昭和28年)、学習院女子中等科に入学し、1956年(昭和31年)、同高等科に入学。1961年昭和36年)3月、学習院女子短期大学(当時)文科英語専攻を卒業。香淳皇后常磐会(学習院女子中・高等科の同窓会)の強い希望から旧華族の華子が強く推薦され、1963年昭和38年)、正仁親王の研究室にて初顔合わせ。1964年(昭和39年)2月20日に伯父の徳川義寛侍従男爵)邸で見合いをする。この一度のお見合いで、同年2月28日皇室会議で満場一致で婚約内定。2月22日に津軽家が縁談を受諾し同年4月14日納采の儀を経て婚約が成立した。同9月30日結婚の儀を行い、沿道には5万人が集まり祝福した。


1989年(平成元年)2月24日に、内閣の主催で行われた義父・昭和天皇大喪の礼(委員会委員長・竹下登内閣総理大臣)の際、欠席した義母・皇太后良子(香淳皇后)の名代を務めた。2007年9月5日から現在まで皇室会議の議員を務めている[1]

日本赤十字社のほか、日本いけばな芸術協会、日本動物福祉協会、日本馬術連盟、日本・ラテンアメリカ婦人協会の名誉総裁職に就く。 2016年8月7日、同年7月16日に両側変形性股関節症の手術のため東京都世田谷区日産厚生会玉川病院に入院していた華子が同日午後、退院したと発表した。人工関節に入れ替える手術を無事に終え、院内でリハビリを続けていた。また同年の9月9日、華子が名誉総裁をつとめる日本いけばな芸術協会主催の「日本いけばな芸術北海道展」(北海道札幌市)の開会式に退院後の初公務として出席した。

年譜[編集]

家系[編集]

実父は尾張徳川家の出身で、弘前藩藩主津軽家の養子となった伯爵・津軽義孝。母は、長州毛利家の支藩長府藩主家出身の子爵・毛利元雄の長女・久子。華子はその四女(末子)として生まれた。有栖川流書道の伝承者の一人である。

高松宮妃喜久子のはとこ姪にあたる。また、義姉・池田厚子の夫・池田隆政ははとこにあたる。

系譜[編集]

華子 父:
津軽義孝
祖父:
徳川義恕
曾祖父:
徳川慶勝
曾祖母:
鈴木加津
祖母:
徳川寛子
曾祖父:
津軽承昭
曾祖母:
伊勢屋阿弥
母:
津軽久子
祖父:
毛利元雄
曾祖父:
毛利元敏
曾祖母:
嵯峨保子
祖母:
毛利政子
曾祖父:
徳川昭武
曾祖母:
斎藤八重
 
 
 
 
 
 
 
 
歴代天皇
 
歴代皇后
 
親王
 
内親王・女王
 
臣籍降嫁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大正天皇
 
貞明皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昭和天皇
 
香淳皇后
 
秩父宮
雍仁親王
 
勢津子
 
高松宮
宣仁親王
 
喜久子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三笠宮
崇仁親王
 
百合子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東久邇成子
(照宮)
 
久宮
祐子内親王
 
鷹司和子
(孝宮)
 
池田厚子
(順宮)
 
今上天皇
 
皇后美智子
 
常陸宮
正仁親王
 
華子
 
島津貴子
(清宮)
 
近衞甯子
 
寬仁親王
 
信子
 
桂宮
宜仁親王
 
千容子
 
高円宮
憲仁親王
 
久子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
皇太子
徳仁親王
 
雅子
 
秋篠宮
文仁親王
 
紀子
 
黒田清子
(紀宮)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
彬子女王
 
瑶子女王
 
 
 
 
 
承子女王
 
千家典子
 
守谷絢子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敬宮
愛子内親王
 
 
 
眞子内親王
 
佳子内親王
 
悠仁親王
 
 
 
 
 


栄典[編集]

日本[編集]

外国[編集]

名誉役職[編集]

翻訳活動[編集]

2匹のを飼っている愛犬家であり、動物が主役の童話について翻訳も手がけている。華子妃が翻訳した絵本5冊の印税は、社団法人日本動物福祉協会に寄付されている。いずれも国土社で刊行。

  • 『しょうぼう犬ドット』リーザ・デジミニ作(2005年)
  • 『ハニーが盲導犬になるまで』キャロライン・アーノルド作(2000年)
  • 『せかいでいちばんおりこうないぬ』アニタ・ジェラーム作(1997年)
  • 『ぼくじゃないよ ジェイクだよ』アニタ・ジェラーム作(1996年)
  • 『89番めのネコ』エレノア・ニルソン作(1993年)

脚注[編集]

  1. ^ 皇室会議議員名簿 宮内庁 平成28年10月24日現在
  2. ^ New Year Greeting (PNG)”. Katemiddletonreview.com. 2017年3月11日閲覧。
  3. ^ Omsa.org

外部リンク[編集]