北白川祥子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北白川宮永久王妃 祥子
Kitashirakawa-no-miya 1935 2.jpg
1935年(昭和10年)
身位 王妃皇籍離脱
敬称 殿下 → 皇籍離脱
出生 (1916-08-26) 1916年8月26日
日本の旗 日本東京府東京市 徳川男爵邸
死去 (2015-01-21) 2015年1月21日(98歳没)
日本の旗 日本東京都品川区
配偶者 北白川宮永久王
子女 道久王
肇子女王
父親 徳川義恕
母親 津軽寛子
テンプレートを表示

北白川 祥子(きたしらかわ さちこ、1916年(大正5年)8月26日 - 2015年(平成27年)1月21日)は、日本の旧皇族北白川宮永久王の妃。徳川義恕男爵令嬢。母は津軽承昭伯爵令嬢・寛子。旧名は徳川祥子

長兄の徳川義寛は侍従長。次兄の津軽義孝常陸宮華子の父に当たる。

略歴[編集]

東京女子高等師範学校(後のお茶の水女子大学)を卒業し、1935年昭和10年)4月26日、19歳のとき永久王と結婚した。しかし1940年昭和15年)に死別する。3歳の長男・道久が北白川家を継ぎ、さらに1947年昭和22年)10月14日皇籍離脱となるが、姑にあたる成久王妃房子内親王とともに北白川家を支えた。

1969年昭和44年)女官長に就任する。平成改元後も皇太后宮女官長として香淳皇后に長く仕えた。

2015年(平成27年)1月21日午後11時40分、急性肺炎のため東京都内の自宅で死去した[1]

栄典[編集]

子女[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北白川祥子さん死去=元宮内庁女官長、元皇族 時事ドットコム 2015年1月22日
  2. ^ 『官報』第2493号、「叙任及辞令」、昭和10(1935)年4月27日。p.841
  3. ^ 『官報』第5509号、「叙任及辞令」。昭和20(1945)年5月28日。p.219
  4. ^ 安藤武『三島由紀夫の生涯』p.63(夏目書房1998年ISBN 4931391397
  5. ^ 安藤武『三島由紀夫の生涯』p.64(夏目書房、1998年)ISBN 4931391397