徳川義恕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「德川義恕」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

徳川 義恕(とくがわ よしくみ、1878年11月1日 - 1946年11月4日)は、日本の陸軍軍人侍従男爵

生涯[編集]

尾張藩徳川慶勝の十一男として生まれる。兄の一人、徳川義宜は尾張藩主を務めたが、義恕が生まれる前に亡くなっている。なお、名前の「義恕」は父・慶勝が当初高須松平家時代に名乗っていたものと同じである。

慶勝は義宜が亡くなったのに伴い、1875年(明治8年)に尾張徳川家を再継承したものの、嗣子に恵まれなかったため高松松平家から義礼を養子に迎えていた。義恕はその後に生まれたため、1888年(明治21年)6月に分家して一家を建て、慶勝の功績で男爵となった。ちなみに義恕は慶勝の正室・隼子(矩姫)に実子同様に育てられ、成人するまで自分が家を継ぐものと思いこんでいたという。

1902年(明治35年)7月に学習院中等科を卒業する。卒業後、陸軍一年志願兵として入る。その後、陸軍歩兵少尉に任官した。日露戦争に出征し、軍功により勲六等を与えられた。1912年(大正元年)、侍従に転じる。1927年(昭和2年)、退職する。

栄典[編集]

家族[編集]

※長女は夭折。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第6420号「敍任及辞令」1904年11月22日。
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
(尾張)徳川家(分家)初代
1888年 - 1946年
次代:
徳川義寛