退位の礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
譲位する今上天皇と、皇位継承予定の皇太子徳仁親王 譲位する今上天皇と、皇位継承予定の皇太子徳仁親王
譲位する今上天皇と、皇位継承予定の皇太子徳仁親王

退位の礼(たいいのれい)または退位礼(たいいれい)は、今上天皇平成31年(2019年4月30日限りで退位することに伴って行われる皇室儀礼である[1]。 

概要[編集]

退位の礼を行う根拠は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法施行令」第一条で、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法第二条の規定による天皇の退位に際しては、退位の礼を行う。」としていることにある。

退位の礼の具体的な儀式としては、平成31年(2019年)4月30日に「退位礼正殿の儀(たいいれいせいでんのぎ)」を国事行為として、皇居宮殿正殿で行う[1]

天皇が退位し、それに伴う儀式が行われるのは、光格天皇の「譲国の儀(じょうこくのぎ)」以来となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “皇位継承儀式、日程など基本方針を閣議決定”. 朝日新聞デジタル. (2018年4月3日). https://www.asahi.com/articles/ASL4332VBL43ULFA003.html 2018年10月12日閲覧。