退位の礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 退位の礼
 Ceremonies of the Abdication from the Throne
Kōkyo Seiden.jpg
退位の礼が行われる皇居・宮殿正殿
日付 2019年(平成31年)4月30日
時刻 午後5時
会場 皇居宮殿正殿
場所 日本の旗 日本東京都
別名 退位礼
種別 国事行為皇室儀礼
予算 国家が支出
主催者 天皇(国事行為)
内閣(助言と承認)
宮内庁(実務)
儀式の種類 退位礼正殿の儀
儀式の内容 天皇が退位を宣明する儀式
退位する今上天皇と、皇位を継承する皇太子徳仁親王 退位する今上天皇と、皇位を継承する皇太子徳仁親王
退位する今上天皇と、皇位を継承する皇太子徳仁親王

退位の礼(たいいのれい)または退位礼(たいいれい)は、第125代天皇である今上天皇2019年平成31年)4月30日限りで退位することに伴って行われる、国事行為たる皇室儀礼である[1]。 

概要[編集]

退位の礼を行う根拠は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法施行令」第一条で、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法第二条の規定による天皇の退位に際しては、退位の礼を行う。」としていることにある。

退位の礼の具体的な儀式としては、退位当日の2019年(平成31年)4月30日に「退位礼正殿の儀(たいいれいせいでんのぎ)」が国事行為として、皇居宮殿正殿で行われる[1]

かつて平安時代末期から鎌倉時代にかけて、天皇が退位して上皇となり、実質的な権力を以て院政を敷く「院政期」が存在した。しかし、江戸時代第119代光格天皇が退位したことを最後に、天皇の退位は2019年まで途絶えた。よって、天皇の退位に伴う儀式が行われるのは、光格天皇の「譲国の儀(じょうこくのぎ)」以来で、憲政史上としては初めてである(戦前の大日本帝国憲法旧皇室典範や、戦後の日本国憲法皇室典範も退位に関する規定がなかった)。

退位礼正殿の儀[編集]

退位の礼の儀式は退位礼正殿の儀のみであり、国事行為として行われる。2019年(平成31年)4月30日に宮殿正殿松の間で開催される予定であり、今上天皇が当日も公務を行うことを考慮して午後5時からの開式が決定した。参列者は翌日の即位の礼剣璽等承継の儀に準じる。今上天皇が剣璽御璽国璽を伴って松の間に入場し、ほかに皇后美智子皇太子徳仁親王をはじめとする皇族三権の長らが揃い、天皇の「おことば」、内閣総理大臣の国民代表の辞がある。

退位関連儀式の日程[編集]

  1. 賢所に退位及びその期日奉告の儀
    2019年(平成31年)3月12日〔賢所
  2. 皇霊殿神殿に退位及びその期日奉告の儀
    同日〔皇霊殿・神殿〕
    賢所・皇霊殿・神殿を総称して宮中三殿という。天皇は黄櫨染御袍をまとい、宮中三殿に参入して、自らが退位することと、その期日が4月30日であることを奉告する「御告文(おつげぶみ)」を読み上げた[2]
  3. 神宮神武天皇山陵及び昭和天皇以前四代の天皇山陵に勅使発遣の儀
    同日〔御所
    伊勢神宮神武孝明明治大正昭和の各天皇の(みささぎ)に退位を奉告する勅使を派遣する儀式[2]
  4. 神宮に奉幣の儀
    3月15日〔伊勢神宮 内宮・外宮〕
    勅使ら30人が、木製の辛櫃に入った絹や木綿などの奉納品を携え伊勢神宮内宮を訪れ、正宮で御祭文を読み上げ、退位とその日程を報告した[3][4]
  5. 神武天皇山陵及び昭和天皇以前四代の天皇山陵に奉幣の儀
    同日〔各山陵
    神武天皇 畝傍山東北陵(奈良県橿原市

    午前中に伊勢神宮外宮(豊受大神宮)、昭和天皇陵(東京都八王子市)、孝明天皇陵(京都市)で、午後は伊勢神宮内宮、明治天皇陵(京都市)、大正天皇陵(八王子市)で、儀式が行われた[4]
  6. 神武天皇山陵に親謁の儀
    3月26日〔神武天皇山陵〕
  7. 神宮に親謁の儀
    4月18日 〔伊勢神宮〕
  8. 昭和天皇山陵に親謁の儀
    4月23日〔昭和天皇山陵〕
  9. 退位礼当日賢所大前の儀
    4月30日〔賢所〕
  10. 退位礼当日皇霊殿神殿に奉告の儀
    同日〔皇霊殿〕
  11. 退位礼正殿の儀退位の礼
    同日〔宮殿 正殿〕


11. のみ憲法に基づく国事行為で、ほかの10の儀式は皇室行事と位置づけている[5]

装束[編集]

退位の礼出席者の服装は、剣璽等承継の儀に準じ、洋装である。以下は、退位関連儀式出席者の装束である。

参加者の服装

※楽師は宮内庁式部職

黄櫨染(天皇の束帯の色) (webcolor)
  16進表記 #d99502
黄丹(皇太子の束帯の色) (webcolor)
  16進表記 #F47A55

退位の礼と憲法[編集]

2018年(平成30年)12月10日、原告241名が天皇の退位等に関する皇室典範特例法の規定による今上天皇の退位と新天皇の即位に伴う「退位の礼」「即位の礼」、「大嘗祭」などの実施が政教分離を定めた憲法の規定に違反するとして、国を相手取り公金支出の差し止めと損害賠償を求め、東京地裁に提訴した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “皇位継承儀式、日程など基本方針を閣議決定”. 朝日新聞デジタル. (2018年4月3日). https://www.asahi.com/articles/ASL4332VBL43ULFA003.html 2018年10月12日閲覧。 
  2. ^ a b 天皇陛下退位へ、一連の儀式始まる 「御告文」読み上げ”. 朝日新聞デジタル (2019年3月12日). 2019年3月13日閲覧。
  3. ^ 伊勢神宮で『奉幣の儀』 天皇陛下の使い“勅使”が4月30日の退位報告”. FNN PRIME (2019年3月16日). 2019年3月18日閲覧。
  4. ^ a b 伊勢神宮などで「奉幣の儀」=天皇陛下の退位を報告”. 時事通信 (2019年3月15日). 2019年3月18日閲覧。
  5. ^ 退位に向けた儀式が始まる 天皇陛下、賢所で「御告文」”. exciteニュース (2019年3月12日). 2019年3月13日閲覧。
  6. ^ 大嘗祭に税金使うのは「違憲」 政教分離原則に反すると提訴2019年1月21日閲覧