ウェブカラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

ウェブカラー: Web colors)の記事では、ウェブ技術等における色の扱い等について解説する。

指定法[編集]

ウェブコンテンツの視覚的な表現に関して指定するスタイルシート(CSS)や、Scalable Vector Graphics(SVG)において、色を指定する方法はいくつかある。主要な方法としては、十六進RGBの三ツ組(16進トリプレット)を指定する方法と、色名称で指定する方法がある。詳細は後の節で述べる。

歴史[編集]

最初期のMosaicや、続いてNetscape NavigatorなどはどちらもX Window Systemのアプリケーションとして始まったということもあり、色名称としてX11の色名称が流用されていた[1]。その後、インターネット接続環境が一般個人にも広まったが、その当時の一般個人のパーソナルコンピュータのスペックの制限などもあり、色の扱いには気を使う必要がある時代もあった。#ウェブセーフカラーの節で説明する。

カラーマネージメント[編集]

パーソナルコンピュータ業界団体によるものとしては、sRGBという比色分析的定義があり、特定の蛍光体の色度、所定の伝達曲線、順応性のホワイトポイント、観察条件などに基づいている[2]。これは一般的なコンピュータのモニタとそれを人間が見る環境に合うように選択されている。しかし、そもそも色再現性という概念が全く一般的には理解されていないため「色が違う」といった苦情が出るなどといったトラブルが後を断たない(もちろん、色再現性という概念を理解しようとせずに文句を言うほうに問題がある)。

ましてや、加法混合であるディスプレイと減法混合である印刷で、何の調節も管理も無く同じ見栄えが得られる道理などなく(原色#加法混合原色#減法混合を参照)、(準)商業レベルのカラーの印刷には、できればカラーマネージメントシステム等が必要であるが、これはコンピュータ中の色表現と印刷という話題であって、ウェブのコンテンツに全く限られない話だからこれ以上は触れない。

16進トリプレット表記[編集]

16進トリプレットは、先頭に # を前置した後に、色深度がRGBの各色4ビットあるいは8ビット(すなわち12bpp(4096色)あるいは24bpp(約1,600万色))のどれかのについて、16進3桁あるいは6桁で表現するものである。赤・緑・青の順で、16進3桁の各ニブル、あるいは6桁中の各2桁のオクテットが、各成分の 0~15 あるいは 0~255 の光度(intensity)を表現する。0 が真っ暗(黒)で、数字が大きいほど明るい。

例えば、赤緑青の光度が、赤は36、緑は104、青は160という色があるとする(灰色がかった青)。それぞれ16進で24、68、A0であり、それを並べて2468A0となる。1桁の場合は0を前置する。たとえば、4、8、16の場合(16進では4、8、10)040810となる。

なお、3桁のフォーマットはCSSの仕様にはあるが、HTMLの色指定では規格外である[3]。3桁から6桁への拡張は、各桁を繰り返せばよく、例えば09Cなら0099CCとすればよい。

HTMLでの色名称[編集]

HTML 4.01仕様[4]では(当時のパーソナルコンピュータのGUI環境のパレットにおいて、いわゆる「システムカラー」として用意されていた色に基づく)16の基本的な色名称を次のように定義している(大文字/小文字は区別しない)。

CSS1 / HTML3–4 / VGAの色名称
名称 16進 色相 HSL彩度 HSL明度 HSV彩度 HSV明度 CGAでの番号と名称
White #FFFFFF 100% 100% 100% 0% 100% 0% 100% 15 (white)
Silver #C0C0C0 75% 75% 75% 0% 75% 0% 75% 07 (light gray)
Gray #808080 50% 50% 50% 0% 50% 0% 50% 08 (dark gray)
Black #000000 0% 0% 0% 0% 0% 0% 0% 00 (black)
Red #FF0000 100% 0% 0% 100% 50% 100% 100% 12 (high red)
Maroon #800000 50% 0% 0% 100% 25% 100% 50% 04 (low red)
Yellow #FFFF00 100% 100% 0% 60° 100% 50% 100% 100% 14 (yellow)
Olive #808000 50% 50% 0% 60° 100% 25% 100% 50% 06 (brown)
Lime #00FF00 0% 100% 0% 120° 100% 50% 100% 100% 10 (high green); green
Green #008000 0% 50% 0% 120° 100% 25% 100% 50% 02 (low green)
Aqua #00FFFF 0% 100% 100% 180° 100% 50% 100% 100% 11 (high cyan); cyan
Teal #008080 0% 50% 50% 180° 100% 25% 100% 50% 03 (low cyan)
Blue #0000FF 0% 0% 100% 240° 100% 50% 100% 100% 09 (high blue)
Navy #000080 0% 0% 50% 240° 100% 25% 100% 50% 01 (low blue)
Fuchsia #FF00FF 100% 0% 100% 300° 100% 50% 100% 100% 13 (high magenta); magenta
Purple #800080 50% 0% 50% 300° 100% 25% 100% 50% 05 (low magenta)

これら16色はHTML 3.0仕様にもsRGBで示されており、「この標準16色はWindowsのVGAパレットでサポートされている」とある[5]

X11の色名称[編集]

多くの環境で、X Window Systemと共に普及したX11の色名称に基づいた色名称がサポートされている。これらの色はSVG 1.0で標準化され、SVG Full に対応したユーザーエージェントが受け付ける(SVG Tinyにはこれらの標準は含まれない)。

X11製品に付属する色名称一覧ファイルの内容は実装によって差異があり、HTMLでの色名称と食い違いも存在する(greenなど)。さらにX11での定義はsRGBのような特定の色空間を前提としていない単なるRGBとしての定義である。すなわち、X11にある色名称一覧ファイル(例えば、/usr/lib/X11/rgb.txt)をそのままウェブ上での色の選択に使うのは好ましくない、とされている[6]

CSS3仕様でウェブ用の"X11 colors"として定義されている色の一覧を16進と10進の値と共に示す。なお、同じ色で別名が示されているものもある。aqua(HTML4/CSS 1.0での標準名)とcyan(sRGBでの名前)、magenta(sRGBでの名前)とfuchsia(HTML4/CSS 1.0での標準名)、gray(HTML4/CSS 1.0での標準名)と greyである[7][8]

HTMLでの名称 16進
R/G/B
10進
R/G/B
赤系の色
IndianRed CD 5C 5C 205  92  92
LightCoral F0 80 80 240 128 128
Salmon FA 80 72 250 128 114
DarkSalmon E9 96 7A 233 150 122
LightSalmon FF A0 7A 255 160 122
Crimson DC 14 3C 220  20  60
Red FF 00 00 255   0   0
FireBrick B2 22 22 178  34  34
DarkRed 8B 00 00 139   0   0
ピンク系の色
Pink FF C0 CB 255 192 203
LightPink FF B6 C1 255 182 193
HotPink FF 69 B4 255 105 180
DeepPink FF 14 93 255  20 147
MediumVioletRed C7 15 85 199  21 133
PaleVioletRed DB 70 93 219 112 147
橙系の色
LightSalmon FF A0 7A 255 160 122
Coral FF 7F 50 255 127  80
Tomato FF 63 47 255  99  71
OrangeRed FF 45 00 255  69   0
DarkOrange FF 8C 00 255 140   0
Orange FF A5 00 255 165   0
黄系の色
Gold FF D7 00 255 215   0
Yellow FF FF 00 255 255   0
LightYellow FF FF E0 255 255 224
LemonChiffon FF FA CD 255 250 205
LightGoldenrodYellow FA FA D2 250 250 210
PapayaWhip FF EF D5 255 239 213
Moccasin FF E4 B5 255 228 181
PeachPuff FF DA B9 255 218 185
PaleGoldenrod EE E8 AA 238 232 170
Khaki F0 E6 8C 240 230 140
DarkKhaki BD B7 6B 189 183 107
紫系の色
Lavender E6 E6 FA 230 230 250
Thistle D8 BF D8 216 191 216
Plum DD A0 DD 221 160 221
Violet EE 82 EE 238 130 238
Orchid DA 70 D6 218 112 214
Fuchsia FF 00 FF 255   0 255
Magenta FF 00 FF 255   0 255
MediumOrchid BA 55 D3 186  85 211
MediumPurple 93 70 DB 147 112 219
Amethyst 99 66 CC 153 102 204
BlueViolet 8A 2B E2 138  43 226
DarkViolet 94 00 D3 148   0 211
DarkOrchid 99 32 CC 153  50 204
DarkMagenta 8B 00 8B 139   0 139
Purple 80 00 80 128   0 128
Indigo 4B 00 82  75   0 130
SlateBlue 6A 5A CD 106  90 205
DarkSlateBlue 48 3D 8B  72  61 139
MediumSlateBlue 7B 68 EE 123 104 238
HTMLでの名称 16進
R/G/B
10進
R/G/B
緑系の色
GreenYellow AD FF 2F 173 255  47
Chartreuse 7F FF 00 127 255   0
LawnGreen 7C FC 00 124 252   0
Lime 00 FF 00   0 255   0
LimeGreen 32 CD 32  50 205  50
PaleGreen 98 FB 98 152 251 152
LightGreen 90 EE 90 144 238 144
MediumSpringGreen 00 FA 9A   0 250 154
SpringGreen 00 FF 7F   0 255 127
MediumSeaGreen 3C B3 71  60 179 113
SeaGreen 2E 8B 57  46 139  87
ForestGreen 22 8B 22  34 139  34
Green 00 80 00   0 128   0
DarkGreen 00 64 00   0 100   0
YellowGreen 9A CD 32 154 205  50
OliveDrab 6B 8E 23 107 142  35
Olive 80 80 00 128 128   0
DarkOliveGreen 55 6B 2F  85 107  47
MediumAquamarine 66 CD AA 102 205 170
DarkSeaGreen 8F BC 8F 143 188 143
LightSeaGreen 20 B2 AA  32 178 170
DarkCyan 00 8B 8B   0 139 139
Teal 00 80 80   0 128 128
青系の色
Aqua 00 FF FF   0 255 255
Cyan 00 FF FF   0 255 255
LightCyan E0 FF FF 224 255 255
PaleTurquoise AF EE EE 175 238 238
Aquamarine 7F FF D4 127 255 212
Turquoise 40 E0 D0  64 224 208
MediumTurquoise 48 D1 CC  72 209 204
DarkTurquoise 00 CE D1   0 206 209
CadetBlue 5F 9E A0  95 158 160
SteelBlue 46 82 B4  70 130 180
LightSteelBlue B0 C4 DE 176 196 222
PowderBlue B0 E0 E6 176 224 230
LightBlue AD D8 E6 173 216 230
SkyBlue 87 CE EB 135 206 235
LightSkyBlue 87 CE FA 135 206 250
DeepSkyBlue 00 BF FF   0 191 255
DodgerBlue 1E 90 FF  30 144 255
CornflowerBlue 64 95 ED 100 149 237
MediumSlateBlue 7B 68 EE 123 104 238
RoyalBlue 41 69 E1  65 105 225
Blue 00 00 FF   0   0 255
MediumBlue 00 00 CD   0   0 205
DarkBlue 00 00 8B   0   0 139
Navy 00 00 80   0   0 128
MidnightBlue 19 19 70  25  25 112
HTMLでの名称 16進
R/G/B
10進
R/G/B
茶系の色
Cornsilk FF F8 DC 255 248 220
BlanchedAlmond FF EB CD 255 235 205
Bisque FF E4 C4 255 228 196
NavajoWhite FF DE AD 255 222 173
Wheat F5 DE B3 245 222 179
BurlyWood DE B8 87 222 184 135
Tan D2 B4 8C 210 180 140
RosyBrown BC 8F 8F 188 143 143
SandyBrown F4 A4 60 244 164  96
Goldenrod DA A5 20 218 165  32
DarkGoldenrod B8 86 0B 184 134  11
Peru CD 85 3F 205 133  63
Chocolate D2 69 1E 210 105  30
SaddleBrown 8B 45 13 139  69  19
Sienna A0 52 2D 160  82  45
Brown A5 2A 2A 165  42  42
Maroon 80 00 00 128   0   0
白系の色
White FF FF FF 255 255 255
Snow FF FA FA 255 250 250
Honeydew F0 FF F0 240 255 240
MintCream F5 FF FA 245 255 250
Azure F0 FF FF 240 255 255
AliceBlue F0 F8 FF 240 248 255
GhostWhite F8 F8 FF 248 248 255
WhiteSmoke F5 F5 F5 245 245 245
Seashell FF F5 EE 255 245 238
Beige F5 F5 DC 245 245 220
OldLace FD F5 E6 253 245 230
FloralWhite FF FA F0 255 250 240
Ivory FF FF F0 255 255 240
AntiqueWhite FA EB D7 250 235 215
Linen FA F0 E6 250 240 230
LavenderBlush FF F0 F5 255 240 245
MistyRose FF E4 E1 255 228 225
灰系の色
Gainsboro DC DC DC 220 220 220
LightGrey D3 D3 D3 211 211 211
Silver C0 C0 C0 192 192 192
DarkGray A9 A9 A9 169 169 169
Gray 80 80 80 128 128 128
DimGray 69 69 69 105 105 105
LightSlateGray 77 88 99 119 136 153
SlateGray 70 80 90 112 128 144
DarkSlateGray 2F 4F 4F  47  79  79
Black 00 00 00   0   0   0

ウェブセーフカラー[編集]

ウェブセーフカラーチャート

ウェブ技術が大きく発展した1990年代後半の多くのパーソナルコンピュータのビデオカードは、現代のコンピュータのようなフルカラーをまだサポートしておらず、フルカラーの約1,600万色のうちから選んだ256色のみしか同時には表示できない、というものが多かった。「ウェブセーフカラー」と称されるパレット(色の集合)はそのような時代における苦慮の策として存在したもので、2016年現在、積極的な意義が存在するものではない。

MS-DOS環境のゲームなど、シングルタスク環境であればそのアプリケーションに必要な色のみを選べばよいが、GUI環境のウェブブラウザは任意のタイプの画像(自然画(写真等)もあれば、イラストもある)を対象とせねばならず、また、任意に必要な色を確保していった場合、ページの途中で足りなくなるといったことも起こりうる。そのためウェブブラウザは、赤緑青の各色について 0, 51, 102, 153, 204, 255(16進で 00, 33, 66, 99, cc, ff)の6段階として、6×6×6 の216色をあらかじめ確保しておくものとし、コンテンツ中のそれ以外の色については、最も近い色をあてるか、ディザを施すこととした。残り40色のうち16色はシステム用として、24色程度の余裕があり(原色などについてはシステム用のパレットと共用できるので、実際はもう少し余裕がある)、ブラウザ自身のボタンのアイコン等のための色に使うこともできる。

X11などではアプリケーション間でカラーパレットを共有するため、ブラウザが使用可能な色は256色よりも少ない場合がある(5×5×5または4×4×4)。そのようなシステムではコンテンツ側でウェブセーフカラーを使っていたとしても、さらに減色される。

以上のようにしてデファクトスタンダードとして成立したパレット(色の集合)であり、色彩設計(デザイン)からの観点などは無い。背景に使える明るい色の選択肢が狭い暗い色同士は区別が難しいものもある、などといった欠点が指摘されている。また、写真などの画像を減色加工する目的等に適しているわけでもなく[9]、イラスト等を描く際に、これらの中にある色を選べば、表示側でそのまま表示される(確率が高い)、という目安に過ぎない。

このパレットの出典として、これを「Browser Safe color palette」として著書で紹介した[10]Lynda Weinmanの名が(誤って)提示されていることがある。しかし、前述のように、ブラウザの側の実装がそうなっていた、というのが先であり、Lynda Weinmanの関与は(挙げるならば)名前を付けただけに過ぎない。著者自身がフォローのための情報をウェブで公開していた(注のリンク先(アーカイブ)を参照)[11][12]

ウェブセーフカラーの各色に対する標準名称といったものは存在しない。

三原色の6段階
キー 16進 10進 RGBの%
0 00 0 0%
3 33 51 20%
6 66 102 40%
9 99 153 60%
C(12) CC 204 80%
F(15) FF 255 100%

カラーテーブル[編集]

次の表は、ウェブセーフカラー全216色である。

凡例

  • 下線のある色は、次節で説明する「Reallysafe」な22色。
  • 見出しの「330°」などの数字は、MRYGCBの、それぞれのちょうど中間点となる、色相の値。
  • F0F - C0Fまでの一列30色は、彩度・明度ともに最大=純色
ウェブセーフカラー216色

FFF
White
CCC 999 666 333 000
Black
M 330° R 30° Y 90° G 150° C 210° B 270°
03 303   300   330   030   033   003  
06
036
606 603 600 630 660 360 060 063 066 036 006 306
09
039
069
909 906 903 900 930 960 990 690 390 090 093 096 099 069 039 009 309 609
0C
03C
06C
09C
C0C C09 C06 C03 C00 C30 C60 C90 CC0 9C0 6C0 3C0 0C0 0C3 0C6 0C9 0CC 09C 06C 03C 00C 30C 60C 90C
0F
03F
06F
09F
0CF
F0F
M
F
0
C
F
0
9
F
0
6
F
0
3
F00
R
F
3
0
F
6
0
F
9
0
F
C
0
FF0
Y
C
F
0
9
F
0
6
F
0
3
F
0
0F0
G
0
F
3
0
F
6
0
F
9
0
F
C
0FF
C
0
C
F
0
9
F
0
6
F
0
3
F
00F
B
3
0
F
6
0
F
9
0
F
C
0
F
36 636   633   663   363   366   336  
39
369
939 936 933 963 993 693 393 396 399 369 339 639
3C
36C
39C
C3C C39 C36 C33 C63 C93 CC3 9C3 6C3 3C3 3C6 3C9 3CC 39C 36C 33C 63C 93C
3F
36F
39F
3CF
F3F F3C F39 F36 F33 F63 F93 FC3 FF3 CF3 9F3 6F3 3F3 3F6 3F9 3FC 3FF 3CF 39F 36F 33F 63F 93F C3F
69 969   966   996   696   699   669  
6C
69C
C6C C69 C66 C96 CC6 9C6 6C6 6C9 6CC 69C 66C 96C
6F
69F
6CF
F6F F6C F69 F66 F96 FC6 FF6 CF6 9F6 6F6 6F9 6FC 6FF 6CF 69F 66F 96F C6F
9C C9C   C99   CC9   9C9   9CC   99C  
9F
9CF
F9F F9C F99 FC9 FF9 CF9 9F9 9FC 9FF 9CF 99F C9F
CF FCF   FCC   FFC   CFC   CFF   CCF  

Reallysafe palette[編集]

約1,600万色(24ビットカラー)のうち256色が使える環境の他に、当時は、16ビットカラーの環境も多かった。David LehnとHadley Sternは、ウェブセーフカラーの216色のうち、16ビットカラーで表示できる22色を the Reallysafe palette と呼んだ。[13]

以下にその22色を示す。また、上の表では、それらの色には下線を引いてある。

16進3桁 #F0F #F03 #F00 #FF0 #FF3 #FF6 #FFF #CF6 #6F0 #6F3 #3F3
16進3桁 #0F0 #3F6 #0F6 #3FC #0FC #6FF #3FF #0FF #00F #003 #000

※(赤字)は、「HTML基本16色」のうちの8色。

CSSカラー[編集]

Cascading Style Sheetsでは、HTML 4仕様と同じ数(基本の16色)の色を定義している。さらにCSS 2.1はこれに"orange"を追加した[14]

CSS 2.1で追加された色
名称 16進 色相 HSL彩度 HSL明度 HSV彩度 HSV明度 別名
orange #FFA500 100% 65% 0% 39° 100% 50% —% —%

またCSS 2、SVGおよびCSS 2.1ではsystem colorsと呼ばれる色が使えるが、これらの色はオペレーティングシステムのデスクトップで使っている色の値に名前をつけたものである。これらを使うとユーザーのOS環境に合わせた色を使うことができる[15]。2004年現在、CSS3仕様ではこの機能が"depreated"とされているが、今後変更される可能性もある[16]

CSS3仕様ではまた、スタイルシートにHSL色空間を導入している。

CSSの例
/* RGB model */
p { color: #F00 } /* #rgb */
p { color: #FF0000 } /* #rrggbb */
p { color: rgb(255, 0, 0) } /* integer range 0 - 255 */
p { color: rgb(100%, 0%, 0%) } /* float range 0.0% - 100.0% */

/* RGB with alpha channel, added to CSS3 */
p { color: rgba(255, 0, 0, 0.5) } /* 0.5 opacity, semi-transparent */

/* HSL model, added to CSS3 */
p { color: hsl(0, 100%, 50%) } /* red */
p { color: hsl(120, 100%, 50%) } /* green */ 
p { color: hsl(120, 100%, 25%) } /* dark green */ 
p { color: hsl(120, 100%, 75%) } /* light green */ 
p { color: hsl(120, 50%, 50%) } /* pastel green */

/* HSL model with alpha channel */
p { color: hsla(120, 100%, 50%, 1) } /* green */
p { color: hsla(120, 100%, 50%, 0.5) } /* semi-transparent green */
p { color: hsla(120, 100%, 50%, 0.1) } /* very transparent green */

アクセシビリティ[編集]

中には色をサポートしていないウェブブラウザや機器もある。そのような機器や、視覚障害、色覚異常のあるユーザーのため、ウェブコンテンツは色がなくとも使えるようにすることが望ましい。色が表示できないとき、背景と文字が似たような明るさで識別できくなることは避けるべきである[17]。同様にリンクを青で表示することが多いため、背景を青系の色にするとリンクが目立たなくなる。

脚注・出典[編集]

  1. ^ Guide to Graphics. SP LUS, splus.com. Page 13.[リンク切れ]
  2. ^ Gaurav Sharma著、「Digital Color Imaging Handbook」(ISBN 084930900X
  3. ^ HTML4 Transitional Document Type Definition
  4. ^ HTML 4.01 Specification section 6.5 "Colors"
  5. ^ HTML 3.2 Specification "The BODY element"
  6. ^ Public discussion on SVG mailing list Re: color names in SVG-1.0 conflict with /usr/lib/X11/rgb.txt
  7. ^ W3C TR CSS3 Color Module, SVG color keywords
  8. ^ W3C TR SVG 1.0, recognized color keyword names
  9. ^ 2016年現在「簡単な数コマ程度の動画のための、手軽な広く普及しているフォーマット」が、いわゆるアニメーションGIFしか存在しないことから、GIFにするため写真等を256色に減色する必要がある、というのが2016年現在の数少ない減色作業の例であるが、そういった場合は画像からメディアンカット等の手法で適応的にパレットを決めたほうが良い。
  10. ^ 1996年の著書『Designing Web Graphics』 ISBN 1-56205-532-1 の pp. 68~69 などにある。
  11. ^ https://web.archive.org/web/19961109214300/http://www.lynda.com/hex.html
  12. ^ https://web.archive.org/web/20060424141309/http://www.lynda.com/hex.html
  13. ^ Death of the Websafe Color Palette?
  14. ^ CSS 2.1 Specification: Syntax and basic data types: Colors” (2009年9月8日). 2009年12月21日閲覧。
  15. ^ User interface - System colors
  16. ^ CSS3 Color Module - CSS2 System Colors
  17. ^ If You Pick One Color, Pick Them All

関連項目[編集]

外部リンク[編集]