パーソナルカラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Felix von Luschan によるヒトの肌の色のカラーチャート
コーカソイド白人)に多い身体色:白い肌金髪碧眼(青い目)

パーソナルカラー(英:Color analysis)とは、その人の生まれ持った身体肌の色髪の色目の色など)と雰囲気が調和した(=似合う色)のことであり、人それぞれ個性が違うように似合う色もそれぞれ違うとする視覚心理学的理論に基づく審美感のことである。

似合う色を見つける診断のことを「パーソナルカラー診断」と呼び[1]、それに従った「似合う色」の化粧服装を身につけると顔色が良く活き活きとした表情に見え、「似合わない色」を身につけると顔色が悪く元気がなく疲れた印象に見えてしまう[2]、という性格のものである。

これは、1980年代にアメリカから伝わった審美感で、人間の色彩認識機能とそれによる感情変化の傾向を研究し得られた心理学的な理論であり、今日では日本でもそれが広く支持され、特にファッション業界(化粧品服飾アクセサリーなど)が顧客に似合う色の選定方法を説明するために頻繁に使用されるようになった。

概要[編集]

経緯[編集]

パーソナルカラーは、1920年代の色彩芸術理論が元になっている。アメリカデザイナーであったロバート・ドア(Robert C. Dorr (1905–1979))は「自然界の色はすべてブルーベース(ブルベ)とイエローベース(イエベ)に分けられ、同じグループの色は調和する」と提唱した。また、スイスヨハネス・イッテンは「自然界の四季の中にすべての色彩の源があり、調和する」という理論が出され、この2点がパーソナルカラーのルーツとなっている。

なお、アメリカには白人女性のみをターゲットにしたカラー診断サイトが数多く存在し[3]、日本も同様に日本人女性を診断するサイトが多い。

ロバート・ドア・メソッド[編集]

「ロバート・ドア メソッド:ブルーベース/イエローベース」とは、自然界に存在する色はすべて2つのグループ(ブルーベースカラーとイエローベースカラー)に分けられ、同じグループに属する色同士は調和しあい、別のグループに属する色とは調和しないという配色調和・不調和の原理原則を基にした実用色彩調和システムである。自然の造形物(人間も含む)はすべてこの原理原則に沿った配色調和で構成されており、ブルーベースの配色調和かイエローベースの配色調和で構成されている。調和のとれた配色は、心地良い美観を感じさせ、心理的生理的に「快」の状態をもたらす。不調和の配色は、美観を損ない色彩ノイズを発生させ、心理的生理的にも「不快」の状態をもたらす。という理論である[4]

日本人女性においてはブルーベースとイエローベースの割合は均等に近く、後述する4シーズン分類でいえばブルーベースのうちの夏タイプが最も多いとされている[5]

以下に一般論における日本人女性のブルーベース/イエローベースの身体的な特徴を示す[6][7][8][9]

ブルーベースの特徴[編集]

  • 手のひらの色が、ピンクや青みがかっている
  • 唇の色がサクラやローズのような青みピンク〜赤紫
  • 動脈よりも静脈の色影響が強い
  • 日焼けをすると赤くなった後、元に戻るか赤黒色に焼ける
  • 地毛が赤みがかった茶、または黒
  • 瞳の色がブラックや赤みのある茶
  • 白目の色はブルーみがかったホワイト

ブルーベースの色が得意な人には上記の特徴に当てはまる事があるが、例えば手のひらの色が黄みがかっていたり、日焼けをすると黒くなるタイプの人でもブルーベースの色が得意な人は多くいる。

イエローベースの特徴[編集]

  • 手のひらの色が、オレンジや黄みがかっている
  • 唇の色がピーチやコーラルのような黄みピンク〜朱赤
  • 動脈の色影響が強い
  • 日焼けをすると赤くはならず、小麦色や黒色に焼ける
  • 地毛が茶色、または黒に近い濃茶
  • 瞳の色が濃茶や黄みがかった明るい茶
  • 白目の色はアイボリー系

ヨハネス・イッテン「色彩論」[編集]

これは、似合う色の範囲を「4シーズン:春・夏・秋・冬」のグループに分け、その中から似合う色のグループをアドバイスする[10]、という考え方の元となった理論である。彼の「その人が好む配色や色彩は、その人の外見的特長や性格と一致する」と言う考え方をもとに、春夏秋冬の四季の色は誰にでも思い浮かべることのできる分かりやすいイメージだという理由でパーソナルカラーは4つに分類されることとなった[11]

これを、ロバート・ドア・メソッドの2分法(ブルーベース/イエローベース)と単純に掛け合わせると、パーソナルカラーのパターン数は2×4で8タイプとなるが、実用的にはそれを簡略化し、春と秋はイエローベースに、夏と冬はブルーベースに、それぞれ類似するとし、その人に似合うパーソナルカラーのパターン数は「春:イエローベース」「夏:ブルーベース」「秋:イエローベース」「冬:ブルーベース」の4タイプであるとして扱われることが一般的である。服飾などのアパレル分野ではこの4分法が適用されることが多く、化粧品などのビューティー分野では先の2分法(ブルーベース/イエローベースの2区分のみ)が適用されることが多い。

日本の諸流派[編集]

CUS(Color Undertone System-カラーアンダートーンシステム)[編集]

CUS[12]は、(社)日本カラリスト協会[13]の会長であるヨシタミチコ[14]を中心とした色彩研究会[15]によって考案されたアンダートーン分類を組み込んだ表色系で、色に通底する調子という意味で「アンダートーン」という分類を用いている。すべての色を「ブルーアンダートーン(Bu)」、「イエローアンダートーン(Yu)」に分類し、アンダートーンが共通であれば調和するとしている。CUSでは、アンダートーンの考え方を基礎に、「ハード」と「ソフト」の印象軸、「華やか」と「落ち着き」の表情軸の違いでパーソナルカラーが決まると考える。

CUSによるパーソナルカラー分類[編集]

CUSでは、パーソナルカラーを4つのシーズンに分類している。各シーズンの印象の違いを明確にし、アンダートーンの違いである色味軸、印象軸、表情軸の3要素を的確につかむことにより、誤った診断がなされないよう工夫がされている。

  • パステルサマー:ソフトで落ち着きのある印象があり、ブルーアンダートーンの色が調和する。
  • ブリリアントウインター:ハードで華やかな印象があり、ブルーアンダートーンの色が調和する。
  • プライトスプリング:ソフトで華やかな印象があり、イエローアンダートーンの色が調和する。
  • ディープオータム:ハードで落ち着きのある印象があり、イエローアンダートーンの色が調和する。

16タイプカラーメソッド[編集]

16タイプカラーメソッドは、(社)全日本カラースタイルコンサルタント協会(CSCA)の理事長である花岡ふみよが創始し特許を取得したパーソナルカラー分類法[16] であり、西洋人向けであった4シーズン分類法を、全世界の民族に対応できるよう改良したものである。

このパーソナルカラー診断では色相・彩度・明度・清濁の視点から、4シーズン分類法の1シーズンを4タイプに分割。計16タイプに細分化することで、パーソナルカラー診断の正確性を上げることに成功した[17]

16分類[編集]

16分類の詳細は以下の通りである。

春の4タイプ

  • ライト・スプリング
  • ブライト・スプリング
  • ヴィヴィッド・スプリング
  • ウォーム・スプリング

夏の4タイプ

  • ライト・サマー
  • ブライト・サマー
  • ミューテッド・サマー
  • クール・サマー

秋の4タイプ

  • ミューテッド・オータム
  • ストロング・オータム
  • ウォーム・オータム
  • ディープ・オータム

冬の4タイプ

  • クリア・ウィンター
  • ヴィヴィッド・ウィンター
  • クール・ウィンター
  • ディープ・ウィンター

ファーストシーズン、セカンドシーズン[編集]

16タイプカラーメソッドにおいて、1番目に似合う色のグループをファーストシーズン(1st)、同じ色の特徴を持つ2番目に似合う別の色のグループをセカンドシーズン(2nd)という。

これは自分に似合う色の共通点を示すことで、色選びの幅や自分に似合う色の特徴をより明確にすることを目的とした表記である[18]

また、必ずしも2ndがはっきり出るというものではなく、2ndがほぼ存在しない者もいる。さらに1stがイエローベース分類で2ndがブルーベース分類、または1stがブルーベース分類で2ndがイエローベース分類であるパターンも多い[19][20]

グリーンベース[編集]

グリーンベース(グリベ)とは1stがイエローベースで2ndがブルーベースの者、あるいは1stがブルーベースで2ndがイエローベースの者、特にその配分が均等に近い者を指す俗称である。「色を跨いでいる」と表現されることも多い。

グリーンベースの特徴としては黄み、青み、灰みといった多様な要素を持つことから補色による影響が強く出やすいことが挙げられる(補色の影響が強いとお互いの色味が主張しあい、派手な印象になりやすい)[21][22]。また、色選びの際には色相よりも、明度や彩度を重視することが推奨されている。

以下に一般論におけるグリーンベースの特徴を示す。

  • 簡易診断ではイエローベース、ブルーベースどちらの要素も当てはまる
  • 似合うアクセサリーはゴールドかシルバーかよりも、光沢の有無によって左右される
  • ブルーベースとイエローベースの代表的カラーは似合わないことが多い
  • コスメの色味が強く出やすく、ケバケバしい印象あるいは野暮ったい印象になりやすい

イエローベースとブルーベースの要素を持っていることから全ての色が似合うという情報も出回っているが、それは特徴にも示した通り間違いである。また、グリーンベースに似合う色は彩度の高い赤やグリーンとの情報もあるが、それはヴィヴィッド・トーンの特徴であり、全てのグリーンベースに適用される情報ではない。前述したように、適切な明度や彩度を意識した色選びが重要であるため「グリーンベースである、色を跨いでいる」ことよりも「どのトーン分類であるか」を重視すべきである。

誤診[編集]

パーソナルカラー診断は本来、ドレープと呼ばれる色布を肌に当て、プロの診断士が診断を行うものであった。しかし近年では、店頭で店員が目視で行う診断やインターネットを使用した診断、簡易化された情報をもとに自身で診断を行う自己診断なるものが多く広まっている。それに伴い誤った情報(俗説)の拡散や、パーソナルカラー診断時に誤診が発生する機会も増えている。以下に代表的な誤った俗説や誤診を生みやすいポイントを記す。

俗説による誤診
「日本人=黄み肌=イエローベースである」といった俗説は間違いである。まず黄み肌は肌色の色調であり、パーソナルカラー理論とは異なる分類である。黄み肌でイエローベースの場合もあれば、黄み肌でブルーベースの場合もあるため診断の際には注意が必要である。
また 「色白=ブルーベースである」といった俗説も間違いである。前述した通り、パーソナルカラーやそのシーズン分類によって日焼けの傾向や肌色の変化には違いがあるものの、色白色黒といった肌色の色調とは異なる理論である。色黒のブルーベースの者もいれば色白のイエローベースの者もいるため、混同すべきではない。
年齢による誤診
加齢により肌がくすみ、パーソナルカラーが変化するという情報が出回っているがこれは間違いである。若年者は肌の水分量が多くハリがあるため肌のトーンが明るい。それにより適切なパーソナルカラーではない色味も一見似合うように感じやすく、結果的に誤診を生むことが多い。つまり加齢によりパーソナルカラーが変化するのではなく、若年時の診断に誤りがあったという表現が適切である。
環境による誤診
照明光には自然光(太陽光)と人工光(白熱電球・蛍光ランプ等)が存在し、それぞれの照明によって色の見え方は大きく変化する。赤みの成分が強い白熱電球下や青みの成分が強い蛍光ランプ下といった人工光下では誤診が発生しやすいため、パーソナルカラー診断は色の波長が均一に含まれる太陽光下で行うことが推奨されている。
また、インターネットやアプリ上に写真をアップロードし診断を行うネット診断は、光源とは別にカメラ本体の性能やフィルター補正効果、周囲からの反射による色味の影響も発生する。
色味イメージによる誤診
「黄色が似合うからイエローベース」「ピンクが似合うからブルーベース」といった判断は誤診を生みやすい。黄色の場合、バナナイエローはイエローベースの色味群であるが、レモンイエローはブルーベースの色味群に分類される。同様にピンクの場合、チェリーピンクはブルーベースの色味群であるが、カーネーションピンクはイエローベースの色味群である。
近しい色味属性による誤診
ライト・スプリングとライト・サマー、クール・サマーとクール・ウィンター、ヴィヴィッド・スプリングとヴィヴィッド・ウィンター等。明度や彩度が近い色味群は混同されやすく、またセカンドシーズンである場合も多いため誤診しやすい。[23][24]
典型的なパーソナルカラーイメージによる誤診
「春タイプは明るくクリアな色」「夏タイプは淡いパステルカラー」「秋タイプは深くゴージャスな色」「冬タイプは鮮やかでハッキリした色」といった簡易な基準はイメージによる偏りが多く、誤診に繋がる。
例えば、淡い色味を得意とするライト・スプリングは春タイプにも関わらず前述した典型的イメージ基準では夏タイプだと誤診されやすい。また、青みの強い色味を得意とするクール・サマーは夏タイプでありながら冬タイプと誤診されやすい。

誤診を防ぐためには、持って生まれた色素の特徴を見ること。色素は一ヵ所だけではなく、肌、眼、髪トータルで判断すること。好き嫌いで判断しないことが重要である。[25]

出典[編集]

  1. ^ 第一印象でトクするパーソナル・カラー - @cosme
  2. ^ パーソナルカラー検定概要 - 日本カラーコーディネーター協会
  3. ^ アメリカのパーソナルカラー - @cosme
  4. ^ ロバート・ドア・メソッド とは
  5. ^ パーソナルカラーカウンセリングシリーズ#4|「黄み肌なのに、ブルベと診断されました」|読み物-日々をここちよく-|化粧品・スキンケア・基礎化粧品の通販|オルビス公式オンラインショップ”. www.orbis.co.jp. 2020年9月30日閲覧。
  6. ^ 【パーソナルカラー】ブルーベース(ブルべ)とイエローベース(イエベ)
  7. ^ 今更聞けなかったけど、ブルべとかイエベって何?
  8. ^ ブルーベースとイエローベースの見分け方!
  9. ^ パーソナルカラーで異なる日焼け傾向と対策”. 2020年9月30日閲覧。
  10. ^ パーソナルカラーとは? - 日本パーソナルカラー協会
  11. ^ パーソナルカラーの歴史
  12. ^ 『パーソナルカラリスト検定3級公式テキスト』Nihon pāsonaru kararisuto kyōkai, Nihon pāsonaru kararisuto kyōkai, 日本パーソナルカラリスト協会., 日本パーソナルカラリスト協会.、誠文堂新光社、Tōkyō、2012年。ISBN 978-4-416-91234-8OCLC 781676130https://colorist.or.jp 
  13. ^ 一般社団法人日本カラリスト協会” (日本語). 2021年9月17日閲覧。
  14. ^ ヨシタミチコと色の仕事” (日本語). カラースペース・ワム. 2021年9月17日閲覧。
  15. ^ 衣服購入に及ぼすパーソナルカラー診断の影響 : 診断前後の比較調査”. 20210917閲覧。
  16. ^ 校長・花岡ふみよのプロフィール・実績 | パーソナルカラー・イメージコンサルタント養成スクールラピスアカデミー(東京青山・大阪)”. www.lapis234.com. 2020年9月30日閲覧。
  17. ^ 【保存版】パーソナルカラー16タイプ分割とは? | 特徴や違いを総まとめ!” (日本語). パーソナルカラー診断のCOLORS. 2020年9月30日閲覧。
  18. ^ 16タイプパーソナルカラーとは?【似合う色の特徴とセカンドシーズンがわかる】” (日本語). sachiel-chan.net. 2020年9月30日閲覧。
  19. ^ パーソナルカラー診断でセカンドシーズンを知るメリット|kotomi|note” (日本語). note(ノート). 2020年9月30日閲覧。
  20. ^ パーソナルカラー診断” (日本語). FLORA. 2020年9月30日閲覧。
  21. ^ COSMOPOLITAN (2020年2月24日). “올리브톤 피부, 메이크업 꿀팁 | 코스모폴리탄 코리아 (COSMOPOLITAN KOREA)” (朝鮮語). COSMOPOLITAN. 2020年9月30日閲覧。
  22. ^ 目立つ配色|集客と色の関係:order-nobori.com のぼり 専門店 ハクロマーク”. www.order-nobori.com. 2020年9月30日閲覧。
  23. ^ 『見分けにくい春と夏と秋のソフト【パーソナルカラーPLUS】』” (日本語). 骨格診断・パーソナルカラーから学ぶ、40代、50代からの大人ファッションレッス ン. 2020年9月30日閲覧。
  24. ^ 『誤診し易いパーソナルカラー サマ-/ソフトオ-タム【骨格診断PLUS&カラ-】』” (日本語). 骨格診断・パーソナルカラーから学ぶ、40代、50代からの大人ファッションレッス ン. 2020年9月30日閲覧。
  25. ^ 正確なパーソナルカラー自己診断ができるコツ!3大誤診ポイント解説付き | グレーススタイル”. grace-style-salon.com. 2020年9月30日閲覧。

関連項目[編集]