フクシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
フクシャ
fuchsia
 
16進表記 #CC1669
RGB (204, 22, 105)
CMYK (80, 55, 0, 60)
HSV (333°, 89%, 80%)
マンセル値 2.5RP 4/10
表示されている色は一例です
フクシャパープル (fuchsia purple)
 
16進表記 #B455A0
フクシャレッド (fuchsia red)
 
16進表記 #E8204E
フクシャピンク (fuchsia pink)
 
16進表記 #E95B6B
フクシアの花
Fuchsia (webcolor)
  16進表記 #FF00FF

フクシャフクシア・フューシャ、fuchsia)は非常に鮮やかな赤紫色のことである。アカバナ科の植物フクシアの色にちなんで名づけられた。そのほかにフクシアの花の色にちなんで名づけられたものが、アニリン染料フクシンであり、このフクシンの色は後にマゼンタと名づけられたため、フクシャとマゼンタはしばしば同一視される。フクシアの名前はドイツの植物学者フクスL. Fuchsにちなんでいる。

色材としてはマゼンタは三原色のひとつとして特別な扱いを受けるため、しばしばフクシャとの間に相違が出る。いわばマゼンタは基本色としての色名であり、フクシャはあくまで花の色にちなむ固有色なのである。

一方、ウェブカラーとしてもFuchsiaの語が定義されており、HTMLCSSなどでカラーネームをFuchsiaとすることでウェブ上に鮮やかな赤紫色を表示することが出来る。ところがこの色は、(Red, #FF0000)と(blue, #0000FF)をそのまま合成した色(#FF00FF)であり、ウェブカラーとしてのマゼンタ(Magenta, #FF00FF)とまったく同じ色合いになる。ウェブ上ではフクシャとマゼンタは完全に同一の色として扱われる。(このウェブカラーはしばしばピンクとも呼ばれる。)

また、フクシアの花の個体差によるわずかな色合いの違いによって、フクシャパープル(fuchsia purple)、フクシャレッド(fuchsia red)、フクシャピンク(fuchsia pink)などの色名も用いられるようになった。

近似色[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]