NCSA Mosaic

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NCSA Mosaicブラウザのスクリーンショット

NCSA Mosaic(エヌシーエスエー・モザイク)は、米国立スーパーコンピュータ応用研究所 (NCSA) から、1993年にリリースされたウェブブラウザ

概要[編集]

欧州原子核研究機構 (CERN) が World Wide Web (WWW) の利用を解放した年である1993年に、イリノイ大学米国立スーパーコンピュータ応用研究所 (NCSA) に所属するマーク・アンドリーセンらが、革新的な Webブラウザである NCSA Mosaic を開発・リリースした。NCSA Mosaic は、テキストと画像を同一のウインドウ内に混在して表示させることができる最初のウェブブラウザである。それ以前のウェブブラウザにおいては、テキストと画像は別ウインドウに表示されていた。

なお通信プロトコルとしてはHTTP以外にFTPNNTPGopherにも対応している。従ってウェブブラウザ以外にFTPクライアントネットニュースリーダーの機能も持っていた。

NCSA Mosaic は、新たな諸機能を実現し、また、同時期に全米科学財団ネットワーク (NSFnet) の商用利用が解禁されたことも追い風となり、一般社会におけるインターネット普及の基礎を築いた。NCSA Mosaic リリース直後の日本(インターネットが民間に先行して大学や国の研究機関などで普及)においては、ウェブを閲覧することを「Mosaic する」などと言っていた[1]

NCSA Mosaic の系譜[編集]

開発に携わったマーク・アンドリーセンらは、シリコングラフィックス社の創立者ジム・クラークとともにモザイク・コミュニケーションズ社(後のネットスケープコミュニケーションズ社)を立ち上げ、Netscape Navigator(Beta 版では Mosaic Navigator)を開発する。

その後、NCSA は Mosaic のマスターライセンスをスパイグラス英語版社に与え、さらにスパイグラス社からライセンスを受けたマイクロソフト社は、Mosaic のコードを元に Internet Explorer を開発した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 技術用語と図表”. 講義のための用語集. 大阪市立大学. 2009年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年11月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]