シリコングラフィックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シリコングラフィックスインターナショナルCorp.
Silicon Graphics International Corp.
種類 public
市場情報
NASDAQ SGI
略称 SGI、sgi、シリグラ
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
49085
カリフォルニア州フリーモント
設立 1999年(Rackable Systems, Inc.)
2016年ヒューレット・パッカード・エンタープライズによる買収)
業種 電気機器
事業内容 コンピュータハードウエア・ソフトウェアの製造・販売
主要子会社 日本の旗 日本SGI (100%)
外部リンク http://www.sgi.com/
特記事項:1999年にRackable Systems, Inc.として設立。2009年に倒産したシリコングラフィックスInc.の資産を買収し、現社名に変更した。
テンプレートを表示
シリコングラフィックスInc.
Silicon Graphics, Inc.
種類 public
市場情報 倒産
NASDAQ SGIC
略称 SGI、sgi、シリグラ
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
49085
カリフォルニア州サニーヴェール
1140 E. Arques Ave
設立 1982年(設立)
2009年(倒産)
業種 電気機器
事業内容 3次元画像処理ハード&ソフト
代表者 Robert “Bo” Ewald CEO
Eng Lim Goh CTO
Greg Wood CFO
Diane Gibsson CIO
Robert Pette VP
従業員数 1155 (2009)[1]
関係する人物 ジム・クラーク 創設者
外部リンク http://www.sgi.com/
特記事項:2009年4月1日に連邦倒産法第11章の適用を申請して倒産。事業はRackable Systems, Inc.により買収された。
テンプレートを表示

シリコングラフィックスSilicon Graphics International Corp.、略称:SGINASDAQ:SGI)は、業務用コンピュータの開発・製造・販売を行うアメリカ企業である。本拠地はカリフォルニア州マウンテンビューに置かれていたが、2009年にサンノゼが本社所在地となった。

元々は、1982年Silicon Graphics, Inc.として設立された。

コンピュータグラフィックス (CG)、特に3次元 (3D) 画像処理に特化した先鋭的かつ高性能な製品を開発してきた歴史を持つ。同社の製品は1990年代においてCGのレンダリングが群を抜いて高速であり、大規模なモデルもメモリ上で扱えたため、映画産業のCG制作においてデファクトスタンダードの地位を築き上げた。多種多様な計算機環境に普及したOpenGLも、元々はシリコングラフィックスが自社製品向けに開発したIRISGLに由来する。しかし、2000年代に入り画像処理分野へ安価なx86アーキテクチャが普及すると、高価で互換性のない自社専用アーキテクチャの開発を停止した。x86アーキテクチャへの転換により画像処理分野における優位性が失われたため、科学技術計算用の大型計算機を中心としたビジネスに移行した。

2009年4月1日、連邦倒産法第11章の適用を申請して倒産。同日、Rackable Systems社による事業買収の合意が発表された。5月8日にRackable Systems社による買収が完了、5月18日にRackable Systems社は社名を「Silicon Graphics International Corp.(SGI)」へと変更した(NASDAQのティッカーシンボルもRACKからSGIに変更)[2]

2016年11月1日、ヒューレット・パッカード・エンタープライズ (HPE) による買収が完了し、公開会社としてのSGIは廃止された。買収金額は2億7500万ドルであった[3][4]

日本法人に日本SGIがある。2001年に日本SGIがNECの出資を受けてSGIより独立したが、2011年に再度、SGIの100%子会社となった[5]。2016年にはHPEの傘下となった。

歴史[編集]

  • 1982年:スタンフォード大学で三次元ジオメトリック・オペレーション(三次元座標変換、透視投影変換、6面クリッピング)のハードウェア化(現在、PC等で一般化したグラフィックス・ボードの原型)を研究していたジム・クラークが、研究成果を世に送り出す事を目的にシリコングラフィックス社 (Silicon Graphics, Inc.) を設立。
  • 1983年:最初の製品IRIS 1000シリーズは、ジム・クラーク自ら開発したジオメトリパイプラインを使った3次元コンピュータグラフィックスを高速描画できる端末であり、DECVAXコンピュータに接続して使用することを念頭に設計されている。
  • 1985年:最初のグラフィックスワークステーションIRIS 2000シリーズを発売。68010/68020CPUとして搭載し、オペレーティングシステムとしてSystem V系のUNIXであるIRIXを使用。
  • 1986年IRIS 3000シリーズを発売。また、NASDAQに上場を果たす。
  • 1987年IRIS-4Dシリーズを発売。MIPSRISCマイクロプロセッサを使用したワークステーションであり、今後MIPSを使い続けることとなる。
  • 1989年:業界初のマルチプロセッサワークステーションであるIRIS POWERシリーズを発売。ワークステーション・メーカーとしてはSGIが初めてマルチプロセッサ型のサーバーを商品化している。
  • 1990年ニューヨーク証券取引所に上場。
  • 1991年Indigoシリーズを発売。また、独自のグラフィックスライブラリIRIS GLのライセンス販売を発表。後のOpenGLとなる。
  • 1992年:初の64ビットワークステーションCrimsonを発売。R4000をいち早く使用したマシンである。また、資金難に陥ったMIPSを子会社化し、ミップス・テクノロジーズを設立。
  • 1993年スーパーコンピュータ市場への足がかりとなる Onyxシリーズ、POWER CHALLENGEシリーズを発売。Onyxシリーズはマルチプロセッサ型のPOWER CHALLENGEに、高性能なグラフィックス・エンジンを搭載した製品であった。また、ワークステーション Indigo2Indyも発売された。このころから高性能パーソナルコンピュータとワークステーションが価格的にも機能的にも競合するようになったが、SGIのマシンは3Dグラフィックスの高性能さで生き残っていく。Onyxに搭載されたグラフィックス・エンジンは、現在のグラフィックス・ボードと比べるとジオメトリ計算能力は低いが、非常に大きなフレームバッファを持ち、ディスプレイ・ジェネレータの描画速度までを受持つパイプライン処理は現在のグラフィックス・ボードでも真似の出来ない性能を持っている。また、ローエンドのIndyも当時先進的なUMAを製品化し、コンピュータグラフィックス専用マシンとして一定の人気を獲得する。一方、技術者が退社してパソコン用3Dグラフィックス関連のベンチャーを開始するようになるのもこのころである。
  • 1996年スーパーコンピュータ製造企業のクレイ・リサーチを合併[6]
  • このころ、"sgi" と小文字のロゴを採用し、基本的に "sgi" と名乗るようになる。社名(Silicon Graphics, Inc.)は変わっていないが、グラフィックス専門企業というイメージを払拭するためのコーポレートアイデンティティ活動である。
  • 2000年:クレイのベクトル計算機部門をテラ・コンピュータに売却。テラ・コンピュータはクレイに社名変更した。また、ミップス・テクノロジーズをスピンオフさせている。
  • 2006年:5月8日、連邦倒産法第11章(C11)の適用を申請。実質的に経営破綻へ。
    10月17日、同法に基づく保護下から脱する。事業計画面では、かつての主流であったMIPSプロセッサとUNIX系OSのIRIXの組み合わせで動作するワークステーションの製造を中止、代替としてインテルのXeonItaniumといったプロセッサとLinuxの組み合わせで動作する機種の開発へとシフトする模様。
    10月23日、NASDAQへ再上場。
  • 2009年4月1日、再びC11の申請。事業はRackable Systemsが買収したが、その額は2500万ドル(24.5億円、1ドル=98円で換算)と、往時を知る者からすればあまりに破格な安値の金額であった。なお、買収に日本SGIをはじめとした海外現地法人は含まれない。社名はSilicon Graphics International Corp.に変更された。
  • 2016年:11月1日、ヒューレット・パッカード・エンタープライズによって2億7500万ドルで買収された。

SGIの現状[編集]

SGIは、実績のある自社開発オペレーティングシステムのIRIXを継続的に開発しながらも、Linuxの発展にも協力してきた。Sambaなどのプロジェクトを支援し、独自コード(XFSなど)をオープンソースとして提供している。

一時期、Microsoft Windowsを搭載したワークステーションを発売していたが、現在は従来からのIRIX/MIPSを搭載するマシンとLinux/インテル製プロセッサを搭載するマシンのふたつのラインを主に販売している。

SGIには熱狂的な信者とも言うべきユーザーがいるものの、多くの顧客は次第にもっと低価格なシステムに流れて行きつつある。一時期 SGI が子会社化していたエイリアス・システムズの3DCGソフトMayaは、映画制作にも工業用デザインにも使われる高機能ソフトウェアである。特に、ナーブス(en:NURBS)曲線を採用したワイヤーフレームでは、精細なモデリングが可能。現在はWindowsでもMacでもLinuxでも動作するが、本来はOnyxシリーズのマルチプロッセサ及び高性能グラフィックス・エンジンを利用した、モデリング、シミュレーション、データ量のあるテクスチャ処理またはレイトレーシングの計算処理を行う目的に開発された。

SGIはクレイを買収した際に高速インターコネクト技術CrayLinkを獲得した。買収直前のクレイは、ベクトル推進派と超並列推進派と、スケーラブル・ノードを推進する派に分かれていたが、SGIとの合併後にスケーラブル・ノードを推進する派が中心となりOriginを開発した。このOriginは、内部のトポロジーにCrayLinkをベースとしたハイパーキューブを構築し、ノード数の増加に合わせノード間の帯域幅を広げ、ノード単位に分散するメモリを仮想的に共有するNUMA型のHPC製品を製品化した。CrayLinkはその後名称を変え、現在でもNUMAlinkとして使われている。Originの後期には、ハイパーキューブの弱点であったレイテンシーの改善の為、ノード間のホップ数を減らす目的でトポロジーをファットツリー構造に変えた。このトポロジーは最新のAltixにも採用し、シングルOSで1024CPUの稼働を実現する製品を開発した。現在のAltixは、単なるコンピュータ・クラスターでは無く、非常に高いI/O性能を持ち、非常に大きなメモリ空間を実現し、スケーラブルな計算能力を持つハイパフォーマンス・コンピューティングを実現している。

2004年10月、SGIはNASAに納入したColumbiaシステムで世界最高性能を記録した。Altix 3000 をベースとして、10,240プロセッサで構成されており、42.7TFLOPS地球シミュレータを抜いた。しかし、この記録は即座にIBMBlue Geneに抜かれてしまった。

SGIの収入の多くは、ハリウッドの特殊効果スタジオからのものではなく、アメリカ政府、軍、エネルギー関連、科学技術計算分野などから得られている。

製品[編集]

現行機[編集]

Itaniumベース製品[編集]

  • Altix 450 シリーズ:Itanium2ベースのミッドレンジサーバ。NUMA構成で最大32プロセッサまで。
  • Altix 4000 シリーズ:Itanium2ベースのハイエンドサーバ。NUMA構成で最大1024プロセッサまで。

x64-ベースシステム[編集]

  • Altix XE210 サーバー
  • Altix XE240 サーバー
  • Altix XE310 サーバー
  • Altix XE1200 :XeonベースのPCクラスター。
  • Altix XE1300 :XeonベースのPCクラスター。
  • Altix ICE 8200
  • Virtu VN200 ヴィジュアライゼーションノード
  • Virtu VS100 ワークステーション
  • Virtu VS200 ワークステーション
  • Virtu VS300 ワークステーション
  • Virtu VS350 ワークステーション

FPGA-ベースシステム[編集]

  • RASC アプリケーションアクセレーション

廃盤[編集]

これらは現在生産していないが、いくつかは"再生品" (中古品)として販売している。

複数の68kとMIPS-ベースの機種はCDC, Tandem Computers, Prime ComputerSiemens-Nixdorfを含む他のベンダーからも供給された。

Motorola 68k-ベースシステム[編集]

  • IRIS 1000 系グラフィックス端末 (ディスク無し 1000/1200, 1400/1500 とディスク)
  • IRIS 2000 系列ワークステーション (2000/2200/2300/2400/2500 non-Turbo と2300T/2400T/2500T "Turbo" モデル)
  • IRIS 3000 系列ワークステーション (3010/3020/3030 and 3110/3115/3120/3130)

MIPS-ベースシステム[編集]

ワークステーション[編集]
SGI Indigo
SGI Indy
SGI O2
SGI Octane
SGI Onyx
サーバー[編集]
可視化[編集]

Intel IA-32-ベースシステム[編集]

ワークステーション[編集]
サーバー[編集]
  • SGI Zx10 サーバー (Windows)
  • SGI 1100 サーバー (Linux/Windows)
  • SGI 1200 サーバー (Linux/Windows)
  • SGI 1400 サーバー (Linux/Windows)
  • SGI 1450 サーバー (Linux/Windows)
  • SGI インターネットサーバー (Linux)
  • SGI インターネットサーバー E-commerce用 (Linux)
  • SGI インターネットサーバー Messaging用 (Linux)

Itanium-ベースシステム[編集]

ワークステーション[編集]
  • SGI 750 ワークステーション
サーバー[編集]
可視化[編集]

ディスプレイ[編集]

  • 1600SW, 多数受賞のワイドスクリーンモニター

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 日本SGI
  • IRIX - SGIのワークステーションおよびOS。
  • NINTENDO64 - 任天堂と共同開発したゲーム機
  • ArtX - SGIの元技術者のグループによって作られた会社。
  • STLport - 当初はSGIによって作られたSTLの実装。現在はSTLportによってメンテナンスされている。

外部リンク[編集]