ブラウザ戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大まかな推定によるレイアウトエンジン別ウェブブラウザのユーザー割合
主なブラウザによるメジャーリリースのスケジュール。
1996~2009年の複数のブラウザーの市場占有率

ブラウザ戦争(ブラウザせんそう)とは、ウェブブラウザを提供する各社・各団体による市場シェア争奪戦のことを指す。一般には、1990年代に起きたInternet ExplorerNetscape Navigatorの猛烈な競争を第一次ブラウザ戦争、2004年以降Mozilla Firefox(Gecko系)やSafariGoogle Chromeに代表されるWebKit系およびPresto系ブラウザのOperaが市場シェアを拡大することでInternet Explorerに脅威を与え始めたことを第二次ブラウザ戦争と呼ぶことが多い。

初期のブラウザ競争[編集]

1990年代初頭、非常に簡単なグラフィカルユーザインタフェース (GUI) を備えたウェブブラウザが入手可能になった。一番初めに流行したのはNCSAによって作られたNCSA Mosaicだった。Spry MosaicやSpyglass Mosaicのように、NCSAからマスターライセンスを供与された数社は商業用ブラウザとしてライセンスを販売した。

NCSA Mosaic開発者の1人であるマーク・アンドリーセンはMosaic Communications Corporationを設立し、Mozillaというコードネームの新しいブラウザを作った(これはMozilla Application Suiteとは別物である)。NCSAとの法的問題の解決にあたり、社名をNetscape Communications、ブラウザ名をNetscape Navigatorと改めた。Netscape Navigatorは使い勝手や見た目がNCSA Mosaicのそれに酷似していた。制限や金銭の支出なしにダウンロードが可能だった事も功を奏し、ほどなく市場を支配した。

第一次ブラウザ戦争[編集]

1990年代前半、Netscape Navigator(NN)はもっとも幅広く使われる主要なブラウザであった。

1995年に発売されたMicrosoft Windows 95はそれまでのWindowsとの大きな違いの1つとしてNOS(Network Operating System)機能を実装したことが挙げられる。ネットワークプロトコルとしてインターネットで標準となっているTCP/IPも実装されたことから、ウェブブラウザをインストールするだけでWindows 95でウェブを利用する事が可能となった。それにより、World Wide Webは一般に普及し始めた。

この頃、MicrosoftInternet Explorer(IE)の基礎となるNCSA MosaicのライセンスをNCSAから取得した。IE 1.0はMicrosoft Windows 95 Plus!の一部として1995年8月にWindows 95と同時に発売された。

NNの新バージョン(後のNetscape Communicator)とIEは激しいシェア争いを繰り広げ頻繁なバージョンアップを繰り返すこととなる。しかし、安定性や安全性の向上より他方との差別化を優先したため、頻繁なクラッシュセキュリティホールウェブ標準とは異なるHTMLレンダリングエンジンユーザに混乱をもたらすこととなる。

マイクロソフトはIEの新バージョン2.0を1995年11月、1996年8月にはバージョン3.0を無償で公開し、新たに発売されるWindowsに組み込まれることとなる。Netscape Navigatorは当時シェアウェアとして有料であったがIEは無償で公開されていた。IEでは基本的に売り上げが無い以上、Windowsなど他のマイクロソフト製品の売り上げから開発費が出ているとして、マイクロソフト製品が不当価格として批判も出るようになった。

それに加え、IEを抱き合わせてWindowsを販売しているとして独占禁止法に違反するとして提訴も行われるようになった。しかし標準的な文章形式の一つとなったHTML表示機能とNOS機能はOSの標準的な機能と考えられるようになっており、その2つを組み合わせればウェブブラウザになることから、OSへの抱き合わせ批判は意味を持たないものとなってしまっていった。

Windows 98(正確にはWindows 95の最終バージョン)からはIEがWindowsにOSの1機能として搭載されるようになったこともあり、市場におけるWindowsの圧倒的シェアを背景にブラウザのシェア争い自体が意味を持たないものとなってしまっていった。

また、当時はHTMLの手書きにより制作されたサイトが多かったが、そのようなHTMLの中には正しく記述されていないものも少なくなかった。Netscape NavigatorはそのようなHTMLの表示の補正を積極的に行わなかったが、それに対してIEは積極的に補正を行った。同時に、CSSの処理も Netscape Navigatorは対応が遅れていた。結果として、Netscape NavigatorではレイアウトがずれているがIEではまともに表示できている、というページが多く出現することとなり、Netscape Navigator離れを加速する一因となった。

また、JavaScriptについてもアクセスAPIとしてNetscape Navigatorが採用したレイヤーは非常に使い勝手が悪く、IEのアクセスAPIであるDOMと比較して完全に劣っていた。(このDOMはW3C標準のDOMとは別物。ただし、W3CのDOMでは機能追加に伴って記法が変わった程度で設計はほぼIEのDOMを踏襲している)。この2種類のアクセスAPIはまったく互換性がなかったため、コストの問題からどちらかしか対応できない場合により優れた仕様であるIEのDOMを製作者が採用するようになった。

そのような理由により2000年にはIEが市場シェアのほぼ全てを獲得して第一次ブラウザ戦争は終結とされる。米国では独占禁止法違反による裁判が行われたが、裁判がNetscape Navigatorやその他のブラウザのシェア回復に寄与することはなかった。

第二次ブラウザ戦争[編集]

IEのセキュリティ問題と次世代ブラウザの登場[編集]

ウェブブラウザの市場シェアをほぼ独占するに至ったMicrosoft Internet Explorer 6.0は、その後に開発が停滞し、新しさに欠ける状況が長く続く事になった。また、圧倒的なシェアを占めたことで、同ブラウザが採用する技術であるActiveXを悪用するキーロガーバックドアを始め、同ブラウザのセキュリティホールを狙ったコンピュータウイルススパイウェアなどが多数登場するようになり、セキュリティ問題がクローズアップされるようになった。だが、先述のシェア独占後の開発の停滞のために、IEのセキュリティ問題のいくつかが遅々として解消されない状況が続いた。

そのような状況下で、タブブラウジング機能やフィードリーダー機能など、多様な新機能を搭載する次世代ブラウザとして、Mozilla FoundationによるMozilla FirefoxOpera SoftwareによるOpera[1]アップルによるSafariGoogleによるGoogle Chromeが登場した。これらのブラウザは新機能を搭載しているだけでなく、自前のレンダリングエンジンを持っており[2]、IEのセキュリティホールとして問題になったActiveXを採用していないため、ActiveXに起因するセキュリティ問題は原理的に発生し得ない(各々のブラウザ固有のセキュリティホールは存在し得る)。

さらに、ブラウザはW3Cなどによるウェブ標準への準拠が求められているが、IE 6のウェブ標準への準拠度は、他のブラウザと比較して低いという状況になっていった。その結果、ウェブ標準への準拠度が高いMozilla FirefoxやOperaは、大きなアドバンテージを得る事になった。たとえば、2007年3月当時のOperaの最新版は、Windows対応ブラウザで唯一Acid2に合格しており、また開発中のFirefox 3においてもAcid2に合格したと報告があった。その後の2009年1月時点では、IE、Firefox、Opera、Safari、Google Chromeの最新の正式リリース版において、Acid2に合格していないのはIE 7のみという状況となった。

2005年から2006年にかけて[編集]

新興ブラウザ、特にMozilla Firefoxの人気があがり、2005年から2006年にかけてブラウザシェアが従来に比べて大きく変動した。2006年12月の時点で、世界的市場で見たIEのシェアは8割強、Mozilla Firefoxのシェアは1割強である[3]。市場シェアが減少したとはいえ、依然としてIEが圧倒的優位な状況であることに変わりはない。また、日本や米国ではIEが特に独占的なシェアを持っており、ヨーロッパオーストラリアなどと比べると他社製ブラウザのシェアはまだあまり伸びていない(日本などの場合マイクロソフト製品に依存する傾向が強いため、ブラウザ以外でもMS製品を重視する傾向が見られる)。

これに対し、ヨーロッパではIEのシェアが多数派ではあるが確実な減少傾向にあり、Mozilla Firefoxが市場シェアの20%を突破するなど(一部国では40%を突破)、IE以外のブラウザがシェアを伸ばしている[4]

このような市場シェアにおける動向の違いについては、ヨーロッパなどではマイクロソフトによる市場支配に対する警戒感が日本に比べて高いことなどもあり、その違いが市場シェアの違いを生んでいるのではないか、といった指摘もある。

次世代ブラウザに対するMicrosoft側の動向[編集]

他社製ブラウザがシェアを伸ばす中で、MicrosoftはWindows Vistaから投入する予定であったIE 7を、Windows XP Service Pack 2に対しても提供するよう方針を変更した。

IE 7では、ActiveX機能を実装した上で標準ではオフとしており、フィッシング防御フィルタを装備するなど、求められてきたセキュリティ対策が多く盛り込まれている。またタブブラウザ機能やRSSリーダー機能の装備に加えてWeb標準への準拠も進むなど、次世代ブラウザとしての機能を満たすものとしても期待されている。ただし、MicrosoftはIE 7を企業などで多く使われているWindows 2000に対応させないと表明しており、企業市場においてIE 7はIE 6の完全な代替とはなり得ないといった問題も残している。

なお、IE 7は2006年10月18日に英語版(日本語版は11月2日)の正式版が公開された。

2006年以降(ポスト第二次ブラウザ戦争)[編集]

2006年 - 2007年[編集]

IE 7の正式版が公開されると、それに対抗するかのごとく同年10月24日Firefox 2がリリースされ、12月19日にはOpera 9.10がリリースされた。このときはWindows XP/Vista向けインターネットブラウザーはIE・Firefox・Operaの競争であった。

2007年に入るとOpera 9.204月11日にリリースされ、その後β版ながらも6月11日Safari for Windowsがリリースされ、翌年2008年3月18日に正式版がリリースされた。

2008年[編集]

2008年3月18日にSafari for Windowsが正式リリースされ、IE・Firefox・Operaの競争にSafariが加わると、マイクロソフト陣営もIE 8の開発に着手し、3月11日にBeta1(英語版のみ)を公開した。その後6月12日Opera 9.506月17日Mozilla Firefox 3がリリースされた。

8月28日IE 8 Beta2が公開され、直後の9月2日にはGoogle社がSafariと同様のレンダリングエンジンであるWebKitを採用したGoogle Chromeのβ版をリリースし、12月4日にはOpera社がアルファ版ながらOpera 10.00を公開した。この点で、Windows XP/Vista向けブラウザーが、旧来のIE・Firefox・Operaの競争に加え、Safariが加わり、更にGoogle Chromeが加わる事になると予想される。

2009年 - 2010年[編集]

2009年になると、IE 8正式版が3月20日に公開された。またMozilla Firefox 3.56月30日に正式版が公開された。Google Chromeは、5月21日に2.0の安定版、9月15日に3.0の安定版が公開された。また、Safari4.0も6月9日にリリースされている。

2010年には、Mozilla Firefox 3.61月21日に公開され、次いでエクステンション(拡張機能)をサポートしたGoogle Chrome 4.0の安定版が1月26日に公開された。そしてWebの新規格であるHTML5に対応[5]したものとして7月4日Mozilla Firefox 4.0 Beta版が、9月2日にはGoogle Chrome 6.0の安定版が、9月15日にはIE 9Beta版が公開されるなどブラウザだけというよりも機能性の充実など選択の多様性を帯びてきたようである。

NetApplications社の2010年9月現在の世界ブラウザシェア調査によると、IEは一時盛り返しを見せたものの再び6割を下回って59.65%、次いでMozilla Firefoxが22.96%と頭打ちの傾向となっている。逆にGoogle Chromeはシェア約8%にまで到達し、着実に第3位としての地位を築きあげている。そして、かつては第3位にいたSafari(5.27%)やブラウザ競争の頃から開発が続けられているOpera(2.39%)などこちらも伸び悩みがちになってきている。[6]

2011年 - 2012年[編集]

2011年になると、IE 9正式版が3月15日に、Mozilla Firefox 4正式版も3月22日に、Opera 11.10が4月12日にそれぞれ公開された。しかしIE 9はWindows XPをサポートしないことや、東北地方太平洋沖地震による日本語版公開延期の影響で、ダウンロード数でFirefox 4に引き離された格好となっている[7]

この後、Firefoxは「バージョンアップを頻繁に行うので、数ヶ月ごとに更新を行っていただきたい」という趣旨を発表。バージョンアップの数字がChromeなみに更新される割には、質的にそれほど変化がないというChrome同様の状況を生み出している。企業向けには、メジャーバージョンアップを1年ごとに行いその間のマイナーアップデートを行う延長サポート版(Extended Support Release)を提供している[8]

最速の描画を宣伝することが、ブラウザ戦争の鍵になっていたのも過去の話であり、2012年当時でIEの描画がかなり速くなったことに伴い、PCのスペックがよほど古くない限りはブラウザ間でそれほど速さが違わないという現象も指摘されるようになった。このころからWEBサイトはプラグイン、アニメーション、そしてjavaを「不用意に」増量したものが多くなり、2ちゃんねる元管理人の西村博之は「お洒落を目指して、使いづらくなるサイトが多い」という指摘を行っている(その原因のひとつであるjavaの脆弱性については後述)。

また、SafariのWindows版は2012年5月9日リリースの5.1.7を最後に開発が終了した。また、鳴り物入りの宣伝とともに現れたWindows8の新しいUIは市場に受け入れられず[9]、Windows XPのシェアがあまり下がらず、結果古いままのIEのシェアをさらに下げることにつながり、主な乗り換え先としてChromeが選択されている。

Google Chromeは徐々にシェアを伸ばし、Firefoxはかつてほどの勢いを失ってはいるが、根強い支持は残っている。

第三次ブラウザ戦争[編集]

OperaがPrestoエンジンの開発の終了を宣言。同時にServoエンジンとBlinkエンジンの開発がほぼ同時にアナウンスされたことで、ブラウザの主なエンジンはTrident系、Webkit系あるいはGecko系に集約されることになった。これをもって第二次ブラウザ戦争が終結したという見方は可能であろう。

この時期の大きな特徴はIEが2012年度を最後に、ブラウザ・シェアの首位から滑り落ちたことである。その後もIEはヴァージョン11で巻き返しを図ろうとしているものの、一度失った支持を取り返すことには至っていない。

2013年[編集]

前述の通り、OperaがPrestoエンジンを放棄したことに加え、Opera磐石とされた地域も一斉にChromeに乗り換える現象が多発している。その一方で、IEのシェアの減少には歯止めがかかっていない。2013年現在ではChromeのシェアがIEを逆転した状況が依然として続いており、上半期は常に差が引き離され続けていた。Chromeのシェアは2013年中に40%を超えた。

Opera Nextは2013年5月27日にリリースされたが、豊富なカスタマイズ機能は「後で揃える」と棚上げされ、メールクライアントとP2P機能は一律でカットされて、「Operaのレイアウトを真似たChromium」が世に放たれた(メールクライアントはオプションで設置が可能)。Chromium派生ブラウザとほとんど性能の変わらないVersion15以降のOperaが、ブラウザ戦争に関与しているかどうかは極めて疑わしい。

2013年現在はOperaではなく、Firefoxが「最も解凍後のサイズの軽いブラウザ」である。Operaの趣旨変えとSafariの支持力の急激な低下に基づき、ブラウザ戦争は「IE, Firefox& Chromium project」の戦い、または搭載エンジン「Trident, Gecko& Webkit」同士の争いと言い換えるべきではないかと考えることも出来る。が、当分の間は競合ブラウザ一覧の名称を変更することは行わない。

大きくIEを引き離したChromeは2013年の7月に43.12%の普及率でピークを迎えた後、普及率がブラウザ公開後はじめて下降した。2013年11月現在は40%前後で推移している。ただし、IEは首位奪還を果たしていない。Firefoxは新UI「Australis」を発表後普及が下落の一方であり、2013年11月の時点でシェアが20%を切っている。

Javaの脆弱性が世界中で指摘され、その後も繰り返し脆弱性が発覚しセキュリティアップデートが行われている。こうした経緯から、WebサイトからJavaをカットしてFlashへ切り替える傾向が見られてきたが、FlashもJava同様に繰り返し脆弱性が発覚しセキュリティアップデートが頻繁に繰り替えされており、2013年にはiPadを初めとしたFlashが対応しないタブレット端末の急速な普及とともにHTML5がFlashを駆逐しつつある。

2014年[編集]

IE11が一定の評価を受けたことと、Chromeの描画速度の低下に伴い、どちらかのブラウザを使うかで悩むユーザーが増えたと見られている。

Firefoxはバージョン29から、新UIのAustralisに全面移行する。この新UIを採用した「解凍後のブラウザのサイズ」は69.2MB前後とやや増加したが、依然として総サイズが大きくないブラウザのひとつである。20%で普及率は横ばいであるがドイツを中心とした国々では人気が高い。

ブラウザ戦争には関与のない新ブラウザの開発も依然として行われ続けており、Otter Browserは生まれたばかりである。しかし、ブラウザ戦争に関与しているブラウザの速度をこれらは超えなくなっており、最速を謳ったQtWebも開発が中断している。

Googleによる個人情報の採集を嫌い、新ブラウザは検索エンジンにDuckDuckGoを採用し始めている。

Windows以外の環境でのブラウザ戦争[編集]

Macintosh[編集]

Mac OSでは1997年までは、 Netscape Navigatorが標準ブラウザであったが、マイクロソフトとの提携により、Internet Explorer for Macが標準となり、Netscapeはシェアを落とすことになる。

従来のMac OSの後継としてOPENSTEP(標準ブラウザはOmniWeb)の技術を中核に開発されたMac OS Xでも、IE for MacはMac OS X v10.2までは標準ブラウザとして搭載されたが、2003年にアップルがSafariをリリースしてから、IE for Macのアップデートは行われなくなり、2007年に公開を終了した。以降、Mac OS XではSafariとFirefoxがシェアを占めるようになり、シイラ(2009年に開発終了)やOmniWeb(独自エンジンから移行 ), Sleipnir, Opera, Google Chromeなど、WebKitエンジンを利用したブラウザがいくつか登場している。また、2006年にはGeckoエンジンを搭載したOS X専用ブラウザであるCamino(初期の名称はChimera)が登場したがシェアが取れず2013年に開発終了した。

UNIX系OS[編集]

UNIX系OSでは Netscape Navigatorが長らく標準であり、競合相手も特に見当たる事が無かったが、Netscapeシリーズの開発停滞により、Netscapeの流れを汲むMozilla Firefoxと新興勢力のOperaにシフトしていくようになる。その後、オープンソース故に開発競争が起きた事でX Window Systemデスクトップ環境の乱立により、そのデスクトップ環境標準のブラウザでGeckoKHTMLWebKitをベースに開発されている。メジャーなブラウザとしてはクロスプラットフォームである、Mozilla FirefoxOperaが有名であるほか、2009年にはGoogle ChromeのLinux版の評価版がリリースされている。

また、UNIX・LinuxネイティブのブラウザとしてKonquerorMidori等があり、これらも一定の人気を得ている。多くのLinuxディストリビューションで、Mozilla Firefoxを元にして作られたブラウザ(Iceweaselなど)が標準ブラウザとして採用されている。

2013年現在に入っても多くのLinux環境では圧倒的にFirefoxが選ばれていることもあって、ブラウザの乗り換えはWindowsやMacほど進んでいないが、Blink搭載Opera NextがLinux環境を当初用意しなかったことも響き、Operaが選ばれる可能性はほぼ絶たれたと言って良い。なお、EpiphanyがWebへ名称を変更している。

ブラウザ戦争にて競合するブラウザの一覧[編集]

Windows環境におけるブラウザ
競合するブラウザ一覧 (太字は主流のブラウザ)
1993年 - 1996年 NCSA Mosaic Netscape Navigator
1996年 - 1998年 第一次ブラウザ戦争
(IE3世代 - IE4世代)
Internet Explorer Netscape Navigator
1998年 - 2006年 第二次ブラウザ戦争
(IE5世代 - IE7世代)
Internet Explorer Mozilla Firefox Opera
2006年 - 2010年 第二次ブラウザ戦争
(IE7世代 - IE9世代)
Internet Explorer Mozilla Firefox Opera Safari
2010年 - 2012年 第二次ブラウザ戦争
(IE9世代 - IE10世代)
Internet Explorer Mozilla Firefox Google Chrome Opera
2012年 - 第三次ブラウザ戦争
(IE10世代 - IE11登場)
Internet Explorer Google Chrome Mozilla Firefox Opera
Mac OS環境におけるブラウザ
競合するブラウザ一覧 (太字は主流・斜体字は今までの主流)
1994年 - 1996年 Netscape Navigator Internet Explorer for Mac NCSA Mosaic
1996年 - 1998年 Netscape Navigator Internet Explorer for Mac Cyberdog
1998年 - 2003年 Internet Explorer for Mac Netscape Navigator iCab Opera
2003年 - 2007年 Safari Internet Explorer for Mac Mozilla Firefox Opera OmniWeb
2007年 - 2010年 Safari Mozilla Firefox Camino Opera OmniWeb Sunrise
2010年 - 2013年 Safari Google Chrome Mozilla Firefox Camino Opera OmniWeb
2013年 - Safari Google Chrome Mozilla Firefox Opera OmniWeb
UNIX系OS環境におけるブラウザ
競合するブラウザ一覧 (太字はメジャーなブラウザ)
Firefox・Opera登場期 Netscape Navigator Mozilla Firefox Opera
2012年まで Mozilia Firefox Opera Galeonなど (Gecko) Konquerorなど (KHTML) Epiphanyなど (WebKit)
2013年 - Mozilia Firefox Konquerorなど (KHTML) Web_(ブラウザ)など (WebKit) Google Chrome

脚注[編集]

  1. ^ Opera自体は、1995年にリリースされている。
  2. ^ いわゆるIEコンポーネントブラウザは自前のレンダリングエンジンを持っていないものが多い。
  3. ^ Firefox Snags Over 12% of the Browser Market
  4. ^ 欧州で増加するFirefoxの利用、23.2%のユーザーが利用
  5. ^ IE9は一部のみの対応が発表されている。
  6. ^ Net Applications|Browser market share
  7. ^ Firefox 4、公開24時間ダウンロード数はIE9の約3倍の710万本(ITmedia)
  8. ^ [1]
  9. ^ 8.1 Previewで問い直す、Windowsトレンドと今、情シスが持つべき着眼点

関連項目[編集]