Internet Explorer 11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Internet Explorer > Internet Explorer 11
Internet Explorer 11
Internet Explorer 10+11 logo.svg
Microsoft Windows コンポーネント
Windows 10上で動作するInternet Explorer 11
詳細
種別 ウェブ ブラウザー
FTP クライアント
フィード リーダー
標準提供 Windows 8.1
Windows Server 2012 R2
Windows 10
Windows Server 2016
追加提供 Windows 7
Windows Server 2008 R2
置換 Internet Explorer 10

Internet Explorer 11(インターネット エクスプローラー イレブン)はマイクロソフトが提供しているウェブブラウザ Internet Explorer の最終バージョンである。

概要[編集]

同ブラウザは2013年3月25日に行われた「Build 2013 conference」で、Windows 8.1と、Windows Server 2012 R2共々開発中であることを公表[1]。同7月25日Windows 7とWindows Server 2008 R2の開発者向けプレビュー版をリリース。翌日の7月26日にはWindows 8.1開発者向けのプレビュー版リリースを実施[2]。同9月17日Windows 7とWindows Server2008 R2の利用者向けのプレビュー版リリースを実施。

正規版のリリースは、Windows 8.1利用者向けは同10月17日、Windows 7とWindows Server2008 R2は同11月7日[3]に実施された。Windows 7からのアップグレードについては、Windows Updateを通して11月8日より順次自動更新の形で配信・リリースされる。

Windows 8.1[注 1]には、このIE11が標準装備されている。なおWindows 8には提供されないため、IE11を利用するにはWindows 8.1にアップグレードする必要がある。

Windows 11においてはInternet Explorerのデスクトップアプリケーションは利用できない[4]。ただし Internet Explorer のエンジン自体は搭載されており、Microsoft Edge からは Internet Explorer モードが利用可能である。 しかしWindows11でも、「CreateObject("InternetExplorer.Application").Visible=true」という内容のスクリプトファイルを実行するとInternet Explorerを開くことができる。[5]

サポート終了[編集]

事実上の開発終了[編集]

Windows 10ではOS標準ブラウザがMicrosoft Edgeへと正式に切り替わり、IEの開発は事実上終了した。一方、Windows 10には互換性維持のためにIE11が引き続きバンドルされている。Windows 10はサポートポリシーがこれまでより大きく変更され、アップデートを続ける限り半永久的な使用が可能であるため、IE11がバンドルされ続ける限りは半永久的にサポートが継続されることを意味し、Windowsのサポート期間に依存するIEのサポートポリシーは事実上意味をなさないものとなった。Edgeを事実上のIE最新版と理解するならば、Windows 8.1のサポートが終了する2023年1月10日(日本時間11日、予定)が一つの可能性として挙げられるが、マイクロソフトは明言を避けている[6]Windows 11ではバンドル自体がなく、Microsoft EdgeのIEモードの利用が推奨される[7]

多くのサイトの制作者や、プラグイン等ブラウザ連携が必要なソフトウェアの開発者は、軸足を次々にIEからMicrosoft Edgeに移している。例えば、2020年1月現在、日本の特許情報プラットフォームJ-PlatPatで図面の回転はWindows 10 Pro の IE 11ではアイコンも表示が可視領域からはみ出しているが、Edgeなら正しく表示され図面の回転ができる。別の例として、コンテンツ管理システムWordPress上のプラグインで利用者の多いPDF Embedderは、バージョン4.5以上はWindows のIE 11ではJavascriptエラーで動かない。しかし、開発元は、IEはマイクロソフトによるサポートが終わったとして、IE対応修正をしないと表明[8]。他方、サイトによっては修正予算がなくEdgeはサポートせずIEを標準にしているところも多いと思われる。このように、建前上はWindows 10 のサポートとともにIE 11のサポートが半永久的に続いていても、ウェブサイトやソフトウェアの製作現場では事実上IEのバージョンアップがあっても対応やテストをしなくなっている。その影響で、IE対応サイト閲覧のためにIEを利用している人にとっては、「エラーになる」「表示がおかしい」という現象への遭遇が増えている。

サポート期限[編集]

2016年1月12日[注 2]をもって、IEのサポートに関するポリシーが変更され、サポートが継続している各々のWindowsで利用可能な最新版のIEのみがサポートされることとなった。したがって、Windows VistaにおいてはIE8以前、Windows 7および8.1においてはIE10以前のバージョンのサポートが打ち切られた。Windows 8も同日をもってOSのサポートが終了するため、この時点でコンシューマー向けOSでのIE10のサポートは完全に終了した[9][10]。その後、2017年4月11日をもってWindows Vistaのサポートが終了。また、Windows ServerのIE10が2020年1月14日を以ってサポート終了となったため[11]、IE11が唯一サポートが継続されるバージョンとなった[12]

ただし、2021年8月17日までにMicrosoft 365 アプリなどの主要アプリケーションでInternet Explorerのサポートが終了するなど、サポートは順次縮小されてきている。

米Microsoftは2021年5月19日(現地時間)、Windows 10 半期チャネルのInternet Explorer 11のデスクトップアプリケーションのサポートを2022年6月15日(日本時間6月16日)に終了すると発表した。ただし、Windows 7(ESU)、Windows 8.1、Windows 10 LTSC、Windows Server ではIE11のデスクトップアプリケーションが引き続き提供される。また、Microsoft Edge の Internet Explorer モードやInternet Explorer プラットフォーム (MSHTML/Trident)は終了しない。Internet Explorer 11のデスクトップアプリケーションから Microsoft Edge の Internet Explorer モードへの切り替えをマイクロソフトは呼びかけている。[13][14][15]

Microsoft Edge の Internet Explorer モードは少なくとも2029年まではサポート予定[14]

特徴[編集]

ページ読み込みの高速化[編集]

Windows 8.1 と Windows Server 2012 R2 版の Internet Explorer 11 のみ SPDY/3 に対応する。Windows 7 と Windows Server 2008 R2 版では対応しない。これは、SPDY 対応の際に必要なライブラリ SChannel.dll が Internet Explorer 製品ではなく、Windows 製品の扱いとなっているためである。

ページを表示するまでの処理にも手が加えられた。対応させることにより、"戻る"操作のキャッシュの活用、ネットワーク処理の優先順位づけ、レンダリングやリソースの事前処理が可能となる。

Internet Explorer 9 から GPU が活用されているが、Internet Explorer 11 から JPEG 画像のデコードも部分的に GPU が処理するようになった。JPEG 読み込みが最大 45%、メモリ使用量が最大 40% 減少する。また、消費電力が減少し、バッテリー使用可能時間が延びる。

ウェブ標準[編集]

  • W3C Fullscreen[注 3]
  • CSS3 Flexbox の更新
  • CSS border-image
  • W3C Web Cryptography API
  • W3C Encrypted Media Extensions
  • W3C Media Source Extensions
  • JavaScript の対応強化 (let, const, __proto__, Map, WeakMap)
  • ECMAScript Internationalization API
  • HTML5 (History Traversal: pageshow, pagehide)
  • WebDriver(KB2990946 適用が必要[16]

グラフィックス[編集]

WebGL
マイクロソフトは WebGL の安全性に疑問を持ち当初は実装を見送った経緯があるが、Internet Explorer 11 で WebGL の実装を行った。2014年8月の Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB2990946) では、レンダラーの更新が行われ、機能強化とパフォーマンス向上が行われた[16]
DPI
  • devicePixelRatio に対応した。
  • Windows 8.1 からサポートされる拡大率に対応した。
  • 異なる DPI 設定利用時のモニターごとの拡縮対応。
Canvas 2D
Canvas 2D Context Level 2 のイメージ スムージング、偶数奇数塗りつぶしルール、破線の実装を行った。イメージ スムージング imageSmootingEnabled のみ、ベンダープレフィックス付きの msImageSmoothingEnabled と実装した。

セキュリティ[編集]

HTTP Strict Transport Security (HSTS)
2015年6月の Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム (KB3058515) で、HSTS に対応した[17]

変更点[編集]

Internet Explorer 以外のウェブ ブラウザーと同様の動作になるよう変更が加えられた点もある。

ユーザー エージェントの変更
トークンの追加や変更がそれまでよりも大きく手が加えられた Internet Explorer 9 に続き、Internet Explorer 11 でも大きく変更が行われた。
これまで利用されていた互換性を示すトークン "compatible" や、ブラウザーを示すトークン "MSIE" は削除され、Internet Explorer 以外のウェブ ブラウザーで用いられるようになったトークン "like Gecko" が他のブラウザーと一貫性のためにユーザー エージェント末尾に追加された。
また、トークン "MSIE" の後に続いていた Internet Explorer のバージョン[注 4]は、リビジョンを示すトークン "rv" で置き替えられた。
他のブラウザーとの共通化
navigator.appNamenavigator.product が HTML5 仕様に則り、他のブラウザーと同様にそれぞれ "Netscape" と "Gecko" と返すようになった[18]。また、いくつかの API の機能が追加・変更・削除が行われた。

追加提供版では対応しないもの[編集]

以下の機能は Windows 7 と Windows Server 2008 R2 版には含まれていない。

  • デバイス オリエンテーション イベント
  • ディスプレイ オリエンテーション イベント
  • ドラッグ アンド ドロップ タッチ
  • 効果の一括処理とストロークの向上
  • W3C Encrypted Media Extensions
  • W3C Media Source Extensions
  • F12 開発者ツールの UI 応答性[注 5]
  • 高 DPI サポート
  • ホバー タッチ
  • リンクのハイライト
  • 電話番号形式の自動認識
  • ピン止め機能の強化
  • SPDY/3
  • 拡張保護モード
  • タッチおよびその他の入力によるスクロールとズーム
  • 複数端末間での同期

削除された機能[編集]

  • クイック タブ
  • タブブラウズの無効化
  • [ファイル] メニューの "オフライン作業"
  • コンテンツを他のアプリケーションにドラッグ アンド ドロップ
  • ドキュメント モードが Edge での VBScript のサポート
  • インターネット ゾーンにおける CSS expressions のサポート

後継開発版の対応[編集]

太平洋時間2014年10月1日に公開された Windows 10 の最初の Technical Preview 版 (Build 9841) では新たに HTTP/2 に対応したことが発表された[19]。 同時に JavaScript エンジンである Chakra にも手を加えられてあり、プロセスの簡素化、JIT の複数同時実行化、ガベージコレクションの改善、コードのインライン化の強化といった変更が加えられてある[20]

太平洋時間2014年11月12日に公開された Technical Preview 版 (Build 9879) では ECMA-262 6th Edition (ES6) の対応に必要な変更等が加えられた[21]

不具合[編集]

Internet Explorer 10までは、ダイヤルアップ接続を利用してパソコンから回線終端装置モデム)に直接回線に接続する場合、インターネットオプション→接続の項目から「プロキシサーバーを構成する必要がある場合は[設定]を選択してください」として、「接続しない」「ネットワーク接続が存在しない時にダイヤルする」「通常の接続でダイヤルする」の3つから選択肢を選んで接続することができていたが、当ブラウザではその選択肢が削除されている。

このため、プロバイダーのモデムとパソコンを直接つなぐ場合、自動接続ができず「エラー651:モデムからエラーが返されました」と表示され、手動設定で接続をしなければいけない場合がある。この場合、パソコンとモデムの間にブロードバンドルーターを中継させることにより、自動接続ができるようになることがある[22]

言語[編集]

  • 95言語に対応している。[23]

対応言語[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ Windows 8のユーザーについてはマイクロソフト公式サイトから無料ダウンロードによりアップグレード可能
  2. ^ 日本時間1月13日
  3. ^ ms プレフィックス付き
  4. ^ 例:MSIE 9.0
  5. ^ Windows 7 のアップデートによって利用可能
  6. ^ バングラデシュにおけるベンガル語のこと

出典[編集]

  1. ^ Sharif Sakr (2013年3月25日). “Internet Explorer 11 user agent makes browser look like Firefox, thumbs nose at legacy CSS hacks” (英語). Engadget. AOL. 2013年11月11日閲覧。
  2. ^ Internet Explorer 11 Developer Preview: FAQ” (英語). マイクロソフト. 2013年11月11日閲覧。
  3. ^ Rob Mauceri; Sandeep Singhal (2013年11月7日). “IE11 for Windows 7 Globally Available for Consumers and Businesses” (英語). IEBlog. 2013年11月11日閲覧。
  4. ^ Windows 11でなくなる機能” (日本語). ITmedia PC USER. 2021年6月26日閲覧。
  5. ^ 株式会社インプレス (2022年1月7日). “Windows 11で葬られたはずのInternet Explorerを呼び出す死霊術が発見されてしまう/使うなよ、絶対使うなよ!【やじうまの杜】” (日本語). 窓の杜. 2022年5月8日閲覧。
  6. ^ 沓澤真二 (2018年7月18日). “「IEの固有機能に依存するシステムをEdgeに対応するよう見直してほしい」 マイクロソフトが要望”. ねとらぼ. ITMedia. 2018年8月20日閲覧。
  7. ^ バイバイCortana、IE11 Windows 11で消える機能まとめ” (日本語). ITmedia NEWS. 2021年6月26日閲覧。
  8. ^ Support » Plugin: PDF Embedder » IE11 Problem”. wordpress.org (2020年1月8日). 2020年1月14日閲覧。
  9. ^ 前橋 豪 (2016年1月13日). “Windows 7/8.1はIE11のみサポート:Internet Explorerの旧バージョンは1月13日サポート終了”. ITmedia PC USER. ITmedia. 2016年9月7日閲覧。
  10. ^ 前橋 豪 (2016年1月13日). “8.1に移行を:Windows 8のサポート終了は1月13日”. ITmedia PC USER. ITmedia. 2016年9月7日閲覧。
  11. ^ Internet Explorer 10のサポート打ち切りをMicrosoftが発表、期限までにIE11への移行を強力に要請” (日本語). GIGAZINE. 2020年8月24日閲覧。
  12. ^ 2020年4月現在、Windows Server 2012のサポートは継続中であるため、それぞれに対してIE10のサポートが2023年10月10日(日本時間11日、予定)まで継続される
  13. ^ Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了 – 発表に関連する FAQ - Windows Blog for Japan
  14. ^ a b ライフサイクルに関する FAQ - Internet Explorer および Microsoft Edge | Microsoft Docs
  15. ^ 株式会社インプレス (2021年5月20日). “Microsoft、「Internet Explorer 11」のサポート終了を発表、~猶予期間は約1年、2022年6月15日まで/Windows 7/8.1や一部法人向け製品は除く。MSHTML(Trident)エンジンも維持” (日本語). 窓の杜. 2021年5月22日閲覧。
  16. ^ a b Sharon Meramore; Charles Morris (2014年8月14日). “August updates for Internet Explorer” (英語). IEBlog. 2014年9月11日閲覧。
  17. ^ Internet Explorer 11 adds support for HTTP Strict Transport Security standard” (英語). マイクロソフト (2015年6月10日). 2015年6月13日閲覧。
  18. ^ HTML5” (英語). 6.6.1 The Navigator object. W3C (2014年10月28日). 2015年1月6日閲覧。
  19. ^ Rob Trace; David Walp (2014年10月9日). “HTTP/2: The Long-Awaited Sequel” (英語). IEBlog. 2014年12月22日閲覧。
  20. ^ John-David Dalton; Gaurav Seth, Louis Lafreniere (2014年10月10日). “Announcing key advances to JavaScript performance in Windows 10 Technical Preview” (英語). IEBlog. 2014年12月22日閲覧。
  21. ^ Tom Care; Brian Terlson, Suwei Chen (2014年12月15日). “Classes in JavaScript: Exploring the Implementation in Chakra” (英語). IEBlog. 2014年12月22日閲覧。
  22. ^ Windows 8.1をご利用で、インターネット接続時にエラーが表示され接続できない現象について”. ケイ・オプティコム (2013年10月30日). 2013年12月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月18日閲覧。
  23. ^ Internet Explorer 11 (オフライン インストーラー) をダウンロードする”. Windows Help. 2020年2月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]