パンジャーブ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンジャーブ語
ਪੰਜਾਬੀ,پنجابی
話される国 インドの旗 インド
パキスタンの旗 パキスタン
地域 南アジア
話者数 9200万人 (2001)[1]
言語系統
表記体系 グルムキー文字シャームキー文字デーヴァナーガリー
公的地位
公用語 インドの旗 インドパンジャーブ州
言語コード
ISO 639-1 pa
ISO 639-2 pan
ISO 639-3 pan
パンジャーブ語話者の分布
テンプレートを表示

パンジャーブ語(パンジャーブご、Panjabi or Punjabi、グルムキー文字: ਪੰਜਾਬੀ , シャームキー文字پنجابی)は、インドパキスタンにまたがるパンジャーブ地方の言語である。パンジャービー語とも称される。インド・アーリア語派に属し、語順SOV型である。

話者数で言えば、南アジアの言語のうち、ヒンディー語ベンガル語に次ぐ規模を持ち、世界的に見ても大言語であるが、そのわりにパンジャーブ語の社会的な地位は必ずしも高くない。

分布[編集]

パンジャーブ語の話者の多くはパキスタン東部のパンジャーブ州に住んでおり、パキスタン人口の4割の母語であるにもかかわらず、パキスタンでは公用語にはされていない。パンジャーブ州都であるラホールでも、人口の大部分がパンジャーブ語話者であるにもかかわらず、書き言葉としては文芸雑誌か私信にしかパンジャーブ語は使われず、ウルドゥー語英語にくらべて、その地位はきわめて低い[2]

インドでは、インドのパンジャーブ州公用語およびデリーの第二公用語になっているほか、インド連邦レベルでも憲法第8付則に定められた22の指定言語のひとつである。近隣のハリヤーナー州ヒマーチャル・プラデーシュ州にも話者がいる。

パンジャーブ語は在外インド人の主要な言語のひとつでもある。カナダでは43万人がパンジャーブ語を母語とし(2011年)[3]イギリスでは27万人がパンジャーブ語話者である(2011年)[4]。ほかにオーストラリアアメリカ合衆国カリフォルニア州などにも分布する。

パンジャーブ語はシク教の重要な言語であり、聖典である『グル・グラント・サーヒブ』はこの言語で書かれている。

音声[編集]

母音はヒンディー語と同じく、短母音 a i u /ə ɪ ʊ/ と、長母音 ā ī ū e ai o au /ɑ i u e ɛ o ɔ/ がある。各長母音には対応する鼻母音がある。

子音は以下のとおり。f z x ɣ は外来語にのみ現れ、それぞれ ph j kh g と区別されないことも多い[5]

両唇音
唇歯音
歯音 そり舌音 後部歯茎音
硬口蓋音
軟口蓋音 声門音
破裂音破擦音 p ph b t th d /ʈ/ ṭh /ɖ/ c /tʃ/ ch j /dʒ/ k kh g
鼻音 m n /ɳ/
摩擦音 (f) s (z) š /ʃ/ (x) (ɣ) h /ɦ/
ふるえ音 r /ɽ/
側面音 l /ɭ/
半母音 v y /j/

パンジャーブ語の大きな特徴として、いわゆる有声帯気音の系列(gh jh ḍh ṛh dh bh)が消滅して語頭で無声無気音・語頭以外で有声無気音に変化し、その代償として声調が発達していることがあげられる[6]。h も語頭以外では、少数の例外を除いて消滅し、やはり声調に痕跡を残している。一般に、語頭に有声帯気音があった場合は低い声調になり、それ以外の箇所では先行する音節が高い声調になる。

声調 意味 パンジャーブ語 ヒンディー語
無標 むち koṛā koṛā
ハンセン病患者 kóṛā koṛhī
kòṛā ghoṛā

ヒンディー語では古い重子音が借用語以外では消滅し、その代償として母音が長母音に変化しているが、パンジャーブ語では重子音がそのまま残っている(例:buḍḍā「老いた」、ヒンディー語 būṛhā、サンスクリット vr̥ddha[7]

パンジャーブ語ではそり舌音ṇ ṛ ḷ が音素として確立している。ヒンディー語では サンスクリットからの借用語にのみ現れ、英語からの借用語を除いて 相補分布をなす。ただし、パンジャーブ語でも東部方言では ṇ/n, ḷ/l の区別をしない[5]

方言[編集]

パンジャーブ語の「方言」

グリアソンは、インド言語調査において、西で話されているパンジャーブ語を「ラフンダー語」というパンジャーブ語とは異なる言語であると主張した。どこまでをひとつの言語とするかについては議論が分かれる。

パティヤーラーにあるパンジャービ大学英語版: Punjabi University Patiala)では以下のように分類している[8]

  • バッティアーニー方言
  • ラティー方言
  • マルワイー方言
  • ポワディー方言
  • パハーリー方言
  • ドアビー方言
  • カングリー方言
  • チャンビアリー方言
  • ドグリー方言
  • ワジェーラワディー方言
  • バール・ディ・ボディー方言
  • ジャンゴチー方言
  • ジャトキー方言
  • チェナブリー方言

この中では、ドーグリー語のようにインド政府によって1個の独立した言語として認められているものも含まれる。

エスノローグの18版では、次のように分類している[9]

これは一見グリアソンの分類にしたがっているようだが、エスノローグのいう西パンジャーブ語とはパキスタンのパンジャーブ語のことにすぎず、実際にはインドの東パンジャーブ語とのちがいはきわめて小さい(サライキ語との違いはずっと大きい)。


表記[編集]

パキスタンではシャームキー文字(シャー・ムキー体)というナスタアリーク体を変えたアラビア文字を用いる。 インドではシャーラダー文字英語版の系統のグルムキー文字を用いる。パンジャーブ州以外の住民はデーヴァナーガリー文字を用いることもある。

脚注[編集]

  1. ^ エスノローグ18版の Punjabi, East と Punjabi, West の合計
  2. ^ Jain (2007) 3.1
  3. ^ Census Profile”. Statistics Canada (2015年2月9日). 2015年8月21日閲覧。
  4. ^ 2011 Census: Quick Statistics for England and Wales, March 2011”. Office for National Statistics (2013年1月30日). 2015年8月21日閲覧。
  5. ^ a b Shackle (2007) 2.2
  6. ^ Shackle (2007) 2.4
  7. ^ Shackle (2007) 2.3
  8. ^ Online Punjabi Teaching: Introduction”. 2013年5月17日閲覧。 (archive.org)
  9. ^ Indo-Aryan”. Ethnologue (2015年). 2015年8月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • Jain, Dhanesh (2007) [2003]. “Sociolinguistics of the Indo-Aryan Languages”. In George Cardona; Dhanesh Jain. Indo-Aryan Languages. Routledge. ISBN 020394531X. 
  • Shackle, Christopher (2007) [2003]. “Panjabi”. In George Cardona; Dhanesh Jain. Indo-Aryan Languages. Routledge. ISBN 020394531X. 

関連文献[編集]

  • Bhatia, T. "Punjabi: A Cognitive-Descriptive Grammar", 1993. p 279. ISBN 0-415-00320-2
  • The Times of India - "Punjabi, Urdu made official languages in Delhi" 25 June 2003
  • Canadian Census Data (2001)
  • Advanced Centre for Technical Development of Punjabi Language, Literature and Culture
  • Masica, CP, "The Indo-Aryan Languages", ISBN 0-521-29944-6, p 20

関連項目[編集]

外部リンク[編集]