Microsoft Windows Server 2016

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Microsoft Windows Server 2016
Microsoft Windows ファミリー
Windows-server-2016.png
開発者
マイクロソフト
ウェブサイト windows.com
リリース情報
RTMリリース 2016年9月26日(4か月前) (2016-09-26[1]
最新安定版 1607 (10.0.14393)
ソースモデル プロプライエタリ
ライセンス マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項
カーネル ハイブリッド カーネル
プラットフォーム x64
先行品 Windows Server 2012 R2
サポート状態
  • Start date: October 15, 2016[2]
  • Mainstream support: Until January 11, 2022
  • Extended support: Until January 11, 2027

Microsoft Windows Server 2016(マイクロソフト ウィンドウズ サーバー 2016)とは、マイクロソフト社がWindows NTファミリーの一員として開発し、2016年10月1日に発売したサーバー向けのオペレーティングシステムである。第1回目のテクニカルプレビューは2014年10月1日に、System Centerの第1回目のテクニカルプレビューと共に公開された。これまでサーバOSは3世代に渡ってクライアントOSと同時にリリースされたのとは対照的に、Windows server 2016はクライアントOSであるWindows 10と同時にはリリースされない。

2016年4月に5回目のテクニカルプレビューが実施されている[3]

バージョン履歴[編集]

凡例:
旧バージョン
以前のバージョン、サポート中
最新バージョン
最新プレビュー版
将来のリリース
バージョンテーブル
バージョン 名称 リリース日 ハイライト
以前のバージョン、サポート終了: 6.4.9841 Technical Preview

2014年10月1日

  • 最初のプレビュー版
以前のバージョン、サポート終了: 10.0.10074 Technical Preview 2 2015年5月24日
  • Nano Server installation option[4][5]
  • Hyper-V: hot add and remove memory and NIC; resilient virtual machines to keep running even when their cluster fabric fails[6]
  • Rolling upgrades for Hyper-V and Storage clusters[4][6]
  • Networking: Converged NIC across tenant and RDMA traffic; PacketDirect on 40G[6]
  • Storage: Virtual Machine Storage Path resiliency; Storage Spaces Direct to aggregate Storage Spaces across multiple servers; Storage Replica[6]
  • Security: Host Guardian Service, helping to keep trust and isolation boundary between the cloud infrastructure and guest OS layers; Just Enough Administration, restricting users to perform only specific tasks[6]
  • Management: PowerShell Desired State Configuration; PowerShell Package Manager; Windows Management Framework 5.0 April Preview and DSC Resource Kit[6]
  • Other: Conditional access control in AD FS; application authentication support for OpenID Connect and OAuth; full OpenGL support with RDS for VDI; Server-side support for HTTP/2, including header compression, connection multiplexing and server push[6]
以前のバージョン、サポート終了: 10.0.10514 Technical Preview 3 2015年08月19日
  • Windows Server Containers[7]
  • Active Directory Federation Services (AD FS): authentication of users stored in Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) directories[8]
以前のバージョン、サポート終了: 10.0.10586 Technical Preview 4 2015年11月19日

[9][10]

  • Nano Server supports the DNS Server and IIS server roles, as well as MPIO, VMM, SCOM, DSC push mode, DCB, Windows Server Installer, and the WMI provider for Windows Update. Its Recovery Console supports editing and repairing the network configuration. A Windows PowerShell module is now available to simplify building Nano Server images.[10]
  • Hyper-V Containers encapsulates each container in a light weight virtual machine.[10]
以前のバージョン、サポート終了: 10.0.14300 Technical Preview 5[11] 2016年04月27日
  • Mostly general refinements. Greater time accuracy in both physical and virtual machines.
  • Container support adds performance improvements, simplified network management, and support for Windows containers on Windows 10.
  • Nano Server: an updated module for building Nano Server images, including more separation of physical host and guest virtual machine functionality as well as support for different Windows Server editions. Improvements to the Recovery Console, including separation of inbound and outbound firewall rules as well as the ability to repair configuration of WinRM.
  • Networking: traffic to new or existing virtual appliances can now be both mirrored and routed. With a distributed firewall and Network security groups, this enables dynamically segmented and secure workloads in a manner similar to Azure. One can deploy and manage the entire Software-defined networking (SDN) stack using System Center Virtual Machine Manager. Docker can be used to manage Windows Server container networking, and associate SDN policies not only with virtual machines but containers as well.
  • Remote Desktop Services: a highly available RDS deployment can leverage Azure SQL Database for the RD Connection Brokers in high availability mode.
  • Management: ability to run PowerShell.exe locally on Nano Server (no longer remote only), new Local Users & Groups cmdlets to replace the GUI, added PowerShell debugging support, and added support in Nano Server for security logging & transcription and JEA (Just Enough Administration).
  • Shielded Virtual Machines:
    • New "Encryption Supported" mode that offers more protections than for an ordinary virtual machine, but less than "Shielded" mode, while still supporting vTPM, disk encryption, Live Migration traffic encryption, and other features, including direct fabric administration conveniences such as virtual machine console connections and Powershell Direct.
    • Full support for converting existing non-shielded Generation 2 virtual machines to shielded virtual machines, including automated disk encryption.
    • Shielded virtual machines are compatible with Hyper-V Replica.
現在の安定版: 10.0.14393 Release to manufacturing 2016年09月26日
  • Available for a 180-day evaluation
  • Fixed Start menu corruptions
  • Improved user experience and performance
  • Windows Store apps have been removed
  • Login screen now has a background
  • The Windows Hello feature has been added
  • Dark theme has been added

歴史[編集]

2014年

  • 10月1日 - 最初のテクニカルプレビューである「Windows Server 2016 Technical Preview」が公開された。

2015年

  • 1月30日 - Windows Server 2016のリリースを2016年に延期することを発表した[12]
  • 5月4日 - 2回目のテクニカルプレビューである「Windows Server 2016 Technical Preview 2」が公開された。ここでは、Nano Serverなどがサポートされた。このバージョンでは新規インストール時にGUIがインストールされないため、インストール完了後インストールする必要がある。
  • 8月19日 - 3回目のテクニカルプレビューである「Windows Server 2016 Technical Preview 3」が公開された。ここでは、Dockerがサポートされた[13]
  • 11月19日 - 4回目のテクニカルプレビューである「Windows Server 2016 Technical Preview 4」が公開された。ここでは、信頼できないサードパーティー製のコードに向くというHyper-V Containerがサポートされた[14]。これにより、2種類のコンテナがサポートされることとなった[15]。このバージョンで日本語を含む11ヶ国語が新たに追加された。

2016年

  • 4月28日 - 最後のテクニカルプレビューである「Windows Server Technical Preview 5」が公開された。[3]
  • 8月25日 - Windows Server 2016のStandardエディションとDatacenterエディションにおいて、Windows Server 2012 R2の同エディションに比較して上限スペックが向上することを明らかにし、上限スペックが拡張され、物理メモリーが4TBから24TBへ、論理CPU数が320から512に拡張された。これと同時にHyper-V上で動作する仮想マシンについても、最大メモリー容量が1TBから16TB[16]に、最大CPU数も64から240へ拡大された[17]

出典[編集]

  1. ^ Announcing the launch of Windows Server 2016”. Microsoft (2016年9月26日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ Microsoft Product Lifecycle”. Microsoft Support. Microsoft. 2016年12月7日閲覧。
  3. ^ a b 「Windows Server 2016」「System Center 2016」の最後のテクニカルプレビューが公開”. ZDNet Japan (2016年4月28日). 2016年7月8日閲覧。
  4. ^ a b The Register: Try to contain your joy: Microsoft emits Windows Server 2016 with nano-services
  5. ^ WinBeta: Microsoft shows off what's new in Windows Server 2016 Technical Preview 2
  6. ^ a b c d e f g Windows Server Blog: What’s new in Windows Server 2016 Technical Preview 2
  7. ^ TechNet: What's New in Windows Server 2016 Technical Preview 3
  8. ^ TechNet: What's New in Windows Server 2016 Technical Preview 3
  9. ^ TechNet: What's New in Windows Server 2016 Technical Preview 4
  10. ^ a b c WinBeta: Microsoft has released Windows Server 2016 Technical Preview 4
  11. ^ TechNet: What's New in Windows Server 2016 Technical Preview 5
  12. ^ 次期「Windows Server」、リリースが2016年に延期”. ZDNet Japan (2015年2月2日). 2015年12月7日閲覧。
  13. ^ 「Windows Server 2016」、3度目のプレビュー版が公開--コンテナをサポート”. ZDNet Japan (2015年8月20日). 2015年12月2日閲覧。
  14. ^ 「Windows Server 2016」、4度目のプレビュー版が公開---「Hyper-V Container」をサポート”. ZDNet Japan (2015年11月20日). 2015年12月2日閲覧。
  15. ^ Hyper-Vコンテナに対応したWindows Server 2016 Technical Preview 4が公開”. クラウドWatch (2015年11月20日). 2015年12月2日閲覧。
  16. ^ その後12TBに引き下げられた。Windows Server scalability and more!”. 2016年11月12日閲覧。
  17. ^ 「Windows Server 2016で上限スペックが拡張、物理メモリー24TB、論理CPU数512に」(クラウドWatch)”. インプレス (2016年8月25日). 2016年9月11日閲覧。