ブルガリア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブルガリア語
български език
話される国  ブルガリアとその周辺国
地域 バルカン半島
話者数 1,200万人
言語系統
表記体系 キリル文字
公的地位
公用語  ブルガリア
欧州連合の旗 欧州連合
統制機関 Институт за български език
言語コード
ISO 639-1 bg
ISO 639-2 bul
ISO 639-3 bul
テンプレートを表示

ブルガリア語ブルガリア語: български език [ˈbɤɫɡɐrski ɛˈzik])は、ブルガリア公用語インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派南スラヴ語群に属する言語。マケドニア共和国の公用語マケドニア語とはきわめて近しい関係にあるとされる。ISO 639による言語コードは、2字がbg, 3字がbulで表される。

ブルガリアのほか、ルーマニアセルビアトルコギリシャハンガリーモルドバウクライナロシアアメリカイスラエルカナダなどで話されており、母語話者人口は900万人ほどである。

概要[編集]

9世紀に考案され、長らくスラヴ系南スラヴ系)諸民族の間で宗教・学問の言語として用いられた教会スラヴ語は、中世にブルガリア・マケドニア方面で話されていた、現在のブルガリア語やマケドニア語の祖となる南スラヴ語(古ブルガリア語)をもとにしており、ブルガリア語自体も古い文語の伝統をもつ。12世紀から15世紀にはより口語の要素を交えた中期ブルガリア語と呼ばれる文語による文献が数多く編まれたが、その後のオスマン帝国の統治下では教会がコンスタンディヌーポリ総主教庁ギリシア人聖職者たちによって支配されたためにギリシア語に押され、一時衰退を余儀なくされた。18世紀後半に至ってブルガリア人聖職者の間からブルガリア語復興の機運が生まれ、現代ブルガリア語のもととなる新ブルガリア語が形成されて、民族意識を高めオスマン帝国からの独立運動を支える役割を果たした。

語彙文法の面では、中世ブルガリア帝国を築いたモンゴロイドテュルク系民族ブルガール人の言語(テュルク諸語ブルガール語)から取り入れたと見られる要素や、バルカン言語連合と呼ばれるルーマニア語アルバニア語などと共通の特徴を持ち、ロシア語などのほかの主要なスラヴ諸語との相違をなす。オスマン帝国の支配を反映して、口語・日常語ではブルガール語に近いトルコ語からの借用語も多い。しかし近代になってロシア語から積極的に語彙を借用したため、ロシア語と共通する単語が多くなった。漢字の省略形は勃語[1]

文字[編集]

文字は最古期の古ブルガリア語ではグラゴル文字が使われることもあったが、基本的には中世以来キリル文字が用いられている。

現代ブルガリア語で用いる文字は全30文字である。これは、ロシア語で使われるキリル文字と比べた場合、それからЁЫЭの3文字を除いた文字体系に相当するが表す音は異なる。


文字 ラテン文字翻字 読み方
(発音記号)
読み方
(カナ)
А A /a/
Б B /b/
В V /v/
Г G /ɡ/
Д D /d/ ドゥ
Е E /e/
Ж ZH /ʒ/ ジュ
З Z /z/
И I /i/
Й Y /j/ イクラートコ
К K /k/
Л L /l/
М M /m/
Н N /n/
О O /o/
П P /p/
Р R /r/
С S /s/
Т T /t/ トゥ
У U /u/
Ф F /f/
Х H /x/
Ц TS /ʦ/
Ч CH /ʧ/ チュ
Ш SH /ʃ/ シュ
Щ SHT /ʃt/ シター
Ъ A /ʌ/ エルゴリャーム
ь Y /ʲ/ エルマーラック
Ю YU /ju/
Я YA /ja/
各字母の名称は
  • ъ 以外の母音は、その単母音
  • 子音は、「その子音音素 + ъ
  • й: и кратко
  • ъ: ер голя́м
  • ь: ер ма́лък

文法[編集]

代名詞[編集]

代名詞には4つの格が存在する。[1]

人称、数、性 主格 対格 対格短形 与格 与格短形 所有代名詞
一人称単数 аз мене ме на мене ми мой
二人称単数 ти тебе те на тебе ти твой
三人称単数(男/中性) той/то него го на него му негов
三人称単数(女性) тя нея я на нея ѝ неин
一人称複数 ние нас ни на нас ни наш
二人称複数 вие вас ви на вас ви аш
三人称複数 те тях ги на тях им техен
再帰代名詞 - себе си се на себе си си свой

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「勃」の字は2010年の改定常用漢字表に含まれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]