И

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Cyrillic letter I.png
キリル文字
А Б В Г Ґ Д Ѓ
Ђ Е Ё Ѐ Є Ж З
Ѕ И І Ї Й Ѝ Ј
К Ќ Л Љ М Н Њ
О П Р С Т Ћ У
Ў Ф Х Ц Ч Џ Ш
Щ Ъ Ы Ь Э Ю Я
非スラヴ系文字
Ӑ Ӓ Ә Ӛ Ӕ Ғ Ӷ
Ҕ Ӗ Ӂ Җ Ӝ Ҙ Ӟ
Ӡ Ӣ Ӥ Ҋ Ҡ Қ Ҟ
Ӄ Ҝ Ӆ Ӎ Ң Ӊ Ӈ
Ҥ Ө Ӧ Ӫ Ҧ Ҏ Ҫ
Ҭ Ҵ Ӳ Ӯ Ү Ұ Ӱ
Ҳ Ӿ Һ Ҷ Ӌ Ҹ Ӵ
Ҩ Ҽ Ҿ Ӹ Ҍ Ӭ Ӏ
初期キリル文字
Ҁ Ѹ Ѡ Ѿ Ѻ Ѣ
Ѥ Ѧ Ѫ Ѩ Ѭ Ѯ Ѱ
Ѳ Ѵ Ѷ
キリル文字一覧

И, и は、キリル文字のひとつ。ほぼラテンアルファベットI に相当するが、I と異なりギリシャ文字Η(イータ)に由来する文字であり、ラテンアルファベットの H と同系の文字である。かつては H に近い字形であったが、ピョートル大帝によって現在の字形が定められた。なお、筆記体は、ラテン文字の U や u のようである。

呼称[編集]

音素[編集]

原則として /i/ およびその類似音を表す。

アルファベット上の位置[編集]

ロシア語・セルビア語の第 10 字母、ウクライナ語・マケドニア語の第 11 字母、ブルガリア語の第 9 字母である。

Иに関わる諸事項[編集]

  • ロシア語ではこの文字一文字で英語の『and』と同じ意味の単語である。
  • ロシア語では軟音が存在しないж, ш, цの後ろでは/ɨ/と発音される。
  • І が10のイー (І десятеричное) と呼ばれるのに対して、И を8のイー(И восьмеричное)と呼ぶことがある。
  • ベラルーシ語では用いられない (І を用いる)。
  • ラテン文字の N のおどけた形 (鏡文字) として使われることがある (偽キリル文字) が、И は本来はラテン文字では H に相当する文字である (И, H いずれもギリシア文字の Η に由来する。N は Ν 由来である)。

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
И U+0418 1-7-10 И
И
и U+0438 1-7-58 и
и

コード表[編集]

エンコーディング 登録 10進数
コード
16リッチ
コード
8
コード
バイナリコード
Unicode 大文字 1048 0418 002030 00000100 00011000
小文字 1080 0438 002070 00000100 00111000
ISO 8859-5 大文字 184 B8 270 10111000
小文字 216 D8 330 11011000
KOI 8 大文字 233 E9 351 11101001
小文字 201 C9 311 11001001
Windows 1251 大文字 200 C8 310 11001000
小文字 232 E8 350 11101000

ノート[編集]

  • И, буква русского алфавита” (ロシア語). ブロックハウス・エフロン百科事典: 全86巻(本編82巻と追加4巻). サンクトペテルブルク. (1890-1907) 
  • И, и // Большая российская энциклопедия : [в 35 т.] / гл. ред. Ю. С. Осипов. — М. : Большая российская энциклопедия, 2004—2017.
  • Карский Е. Ф. Славянская кирилловская палеография / отв. ред. акад. В. И. Борковский. — 2-е изд., факсимильное. — Л., М. (факс.): Из-во АН СССР; из-во «Наука» (факс.), 1928, 1979 (факс.). — С. 192—193. — 494 с. — 2700 экз.