H

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hh Hh
ラテン文字
  Aa Bb Cc Dd  
Ee Ff Gg Hh Ii Jj
Kk Ll Mm Nn Oo Pp
Qq Rr Ss Tt Uu Vv
  Ww Xx Yy Zz  

H は、ラテン文字アルファベット)の8番目の文字。小文字は h

字形[編集]

はじめの字形がある。

  1. 2本の縦棒とそれを中央で結ぶ横棒から成る。大文字は普通この字形である。
  2. 右の縦棒の上半分を欠く。右の角は丸まり、左の交点も同じ方向に丸まる。小文字はこの字形である。フラクトゥールのように、大文字、小文字ともこの字形である。

呼称[編集]

これらの呼称は

ラテン語「ha」→後期ラテン語 "aha" → "ahha" → "accha"
→イタリア語 "acca"
→スペイン語 "acche" → フランス語 "ache" → 英語 "aitch"

というような推移によるものと考えられている。

なお、英語名は、当初古いフランス語そのままにおおむね [aːtʃə] のごとく発音していたが、その後の規則的な変化(大母音遷移)により現在の音 [eɪtʃ] になっている。現在の英語では一般に単音節語の -aCe を [-eɪC] と発音する(ここで C は任意の子音とする)ものの、C にあたる位置に ch [tʃ] が立つ場合についてはほとんど例がないため、H [eɪtʃ] を ache と綴ることは通常行われない。ache という綴りは [eɪk] と発音する別の語彙に当てられている。

音素[編集]

  • ドイツ語や英語では原則として無声声門摩擦音/h/ないしその類似音を表す。ドイツ語では語頭以外で前に母音、またはt,rを伴うhは発音されない(複合語中のhは元の単語の発音に準ずる)。また、その前の母音を長く伸ばすように作用し、英語でもそうなる場合があり、この場合hの文字そのものは発音されない。
  • ポーランド語中国語ピンインでは無声軟口蓋摩擦音/x/を表す。
  • 多くのロマンス語では発音されない。
    • フランス語では、「無音のh」と「有音のh」の2種類がある。両者とも単独では発音されることは無いが、有音のhで始まる単語はリエゾンエリジオンアンシェヌマンを起こさない(語頭以外のhはこの区別を考える必要は無い)。黙字#フランス語も参照のこと。
    • イタリア語では発音に関わらないhについては、英語のhaveに相当する動詞avereの活用、感嘆詞、外来語を除き、書かれなくなった。なお、hはcやgの後ろに置かれてcやgを/k//g/の発音に保つ働きを持つ。
    • 例外的に、ルーマニア語では/h~x/で発音される。ch, ghはイタリア語と同じ。
  • 多くの言語で、"ch", "ph" などのように他の子音字の後ろに置かれ、類似の別音を表す。摩擦音になることが多い。
  • 他の子音字の後ろに置いて有気音を表すことがある。タイ語やヒンディー語などの有声無声の区別、有気無気の区別の両方がある言語のローマ字表記で使用される。
  • 日本語ローマ字表記ではハ行の子音に用いる。但しヘボン式では「フ」の子音は他のハ行の子音と異なる為別の字 (F) を用いる。また、「ヒ」の子音も他のハ行の子音と異なるが、これには訓令式でもヘボン式でも他のハ行と同じHを用いる。長音の表記に使用する場合もある(佐藤='Satoh'という具合)。
  • 朝鮮語のローマ字表記では初声の「」に用いる。一般的ではないが、イェール式等、激音を示す為にも使用される表記法がある。

歴史[編集]

ギリシャ文字Η(エータ)に由来し、キリル文字Иとは共通の祖先を持つ文字である。現在のΗやИが母音字なのに対し、このHが/h/を表すのは、Ηの古い音韻(ヘータと呼ばれ、/h/を表した)に基づくものである。

Hの意味[編集]

学術的な記号・単位[編集]

  • 任意の17<N≤20に対するN進数において、十七十進数17)を1桁(1文字)で表すのに用いられる。

大文字[編集]

小文字[編集]

その他の記号[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
H U+0048 1-3-40 &#x48;
&#72;
h U+0068 1-3-72 &#x68;
&#104;
半角
U+FF28 1-3-40 &#xFF28;
&#65320;
U+FF48 1-3-72 &#xFF48;
&#65352;
全角
U+24BD &#x24BD;
&#9405;
U+24D7 1-12-38 &#x24D7;
&#9431;
丸囲み
🄗 U+1F117 &#x1F117;
&#127255;
U+24A3 &#x24A3;
&#9379;
括弧付き
U+1D34 &#x1D34;
&#7476;
ʰ U+02B0 &#x2B0;
&#688;
上付き文字
𝐇 U+1D407 &#x1D407;
&#119815;
𝐡 U+1D421 &#x1D421;
&#119841;
太字
𝐻 U+1D43B &#x1D43B;
&#119867;
U+210E &#x210E;
&#8462;
イタリック体
𝑯 U+1D46F &#x1D46F;
&#119919;
𝒉 U+1D489 &#x1D489;
&#119945;
イタリック体太字
U+210B &#x210B;
&#8459;
𝒽 U+1D4BD &#x1D4BD;
&#119997;
筆記体
𝓗 U+1D4D7 &#x1D4D7;
&#120023;
𝓱 U+1D4F1 &#x1D4F1;
&#120049;
筆記体太字
U+210C &#x210C;
&#8460;
𝔥 U+1D525 &#x1D525;
&#120101;
フラクトゥール
U+210D &#x210D;
&#8461;
𝕙 U+1D559 &#x1D559;
&#120153;
黒板太字
𝕳 U+1D573 &#x1D573;
&#120179;
𝖍 U+1D58D &#x1D58D;
&#120205;
フラクトゥール太字
𝖧 U+1D5A7 &#x1D5A7;
&#120231;
𝗁 U+1D5C1 &#x1D5C1;
&#120257;
サンセリフ
𝗛 U+1D5DB &#x1D5DB;
&#120283;
𝗵 U+1D5F5 &#x1D5F5;
&#120309;
サンセリフ太字
𝘏 U+1D60F &#x1D60F;
&#120335;
𝘩 U+1D629 &#x1D629;
&#120361;
サンセリフイタリック
𝙃 U+1D643 &#x1D643;
&#120387;
𝙝 U+1D65D &#x1D65D;
&#120413;
サンセリフイタリック太字
𝙷 U+1D677 &#x1D677;
&#120439;
𝚑 U+1D691 &#x1D691;
&#120465;
等幅フォント
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2095 &#x2095;
&#8341;
LATIN SUBSCRIPT SMALL LETTER H
ʜ U+029C &#x29C;
&#668;
LATIN LETTER SMALL CAPITAL H
🄷 U+1F137 &#x1F137;
&#127287;
SQUARED LATIN CAPITAL LETTER H
🅗 U+1F157 &#x1F157;
&#127319;
NEGATIVE CIRCLED LATIN CAPITAL LETTER H
🅷 U+1F177 &#x1F177;
&#127351;
NEGATIVE SQUARED LATIN CAPITAL LETTER H

他の表現法[編集]

フォネティックコード モールス符号
Hotel ・・・・
ICS Hotel.svg Semaphore Hotel.svg ⠓
信号旗 手旗信号 点字

関連項目[編集]