西スラヴ語群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
西スラヴ語群
話される地域: ヨーロッパ
言語系統: インド・ヨーロッパ語族
 バルト・スラヴ語派
  スラヴ語派
   西スラヴ語群
下位言語:
ISO 639-5: zlw
  西スラヴ語が公用語の国
  東スラヴ語が公用語の国
  南スラヴ語が公用語の国

西スラヴ語群(にしスラヴごぐん、ポーランド語: Języki zachodniosłowiańskie, チェコ語: Západoslovanské jazyky)は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派の下位分類。中央ヨーロッパに分布し、話者人口は5600万人。ポーランド語チェコ・スロバキア語ソルブ語の三つが有名。

かつてはスラヴ族にとっての単一言語である「スラヴ祖語」が存在したと想定されるが、スラヴ人の民族大移動の頃(56世紀)から次第に方言的分化が進み、7世紀前後には西スラヴ語群としての特徴が明確になった。7世紀から10世紀にかけての時期には、この語群内でも分化が進んだ。すなわち、レヒト諸語ソルブ諸語(ラウジッツ諸語とも)である。また9世紀にはチェコ・スロヴァキア諸語が分出した。

分類[編集]

特徴[編集]

南および東スラヴ語群と比較しての西スラヴ語群の特徴としては、主に以下のものが挙げられる。

  • スラヴ祖語の*tj, *dj が c(/ts/)、zまたはdz(/ds/)となった。
意味スラヴ祖語ポーランド語チェコ語スロバキア語上ソルブ語下ソルブ語
ろうそく、光*světjaświecasvícesviecaswěcaswěca
畦(あぜ)*medjamiedzamezemedzamjezamjaza
  • スラヴ祖語の*or, *ol, *er, *el が音位転換(語中での文字・音節・音の位置転換)を起こし、チェコ・スロヴァキア諸語では ra, la, rě, lě に、レヒト諸語とソルブ諸語では ro, lo, re, le になった。
意味スラヴ祖語ポーランド語チェコ語スロバキア語上ソルブ語下ソルブ語
厳寒*mormzmzmzmzmroz
牛乳*melkomlekomkomliekomkomloko