Microsoft Windows 10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Presa de decissions.png
ノート:Microsoft Windows 10#サポート期間は30年間?に、このページに関する議論があります。
議論の要約:サポート終了日に関する出典明示なき加筆の内容について
Windows 10
Microsoft Windows ファミリー
Windows 10 Logo.svg
開発者
マイクロソフト
ウェブサイト www.microsoft.com/ja-jp/windows
RTMリリース 2015年7月15日 (2015-07-15)[1]
一般リリース 2015年7月29日 (2015-07-29)[2]
最新安定版 バージョン 1607 (OS ビルド 14393.969) - 2017年3月21日(5日前) (2017-03-21[3][4][5] [±]
最新開発版 バージョン 1703 (OS ビルド 15063.0) - 2017年3月20日(6日前) (2017-03-20[6] [±]
ソースモデル クローズドソース
ライセンス マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項
カーネル ハイブリッドカーネル
プラットフォーム IA-32, x64
先行品 Windows 8.1
サポート状態
メインストリーム フェーズ, 開発中
released in July 2015, 2015 LTSB
メインストリーム サポート終了日:2020年10月13日
(米国日時)
延長サポート終了日:2025年10月14日
(米国日時)[7][8]

2016 LTSB
メインストリーム サポート終了日:2021年10月12日
(米国日時)
延長サポート終了日:2026年10月13日
(米国日時)

Windows 10(ウィンドウズ テン)は、マイクロソフトが開発およびリリースしている、Windowsシリーズに属するパーソナルコンピュータおよび8インチ以上のタブレット用のオペレーティングシステム (OS) である。初期バージョン(1507)のコードネームは「Threshold(スレッショルド)」、現在のバージョン(1607)のコードネームは「Redstone(レッドストーン)」。

2015年7月29日(日本時間7月30日)にWindows 7 SP1、および8.1 Updateユーザー限定の無償アップグレードプログラムを含む一般への提供が開始され[9][10]、同年8月1日にはボリュームライセンス契約で利用可能なEnterpriseEducationおよびDSP (Delivery Service Partner) 版が[11]、そして同年9月4日には新規インストールが可能なリテール版が発売された。

2016年7月28日(日本時間7月29日)をもって、予告されていた通りWindows 7 SP1/8.1 Updateからの1年間限定の無償アップグレードプログラムの提供を終了したが、それ以降も障碍者向けの支援技術製品のユーザーはこれまで通り無償でアップグレードすることができる[12]

概要[編集]

2014年9月30日(現地時間)にプレス向けイベントにて発表された[13]。製品名はWindows Vista以後、78 (8.1) とナンバリングされてきたが、9を飛び越すかたちで "10" となった。これについてマイクロソフトは「新世代のWindows、そしてあらゆるデバイスで包括的に動作する幅広いプラットフォームであるといったことを表わしている」と説明している[14]。また、カーネルもWindows Vista (6.0) 以来の刷新が行われ、内部バージョン番号は6.xから10.0となった[注 1]。基底となるソフトウェアが高効率化したため、OS全体として以前のバージョンから更に高効率化した。

以前のバージョンのWindowsと異なり、Windows 10では "Windows as a Service"(サービスとしての Windows)という新たなコンセプトが導入された[15]。 Windows 10ではローリング・リリースモデルを新たに採用しており[16]、今後は機能改善や新機能の追加といったOSのアップデートが年2〜3回の頻度でWindows Updateを通じて無償で行われる[17]。Windows 10が継続して更新されていくため、従前のようなOSのメジャーアップデートはなくなることになる。これについて、マイクロソフトのデベロッパー エバンジェリストのジェリー・ニクソンは「Windows 10はWindowsの最後のバージョン」であると述べた[16]日本マイクロソフトのテクニカル エバンジェリストの荒井省三は「Windows 10 は、Windows as a Service によって、最新の機能と最新のセキュリティを提供することで、決して古くならない新しい Windows へと生まれ変わる」としている[18]

Windows 10の主な機能[編集]

ユーザー インターフェイス[編集]

デスクトップとModern UIを両方搭載したWindows 8.1から方針を変更し、デスクトップに再び統合された。そのため、デスクトップのUIが変更され、Windows 8.1に搭載されているModern UIとはやや異なったデザインとなっている。デフォルトでは黒を基調としたデザインとなっており、タスク バー、スタート メニュー、アクション センターは若干透明なデザインになっているが、設定で無効にすることができる。

デフォルトの壁紙はCGを一切使わず、光と煙を使って撮影されたものとなっており、YouTubeのマイクロソフト公式チャンネルにはその製作過程が公開されている。

スタートメニュー
Windows 95からWindows 7まで搭載され、Windows 8で「スタート画面」に置き換えられる形で削除されたスタート メニューが再び搭載されることとなった[19]。ただし、Windows 7以前のスタート メニューと、Windows 8/8.1のスタート画面の要素であるライブ タイルが統合された形になっている[20]。また、Windows 8/8.1のように全画面表示で動作するスタート画面とは設定アプリにて切り替え可能であり、Continuum(タブレット モード)動作中では常に全画面表示となる。
また、LTSB ではほとんどの標準アプリが搭載されていないため、デフォルトのスタート メニューにはタイルが2つしかない[21]
検索ボックス
タスク バーのスタートボタンの右側に、大きな検索ボックスが設けられた。ここから、PC や OneDrive 内のファイルやアプリ、設定を検索したり、Bing でWeb 検索ができる。この検索ボックスは次に説明するCortanaと統合されておりCortanaが有効になっていればここから Cortana を呼び出すことができる。また逆に Cortana の音声認識結果や応答内容が表示される場合もある。なお、検索ボックスは設定でアイコンのみの表示、表示させないようにすることができる。また、LTSB では Web 検索はサポートされない。
Cortana
音声認識アシスタント機能。Windows Phone 8.1に先行して搭載されていた。当初は日本語に対応していなかったが、バージョン1511で正式に日本語に対応した。アプリの起動、リマインダーの設定、ウェブ検索、雑談などができる。
Pro Education、およびLTSBには搭載されない。ただし、Web 検索以外の制限付きの検索機能は利用可能[22]
PCと予定表や着信履歴などを共有できるiOSAndroid向け単体版Cortanaも存在するが、Android版は日本語環境には対応していない(同項参照)
新しいアプリケーション アイコン
Windows 8/8.1では、一部のアイコンを除いてWindows Vista/7のものが使われ続けていたが、Windows 10ではかなりの主要なアイコンが刷新された。「ごみ箱」アイコンはWindows 95/98のような四角い容器に変更された。社内では1,000を超えるアイコンの再デザインを行ったとしている[23]。ただし、いきなりすべてのアイコンが変わったわけではなく、アイコンの変更は、大型アップデートにて順次行われている。
ウィンドウ スタイル
上端以外のウィンドウ枠が1ピクセルに細くなり、タイトル バーの色が白くなったほか、タイトルの配置がWindows 7までと同様の左揃えに戻り、文字のポイントは縮小された。また、3つのコントロール ボタンのサイズが縦幅はタイトル バーいっぱいまで調整され、横幅は「最大化」ボタン(および「元に戻す (縮小)」ボタン)、「最小化」ボタンが「閉じる」ボタンと同じサイズまで拡大された。
また、バージョン1511では、Windows 10のリリース時には無くなっていたタイトル バーなどにアクセント カラーを付ける機能が復活し、バージョン1607では適用範囲をタイトル バーのみ、もしくはタスクバーなどのみに設定できるようにもなった。
システム フォント
日本語環境でのシステム フォントが、Windows 7から追加され、8で全面採用された "Meiryo UI" から、新しく追加された "Yu Gothic UI" に変更されている(Windows Phone 8.1には先行して搭載されていた)。
"Yu Gothic UI" の欧文グリフには、"Segoe UI" が採用されており、日本語版においても英語などの欧米言語版と同じ欧文グリフとなった[注 2]
通知領域
通知領域の時計、音量設定、ネットワーク接続画面が新しくなった。タブレットなどタッチ操作にも適したUIを採用しているため、従来より時計や音量設定の文字やボタンが大きめになっている。時計は文字盤タイプではなく、数字だけのデジタルタイプに変更された。
Aero Glass
Windows 8/8.1では廃止されていた Aero Glass が、コミュニティの強い要望によって一部のみ復活した。スタート、アクション センター、ボリューム コントロール、カレンダー、ライブ サムネイルなどのコントロールに適用される。
完全な復活ではないため、タイトル バーは8/8.1と同じく単色であり、タスク バーや Alt + Tab キーで表示されるウィンドウの切り替えなどは、ぼかし効果がない透過となっている。
Continuum(タブレット モード)
タブレットからキーボードを取り外すだけで、タブレットに最適なUIに切り替わる機能。キーボードを再び接続すると通常のUIに戻る。タッチしやすいようにタスク トレイのアイコンの間隔が開き、スタート メニューやアプリが全画面表示となる。フリック操作も可能で、アプリケーションの画面分割もできる。この機能は、タッチ機能を有しないPCでも通知画面から「タブレット モード」を有効にすることで利用できる。ただし、マルチモニター環境ではこれが無効化され、利用不可になる。
Windows スポットライト
当初はHomeのみ搭載されていた機能[24]BingからWindowsが自動的に画像をダウンロードし、ロック画面の背景を自動変更する。画像に対し、気に入った・好みではないというフィードバックを送ることで、ユーザの好みを学習していく。
また、ストア アプリのレコメンド機能もあり、ロック画面でおすすめのストア アプリを紹介・インストールを提案する[25]
この機能は正式リリース直前まではLTSBを除く各エディションに搭載されていたが、ビジネス ユーザーに対して不評だったためにHome以外から削除された経緯がある[26]。しかし、リリース以後は復活を求める声が強く、バージョン1511よりLTSB、およびPro Educationを除く各エディションで再び利用できるようになった[26]
ときどきスタート画面におすすめを表示する
当初はHomeのみ搭載されていた機能。スタート メニューでおすすめのストア アプリを紹介・インストールを提案する[27]
Windows スポットライトと同じく、バージョン1511からLTSB、およびPro Educationを除く各エディションで利用できるようになっている[26]

アプリケーション[編集]

ユニバーサルWindowsプラットフォーム (UWP)
Windows 10シリーズにおいて統合されたOSの中核「Windows Core」により実現された、新たなアプリケーション共通プラットフォーム。UWPはWindowsランタイム (WinRT) の進化形であり、Windows 10 MobileおよびWindows 10 IoTにも搭載されている。Windows 8/8.1用のWindowsストアアプリはWindows 10でも動作するが、UWPアプリはWindows 10専用である。UWPアプリはWindowsストアアプリとしてWindowsストアで配信・販売・購入できる。
UWPのAPIは全プラットフォームで共通となるコアAPIと、デバイスファミリごとに特有のAPIとに分かれる。コアAPIのみを使い、すべてのデバイスファミリ向けに作成されたUWPアプリは、コードを修正することなくすべてのWindows 10プラットフォーム、すなわち、PCはもちろんスマートフォンやタブレットなどでもそのまま動作する。一方、ターゲットとなるデバイスファミリを指定することで、デバイスファミリ固有の機能を使うことも可能である[28] [29]。バージョン1607では、UWP版Skypeアプリプレビュー版がプリインストールされている。
Windowsブリッジ
他OSからWindowsへのアプリ移植や既存のデスクトップ アプリ展開を容易にする技術群の総称。例えば、「iOS用Windowsブリッジ」(Project Islandwood) を使用すると既存のObjective-Cコードはそのままに、iOS用のアプリを最小限の修正でWindows 10に移植することができる。
「Desktop Bridge」(Project Centennial) では、App-V テクノロジーを使用して旧来のデスクトップ アプリを仮想化およびパッケージ化し、Windowsストアでデスクトップ アプリを配布、展開することを可能にする。ただし、UWPアプリではないため、Windows 10 MobileやWindows 10 IoTでは動作しない。
標準アプリ
多くの標準アプリがUWPアプリとして刷新された。そのため、レイアウトやデザインがWindows 10 Mobileと統一されている。
ただし、LTSBではほとんどの標準アプリは搭載されておらず[22][21]、例外的に「設定」や「Windows フィードバック」など、ごく一部のシステム アプリのみ搭載されている[注 3]。また、「電卓」アプリは、UWPアプリではない従来のデスクトップ アプリがwin32calc.exeというファイル名で%SystemRoot%\System32に格納されている[21] [30]
ストア アプリ
Windows 8/8.1ではフルスクリーンもしくは画面分割でしか表示できなかったストア アプリのウィンドウ表示に対応した。ウィンドウ表示を許容しないアプリも、タイトルバーから最小化や終了ができる。またWindows 8/8.1ではそのようなアプリを任意のモニターで起動できたが、必ずプライマリモニターを使用する。
Windowsストア
大幅に改良され、Windows 8.1のものより機能・UIがともに大幅に改良された。新たに、音楽や映画やテレビ番組の購入も可能となり、「映画とテレビ番組」アプリで再生できる。
LTSBには搭載されない[22][21]
Microsoft Edge
Web ブラウザー。これまでデフォルト ブラウザーであったInternet Explorerの後継ブラウザーとして搭載された[31]HTMLレンダリングエンジンには、Internet Explorerの "Trident" からフォークした "EdgeHTML" が採用されている。
Microsoft Edgeは相互運用性を強く意識したエバー グリーンなブラウザーであり[32][33]、新機能の追加が行われないLTSBに含めるのはふさわしくないという判断から、LTSBにはMicrosoft Edgeは含まれない[22][34]
Internet Explorer
機能面ではWindows 8.1に搭載されたInternet Explorer 11から変化せず、旧来のInternet Explorer(5.57 - 11)との互換性を確保する目的にのみ用いられる[35]
コマンド プロンプト
コマンド プロンプトの機能も大幅に拡充された。コマンド プロンプトは、MS-DOSの標準コマンドシェルであるCOMMAND.COMから生まれた経緯を持つ機能であるため、すべて選択(Ctrl+A)・コピー(Ctrl+C)・貼り付け(Ctrl+V)・検索(Ctrl+F)・マーク(Ctrl+M)などのWindowsから追加されたショートカットキーは永らく追加されなかったが、これらを有効化するオプションが追加された。ウィンドウを画面いっぱいに最大化できるようになり、透明度も指定できるようになった。
Snipping Tool
「遅延」機能が追加された。
デバイス キャスト
DLNA対応機器を含むネットワーク上のデバイスに動画や音声をストリーミングする従来の「リモート再生」が、「デバイス キャスト」に名称変更された。
モバイル コンパニオン
Windows 10に保存されている写真やドキュメントなどをスマートフォンへ自動的に同期させることができる機能。Windows Phoneのみならず、AndroidやiOSとも連携させることが可能。
LTSBには搭載されない。Educationにもデフォルトでインストールされていないが、ストアからインストールできる。
はじめに (Get Started)
従来の「ヘルプとサポート」にあたる機能。
LTSBには搭載されない。
OneNote
OneNoteが標準で搭載された。
LTSBには搭載されない[22]
Xbox アプリ
Windows 10では、深いレベルでXbox Liveとの統合が行われており、このアプリで実績やプレイ履歴の確認、メッセージのやりとりを行うことができる。
Xbox Oneと接続することで、Xbox OneのゲームをWindows 10でストリームしてプレイすることが出来るほか、対応ゲームではWindows 10とXbox Oneでクロスプラットフォームのマルチプレイが可能。マイ ゲームというライブラリ機能もあり、PCにインストールされたゲームのランチャーとしても使用できる。また、後述するGame DVR機能はこのアプリによりサポートされている。
LTSBには搭載されない。
(Windows DVD プレーヤー)
DVD再生機能はWindows 7以前ではWindows Media Playerに、Windows 8/8.1ではMPEG-2特許使用料によるコストを削減するため別売のWindows Media Centerに搭載されていたが、本バージョンではその代替アプリとして用意された[36]。「適格期間」と呼ばれる一定期間のうちは、Windows Media Centerがインストールされたシステムからアップグレードを行った場合に、Windows Updateから無償で提供される。また、適格期間が経過した場合や、Windows Media Centerがインストールされていないシステムからアップグレードした場合や、Windowsのクリーン インストールが行われた場合は、Windows Updateからの無償提供オプションは利用できないが、Windowsストアから有償で購入できる[37]。サードパーティー製を使うことも可能。
クライアントHyper-V
Windows 8から引き続き搭載されたハイパーバイザ型の仮想環境で、Windows 10には Windows Server 2016 に搭載される Hyper-V のサブセット版が搭載される。従来の Microsoft Virtual PCWindows Virtual PC の機能に相当し、64ビット版Windowsを対象に搭載されている。
OS上の一アプリケーションとして動作する Virtual PC などとは構造が異なり、Hyper-V はハードウェア上でOSを介さず直接動作し、全てのOSはハイパーバイザ上で動作する(ハイパーバイザ#Type 1も参照のこと)。利用の際には「Windowsの機能の有効化または無効化」で機能を有効化する必要があるが、この機能を有効にした場合、VMwareおよびVirtualBoxなどの仮想デスクトップ環境が共存(利用)できなくなる[38]
Homeには搭載されない(ただしHomeの場合は上記の通り、クライアントHyper-Vと同等の機能を持ったVMware、およびVirtualBoxなどのハイパーバイザ型仮想環境アプリで代用できる)。
Windows Ink ワークスペース
スケッチ機能。画面スケッチでは、表示画面にスケッチをすることができ、絵画アプリのスケッチパッド、付箋アプリのSticky Notesとも統合している。標準ではオフになっているが、タスクバーでオンにすることができる。タッチ対応PCやペンタブレットを接続すると自動的にオンになる。アイコンはタスクバーのシステムトレイに表示される。
Sticky Note
付箋アプリ。モダンデザインに変更し、Windows Inkと統合している。Windows 10バージョン1511までに搭載されていた「付箋」アプリは削除された。
クイックアシスト
リモート接続を通じて 2人のユーザーが1台のコンピューターを共有することで、一方のユーザーがもう一方のユーザーのコンピューターの問題解決を支援できる。現在のところ、すでに同様の機能を持つ「リモートアシスタンス」は削除されず、残っている。
Microsoft Solitaire Collection
Windows 7まで標準で付属したソリティアハーツマインスイーパーはWindows 8/8.1で削除されたが、マインスイーパは2014年にWindowsストアにてWindows 8.1向けストアアプリ「Microsoft Minesweeper」としてダウンロード供給され[39]、ソリティアは2015年に「Microsoft Solitaire Collection」としてWindows 10に標準搭載された[40][41][注 4]。それぞれデザインやグラフィックが一新されている。ハーツの代替アプリはマイクロソフトから供給されておらず、マイクロソフトはサードパーティ製の同等アプリを探すよう案内している[42]

ウィンドウ操作[編集]

スナップ (Aero Snap)
スナップできるウィンドウの個数が2個から4個に増やされた。画面の空いているスペースのどこにでも、現在開いているすべてのアプリのサムネイルを表示でき、ドラッグすれば画面が分割される。
仮想デスクトップ
これまで非公式ソフトウェアを使用しなければ実現できなかった仮想デスクトップ機能が追加された。
タスク ビュー
タスク バーにある「タスク ビュー」ボタン、もしくは WinキーとTab キーを押す(Vista/7ではWindows フリップ 3Dが割り当てられていた)ことで、すべてのデスクトップ画面とアクティブなデスクトップ画面に開いているウィンドウが一覧表示される。仮想デスクトップもこの画面から作成できる。
非アクティブ ウィンドウのスクロール
Windows 8.1までの Windows では、マウス ホイールでのスクロールはウィンドウ フォーカスが設定されているウィンドウに対してのみ機能していた。
Windows 10では、スクロールしたいウィンドウにマウスをホバー(マウス オーバー)すれば、非アクティブ ウィンドウであってもマウス ホイールでスクロールが出来るようになった。この機能を設定から無効化することによって、従来通りの動作に戻すことも可能。

キーボード ショートカット[編集]

  • Win+Tab タスク ビュー
  • Win+A アクション センターの表示
  • Win+Ctrl+ 次のデスクトップに切替
  • Win+Ctrl+ 前のデスクトップに切替

システム[編集]

設定
Windows 8.1よりも多くの設定を行うことができるようになった。アイコンが表示され、検索ボックスが追加されたため、使い勝手が大幅に向上した。
Windows Hello
生体認証機能。顔・虹彩・指紋を用いてユーザーを認証することができる[43]
他の方法はもちろん、顔認証の場合であっても普通のカメラデバイスでは動作せず[注 5]、それぞれに対応したハードウェアが必要となる。
ディスク使用量の削減
システムファイルの圧縮アルゴリズムの改善と、「リフレッシュ」および「リセット」を行うためのリカバリ用イメージの保存を不要としたことによって、ディスク使用量が削減された[44][45]
DirectX 12/DirectX 11.3
高度抽象化に伴いオーバーヘッドの増加や最新のグラフィックスハードウェア (GPU) 設計とのずれが大きくなっていたDirectX 11.xまでのAPIを刷新し、ハードウェアに近いローレベルな制御を可能とするために再設計された新しいAPIがDirectX 12 (Direct3D 12) である。これにより、DirectX 11までよりもハードウェアの性能を引き出すことが可能となる。WDDM 2.0と併せて導入される。また、これまで通りの高レベルAPIによってDirectX 12世代ハードウェアの新機能を利用することのできるDirectX 11.3も同時に提供される。
アクション センター
Windows 8/8.1で搭載されていたチャーム バーに代わり搭載された機能。タスク バーの通知アイコンか、タッチ環境では画面右端から内側に向かってスワイプすること(8/8.1でのチャーム バーの呼び出しと同じ操作)で表示できる。PCに来た通知を後で見ることができるほか、「タブレット モード」の切り替えやWi-Fi接続設定、画面の明るさの調整などもできる。
また、通知領域の「バルーン」は廃止され、デスクトップ アプリケーションの通知もストア アプリと同じように表示されるようになった。
システム サウンドの変更
システム エラーや通知の効果音など、数種類のシステム サウンドが変更された。スタートアップサウンドはWindows Vista以来の起動音が継承されている。ただし、Windows 8/8.1同様、初期設定(デフォルト)では鳴らない設定になっているため、設定を変更すると再起動時のみ鳴るようになる。なお、再起動時のみでなく起動時にも鳴らすには、高速スタートアップをオフにする必要がある。また、終了音なども8/8.1と同じく、レジストリを変更すれば設定可能。
メディア ファイルのサポート強化
メディア ファイルのコンテナ形式であるMatroskaと、ロスレス音声圧縮コーデックであるApple LosslessおよびFLACなどのメディア ファイルがサポートされた[46]
ストア アプリのショートカット作成
Windows8/8.1ではストア アプリはショートカットを作成することができなかったが[47][48]、10では作成することができるようになった[49]
PDFファイル作成機能
仮想プリンターとして "Microsoft Print to PDF" が新たに搭載された。このプリンターを指定して印刷することで、PDFファイルを作成できる。
Wi-Fi センサー
Windows Phone 8.1に先行搭載されていた機能。利用するためには、Microsoft アカウントでサインインしている必要がある。
この機能では、クラウドソーシングによって収集された情報に基づき、既知のオープン Wi-Fiネットワークに自動的に接続でき、外出先ですばやくインターネットに接続することが可能になる。また、任意でFacebookの友達、Outlook.comの連絡先、またはSkypeの連絡先と Wi-Fiネットワークを共有することできる。共有してもパスワードが表示されることはないため、安全にインターネット アクセスのみを共有できる。
Game DVR
上記Xbox アプリによってサポートされるゲーム録画機能。 Win+Gキー でゲーム バーを開くことができ、そこからGame DVRを使用してプレイの録画が可能。ゲームに限らずどんなアプリでも録画できるため、汎用的な録画ツールとしても使用できる。これまでは、動画キャプチャをとる場合は、サードパーティー製のソフトウェアを導入しなければならなかった。
Windows Defender
アイコンがモダンに変更された。オフラインスキャン機能が追加されたことにより、削除ができなかった一部の悪意のあるソフトウェアが削除できるようになった。スキャンには再起動が必要で、起動時に行われる。また、バージョン1607(RS1)以降では、「制限付きの定期的なスキャン」機能が追加され、サードパーティ製セキュリティソフトがインストールされている状況下にあっても、競合しないようにしつつWindows Defenderも併用することができるようになった。主な設定は設定アプリで行える。
Windows ライセンス認証
バージョン1607(RS1)以降より、Microsoft アカウントにデバイスのWindows 10 デジタルライセンスをリンクすることができるようになった。これにより、マザーボードの交換など、ハードウェアを後で大幅に変更した場合は、ライセンス認証のトラブルシューティング ツールを使用して、Windows のライセンス認証をもう一度行うことができる。
市販デモ機能
とある操作を行うことで、デモ機専用モードに切り替えることができる。ただし、この機能は家電店などで展示されているデモ機を前提に搭載されている。保存データがすべて削除され、アカウント名が「古林翔」に変わり、可能な設定や起動アプリが制限される。更に、市販デモ機能を再びオフにする方法が無く、PCのリカバリーを行わなければならなくなるため、通常はオンにすべきではない。ただし、本機能は隠し機能であり、通常の利用でオンにしてしまうことはない。
Microsoft IME
既にサードパーティー製のIMEでは当たり前となっている予測変換、クラウド変換が搭載された。
システム上にインプットされている単語も大幅に増え、クラウド変換をオンにしなくとも、ネットを中心に流行っている言葉、流行語、有名人の名前、アニメのタイトルやキャラクターの名前などが、一発変換できたり、予測変換で表示されることがある。また、機能更新アップデートと共に辞書も更新されている。

廃止された機能[編集]

Windows Media Center
Windows 8/8.1では "Pro Pack"または"Media Center Pack" を購入することで追加が可能であったが、Windows 10では利用率の低下を理由に完全に提供しない[50]
コントロール パネルの一部項目
コントロール パネル自体は廃止されていないが、Windows Updateの項目などがコントロール パネルから削除されたり、デスクトップの右クリック メニュー内の「画面の解像度」や「個人設定」がコントロール パネルではなく設定アプリにリンクされるなど、コントロール パネルへの依存性が低くなっている。アイコンも多少変更されている。
機能更新アップデートごとにさらに多くの項目が設定アプリに移行され、よりコントロール パネルへの依存性が低くなっている。
Modern UI版Internet Explorer
Windows 8/8.1に搭載されていたModern UIのInternet Explorerは廃止され、デスクトップ アプリ版のみに戻った。Modern UIのブラウザはMicrosoft Edgeのみ。
フロッピーディスクドライブ
Windows 8.1まではフロッピーディスクドライブに標準対応していたが、Windows 10では標準対応が打ち切られる。そのため、別途Windows Update経由や製造メーカーサイト経由でドライバーをインストールする必要がある[37]
一部の標準付属デスクトップ アプリ
Windows 8/8.1に標準付属されているアプリにはストア アプリ版と従来のデスクトップ アプリ版の両方が存在していたが、電卓やヘルプとサポート、サウンド レコーダーなどの一部のデスクトップ アプリ版が削除された。機能更新アップデートごとに徐々にストア アプリに切り替わり、従来のバージョンは削除されている。
電卓は LTSB のみデスクトップ アプリ版が引き続き搭載されている(代わりにストア アプリ版は存在しない)。
Windows Updateの自動更新オプション
Windows 8.1まではWindows Updateによる更新方法を自由に変更することができたが、Windows 10からはWindows Updateの運用方法が変更され、更新プログラムの分類である「重要」と「オプション」が1つに統合され、Windows 10 単体では更新プログラムを選択的にインストールすることができなくなった。
また、Home エディションでは自動更新を無効にすることができなくなった。Home ではアップデート ブランチは Current Branch (CB) のみがサポートされており、機能アップグレードは利用可能になると即時にインストールが行われる。Pro、Education、Pro Education および Enterprise エディションを使用している場合はグループ ポリシーで自動更新を無効にしたり、更新方法を変更できるが、WSUS や 新たに発表された Windows Update for Business を利用しない限り、更新プログラムの配信を制御することはできない(選択的なインストールができない)。Pro、Education、Pro Education および Enterprise ではアップデート ブランチを Current Branch for Business (CBB) に変更することで、機能更新アップデートをバージョン1511までは最大8か月(1ヶ月単位で指定)まで、バージョン1607以降では最大180日(1日単位で指定)まで延期することができる。さらに、Enterprise ユーザは Long Term Servicing Branch (LTSB) 専用の SKU を利用でき、Enterprise LTSB はリリースから 10 年間のサポートが行われ、その間に機能更新アップデートは1つも提供されない。
チャーム バー
Windows 10では、アクション センターがチャーム バーに代わって搭載されたため、チャーム バーは廃止された。既存のストア アプリでは、互換性維持のためタイトル バー左上のハンバーガー メニューからチャーム バーの機能が利用できるようになっている。
アプリ バー
ストア アプリで利用できたアプリ バーは廃止され、ハンバーガー メニューに置き換えられた。
OneDriveの一部機能
OneDriveに保存されているファイルの情報の一部を同期し、あたかもローカルに保存されているかのように取り扱う機能である「プレース ホルダー」が廃止された。また、Windows 10にアップグレードすることで、以前のWindowsにインストールされていたOneDriveは削除され、Windows 10のOneDriveに置き換わる。
Windows 転送ツール
OneDriveの進化などにより必要性が薄れたため廃止された。OSインストールイメージ内にも「転送ツール」が含まれていたが、Windows 10で削除されている。同等の機能を使用したい場合は、別途サードパーティー製の転送ツールが必要になる。
Windows フォト ビューアーの一部の関連付け設定
Windows 8/8.1では「フォト」アプリのほかに、Vista/7に引き続いて「Windows フォト ビューアー」が利用可能であったが、10ではTIFFを除いて関連付け設定が削除され、利用できなくなった。
ただし、対応するレジストリ エントリを手動で編集すれば有効化は可能。7/8.1からアップグレードした場合にもレジストリが保持されるため、従来通り利用できる。

カスタマー エクスペリエンス向上プログラム[編集]

Windows 10は、製品とサービス向上のため、デフォルトで以下の情報をマイクロソフトに送信する。

  • 位置情報
  • 入力情報
  • 連絡先
  • カレンダーの予定
  • 音声認識
  • 手書きパターン
  • 広告表示の最適化

これらの情報の送信を望まないユーザーは設定の「プライバシー」で変更することができる[51]。また、IT関連メディアのArs Technicaの調査の結果、プライバシー設定をオフにしても、マイクロソフトのサーバーと通信していることが判明している。Ars Technicaは、送信されるデータに関してプライバシーに大きな問題はないとしながらも、これらの事象に関して疑念を抱いている[52]

批判およびクレーム[編集]

強制アップグレード

Windows 10にはGWXというプログラムでWindows 8.1Windows 7(SP1のみ)からアップグレードできるが、このプログラムのUIの分かりづらさや自動的にアップグレードが予約される機能などからユーザーが意図しないアップグレードが実施され批判が高まった。当初、バージョン1511までは30日以内、バージョン1607以降は10日以内であれば、従来使用していた前OSに戻すためのダウングレード機能が付いているものの、ダウングレードできる旨がアナウンスされているだけであり、その操作手順自体はアナウンスされていなかった時期があった。更に、このダウングレード機能を利用した後に、以前のバージョンのOSが正しく動かない場合もあった。

また、地上デジタル・BS・CSチューナー搭載で、テレビの視聴が可能な機種が強制的にアップグレードされたことで、Media Centerに依存しているなどの理由で、アップグレード前にプリインストールされたソフトウェアがWindows 10に対応していない(Windows 10専用・対応のソフトウェアが提供されていない)ため、テレビ番組の視聴や録画ができなくなる二次被害も発生した。

Linux環境の破壊

2016年8月6日(米国時間)にfossBytesに掲載された記事「Linux Users Claim That Windows 10 Anniversary Update Deletes Dual-boot Partitions」によるとWindows10がLinux環境を削除する恐れがあるとされ、Linuxユーザーからもさらに批判が高まってしまう状況になってしまった[53]。同記事には「Windows10をUbuntuなどの他のOSなどと共存している人はバックアップを勧める」旨も記載されている。

個人情報収集の恐れ

Windows10の使用許諾書には以下のように記載されている。(要約) 「最後にあなたのコンテンツを含む個人データ(例えばあなたの電子メールの内容や―プライベート通信やプライベートフォルダ内のファイル)にアクセスし―開示し、保全する」、この「開示し、保全する」と書かれているところにより、ユーザーに自身の個人情報が収集されてしまうと思われ、更に批判が高まった。

販売形態[編集]

最新の更新プログラムがインストールされているWindows 7 SP1とWindows 8.1 Updateは、Windows 10の発売から1年間はWindows 10に無料でアップグレードでき、一度アップグレードしたPC(実装仮想を問わず[注 6])やタブレット「デバイスが寿命を終えるまで」無料でサポートされるとしている[54]。また、2015年3月に行われた中国でのイベントで、海賊版も無償アップグレードの対象になると発表したが、その後方針が変更され、海賊版からの無償アップグレードは対象外となった[55][56]

なお、DSP版はWindows 7までと同様に周辺機器とのバンドルでの販売が再開される[57]

アップグレード[編集]

前述のとおり、Windows 7 SP1とWindows 8.1 Updateの正規版であれば、2016年7月28日(日本時間7月29日)まではWindows Updateを経由し無償でアップグレード可能だった(後述のアップグレードSKUマップの節も参照)。ただし、ARMアーキテクチャ専用のWindows RT、およびRT 8.1からはアップグレード不可能。XPとVistaではインストールディスクからは個人ファイルのみ引継げる。[58] [59]

OS インストールディスク ISOイメージ Windows Update
Windows Vista以前 クリーンインストールのみ 非対応
Windows 7 対応 対応 要アップデート(SP1を適用すれば無償アップグレード可能)
Windows 7 SP1 対応
(Windows Update利用だと同位→同位のみリリース後1年間無料)
Windows 8 対応 対応 要アップデート(8.1 Updateを適用すれば無償アップグレード可能)
Windows 8.1
Windows 8.1 Update 対応
(Windows Update利用だと同位→同位のみリリース後1年間無料)
Windows RT / RT 8.1 非対応

ただし、Windows 7 SP1やWindows 8.1 Updateが正常に動作し、ハードウェアが後述のシステム要件を満たしていても、ハードウェアやソフトウェアメーカがWindows 10をサポートしていない場合がある[60][61][62]。このため、メーカのサポートページなどに、Windows UpdateのWindows 10アップグレードの通知を止める方法を記載している場合がある[63]

しかし、Windows 10へのアップグレードを正常に停止させることができず、意図せずにWindows 10に更新され、未対応のソフトや周辺機器が使えなくなるトラブルの相談が、消費生活センターや日本マイクロソフトに多数寄せられていたことから、消費者庁が注意喚起を出した[64][65]

エディション[編集]

Windows 10ではパーソナルコンピュータおよびタブレット向けのエディションのほか、スマートフォンおよび小型タブレットファブレットなど)向けのモバイルOSや、エンベデッドシステム向け組み込みOSも、Windows 10のエディションとして提供される。さらにXbox OneMicrosoft Surface HubMicrosoft HoloLensなどの同社製ハードウェアのOSもWindows 10がベースとなっており、マイクロソフトではこの形態を "One Windows" と呼称している[66]。Windows 10では新たに教育現場向けの「Education」エディションが追加された。なお、HomeからProへのステップアップグレードは、Windows 8/8.1 無印をProにする場合は、Windows 8/8.1 Pro Packをパッケージ版でも購入することができアップグレードすることができたが、Windows 10ではステップアップグレード用のパッケージ版は販売しておらず、オンラインを通じてアップグレードする方法しかない(Windows Anytime Upgradeを参照)。また、タブレット向けのARM版Windowsである「Windows RT」は廃止された。

Home(ホーム)
一般消費者(コンシューマ)向けのエディション[67]。Windows 8/8.1(無印、Core)の後継。Windows 10の基本的な機能が含まれる。
Pro(プロ)
一般消費者(主に上級者)、およびビジネス(法人)向けのエディション[67][68]。Windows 8/8.1 Proの後継。Windows 10 Homeの機能に加え、スモールビジネス向けの高度なセキュリティ機能やリモート・モバイルを使ったプロダクティビティ向け対応、デバイス管理、クライアントHyper-V(ハイパーバイザ)、Windows Update for Businessを含む追加機能が含まれる。
Enterprise(エンタープライズ)
企業向けのエディション[67][68]。Windows 8/8.1 Enterpriseの後継となる最上位エディション。企業・団体だけではなく個人でもボリューム ライセンス契約を行うことで利用が可能である。Windows 10 Proのライセンス更新でアップグレードが可能となる(エディション別機能比較表参照)。
Enterprise LTSB(エンタープライズ エルティーエスビー)
Enterprise ユーザーのみ利用できる Long Term Servicing Branch (LTSB) 専用 SKU。このエディションでは後述するアップデート ブランチが LTSB に固定されている[22]
その性格上、Microsoft Edge、Windowsストア、Cortana などのシステム アプリや、ストア アプリのすべてが搭載されておらず[22][21]、検索ボックスでの Web 検索の非サポート、デスクトップ アプリ版電卓の搭載[21]など、他エディションと大きな相違がある。
また、デフォルトでタスク バーにアイコンが1つもピン止めされていないほか、スタート メニューにもタイルがほとんど存在しない[21]
Education(エデュケーション)
教育機関向けのエディション[67]。Windows 10で新たに追加された。機能的にはEnterpriseとほぼ同等だが、モバイル コンパニオンがプリインストールされていなかったり、デフォルトでタスク バーにアイコンが1つもピン止めされていないなど、細かな相違がある。教育機関専用のボリューム ライセンス契約のみ利用できるため、一般には入手できない。Windows 10 Homeのライセンス更新でアップグレードが可能となる(エディション別機能比較表参照)。
Pro Education(プロ エデュケーション)
Windows 10 Anniversary Updateのバージョン1607より追加される教育機関向けの上位エディション。Educationに対し、教育機関向けの管理機能が搭載される。Cortanaが削除され、更にストアのサジェスト機能などの機能も無効化されている。プリインストールでの出荷が基本だが、Windows 10 Proのライセンス更新でアップグレードが可能となる(エディション別機能比較表参照)。

エディション別機能比較表[編集]

下記の表は、各エディションごとの機能の違いを表にまとめたもの[69]

Home Pro Education /
Pro Education
Enterprise /
Enterprise LTSB
供給方法 一般向け
小売OEM
一般・企業向け
(小売、OEM、ボリュームライセンス
教育機関、企業向け
(Enterprise LTSBのみボリュームライセンス専用?)
Windows 10 の主な特徴
x86(32ビット)版 / x64(64ビット)版 x86/x64版 x86/x64版 x86/x64版 x86/x64版
最大CPUソケット数 1 2 2 2
最大物理メモリ容量 (RAM)(x64版)[70] 128 GB 2 TB 2 TB 2 TB
最大物理メモリ容量 (RAM)(x86版)[70] 4 GB 4 GB 4 GB 4 GB
カスタマイズ可能なスタート メニュー 対応 対応 対応 対応
Windows Defender & Windows ファイアウォール 対応 対応 対応 対応
Hiberboot と InstantGo によるすばやい起動 対応 対応 対応 対応
TPM のサポート 対応 対応 対応 対応
バッテリー節約機能 対応 対応 対応 対応
Windows Update 対応 対応 対応 対応
Cortana 対応(一部の地域を除く) 対応(一部の地域を除く) 対応(一部の地域、Pro Educationを除く) 対応(一部の地域、LTSBを除く)
Windows Hello 対応 対応 対応 対応
仮想デスクトップ 対応 対応 対応 対応
スナップ アシスト(1 画面で 4 つのアプリまで) 対応 対応 対応 対応
複数のモニターをまたいだスナップ 対応 対応 対応 対応
OneDrive 対応 対応 対応 対応
Microsoft Edge 対応 対応 対応 対応(LTSBは除く)
Continuum 対応 対応 対応 対応
Windows スポットライト 対応 対応(Build 10547以降) 対応(Build 10547以降、Pro Educationは除く) 対応(Build 10547以降、LTSBは除く)
ときどきスタート画面におすすめを表示する 対応 対応(Build 10547以降) 対応(Build 10547以降、Pro Educationは除く) 対応(Build 10547以降、LTSBは除く)
Windows Ink[71] 対応(Build 14328以降) 対応(Build 14328以降) 対応(Build 14328以降) 対応(Build 14328以降、LTSBは除く)
Windows 10 のビジネス向け機能
デバイスの暗号化 対応 対応 対応 対応
ドメイン参加 非対応 対応 対応 対応
グループ ポリシー管理 非対応 対応 対応 対応
BitLocker 非対応 対応 対応 対応
Enterprise Mode IE (EMIE) 非対応 対応 対応 対応
Assigned Access 8.1 非対応 対応 対応 対応
リモート デスクトップ クライアントのみ クライアントとホスト クライアントとホスト クライアントとホスト
クライアント Hyper-V 非対応 対応(x64版専用) 対応(x64版専用) 対応(x64版専用)
Nested Hyper-V[72] 非対応 対応(x64版専用)
(Build 10565以降)
対応(x64版専用)
(Build 10565以降)
対応(x64版専用)
(Build 10565以降)
Hyper-V マネージャー 非対応 対応 対応 対応
ISOおよびVHDのマウント 対応 対応 対応 対応
VHDからのブート 非対応 対応 対応 対応
Direct Access 非対応 非対応 対応 対応
基幹業務アプリのサイドローディング 対応 対応 対応 対応
モバイル デバイス管理 対応 対応 対応 対応
Workplace Join 対応 対応 対応 対応
Azure Active Directory への参加と、
クラウドでホストされているアプリへのシングル サインオン
非対応 対応 対応 対応
Windows 10 用ビジネス ストア 非対応 対応 対応 対応
Microsoft Passport 対応 対応 対応 対応
Enterprise Data Protection 非対応 対応 対応 対応
Windows Update for Business 非対応 対応 対応 対応
Windows To Go Creator 非対応 非対応 対応 対応
Windows Subsystem for LinuxBash[73] 対応(Build 14316以降) 対応(Build 14316以降) 対応(Build 14316以降) 対応(Build 14316以降、LTSBは除く)
AppLocker 非対応 非対応 対応 対応
BranchCache 非対応 非対応 対応 対応
グループ ポリシーによるスタート画面の制御 非対応 非対応 対応 対応
きめ細やかな UX 制御 非対応 非対応 対応 対応
Credential Guard 非対応 非対応 対応 対応
Device Guard 非対応 非対応 対応 対応
Home から Education Edition に簡単にアップグレード 対応 非対応 対応
(Pro Educationは非対応)
非対応
Pro から Pro Education Edition に簡単にアップグレード 非対応 対応 対応
(Educationは非対応)
非対応
Pro から Enterprise Edition に簡単にアップグレード 非対応 対応 非対応 対応
(LTSBは非対応)
Current Branch for Business (CBB) 非対応 対応 対応 対応
Long Term Servicing Branch (LTSB) 非対応 非対応 非対応 対応(専用SKU)

アップグレード SKU マップ[編集]

次の表はWindows 7 SP1、Windows 8.1 Updateの各種エディションからアップグレードする場合のWindows 10のエディションの対応表である。下記以外のOSは無償アップグレードに対応しない[74]。なお、Windows 8.1 Pro Studentは日本のオンラインショップでは販売していない、学生向けのWindows 8.1 Professional(アカデミック版とは違う)。

OS アップグレード元 無償アップグレード先 アップグレード可能なエディション
(DSP版、リテール版からの場合)
Windows 7 Starter Windows 10 Home Windows 10 Home, Pro
Home Basic
Home Premium
Professional Windows 10 Pro Windows 10 Pro, Enterprise, Pro Education
Ultimate
Windows 8.1 無印 Windows 10 Home Windows 10 Home, Pro
with Bing
Pro Windows 10 Pro Windows 10 Pro, Enterprise, Pro Education
Pro Student
Pro WMC(Pro with Media Center)
注意
元のOSから無償アップグレードした場合のアップグレード先のエディションは、元のエディションにより1種類に限定されているが、別途Windows 10のインストールディスクを購入した場合、アップグレード可能なエディションのいずれかであればアップグレード可能である。たとえばWindows 8.1(無印)を使っているユーザーが、Windows 10 Proのインストールディスクを購入し、Windows 8.1が動いているPCにインストールした場合、Windows 8.1からWindows 10 Proにアップグレード可能である。
なお、Windows 10にアップグレードした直後からバージョン1511までは30日以内、バージョン1607以降は10日以内であれば、「設定」の「更新とセキュリティ」の「回復」から元の環境(7、または8.x)に戻すことが可能となるが、Windows 10で「新しいユーザーアカウントを追加する」、または「リセットを実行する」のいずれかを実行した場合は「Windows.old(以前の Windows イメージファイル)が破損/削除されている」と表示され、復元機能が利用不可となる制限がある[75]。また、ディスクのクリーンアップから「以前の Windows のインストール」または「一時 Windows インストール ファイル」を削除した場合も、元のOSに戻すことができなくなる[注 7]
一度でも、Windows 10 に無償アップグレードした PC は再インストールすることが可能であり、元の OS に戻した後に Windows 10 を再インストールしたり、Windows 10 のクリーン インストールを実行することが可能[74][76](クリーンインストールの場合、アップグレード元のWindows 7/8.1が32ビット版でも、Windows 10対応エディションの64ビット版に変更することも可能[77])。また、Windows 7 SP1 もしくは Windows 8.1 Update から Windows 10 へ無償アップグレードを行うと、マイクロソフトのライセンス認証サーバにデバイスの「デジタル登録情報」が作成される。デジタル登録情報は、Windows 10 で導入された新たなライセンス認証方式であり、一度でも無償アップグレードを実行したデバイスではデジタル登録情報によって自動的にオンラインでライセンス認証が行われるため、Windows 10 を再インストールする際にプロダクト キーの入力が不要となる[78][79]。ただしインストールメディアは、市販のUSBメモリ(未使用時最低4GB以上必要)やDVD-RBD-Rなどのブランクメディアに作成・保存し、用意しておく必要がある。
また、ハードディスクドライブマザーボードの交換など、デバイスのハードウェア構成を大幅に変更した場合には、デジタル登録情報が無効となり、Windows 10 のライセンス認証は無効になる可能性がある。その場合は、サポートに連絡して電話でのライセンス認証を受ける必要がある[78][80][79]。RS1以降のバージョンにおいては、Microsoft アカウントをログインに使用している場合、アカウントに登録されている情報からライセンス認証を再び受けられることがある[81]。なお、無償アップグレード ライセンスを新たに構成したデバイスに流用することは認められておらず、その場合は Windows 10 のコピーを新たに購入する必要がある[82]
Windows 7 Enterprise および Windows 8/8.1 Enterprise は無償アップグレードの対象外だが、ボリューム ライセンスで有効なソフトウェア アシュアランス (SA) を契約していれば、無償アップグレードに関係なく、SA の特典として Windows 10 Enterprise にアップグレードできる[37]
Windows 10 Anniversary Updateの提供開始直後、アプリやデータをOSと別パーティションに保存したSSDドライブにAnniversary Updateをインストールしたシステムにおいて、フリーズが発生するなどといった問題が報告されている[83]

ダウングレード[編集]

Windows 10 Pro のOEM版および、Education、Enterprise を含むボリュームライセンス版に限り、旧バージョンのWindowsへのダウングレードが認められる。

  • OEM(メーカー製PCのプリインストール)版の Windows 10 Pro
    Windows 8 Pro / 8.1 Pro、Windows 7 Professionalにダウングレード可能。
  • ボリュームライセンスプログラムの Windows 10 Pro および Windows 10 Education / 10 Enterprise
    Windows 95までダウングレード可能(ただしWindows Meは例外)。

いずれもライセンス上の規定であり、行使するには旧OSのインストールメディアおよびプロダクトキーを別途用意する必要がある。なお、ボリュームライセンス版のXP以降については認証方法が通常の製品とは異なっており、専用のインストールメディアとプロダクトキーが用意されている。

2016年4月時点では、法人向けPCメーカー製の一部機種でダウングレード権を適用してWindows 8 Pro / 8.1 Pro、もしくはWindows 7 Professionalを初期インストールしたPCが発売されている(実際の製品としてはWindows 7 Professionalへのダウングレードがほとんどである)[84][85][86]。なお、その場合でもユーザーはWindows 8 Pro / 8.1 Pro、およびWindows 7 Professionalのプロダクトキーを入手することはできず、当該PCに対しては、別途インストールメディアおよびプロダクトキーを入手しない限り、プロダクトキー入力が必要となるクリーンインストールはできない。

このほか、法人向け・個人向けに関わらずインテルの「Kaby Lake」以降、AMDの「Bristol Ridge」以降の各種次期マイクロアーキテクチャなどが採用された最新のCPUを各種搭載済みのメーカー製PC、または最新のCPUを組み込んだ自作PCについては、Windows 10のみのサポートとなるため、Windows 8.1(Update)以前のWindowsへのダウングレード、およびクリーンインストールは事実上、不可能となる。

アップデートとサポート[編集]

Windows 10 では Windows as a Service(サービスとしての Windows)という新たなコンセプトのもと、ローリング・リリースモデルを新たに採用しており、従来の数年おきのメジャーアップグレードリリースを廃し、Windows Update により機能改善や新機能を含むOSのアップデートが継続的に無償で行われるようになっている。

また、Home エディションでは自動更新をオフにすることはできず、更新プログラムを選択してインストールすることは WSUS および Windows Update for Business で管理される場合のみ可能となった。通常の Windows Update を利用している場合は選択的なインストールはできず、すべての更新プログラムが自動でインストールされる。ユーザは特に意識することなく、Windows 10 は常に最新の状態に保たれるようになっているが、企業では機能アップグレードの展開には検証期間を必要としたり、ミッションクリティカルな運用のため機能アップグレードは受け取りたくないといったニーズがある。そのため、Windows 10 では後述する Insider Preview を含めた4つのブランチが用意された。

Windows 10 のサポートとアップデート ブランチ[22][17][87][88][89][90][91][92][7][8]
アップデート ブランチ Windows Insider Preview Branch (WIPB)
開発版
"早期テスト プログラム"
Current Branch (CB)
最新モデル
"コンシューマー向け"
Current Branch for Business (CBB)
企業向け最新モデル
"ビジネス ユーザー向け"
Long Term Servicing Branch (LTSB)
固定モデル
"IoTを含む特定システム向け"
エディション Home  
Pro  
Education / Pro Education  
Enterprise  
  Enterprise LTSB
重要な更新プログラム
セキュリティ更新や安定性の向上
自動 自動 自動(制御可能) 無制限の延期可能
機能アップグレード
新機能や機能改善アップデート
継続的に利用可能
Rerease Preview/Slow/Fastのいずれかのリングを選択)
自動(延期可能) なし。LTSB間のインプレース アップグレードのみ
リリース サイクル 継続的なリリース 年に2 - 3回(WIPBによる評価後) CBから約4か月後(CBによる検証後) 2 - 3年に1回[注 8]スナップショット
機能アップグレードの適用猶予期間 リリースから4か月以内 リリースから最大8か月以内
アップグレードのサポート 継続的なアップデート 継続的なアップデート、もしくはLTSBへのインプレース アップグレード 最新の3つのLTSBバージョンへのインプレース アップグレード
サポート期間 公式サポートは存在せず、フォーラムでの互助が基本となる 機能アップグレード猶予期間内(機能アップグレードが受け取れない場合は、そのデバイスにおけるサポートはセキュリティ強化プログラムを除き終了) リリースから5年間のメインストリーム サポート + 5年間の延長サポート
アップデート方法 Windows Update Windows Update
Windows Update for Business
Windows Server Update Services
Windows Update for Business
Windows Server Update Services

更新プログラムの提供方法も変更された。Windows 10 の更新プログラムは累積的であり、パッケージには過去にリリースされたすべての修正(セキュリティ アップデートおよびセキュリティ以外)が含まれる[93][22][7][8]。過去にリリースされた Windows 10 の累積的な更新プログラムを既にインストールしている場合は、新たな累積的な更新プログラムがリリースされたとき、新しい修正のみがダウンロードされ、コンピューターにインストールされる[93]。そのため、ユーザが新たに Windows 10 環境を展開した場合でも、最新の累積的な更新プログラムを1回適用するだけで済み、何度も Windows Update を実行する必要がなくなる。Windows 10 の更新プログラムは Windows Update からのみ提供され、Microsoft ダウンロード センターでは入手できなくなった。手動で更新プログラムを入手したい場合は、Microsoft Update カタログを利用する[93]

Windows 10 がサポートを受け続けるためには、BIOS、およびマザーボードにWindows 10に対応した最新のファームウェアに書き換えられていること、および各種デバイスに最新の更新プログラムをインストールしていることが必須条件となる[7][8]。ただし、マイクロソフトはデバイスのハードウェアに互換性がない場合、最新のドライバーが不足している場合(主に独自のデバイス(例:TVチューナーモジュール、Felicaポート、アプリケーションのワンタッチアクセス用のハードウェアキーなど)を搭載した日本国内市場向けの日本の大手メーカー製PCが顕著)、およびOEM のサポート期間が終了している場合は、デバイスは更新プログラムを受け取ることができない可能性があるとしており[7][8]、このようなシナリオではデバイスはサポートを受け続けることが出来ず、そのデバイスにおける Windows 10 のサポートはセキュリティの強化に伴うプログラムの更新を除き終了する。

2016年7月29日、日本の大手PCメーカーの東芝クライアントソリューション東芝)は、Windows 10が最初からプリインストールされていない同社製の従来の機種(具体的にはWindows 8.1以前のWindowsがプリインストールされた2015年夏モデル以前の機種・バージョン1507・TH1リリース時に対応機種であったものも含む)に関してはAnniversary Update(バージョン1607・RS1)以降のWindows 10へのアップグレード、およびアップデートを正式にサポートしないことを表明している[94]。前述の通り、デバイスが寿命を終えるか機能アップグレードやセキュリティ更新プログラムを正常に適用できる限り動作はするが、メーカー保証はなくなり自己責任扱いとなる。

バージョン履歴[編集]

Windows Insider Preview Branch (WIPB)[編集]

Threshold 1[編集]

凡例:
旧バージョン
以前のバージョン、サポート中
最新バージョン
最新プレビュー版
将来のリリース

Threshold 2[編集]

凡例:
旧バージョン
以前のバージョン、サポート中
最新バージョン
最新プレビュー版
将来のリリース

Redstone 1[編集]

凡例:
旧バージョン
以前のバージョン、サポート中
最新バージョン
最新プレビュー版
将来のリリース

Redstone 2[編集]

凡例:
旧バージョン
以前のバージョン、サポート中
最新バージョン
最新プレビュー版
将来のリリース

Current Branch (CB)[編集]

凡例:
旧バージョン
以前のバージョン、サポート中
最新バージョン
最新プレビュー版
将来のリリース
Current Branch (CB)
バージョン
ビルド
コード ネーム
リリース日 備考
以前のバージョン、サポート終了: 10.0.10240
ビルド 10240
Threshold 1 (TH1)
2015年7月29日[5]

released in July 2015(2015 年 7 月リリース)。

以前のバージョン、サポート終了: 10.0.10586
バージョン 1511
ビルド 10586
Threshold 2 (TH2)
2015年11月12日[5]

Windows 10 November update(Windows 10 の 11 月の更新プログラム)。

現在の安定版: 10.0.14393
バージョン 1607
ビルド 14393
Redstone 1 (RS1)
2016年8月2日[5]

Windows 10 Anniversary Update。

Current Branch for Business (CBB)[編集]

凡例:
旧バージョン
以前のバージョン、サポート中
最新バージョン
最新プレビュー版
将来のリリース
Current Branch for Business (CBB)
バージョン
ビルド
コード ネーム
リリース日 サポート終了日 備考
以前のバージョン、まだサポート中: 10.0.10240
ビルド 10240
Threshold 1 (TH1)
2015年7月29日[5] 2017年5月予定[248][249]

released in July 2015(2015 年 7 月リリース)。

以前のバージョン、まだサポート中: 10.0.10586
バージョン 1511
ビルド 10586
Threshold 2 (TH2)
2016年4月8日[5][250] 未定

Windows 10 November update(Windows 10 の 11 月の更新プログラム)。

現在の安定版: 10.0.14393
バージョン 1607
ビルド 14393
Redstone 1 (RS1)
2016年11月29日[5] 未定

Windows 10 Anniversary Update。

Long Term Servicing Branch (LTSB)[編集]

凡例:
旧バージョン
以前のバージョン、サポート中
最新バージョン
最新プレビュー版
将来のリリース
Long Term Servicing Branch (LTSB)
バージョン
ビルド
コード ネーム
リリース日 延長サポート終了日 備考
以前のバージョン、まだサポート中: 10.0.10240
ビルド 10240
Threshold 1 (TH1)
2015年7月29日[5] 2025年10月14日[7]

2015 LTSB。

現在の安定版: 10.0.14393
バージョン 1607
ビルド 14393
Redstone 1 (RS1)
2016年8月2日[5][251] 2026年10月13日[7]

Windows 10 Anniversary Update(2016 LTSB)。

システム要件[編集]

発売当時の2015年7月29日に発表した時点のシステム要件[37][252]

Windows 10 最小ハードウェア仕様要求
32 ビット 64 ビット
プロセッサ 1 GHz 以上のPAE、NX、SSE2を搭載するx86互換CPUまたはSoC 1 GHz 以上のPAE、NX、SSE2を搭載し、CMPXCHG16b、LAHF/SAHF、PrefetchW命令をサポートするx64互換CPUまたはSoC
物理メモリ 1 GB 以上
(※ Anniversary Update(RS1)以降は2 GB 以上)
2 GB 以上
グラフィック DirectX 9.0 以降をサポートする GPU
ストレージ 16 GB 以上 20 GB 以上
画面解像度 800 x 600 以上
画面サイズ 8 インチ以上

Insider Program[編集]

Insider Program(インサイダー プログラム)は、登録者がWindows製品のプレリリース (Insider Preview) をいち早く利用し、不具合の報告・要望などのフィードバックをMicrosoftに送信することで、開発への協力が行えるプログラム。2014年9月30日のWindows 10の発表イベント後に登録が開始された。Microsoft アカウントを所有し、14歳以上であれば誰でも無料で参加することができるが、このプログラムで配布されるWindowsは正式版ではなく、あくまでプレビュー版であるため、PCに関するある程度の知識を持ち、いかなる不具合が発生しても対処できる者を対象としている。また、通常利用するPCにインストールせず、テスト用PCまたはハイパーバイザ(例:クライアントHyper-VVMwareVirtualBoxなどの仮想化ソフトウェア)を利用することが好ましい(ストレージ周りの不具合の可能性から、特にFastリングではマルチブートはあまり好ましくない)。アップデートはWindows Updateによって配信されるが、ISOイメージも随時公開されており、これによるアップデートやクリーンインストールを評価する事もできる。Windows 10のリリース後もInsider Programは継続しており、Windows 10は小規模なアップデートが定期的に行われるため、それに先行してプレビュー版を登録者にリリースし、機能の評価や問題のフィードバックを行う。また、日本語版Cortanaは同プログラム登録者に先行して提供された。これらのバージョン履歴は上記にあげている。

安定度と先行度のどちらを優先するかに応じて、次の3種のリングが存在する。他のリングからRelease Previewリングへの直接変更は、リリース前後の両者のビルドが一致するタイミングでのみ可能であり、それ以外のタイミングで変更するには再インストールからやり直す必要がある。

リング 安定度 先行度
Release Preview 高(ほぼCBと同等) 低(ほぼCB化直前のみ)
Slow 中〜高(リリース直前にはRPと同等)
Fast 低〜高(リリース直前にはRPと同等)
(新バージョンの初期にはOS機能でさえ既知の不具合に挙がる事もある[注 12])

沿革[編集]

年表[編集]

2014年
  • 10月1日 - Windows 10が次期Windowsとして発表され、Windows 7までに搭載されていたスタート メニューが再び搭載されることを含めた新機能が発表された。
2015年
  • 1月21日 - Windows 7/8/8.1およびWindows Phone 8.1の購入者に対し、発売開始から1年間は無償でWindows 10へのアップグレードプログラムを提供することが発表された[253][254]。ただし、企業向けのWindows 10は1年間の無償アップグレードの対象外となる。
  • 3月18日 - 中国で開催された「WinHEC 2015」にて、同年夏(7月 - 8月頃)を目途に190か国と111の言語で発売することが発表された[255]
  • 5月14日 - Windows 10のエディション構成 (SKU) が発表された。
  • 6月1日 - Windows 7 SP1/8.1 Updateからの無償アップグレードプログラムの事前予約を開始。同年7月29日から1年間限定で無償アップグレード可能となることが決定した。
  • 7月29日(日本時間7月30日) - Home, Proの2015年7月リリース(以下「TH1」)が提供開始。
  • 8月1日 - DSP版が発売。Enterprise, Educationの各「TH1」およびEnterprise 2015 LTSBが提供開始。
  • 8月5日 - Service Release 1 (Cumulative Update for Windows 10) がリリース[256]
  • 8月27日 - Windows 10の一般公開後、4週間で7,500万デバイスで稼働しているとマイクロソフトが発表[257]。古いデバイスでは、Windows Vista時代の2007年製造のPCからも、全ての機種ではないがアップグレードされている。また、Windows XP時代の一部の機種(Windows Vista Capable PC)の2006年製造のPCからもWindows Vista→Windows 7を経由したアップグレード・新規インストールも全ての機種ではないが、可能であることが確認されている。処理速度も、Windows Vistaよりも若干軽快になっている。
  • 9月4日 - リテール版、およびダウンロード版が発売開始。なお、リテール版は今回よりDVD-ROMからUSBメモリに変更(ただし、上記のDSP版はこれまで通りDVD-ROMを継続提供)となり、x64版とx86版が1つのUSBメモリにまとめて収録される形態となる[258]
  • 11月6日 - 同日の出荷分よりWindows 10 Homeのみリテールパッケージ版、およびダウンロード版の希望小売価格が改定され、13,800円(税別)から17,600円(税別)へ値上げとなる。ただし、リテールパッケージ版、およびダウンロード版のWindows 10 Proの希望小売価格は改定されず、これまで通り25,800円(税別)と据え置かれる。日本マイクロソフトとしては値上げの理由を明らかにしていないが「動的に変化する市場において、お客様に提供される価値と価格のバランスを考慮しながら定期的に価格を見直しており、今回の価格変更はこの見直しによるもの。なお2016年7月28日までは期間限定でWindows 10のアップグレードを無償提供する。是非この無償アップグレードの機会をご利用いただければ幸いである」とコメントしている[259][260]
  • 11月13日(日本時間11月14日) - 初の大型アップデートとなる2015年11月リリース(バージョン 1511 OSビルド 10586(以下「TH2」))の提供開始。当初はWindows Insider ProgramのOSビルド 10565同様、プロダクトアクティベーションの方式が変更され、ダウンロードしたTH2適用済みのWindows 10のISOファイルを利用してクリーンインストールを行う際、既に所有済みの正規版のWindows 7、もしくはWindows 8/8.1の各プロダクトキーを利用して直接プロダクトアクティベーションが可能となっていたが[261]、その公開から数日後、諸般の事情により公開中止となり、Media Creation Toolを使用しても7月29日時点で提供されたバージョンに該当する「TH1」相当のインストールメディアの作成に戻される形となった。なお、Media Creation Tool経由でWindows 10をインストールして「TH2」相当の最新状態にする場合、一旦「TH1」のインストールを完了させた後にWindows Update経由を用いたアップデートが必要となる[262]。11月25日、問題の修正を行ってバージョン 1511の配布が再開された。Media Creation Tool経由でも後日、配信を再開した。また、アップデートを済ませたユーザーに対してもCumulative Update(KB3120677)が配布されている[263]
2016年
  • 1月4日 - Windows 10の月間稼働端末(monthly active devices)が2億台を突破したとマイクロソフトが発表[264]
  • 2月1日(日本時間2月2日) - Windows 7 SP1/8.1 Updateからの無償アップグレードが「Windows Update」の「オプションの更新プログラム」(手動でインストールするプログラム)に変更となり、更には、「推奨される更新プログラム」に格上げとなる[265]
  • 3月1日(日本時間3月2日) - 米Net Applicationsの調査によると、同年2月のデスクトップOSシェアでWindows 10が初めてWindows XPを抜き、2位のシェアとなる(この時点でのシェア首位はWindows 7)[266]
  • 3月30日(日本時間3月31日) - 年次開発者会議「Build 2016」の基調講演でWindows 10の次期大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」(以下RS1)を公式発表[267]
  • 7月28日(日本時間7月29日) - Windows 7 SP1/8.1 Updateからの無償アップグレードプログラムの提供終了。無償提供終了後のアップグレードは基本的に有償(アップグレード版は提供されず、リテール版およびダウンロード版またはDSP版を購入)となるが、例外として障害者向けの支援技術製品の利用者はそれ以降も無償でアップグレード可能。
  • 8月2日(日本時間8月3日) - RS1適用済みのWindows 10の提供開始。これに伴い、Windows 10 Educationの上位エディションとしてWindows 10 Pro Educationが新たに追加される。
  • 10月7日 - RS1適用済みのWindows 10のリテール版、およびダウンロード版が発売開始。
  • 10月26日(日本時間10月27日) - ニューヨーク市内で「What's next for Windows 10」と題したプレス向けイベントを開催。Windows 10の次期大型アップデート「Windows 10 Creators Update」(以下RS2)を公式発表[268]
2017年
  • 5月中(予定) - 2015年7月リリースのPro以上の各エディションのWindows 10のCBBサポートが終了[249]
2020年
  • 10月13日(予定、日本時間10月14日) - 「TH1」およびIoTを含む2015 LTSBのメインストリーム サポートの終了[7][8]
2021年
  • 10月12日(予定、日本時間10月13日) - IoTを含む2016 LTSBのメインストリーム サポートの終了[7][8]
2025年
  • 10月14日(予定、日本時間10月15日) - 「TH1」およびIoTを含む2015 LTSBの延長サポートの終了[7][8]
2026年
  • 10月13日(予定、日本時間10月14日) - IoTを含む2016 LTSBの延長サポートの終了[7][8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ビルド 9879までは6.4であった。
  2. ^ Windows 7/8/8.1の日本語環境でのシステム フォントであったメイリオおよび Meiryo UI においては、マシュー・カーターが開発した"Verdana"をベースとした独自の欧文グリフを採用しており、"Segoe UI" を採用する英語などの欧米言語版とは異なっていた。
  3. ^ %SystemRoot%\SystemAppsに格納されているアプリ。ただしEdgeを除く
  4. ^ Windows 10専用という訳ではなく、Windows 8.1でもストアから入手すれば使用可能である
  5. ^ 写真などで偽装できないよう、赤外線帯域まで使用している為。
  6. ^ EULA中で仮想PCを含むデバイスが対象である旨明記されている
  7. ^ Windows 9x系やXPでは制限なく以前のバージョンに戻すことができたが、Windows Vistaから8.1まではOS側の制限で以前のバージョンに戻すこともできなかった。
  8. ^ 2 回目のリリースのみ、初回リリース後の 12 か月間にリリース
  9. ^ IPフォーラムの記事「ペイントがPaint 3D Previewに置き換わってお困りの方へ(後略)」によれば、少なくとも2016年12月20日の時点では日本語化されている。また少なくとも2017年2月5日の時点でPreview表記は削除されている。
  10. ^ 日本語版の電源制御については、公式フォーラムに「試したが動作しない。正しい方法を教えて。」といった趣旨の投稿があるが、回答は得られていない。
  11. ^ フィードバック上での議論などから、あくまでもWebなどからダウンロードしたファイルを不用意/自動的にインストールするのをブロックする機能であり、ローカルファイルでのインストールには影響を与えないと見られる。
  12. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14257 (en) 2016年8月30日閲覧、など。

出典[編集]

  1. ^ Windows 10 hits RTM milestone ahead of July 29th launch”. WinBeta. 2016年11月10日閲覧。
  2. ^ Hello World: Windows 10 Available on July 29”. windows.com (2015年6月1日). 2016年11月10日閲覧。
  3. ^ Windows 10 の更新履歴”. Windows ヘルプ. マイクロソフト. 2016年3月10日閲覧。
  4. ^ Windows 10 update history”. Windows Help. Microsoft. 2017年1月28日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i Windows 10 release information - current branch, build history”. Windows TechCenter. マイクロソフト. 2016年5月13日閲覧。
  6. ^ Dona, Sarker (2017年3月20日). “Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15063 for PC and Mobile”. Windows Experience Blog. マイクロソフト. 2017年3月21日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k マイクロソフト サポート ライフサイクル”. マイクロソフト (2015年6月22日). 2015年8月8日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i Windows ライフサイクルのファクト シート”. Windows ヘルプ. マイクロソフト (2015年8月). 2015年8月8日閲覧。
  9. ^ “Windows 10は7月29日公開決定”. PC Watch. (2015年6月1日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150601_704811.html 2015年6月13日閲覧。 
  10. ^ “日本MSは、いつWindows 10“発売”イベントを開催するか?”. アスキー・メディアワークス. (2015年6月5日). http://ascii.jp/elem/000/001/015/1015279/ 2015年6月13日閲覧。 
  11. ^ “DSP版Windows 10は8月1日発売、発売記念前夜祭も秋葉原で開催”. Impress Watch. (2015年7月24日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150724_713286.html 2015年7月25日閲覧。 
  12. ^ 障碍者向け支援技術製品をご利用のお客様向け Windows 10 無償アップグレード
  13. ^ “【速報】次期Windowsの名称は「Windows 10」”. Impress PC Watch. (2014年10月1日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20141001_669238.html 2014年10月1日閲覧。 
  14. ^ “「Windows 10テクニカルプレビュー」ファーストインプレッション”. Impress PC Watch. (2014年10月2日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/20141002_669528.html 2014年10月2日閲覧。 
  15. ^ 常に最新のイノベーションを提供する "Windows as a Service"”. 中堅中小企業向けビジネスソリューション. マイクロソフト. 2015年10月23日閲覧。
  16. ^ a b “バージョンアップよさらば―Windows10のリリース以降、Windowsはサービスになる”. TechCrunch. (2015年5月12日). http://jp.techcrunch.com/2015/05/12/20150511with-windows-10-the-os-becomes-a-service-instead-of-a-series-of-major-releases/ 2015年5月12日閲覧。 
  17. ^ a b 高添修 (2015年6月8日). “Windows 10 “Windows as a Service” (PDF)”. de:code 2015. 日本マイクロソフト. 2015年7月30日閲覧。
  18. ^ 荒井省三 (2015年8月18日). “Windows 7 から Windows 10 で変わる 10 のポイント”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年8月21日閲覧。
  19. ^ “Microsoft unveils Windows 10 system with Start Menu.”. BBC News. (2014年9月30日). http://www.bbc.com/news/technology-29431412 2014年11月20日閲覧。 
  20. ^ “スタートメニューが帰ってきた デスクトップ復権! 「Windows 10」の新機能をチェック”. ITmedia. (2015年3月27日). http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1410/01/news040.html 2015年3月27日閲覧。 
  21. ^ a b c d e f g 池畑沙姫 (2015年10月5日). “Windows 10 コラム 第2回 「Windows 10 Enterprise vs Enterprise LTSB」”. Microsoftコラム ちょい足しノウハウから最新情報まで. NTTデータ先端技術. 2015年10月22日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g h i Windows 10 のサービスの概要”. TechNet. マイクロソフト (2015年9月24日). 2015年10月22日閲覧。
  23. ^ “Announcing Windows 10 Insider Preview Build 10130 for PCs”. Blogging Windows. (2015年5月30日). http://blogs.windows.com/bloggingwindows/2015/05/29/announcing-windows-10-insider-preview-build-10130-for-pcs/ 2015年5月30日閲覧。 
  24. ^ Sarkar, Sangeeta (2015年8月4日). “Windows 10 Pro - No Windows Spotlight option in Lock Screen”. マイクロソフト コミュニティ. マイクロソフト. 2015年8月21日閲覧。
  25. ^ Windows 10にはロックスクリーンに美麗画像をオススメ・変更してくれる機能「Windows Spotlight」が搭載される”. GIGAZINE (2015年4月30日). 2015年8月21日閲覧。
  26. ^ a b c 阿久津良和 (2015年9月21日). “【レビュー】短期集中連載 Windows 10 Insider Previewを試す(第31回) - リリース間近? ビルド10547登場”. マイナビニュース (マイナビ). http://news.mynavi.jp/articles/2015/09/21/windows10/ 2015年10月15日閲覧。 
  27. ^ ときどきスタート画面におすすめを表示する方法<Windows 10>”. サポート情報. 東芝 (2015年7月29日). 2015年8月21日閲覧。
  28. ^ ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) 向けアプリの開発
  29. ^ ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリのガイド - Windows app development
  30. ^ その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(48):厳選! 人に教えたくなる、Windows 10の七不思議 (1/4) - @IT
  31. ^ “Microsoft、新ブラウザ「Spartan」(コードネーム)を正式発表”. ITmedia. (2015年1月22日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1501/22/news047.html 2015年3月18日閲覧。 
  32. ^ 物江修 (2015年8月7日). “Edge と IE:まるっと理解する、Windows 10 に搭載される Web ブラウザーについて”. monoe's blog. MSDN Blogs. 2015年8月21日閲覧。
  33. ^ 春日井良隆 (2015年6月8日). “マイクロソフトのWebブラウザのいままでとこれから (PDF)”. de:code 2015. 日本マイクロソフト. 2015年8月21日閲覧。
  34. ^ Foley, Mary Jo (2015年6月10日). “「Edge」ブラウザ、「Windows 10 Enterprise」顧客の一部には提供されず”. ZDNet Japan. CBS Interactive (朝日インタラクティブ). http://japan.zdnet.com/article/35065703/ 2015年8月21日閲覧。 
  35. ^ Updates from the “Project Spartan” Developer Workshop” (2015年3月25日). 2015年3月28日閲覧。
  36. ^ Windows 10にはDVD再生機能ナシ、Microsoftは有料のDVD再生アプリ「Windows DVD Player」をリリース - GIGAZINE”. GIGAZINE (2015年8月10日). 2016年11月26日閲覧。
  37. ^ a b c d Windows 10 の仕様とシステム要件”. マイクロソフト. 2015年7月30日閲覧。
  38. ^ 【レビュー】Windows 10 Insider Previewを試す(第34回) - 仮想マシン上で仮想マシンが動く「Nested Hyper-V」”. マイナビニュース (2015年10月23日). 2015年11月3日閲覧。
  39. ^ 【レビュー】ストアアプリとして生まれ変わったマインスイーパー「Microsoft Minesweeper」 - 窓の杜”. インプレス (2014年7月30日). 2017年1月6日閲覧。
  40. ^ ASCII.jp:Windows 10では「ソリティア」が復活!?|ここが変わったWindows 10”. KADOKAWA (2015年5月13日). 2017年1月6日閲覧。
  41. ^ Microsoftの進化したソリティアが1億ユーザー突破し新ゲームモードを追加予定 - GIGAZINE”. GIGAZINE (2016年9月1日). 2017年1月6日閲覧。
  42. ^ Solitaire, Minesweeper, and Hearts - Windows Help”. Microsoft (2016年9月1日). 2017年1月6日閲覧。
  43. ^ “Microsoftが顔を見せるだけでログインできる生体認証「Windows Hello」を発表”. GIGAZINE. (2015年3月18日). http://gigazine.net/news/20150318-microsoft-windows-hello/ 2015年3月18日閲覧。 
  44. ^ “マイクロソフト、「Windows 10」でディスク使用量を大幅削減へ”. ZD Net Japan. (2015年3月17日). http://japan.zdnet.com/article/35061850/ 2015年3月18日閲覧。 
  45. ^ “「Windows 10」、最高15.6Gバイトのストレージ容量が不要に”. ITmedia. (2015年3月27日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/17/news043.html 2015年3月27日閲覧。 
  46. ^ “Windows 10はFLACコーデックをサポート”. Impress PC Watch. (2014年11月27日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20141127_677836.html 2015年2月28日閲覧。 
  47. ^ Windows 8でデスクトップにアプリのショートカットを作成する方法”. 121ware.com. NECパーソナルコンピュータ (2014年7月24日). 2015年9月22日閲覧。
  48. ^ Windows 8.1でデスクトップにアプリのショートカットを作成する方法”. 121ware.com. NECパーソナルコンピュータ (2014年7月24日). 2015年9月22日閲覧。
  49. ^ Windows 10でデスクトップにアプリのショートカットを作成する方法”. 121ware.com. NECパーソナルコンピュータ (2015年9月1日). 2015年9月22日閲覧。
  50. ^ @GabeAulのツイート” (英語) (2015年5月4日). 2015年8月7日閲覧。
  51. ^ Windows 10のプライバシー設定はデフォルトのままだと危険?
  52. ^ Windows 10はプライバシー設定をオフにしてもMicrosoftのサーバにデータを送信していることが判明
  53. ^ Adarsh Verma (2016年8月6日). “Linux Users Claim That Windows 10 Anniversary Update Deletes Dual-boot Partitions”. fossBytes. 2016年9月3日閲覧。
  54. ^ “「Windows 10」は無料アップグレードで提供、今後はバージョンが“無意味化”(INTERNET Watch)”. インプレス. (2015年1月22日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150122_684843.html 2015年3月31日閲覧。 
  55. ^ “Windows 10、海賊版は無償アップグレードの対象外に”. ASCII.jp. (2015年5月18日). http://ascii.jp/elem/000/001/009/1009232 2015年6月19日閲覧。 
  56. ^ “やっぱり海賊版の「Windows 10」無料アップグレードはなし!”. ASCII.jp. (2015年5月20日). http://ascii.jp/elem/000/001/009/1009524/ 2015年6月19日閲覧。 
  57. ^ “「Windows 10」の予約受け付けが25日からスタート。価格や発売日も公開”. エルミタージュ秋葉原. (2015年7月24日). http://www.gdm.or.jp/crew/2015/0724/124911 2015年7月25日閲覧。 
  58. ^ Windows 10のインストールとアップグレード - Think IT”. インプレス (2015年9月7日). 2017年2月14日閲覧。
  59. ^ Windows10のインストールタイプ - Think IT”. インプレス (2015年9月14日). 2017年2月14日閲覧。
  60. ^ Windows 10 アップグレードサポート対象機種(東芝の例)
  61. ^ Windows 10 サポートのご案内(NECの例)
  62. ^ “Windows 10にアップグレードすべきでない「見放されたパソコン」”. 日経トレンディネット (日経BP社). (2015年6月30日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150626/1065385/?P=3 2016年4月20日閲覧。 
  63. ^ 通知領域から「Windows 10を入手する」アイコンを削除する方法NECのサポート 121ware.com
  64. ^ “ウィンドウズ10自動更新で異例の注意喚起 消費者庁”. 日本経済新聞サイト (日本経済新聞). (2016年6月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22HAJ_S6A620C1CR8000/ 2016年6月23日閲覧。 
  65. ^ Windows 10 への無償アップグレードに関し、確認・留意が必要な事項について (PDF)”. 消費者庁 (2016年6月22日). 2016年6月23日閲覧。
  66. ^ Foley, Mary Jo (2014年7月24日). “マイクロソフトの「One Windows」戦略--その本当の意味とは?”. ZDNet Japan. CBS Interactive (朝日インタラクティブ). http://japan.zdnet.com/article/35051280/ 2016年1月24日閲覧。 
  67. ^ a b c d “PC向けWindows 10 エディション、機能の違いを紹介”. アスキーデジタル (KADOKAWA). (2015年7月15日). http://ascii.jp/elem/000/001/028/1028673/ 2015年8月18日閲覧。 
  68. ^ a b ビジネス向けの Windows 10 Pro と Windows 10 Enterprise”. マイクロソフト. 2015年8月28日閲覧。
  69. ^ Windows 10 エディションの比較”. マイクロソフト. 2015年7月30日閲覧。
  70. ^ a b Physical Memory Limits:Windows 10”. Microsoft Developer Network (2015年7月29日). 2015年11月22日閲覧。
  71. ^ 「Windows 10」、インク機能も使える最新プレビュー(ビルド14328)公開”. ITmedia (2016年4月24日). 2016年4月26日閲覧。
  72. ^ 【レビュー】Windows 10 Insider Previewを試す(第34回) - 仮想マシン上で仮想マシンが動く「Nested Hyper-V」”. マイナビニュース (2015年10月23日). 2015年11月3日閲覧。
  73. ^ ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第97回 ネイティブで動作するWindows上でLinuxが使えるようになった!(ASCII.jp)”. KADOKAWA (2016年4月13日). 2016年4月25日閲覧。
  74. ^ a b Windows 10 へのアップグレード: FAQ”. Windows ヘルプ. マイクロソフト. 2015年9月16日閲覧。
  75. ^ もう待てない!!:「Windows 10」メディア作成ツールで手動アップグレードを試す”. ITmedia (2015年7月29日). 2015年8月3日閲覧。
  76. ^ 楠部啓 (2015年6月22日). “アップグレード後の Windows 10 再インストールについて”. マイクロソフト コミュニティ. マイクロソフト. 2015年10月23日閲覧。
  77. ^ Windows 10をクリーンインストールする手順と注意点 (1/2)”. @IT(アイティメディア) (2016年4月8日). 2016年7月26日閲覧。
  78. ^ a b Windows 10 のライセンス認証”. Windows ヘルプ. マイクロソフト. 2015年10月23日閲覧。
  79. ^ a b 津森美緒 (2015年8月1日). “アップグレード後に Windows 10 を再インストールするにはどうすればいいですか?”. マイクロソフト コミュニティ. マイクロソフト. 2015年10月23日閲覧。
  80. ^ Windows 10 をライセンス認証できない理由”. Windows ヘルプ. マイクロソフト. 2015年10月23日閲覧。
  81. ^ "鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10次期大型アップデートにギリギリで加わった「自作PC」向け新機能". IT media PC USER(アイティメディア)(2016年6月28日). 2016年8月10日閲覧。
  82. ^ ズバッと解決! Windows 10探偵団 ― 第7回 読者からのギモンを一挙回答「Windows 10 無償アップデート」に絡むライセンスの扱いを調査! -自作PCユーザーはパーツ変更でWindows 10の権利を失うことも-”. ASCII.jp(KADOKAWA) (2015年9月13日). 2015年9月14日閲覧。
  83. ^ Windows 10 Anniversary UpdateでPCのフリーズ問題が発生中-”. PC Watch(インプレス) (2016年8月15日). 2016年8月18日閲覧。
  84. ^ 東芝ダイレクト(直販)サイトでのWindows 10 Proダウングレード権によるWindows 7 Professional搭載機の検索結果
  85. ^ NECダイレクト(直販)サイトでのWindows 10 Proダウングレード権によるWindows 7 Professional搭載機
  86. ^ LIFEBOOKシリーズ 製品比較表(A4ノート)(富士通)
  87. ^ 鈴木淳也 (2015年7月23日). “今から知っておきたい「Windows 10」導入後のWindows Updateに関する注意点”. 鈴木淳也の「Windowsフロントライン」. ITmedia. 2015年8月21日閲覧。
  88. ^ Foley, Mary Jo (2015年6月15日). “「Windows 10」、ビジネス向けアップデートオプションなどの詳細が明らかに”. ZDNet Japan. CBS Interactive (朝日インタラクティブ). http://japan.zdnet.com/article/35065923/ 2015年8月21日閲覧。 
  89. ^ Alkove, Jim (2015年2月6日). “エンタープライズ向けの Windows 10 : より安全に、常に最新の環境を提供”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年8月21日閲覧。
  90. ^ 山市良 (2015年10月6日). “Windows as a Serviceを正しく理解しませんか――Windows 10とOffice 2016のブランチ更新概論”. その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説. @IT. 2015年10月22日閲覧。
  91. ^ 池畑沙姫 (2015年9月8日). “Windows 10 コラム 第1回 「Windows as a Serviceと、新しいWindows Updateについて」”. Microsoftコラム ちょい足しノウハウから最新情報まで. NTTデータ先端技術. 2015年10月22日閲覧。
  92. ^ 池畑沙姫 (2015年10月13日). “Windows 10コラム 第3回 「CBとCBBはどうやって切り替える?」”. Microsoftコラム ちょい足しノウハウから最新情報まで. NTTデータ先端技術. 2015年10月22日閲覧。
  93. ^ a b c JSECTEAM (2015年8月11日). “Windows 10、Microsoft Edge、初めての月例セキュリティ リリース – 読み解き”. TechNet Blogs. マイクロソフト. 2015年10月22日閲覧。
  94. ^ dynabook.com サポート情報 (2016年7月29日). “Windows 10 Anniversary Update アップデートについて”. dynabook.com. 東芝クライアントソリューション. 2016年8月4日閲覧。
  95. ^ Join the Windows Insider Program and get the Windows 10 Technical Preview”. Blogging Windows. Microsoft (2014年10月1日). 2015年2月14日閲覧。
  96. ^ a b c Warren, Tom (2014年9月30日). “Windows 10 is the official name for Microsoft's next version of Windows”. Vox Media. 2015年10月30日閲覧。
  97. ^ Microsoft's Windows 10 event in San Francisco: Updated live blog” (2014年9月30日). 2014年9月30日閲覧。
  98. ^ Windows 10 command prompt finally gets dragged into the 21st century”. 2014年9月30日閲覧。
  99. ^ Aul, Gabe. “Announcing Windows 10”. Blogging Windows. Microsoft. 2014年11月22日閲覧。
  100. ^ We're rolling out our first new build to the Windows Insider Program”. Blogging Windows. Microsoft (2014年10月21日). 2015年2月14日閲覧。
  101. ^ a b Aul, Gabe. “We're rolling out our first preview build to the Windows Insider Program”. Blogging Windows. Microsoft. 2014年11月22日閲覧。
  102. ^ New build available to the Windows Insider Program”. Blogging Windows. Microsoft (2014年11月12日). 2015年2月14日閲覧。
  103. ^ a b c Aul, Gabe (2014年11月12日). “New build available to the Windows Insider Program”. Blogging Windows. Microsoft. 2014年11月23日閲覧。
  104. ^ Project Spartan and the Windows 10 January Preview Build”. Microsoft. 2015年1月23日閲覧。
  105. ^ Living on the Edge – our next step in helping the web just work”. Microsoft. 2015年1月23日閲覧。
  106. ^ Microsoft officially announces Project Spartan, its new web browser for Windows 10”. 2015年1月21日閲覧。
  107. ^ Hands-on with Windows 10 Preview build 9879”. CBS Interactive (2014年11月13日). 2015年3月17日閲覧。
  108. ^ Aul, Gabe (2015年2月2日). “Windows Insider Program を通じて 1 月版のビルドを提供開始”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  109. ^ Gabriel Aul on Twitter: "@LuigiLaera We'll be bringing the Windows10 Alarms app to phones. As a Windows App, the same code will run on both platforms.". Twitter.com (February 3, 2015). Retrieved on February 9, 2015.
  110. ^ Windows 10: a closer look at the future of Microsoft's vision for PCs”. Vox Media. 2015年2月7日閲覧。
  111. ^ Microsoft Windows 10 Event January 2015 (Full)”. Microsoft (2015年1月21日). 2015年10月30日閲覧。
  112. ^ Windows 10: Offline maps arrive on the desktop with build 9888”. 2015年4月4日閲覧。
  113. ^ This is Windows 10 for phones”. Vox Media. 2015年1月22日閲覧。
  114. ^ Windows 10 Settings Menu: The System tab”. 2015年2月7日閲覧。
  115. ^ Windows 10 review: Technical Preview (January 2015)”. 2015年2月7日閲覧。
  116. ^ Xbox on Windows 10: social features, game DVR and more”. AOL. 2015年1月21日閲覧。
  117. ^ Aul, Gabe (2015年3月25日). “Windows 10 Technical Preview ビルド 10041 の提供を開始”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  118. ^ Windows 10 Technical Preview Build 10049 now available”. Blogging Windows. Microsoft (2015年3月30日). 2015年3月30日閲覧。
  119. ^ Project Spartan gets its first public outing in new Windows 10 build”. Condé Nast Digital (2015年3月30日). 2015年3月30日閲覧。
  120. ^ “Latest Windows 10 build bundles mysterious Bio Enrollment app”. http://www.windowscentral.com/microsoft-bundles-bio-enrollment-app-latest-windows-10-tech-preview-build 
  121. ^ Aul, Gabe (2015年5月1日). “Windows 10 Technical Preview ビルド 10061 の提供を開始”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  122. ^ Tweedie, Steven. “Microsoft is bringing back Solitaire for Windows 10”. 2015年4月30日閲覧。
  123. ^ Aul, Gabe (2015年5月15日). “Windows 10 Insider Preview ビルド 10074 の提供を開始”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  124. ^ Aul, Gabe (2015年5月29日). “PC 向けの Windows 10 Insider Preview ビルド 10122 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  125. ^ Aul, Gabe (2015年6月4日). “PC 向けの Windows 10 Insider Preview ビルド 10130 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  126. ^ Releasing Windows 10 Insider Preview Build 10130 for PCs to the Slow ring”. windows.com. 2015年10月30日閲覧。
  127. ^ Aul, Gabe (2015年7月8日). “PC 向けの Windows 10 Insider Preview ビルド 10158 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  128. ^ How to make Windows Photo Viewer your default image viewer in Windows 10”. 2015年10月30日閲覧。
  129. ^ Whoa! Another PC build!”. windows.com. 2015年10月30日閲覧。
  130. ^ Welcome to the faster Fast ring”. windows.com. 2015年10月30日閲覧。
  131. ^ Aul, Gabe (2015年7月13日). “Windows 10 Insider Preview ビルド 10166 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  132. ^ Windows Insider Preview Build 10166 [PC/Mobile]”. Microsoft. 2015年7月11日閲覧。
  133. ^ Aul, Gabe (2015年7月18日). “Windows Insider Program の Fast リングおよび Slow リングに向けてビルド 10240 の提供を開始”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  134. ^ Microsoft Edge takes a wider lead against Chrome in JavaScript benchmarks”. windowscentral.com. 2015年10月30日閲覧。
  135. ^ a b c Aul, Gabe (2015年8月27日). “Windows 10 Insider Preview ビルド 10525 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  136. ^ Aul, Gabe (2015年9月7日). “PC 向けの Windows 10 Insider Preview ビルド 10532”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  137. ^ Release version 10532 [PC] : Microsoft Edge Dev”. Microsoft. 2015年10月30日閲覧。
  138. ^ Windows 10 Insider Preview – Bringing Cortana to more countries for Insiders”. 2015年9月18日閲覧。
  139. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 10547” (en-US). 2015年10月12日閲覧。
  140. ^ New Windows Preview: Cortana without Microsoft account log ins, ORTC in Edge”. Condé Nast. 2015年9月20日閲覧。
  141. ^ ORTC API is now available in Microsoft Edge”. Microsoft Edge Dev Blog. 2015年10月30日閲覧。
  142. ^ Windows 10 will soon be more environmentally friendly with updated dialog box”. 2015年9月25日閲覧。
  143. ^ Aul, Gabe (2015年10月21日). “Windows 10 Insider Preview ビルド 10565 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2015年10月30日閲覧。
  144. ^ Windows Insider Preview: Nested Virtualization - Windows Virtualization Team Blog - Site Home - TechNet Blogs”. 2015年10月14日閲覧。
  145. ^ Windows 10 Build 10565 will let you send texts using Cortana”. 2015年10月19日閲覧。
  146. ^ Aul, Gabe (2015年11月11日). “Windows 10 Insider Preview ビルド 10576 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2016年1月3日閲覧。
  147. ^ Aul, Gabe (2015年11月12日). “Windows 10 Insider Preview ビルド 10586 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2016年1月3日閲覧。
  148. ^ Windows 10 Version 1511 gets new XTS-AES BitLocker encryption algorithm” (en-US). 2015年11月13日閲覧。
  149. ^ Microsoft enhances Credential Guard in Windows 10 November update” (en-US). 2015年11月13日閲覧。
  150. ^ Windows 10 November Update: New Privacy Settings” (en). 2016年1月10日閲覧。
  151. ^ Aul, Gabe (2015年12月31日). “Windows 10 Insider Preview ビルド 11082 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2016年1月3日閲覧。
  152. ^ Windows 10 Redstone R1 "Redstone R1" · 11082”. 2015年12月31日閲覧。
  153. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 11099” (en). 2016年1月13日閲覧。
  154. ^ Aul, Gabe (2016年1月29日). “Windows 10 Insider Preview ビルド 11102 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2016年2月21日閲覧。
  155. ^ Aul, Gabe (2016年2月2日). “Windows 10 Insider Preview ビルド 14251 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2016年2月21日閲覧。
  156. ^ Ash, Marcus (2016年1月25日). “Cortana Gets Better at Helping You Manage Your Busy Schedule”. Microsoft. 2016年1月27日閲覧。
  157. ^ Aul, Gabe (2016年2月12日). “Windows 10 Insider Preview ビルド 14257 を発表”. Windows Blog for Japan. マイクロソフト. 2016年2月21日閲覧。
  158. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14267” (en). 2016年2月18日閲覧。
  159. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14271 + Mobile Build 14267.1004” (en). 2016年2月27日閲覧。
  160. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14279” (en). 2016年3月4日閲覧。
  161. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14291” (en). 2016年3月17日閲覧。
  162. ^ Weir, Andy (2016年3月17日). “Windows 10 preview build 14291 now available for PCs and Mobile, including Edge extensions .”. 2016年6月22日閲覧。
  163. ^ Foley, Mary Jo (2016年3月17日). “Microsoft releases first Edge extensions preview in newest Windows 10 test build.”. ZDNet. 2016年6月22日閲覧。
  164. ^ https://www.youtube.com/watch?v=hKAywBrQeAw
  165. ^ Jacobsson Purewal, Sarah (2016年4月2日). “You can now try out browser extensions in Edge.”. CNet (CBS Interactive) - Australia. 2016年6月22日閲覧。
  166. ^ Platform status - VP9 Video Playback”. 2016年6月22日閲覧。
  167. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14295” (en). 2016年3月25日閲覧。
  168. ^ Microsoft delivers Windows 10 'Redstone' 14295 preview for PC and mobile.” (en). 2016年3月25日閲覧。
  169. ^ Windows 10 Insider Preview build 14295 gets a Slow Ring release” (en-US). 2016年3月30日閲覧。
  170. ^ Windows 10 Redstone 14295 Now Available to the Slow Ring” (en-US). 2016年3月30日閲覧。
  171. ^ Cumulative Update for Windows 10 Insider Preview (Build 14295): April 18, 2016.”. 2016年4月20日閲覧。
  172. ^ Windows 10 build 14295.1004 cumulative update released for PC Insiders” (en-US). 2016年4月20日閲覧。
  173. ^ Microsoft releases cumulative update 14295.1004 for PCs on the Slow ring”. 2016年4月20日閲覧。
  174. ^ Small cumulative update rolls out to Windows 10 PC Insider build 14295”. 2016年4月20日閲覧。
  175. ^ Microsoft releases cumulative update 14295.1005 to PCs and phones on the Slow ring”. 2016年4月24日閲覧。
  176. ^ Cumulative update for Windows 10 Insider Preview (Build 14295): April 22, 2016”. 2016年4月24日閲覧。
  177. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14316” (en). 2016年4月6日閲覧。
  178. ^ Windows 10 Build 14316 Now Available for Windows Insider PCs” (en). 2016年4月6日閲覧。
  179. ^ Viswav, Pradeep (2016年4月6日). “Full List Of Features Included In Windows 10 Build 14316.”. MSPowerUser. 2016年6月22日閲覧。
  180. ^ Staff, Gadgets 360 (2016年4月7日). “Windows 10's Latest Preview Brings Bash Support, Skype UWP, and More .”. Gadgets 360 (NDTV). 2016年6月22日閲覧。
  181. ^ Hassan, Mehedi (2016年4月6日). “Windows Insiders can now try out the new Skype UWP on Windows 10 PCs.”. MSPowerUser. 2016年6月22日閲覧。
  182. ^ N., K. (2016年4月7日). “With Windows 10 Build 14316 use Continuum to connect to PC without Dock or Wireless Adapter.”. Nokia Power User. 2016年6月22日閲覧。
  183. ^ Williams, Wayne (2016年4月6日). “Windows 10 Insider Preview Build 14316 arrives on the Fast ring -- packed with exciting new features.”. Beta News. 2016年6月22日閲覧。
  184. ^ Weir, Andy (2016年4月11日). “Microsoft adds QR codes to Windows 10 'Blue Screen of Death' to help troubleshoot crashes.”. Neowin. 2016年6月22日閲覧。
  185. ^ Hassan, Mehedi (2016年4月6日). “Windows 10 Build 14316: Here is what’s new and improved in Microsoft Edge.”. MSPowerUser. 2016年6月22日閲覧。
  186. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14328” (en). 2016年4月22日閲覧。
  187. ^ Windows 10 build 14328 for PC and phone released with lots of new features” (en). 2016年4月22日閲覧。
  188. ^ Hassan, Mehedi (2016年4月22日). “Windows Store on PCs also get app update/install notifications with Windows 10 Build 14328.”. MSPowerUser. 2016年6月22日閲覧。
  189. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14332” (en). 2016年4月26日閲覧。
  190. ^ Windows 10 build 14332 for PC and phone now available for Insiders” (en). 2016年4月26日閲覧。
  191. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14342” (en). 2016年5月10日閲覧。
  192. ^ Windows 10 build 14342 now available for Windows Insiders, apparently” (en). 2016年5月10日閲覧。
  193. ^ Update for Windows 10 Insider Preview (Build 14342): May 18, 2016”. 2016年5月25日閲覧。
  194. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14352” (en). 2016年5月26日閲覧。
  195. ^ Microsoft releases Windows 10 Insider Preview Build 14352 to the Fast Ring” (en). 2016年5月26日閲覧。
  196. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14361” (en). 2016年6月8日閲覧。
  197. ^ Microsoft releases Windows 10 Insider Preview build 14361 to the Fast Ring” (en). 2016年6月8日閲覧。
  198. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14366 & Mobile Build 14364” (en). 2016年6月14日閲覧。
  199. ^ Windows 10 Insider Preview build 14366 for PC released to the Slow Ring” (en). 2016年6月17日閲覧。
  200. ^ Windows 10 Insider Preview Build 14366 & Mobile Build 14364 Released To Fast Ring”. 2016年6月19日閲覧。
  201. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14367 for PC and Mobile” (en). 2016年6月16日閲覧。
  202. ^ Windows 10 Insider Preview Build 14367 for PC and Mobile now available” (en). 2016年6月16日閲覧。
  203. ^ Windows 10 Insider Preview Build 14367 For PC And Mobile Released For Fast Ring”. 2016年6月16日閲覧。
  204. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14371 for PC” (en). 2016年6月22日閲覧。
  205. ^ Windows 10 Insider build 14371 released to Fast Ring” (en). 2016年6月22日閲覧。
  206. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14372 for PC and Mobile” (en). 2016年6月23日閲覧。
  207. ^ Microsoft releases Windows 10 Insider Preview build 14372 for PC and Mobile” (en). 2016年6月23日閲覧。
  208. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14376 for PC and Mobile” (en). 2016年6月28日閲覧。
  209. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14379 for PC and Mobile” (en). 2016年6月30日閲覧。
  210. ^ Windows 10 preview build 14379 heads to Fast ring Insiders on PC and Mobile” (en). 2016年6月30日閲覧。
  211. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14383 for PC and Mobile” (en). 2016年7月7日閲覧。
  212. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14385 for PC and Mobile” (en). 2016年7月9日閲覧。
  213. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14388 for PC and Mobile” (en). 2016年7月12日閲覧。
  214. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14390 for PC and Mobile” (en). 2016年7月15日閲覧。
  215. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14393 for PC and Mobile” (en). 2016年7月18日閲覧。
  216. ^ Feedback Hub in Windows 10 Insider build 14393.3 explains fixes in Cumulative Update (KB3176925)” (en). 2016年7月22日閲覧。
  217. ^ Microsoft releases another Anniversary Update… update – go download 14393.5 now!” (en). 2016年7月25日閲覧。
  218. ^ Windows 10 Insider cumulative update released to Fast Ring before tomorrow’s Anniversary Update, brings us to 14393.10” (en). 2016年8月1日閲覧。
  219. ^ KB3176929 brings Windows 10 Build 14393.10 to Fast, Slow & RP Rings” (en). 2016年8月2日閲覧。
  220. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14901 for PC” (en). 2016年11月18日閲覧。
  221. ^ a b c d Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14926 for PC and Mobile” (en). 2016年11月18日閲覧。
  222. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14905 for PC & Mobile” (en). 2016年11月18日閲覧。
  223. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14915 for PC and Mobile” (en). 2016年11月18日閲覧。
  224. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14931 for PC” (en). 2016年11月18日閲覧。
  225. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14936 for PC and Mobile” (en). 2016年11月18日閲覧。
  226. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14942 for PC” (en). 2016年11月18日閲覧。
  227. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14946 for PC and Mobile” (en). 2016年11月18日閲覧。
  228. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14951 for Mobile and PC” (en). 2016年11月18日閲覧。
  229. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14955 for Mobile and PC” (en). 2016年11月18日閲覧。
  230. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14959 for Mobile and PC” (en). 2016年11月18日閲覧。
  231. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14965 for Mobile and PC” (en). 2016年11月18日閲覧。
  232. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14971 for PC” (en). 2016年11月18日閲覧。
  233. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 14986 for PC” (en). 2016年12月10日閲覧。
  234. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15002 for PC” (en). 2017年1月15日閲覧。
  235. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15007 for PC and Mobile” (en). 2017年1月15日閲覧。
  236. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15014 for PC and Mobile” (en). 2017年1月20日閲覧。
  237. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15019 for PC” (en). 2017年1月29日閲覧。
  238. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15025 for PC” (en). 2017年2月3日閲覧。
  239. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15031 for PC” (en). 2017年2月9日閲覧。
  240. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15042 for PC and Build 15043 for Mobile” (en). 2017年3月6日閲覧。
  241. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15046 for PC” (en). 2017年2月28日閲覧。
  242. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15048 for PC and Build 15047 for Mobile” (en). 2017年3月11日閲覧。
  243. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15055 for PC and Mobile” (en). 2017年3月11日閲覧。
  244. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15058 for PC” (en). 2017年3月18日閲覧。
  245. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15060 for PC” (en). 2017年3月17日閲覧。
  246. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15061 for PC” (en). 2017年3月18日閲覧。
  247. ^ Announcing Windows 10 Insider Preview Build 15063 for PC and Mobile” (en). 2017年3月24日閲覧。
  248. ^ 初期版Windows 10 バージョン1507のCBBサポートが3月26日に終了 ~今後アップデートは提供されず”. インプレス (2017年1月23日). 2017年1月26日閲覧。
  249. ^ a b Microsoft、初期版Windows 10 v1507のCBBサポート期間をこっそり延長”. インプレス (2017年2月16日). 2017年2月19日閲覧。
  250. ^ Mary Jo Foley (2016年4月11日). “「Windows 10 version 1511」がCurrent Branch for Businessに”. ZDnet Japan. 2016年8月2日閲覧。
  251. ^ 笠原 一輝 (2016年8月6日). “日本マイクロソフト、Windows 10 Anniversary Updateで追加された多数の新機能を解説 ~ASUSがTransformer 3 Proの国内版を参考展示 - PC Watch”. インプレス. 2016年11月19日閲覧。
  252. ^ 最小ハードウェア要件”. Windows 10 hardware dev. Microsoft Developer Network. 2015年1月16日閲覧。
  253. ^ “Windows 7以降はWindows 10へ無償アップグレード”. Impress PC Watch. (2015年1月22日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150122_684833.html 2015年1月22日閲覧。 
  254. ^ “Microsoft、モバイルOSの名称も「Windows 10」に統一 2月にテクニカルプレビュー”. ITmedia Mobile. (2015年1月22日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1501/22/news081.html 2015年1月24日閲覧。 
  255. ^ “米マイクロソフト、ウィンドウズ10を今夏に世界で発売へ”. ロイター. (2015年3月18日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0ME07F20150318 2015年3月18日閲覧。 
  256. ^ “Windows 10 Service Release 1登場で完成度は高まるか? - 阿久津良和のWindows Weekly Report”. (2015年8月10日). http://news.mynavi.jp/articles/2015/08/10/windows10report/ 2015年8月11日閲覧。 
  257. ^ “「Windows 10」リリース後4週間で7500万デバイスで稼働、Microsoftが発表”. (2015年8月27日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150827_718193.html 2015年8月27日閲覧。 
  258. ^ “ダウンロード版も同日発売:USBメモリ採用のパッケージ版「Windows 10」は9月4日発売(ITmedia PC USER)”. ITmedia. (2015年8月7日). http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1508/07/news090.html 2015年8月8日閲覧。 
  259. ^ “発売1カ月未満でWindows 10 Homeの値上げが決定(PC Watch)”. インプレス. (2015年10月1日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20151001_723637.html?ref=twrank&utm_content=rank-pc-top&utm_campaign=twrank&utm_source=pc.watch.impress.co.jp&utm_medium=content-text 2015年10月2日閲覧。 
  260. ^ “Windows 10 Home パッケージ製品およびダウンロード製品の価格改定に関して(Japan Windows Blog)”. マイクロソフト. (2015年10月1日). http://blogs.windows.com/japan/2015/10/01/windows10_home_fppesd/ 2015年10月2日閲覧。 
  261. ^ “鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10初の大型アップデート「TH2」は11月に公開か?(ITmedia PC USER)”. (2015年10月29日). http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1510/29/news091.html 2015年10月30日閲覧。 
  262. ^ “鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10初の大型アップデートはココに注目(ITmedia PC USER)”. (2015年11月24日). http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1511/24/news046.html 2015年11月24日閲覧。 
  263. ^ “Windows 10の11月の更新プログラム(1511)が復活 問題修正で (ITmedia ニュース)”. (2015年11月25日). http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1511/25/news060.html 2015年11月25日閲覧。 
  264. ^ “「Windows 10」端末が2億台を突破、とMicrosoftが発表(ITmedia PC USER)”. (2016年1月5日). http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1601/05/news048.html 2016年1月8日閲覧。 
  265. ^ “鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10のアップグレードは強制になったわけではない ただし、Windows 7/8.1ユーザーは要注意(ITmedia PC USER)”. (2016年2月3日). http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1602/03/news074.html 2016年2月7日閲覧。 
  266. ^ “Windows 10増加もWindows全体は減少 - 2月OSシェア(マイナビニュース)”. (2016年3月2日). http://news.mynavi.jp/news/2016/03/02/264/ 2016年3月12日閲覧。 
  267. ^ “Windows 10次期大型アップデート「Anniversary Update」は2016年夏に無償提供(ITmedia PC USER)”. (2016年3月31日). http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1603/31/news094.html 2016年4月7日閲覧。 
  268. ^ “鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10の次期大型アップデートは「Creators Update」 3Dがより身近に(ITmedia PC USER)”. (2016年10月27日). http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1610/27/news112.html 2016年11月30日閲覧。 

外部リンク[編集]