ニーノシュク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノルウェー語(ニーノシュク)
Nynorsk
話される国 ノルウェーの旗 ノルウェー
話者数
言語系統
インド・ヨーロッパ語族
表記体系 ラテン文字(ノルウェー語拡張)
公的地位
公用語 ノルウェーの旗 ノルウェー
統制機関 Språkrådet
言語コード
ISO 639-1 nn
ISO 639-2 nno
ISO 639-3 nno
テンプレートを表示

ニーノシュク または ニーノルスク(Nynorsk, 「新ノルウェー語」の意)は、ブークモール(Bokmål, 「書籍の言葉」の意)とならんでノルウェーで公認されている文語(書き言葉)。亜種としてホイノシュク (Høgnorsk) がある。

イーヴァル・オーセンの始めた言文一致運動に由来し、ノルウェー各地で話されている方言を文語に採用したものであり(ブークモールはデンマーク語の文語をノルウェー式にしたものである)、以前はそれぞれ「ランスモール」(Landsmål, 土語、田舎の言葉の意)、「リクスモール」(Riksmål, 国語、公用語の意) と呼ばれていたが、両者を指す概念として1929年からニーノシュクと称された。言語としてのニーノシュク(リクスモール)は、それまで複数あったノルウェー語の諸方言(ランスモール)を無理に統合して人工的に作ったものであるため、「公用語」でありながらノルウェー人の誰も理解出来ないと揶揄されている。一方、ランスモールの話者は人口の10~15%ほど存在しているとされるが、ノルウェーは方言の違いが大きいため、各方言間による意志の疎通は困難である。そのため、伝統的な権威ある共通語としてはブークモールが広く用いられており、また大都市部を中心に英語に習熟しているノルウェー人も少なくない。

文例[編集]

以下に文例を示す。

ニーノシュク Eg kjem frå Noreg Kva heiter han? Dette er ein hest Regnbogen har mange fargar
ホイノシュク Regnbogen hev mange fargar
ブークモール Jeg kommer fra Norge Hva heter han? Dette er en hest Regnbuen har mange farger
リクスモール Regnbuen har mange farver
デンマーク語 Hvad hedder han?
アイスランド語 Ég kem frá Noregi Hvað heitir hann? Þetta er hestur Regnboginn hefur marga liti
スウェーデン語 Jag kommer från Norge Vad heter han? Detta är en häst Regnbågen har många färger
英語 I come from Norway What is he called? This is a horse The rainbow has many colours

関連項目[編集]

外部リンク[編集]