ニーノシュク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノルウェー語(ニーノシュク)
nynorsk
話される国  ノルウェー
話者数
言語系統
インド・ヨーロッパ語族
表記体系 ラテン文字(ノルウェー語拡張)
公的地位
公用語  ノルウェー
統制機関 Språkrådet
言語コード
ISO 639-1 nn
ISO 639-2 nno
ISO 639-3 nno
テンプレートを表示

ニーノシュク または ニーノルスクnynorsk, 「新ノルウェー語」の意)は、ブークモールbokmål, 「書籍の言葉」の意)とならんでノルウェーで公認されている文語(書き言葉)。亜種としてホイノシュク (høgnorsk) がある。

イーヴァル・オーセンの始めた言文一致運動に由来し、ノルウェー各地で話されている方言を文語に採用したものであり(ブークモールはデンマーク語の文語をノルウェー式にしたものである)、以前はそれぞれ「ランスモール」(landsmål, 土語、田舎の言葉の意)、「リクスモール」(riksmål, 国語、公用語の意) と呼ばれていたが、前者を指す概念として1929年からニーノシュクと称された。独立国家の公用語としてデンマーク語の影響を廃し、都市部の方言ではない方言に規範を求めたという点では、他の国や地域の標準語制定の過程と比較して稀有な事例と言える。ニーノシュク(リクスモール)は複数のノルウェー語の諸方言(ランスモール)を統合して政策的に作られたため「公用語」ではあるが特に東部ノルウェー人の話し言葉とは距離がある。この2つの「共通語」を巡っての論争は決着がついたとは言えず、現在でも書き言葉としての自治体での採用率には偏りが生じている。話し言葉と人口の偏在も相まって使用人口はbokmålが圧倒している。

文例[編集]

以下に文例を示す。

ニーノシュク Eg kjem frå Noreg Kva heiter han? Dette er ein hest Regnbogen har mange fargar
ホイノシュク Regnbogen hev mange fargar
ブークモール Jeg kommer fra Norge Hva heter han? Dette er en hest Regnbuen har mange farger
リクスモール Regnbuen har mange farver
デンマーク語 Hvad hedder han?
アイスランド語 Ég kem frá Noregi Hvað heitir hann? Þetta er hestur Regnboginn hefur marga liti
スウェーデン語 Jag kommer från Norge Vad heter han? Detta är en häst Regnbågen har många färger
英語 I come from Norway What is he called? This is a horse The rainbow has many colours

関連項目[編集]

外部リンク[編集]