Blink (レンダリングエンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Blink
開発元 The Chromium Project, Google, Opera Software ASA, Intel, Samsung ほか
プログラミング言語 C++
対応OS クロスプラットフォーム
種別 HTMLレンダリングエンジン
ライセンス GNU LGPL v2.1 と 二条項BSDライセンス
公式サイト www.chromium.org/blink
テンプレートを表示

Blink(ブリンク)は、Googleなどが開発するHTMLレンダリングエンジン2013年4月3日WebKitから分岐し、開発が始まった[1]Google Chrome 28以降[2]Opera 15以降[3][4]Android 4.4 の標準ブラウザなどで採用されている。

開発の背景[編集]

当初、ChromiumはレンダリングエンジンとしてWebKitが用いられてきたが、他のWebKitを採用するウェブブラウザとは異なり、Chromiumはタブや拡張機能、アプリケーションごとに1つのプロセスとして動作するマルチプロセスの概念を持っており、これによるWebKitプロジェクトとのコミュニティの複雑化、ひいては全体的なイノベーションの速度が低下してきたという指摘がChromiumプロジェクト内で起きていた[2]

その状況を打破するために、WebKitから分岐してChromium向けに最適化したエンジンを開発していくことで、プロジェクトのイノベーションを促進して長期的なウェブのエコシステムを健全化していくとしている。

分離元のWebKit側は、Google V8 JavaScript Engineの排除、JavaScriptCore以外の仕様の排除、描画ライブラリのSkiaの排除、GoogleのビルドシステムGYPの排除などが行われた[5]

分離したBlink側も、描画ライブラリはSkiaのみ[6]、ビルドシステムはGYPのみとなり、これにより450万行のソースコードを削除する[7]

特徴[編集]

バックグラウンドプロセスを最も早く導入したブラウザで、アドオンごとにプロセスが開き高速に動作する。Chromium仕様書は「シングルプロセスにすることは不可能ではないが勧められない[8]」とあり、Chromium導入ブラウザはすべてバックグラウンドプロセスを行っている。「アドオンを入れていくと、ブラウザはどんどん遅く[9]」なるのは、開発者間でも問題視されている。

普及[編集]

マシンの性能をフル回転させるため、当初普及が遅れた。gs.statcounter.comの履歴には特にドイツはFirefox、日本はIE、開発途上国ではPresto版Operaが好まれる傾向[10]にありBlink内蔵のブラウザは人気が悪かった。

しかし、Presto版Operaの開発が終了したことと、FirefoxがAustralis UIを採用してChromeに似せたこと、またMicrosoft EdgeがWebKit互換を発表したことから全世界的にブラウザの乗り換えが進んだ。現在ではBlinkを内蔵したブラウザの普及率は全世界で56%を超え、いまもなお増え続けている。日本では2015年にIEとChromeのユーザー比率が逆転したが、これは先進国の中では最も遅い乗り換えである。[11]

脚注[編集]