Google+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Google+
ロゴ
URL plus.google.com
使用言語 英語フランス語イタリア語ドイツ語スペイン語日本語ポルトガル語インドネシア語韓国語中国語タイ語
タイプ コミュニティサイト
運営者 Google Inc.
登録 必要
ユーザー数 5億4000万月間アクティブユーザー[1](2013年10月現在)
設立日 2011年6月28日

Google+(グーグルプラス)は、Googleソーシャル・ネットワーキング・サービスである。2019年8月に個人向けサービスが終了。

概要[編集]

2011年6月、プロジェクトに1年間を費やした末にサービスが開始された。Googleでは新サービスの船出を記念して、プロジェクトに携わった数百人の従業員に水兵帽を配った[2]

検索エンジンを運営する企業としてスタートしたGoogleは、インターネット上で多くのサービスを提供していたが、ソーシャル・ネットワーキング・サービスであるFacebookや、マイクロブログであるTwitterの台頭[3]に対し、対抗サービスとして公開されたGoogle Buzzや、 Google Waveは普及が進まなかった。

そこで、2011年6月28日に新プロジェクトとして、Google+を公開した。サービス開始当初は試験運用のため招待制であったが、開始三週間でユニークユーザーが2000万人に達した[4]。同年9月からは全ての人が利用可能となった[5]

ブラウザからの利用のほか、AndroidiOS用のアプリも公開されている[6]

独自の機能としては、FacebookやTwitterに比べて情報の共有範囲を柔軟に設定できる「サークル」や「コレクション」機能がある。

2011年11月には、Google+の企業向けページ機能としてGoogle+ページが[7]2012年12月6日には、Google+上で同じ趣味や関心を持つ人たちが集まって交流する場としてGoogle+コミュニティが公開された[8]

2015年〜2018年3月にかけて50万人分の個人情報が流出した。下記情報が流出した[9]

  • ユーザーの名前
  • 住所
  • 電子メールアドレス
  • 職業
  • 性別
  • 年齢

2018年10月8日には、米グーグル社は利用者の個人情報が漏洩した事を認めてGoogle+の個人向けサービスを2019年8月で終了すると発表した。同社は個人情報漏洩の情報を半年前に判っていたにも関わらず、隠蔽していたという報道もある[10]。なお、企業向けGoogle+はこの影響を受けておらず、社内コミュニケーションツールとして活用されていることもあり、提供を続ける[11]

日本における普及[編集]

2011年12月8日AKB48をはじめ姉妹グループのSKE48NMB48HKT48のメンバー[12]がGoogle+のプラットフォームを利用したグループメンバーとファンとの交流サービス「AKB48 on Google+」を開始[13]、2012年3月には「ぐぐたす選抜[14]がGoogleのCMに起用される[15]など、日本でのサービス普及の一翼を担っている。

AKB48グループ以外にも、きゃりーぱみゅぱみゅ小室哲哉森高千里など、芸能人や有名人、スポーツ選手などによるアカウントの開設が見られる。

沿革[編集]

  • 2011年6月28日 - サービスが招待制による試験運用という形で開始される。
  • 2011年7月24日 - ユーザー数が2500万人に到達。
  • 2011年9月21日 - 一般公開され、すべての人が登録可能となる。
  • 2011年11月7日 - 企業向け機能として、Google+ Pageが始まる。
  • 2012年1月27日 - 利用可能年齢が18歳以上から13歳以上に引き下げられる[16]
  • 2012年4月11日 - ユーザーインタフェースやデザインが変更された[17]
  • 2012年5月7日 ハングアウトのオンエアー機能が一般に公開される[18]
  • 2012年12月6日 - Google+コミュニティが公開された。
  • 2013年6月14日 - 通知アイコンが「ミスター・ジングル」に変更される。
  • 2015年5月5日 - コレクション機能が追加された。
  • 2015年5月 - Google+フォトがGoogleフォトとなってGoogle+から分離された。
  • 2015年8月 - ハングアウト機能がGoogle+から分離された。
  • 2015年11月17日 - デザインがよりシンプルなものへ変更された[19]
  • 2018年10月8日 - 米グーグル社は利用者の個人情報が漏洩し得る問題(サークル機能のバグ)が存在したことを認め[20]、Google+の個人向けサービスを終了すると発表した。
  • 2019年8月 - 個人向けサービスが終了。

脚注[編集]

  1. ^ Official Google Blog: Google+ Hangouts and Photos: save some time, share your story” (2013年10月29日). 2016年1月30日閲覧。
  2. ^ グーグルプラス、開始3週間で訪問者数は2000万人=調査会社 - ウォールストリート・ジャーナル(2011年7月22日)
  3. ^ その他、日本国内ではミクシィGREEモバゲーなどの大手ソーシャル・ネットワーキング・サービスが普及。
  4. ^ 「Google+」順調にユーザー数が増加し、開始3週間でユニークユーザー数が2,000万人 - インターネットコム
  5. ^ 今日、さらに9項目が追加された
  6. ^ 外出先でも Google+ で最新情報をゲットして、その場でシェア - Google+
  7. ^ 「Google+ ページ」で、新しいつながりを - Google Japan Blog(2011年11月8日)
  8. ^ Google Japan Blog: Google+ コミュニティと、Snapseed アプリを公開(2012年12月7日)
  9. ^ Google+ 閉鎖へ 50万人の個人情報流出の恐れ (写真=ロイター) :日本経済新聞
  10. ^ Greg Sandoval (2018年10月8日). “Google shutters the Google+ social network after Wall Street Journal reports a huge security lapse” (英語). ビジネスインサイダー. 2018年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月12日閲覧。
  11. ^ Google、SNSサービス「Google+」を2019年8月で終了へ”. PC Watch. Impress Watch (2018年10月9日). 2018年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月12日閲覧。
  12. ^ その後、JKT48のメンバーも参加。
  13. ^ AKB48、「Google+」で世界のファンと交流スタート グループ総勢260人が参加 - オリコン(2011年12月8日)
  14. ^ 「ぐぐたす」とは「AKB48 on Google+」内で生まれたGoogle+の略称。「Google」→「ぐぐ」、「+」→「たす」と言い換えた造語。メンバーやプロデューサーである秋元康らが用いている。
  15. ^ AKB48、「ぐぐたす選抜」をフィーチャーしたGoogleの新TVCMに出演が決定 - BARKS(2012年3月23日)
  16. ^ Google+13歳以上に開放-各種安全措置も追加される - TechCrunch(2012年1月27日)
  17. ^ Google、“よりシンプルで美しいGoogleを目指し”、Google+のデザインを刷新 - ITmedia ニュース(2012年4月11日)
  18. ^ Google+ Hangouts On Air: broadcast your conversation to the world | Official Google Blog
  19. ^ 新しいGoogle+
  20. ^ MacMillan, Douglas; McMillan, Robert (2018年10月8日). “Google Exposed User Data, Feared Repercussions of Disclosing to Public” (英語). Wall Street Journal. ISSN 0099-9660. https://www.wsj.com/articles/google-exposed-user-data-feared-repercussions-of-disclosing-to-public-1539017194 2018年10月9日閲覧。 

外部リンク[編集]