Google Cloud Platform

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Google Cloud Platform
Google Cloud Logo.svg
URL cloud.google.com
運営者 Google
業種 ウェブサービスクラウドコンピューティング
設立日 2008年4月7日(11年前) (2008-04-07
現状 Active
プログラミング言語

Google Cloud Platform(グーグル クラウド プラットフォーム、GCP)とは、Googleが提供しているクラウドコンピューティングサービスである。Google検索YouTubeなどのエンドユーザー向けのサービスでも、同じインフラストラクチャーが利用されている[1]。さまざまな管理ツールに加えて、一連のモジュール化されたクラウドサービスが提供されており、コンピューティング、データストレージ、データ分析、機械学習などのサービスがある[2]。登録にはクレジットカードまたは銀行口座の情報が必要である[3]。Google Cloud Platformは、infrastructure as a serviceplatform as a service、およびサーバーレス・コンピューティングの各種環境を提供する。

2008年4月、GoogleはApp Engineの提供を発表した。これは、Googleが管理するデータセンター内でウェブアプリケーションを開発およびホストするプラットフォームであり、Googleの最初のクラウドコンピューティングサービスであった。このサービスは2011年11月に一般公開された。App Engineの発表以来、Googleは多数のクラウドサービスをプラットフォームに追加し続けている。

Google Cloud PlatformはGoogle Cloudの一部である[4]。Google Cloudには、その他に、G Suite、エンタープライズ向けAndroidおよびChrome OS機械学習のためのApplication Programming Interfaces(API)、エンタープライズ向けマップサービスなどが存在する。

サービス一覧[編集]

Google Container Engine/Kubernetesに関するカンファレンスでのプレゼンテーションの様子

Googleは90以上のプロダクトをGoogle Cloudブランド以下に一覧しており、それぞれ、ウェブのユーザインタフェース、コマンドラインツール、REST APIが提供されている。主要なサービスを以下に挙げる。

リージョンとゾーン[編集]

Google Cloud Platformは19のリージョンと58のゾーンで利用可能である。1つのリージョンは、ユーザーがクラウドのリソースをデプロイできる1つの地理的な場所に対応している。

各リージョンは地理的に独立した領域であり、複数のゾーンから構成される。

1つのゾーンは、リージョン内のGoogle Cloud Platformのリソースをデプロイする領域である。1ゾーンは、リージョン内の単一の障害ドメインと考える必要がある。

ほとんどのリージョンには3つ以上のゾーンが含まれている。2018年9月現在、Google Cloud Platformは以下のリージョンおよびゾーンで利用可能である[5]

GCPのリージョンおよびゾーン
リージョン名 場所 ゾーン
us-west1 The Dalles, Oregon, USA
  • us-west1-a
  • us-west1-b
  • us-west1-c
us-west2 Los Angeles, California, USA
  • us-west2-a
  • us-west2-b
  • us-west2-c
us-central1 Council Bluffs, Iowa, USA
  • us-central1-a
  • us-central1-b
  • us-central1-c
  • us-central1-f
us-east1 Moncks Corner, South Carolina, USA
  • us-east1-b
  • us-east1-c
  • us-east1-d
us-east4 Ashburn, Virginia, USA
  • us-east1-b
  • us-east1-c
  • us-east1-d
northamerica-northeast1 Montréal, Canada
  • northamerica-northeast1-a
  • northamerica-northeast1-b
  • northamerica-northeast1-c
southamerica-east1 São Paulo, Brazil
  • southamerica-east1-a
  • southamerica-east1-b
  • southamerica-east1-c
europe-west2 London, U.K.
  • europe-west2-a
  • europe-west2-b
  • europe-west2-c
europe-west1 St. Ghislain, Belgium
  • europe-west1-b
  • europe-west1-c
  • europe-west1-d
europe-west4 Eemshaven, Netherlands
  • europe-west4-a
  • europe-west4-b
  • europe-west4-c
europe-west6 Zurich, Switzerland
  • europe-west6-a
  • europe-west6-b
  • europe-west6-c
europe-west3 Frankfurt, Germany
  • europe-west3-a
  • europe-west3-b
  • europe-west3-c
europe-north1 Hamina, Finland
  • europe-north1-a
  • europe-north1-b
  • europe-north1-c
asia-south1 Mumbai, India
  • asia-south1-a
  • asia-south1-b
  • asia-south1-c
asia-southeast1 Jurong West, Singapore
  • asia-southeast1-a
  • asia-southeast1-b
  • asia-southeast1-c
asia-east2 Hong Kong
  • asia-east2-a
  • asia-east2-b
  • asia-east2-c
asia-east1 Changhua County, Taiwan
  • asia-east1-a
  • asia-east1-b
  • asia-east1-c
asia-northeast1 Tokyo, Japan
  • asia-northeast1-a
  • asia-northeast1-b
  • asia-northeast1-c
australia-southeast1 Sydney, Australia
  • australia-southeast1-a
  • australia-southeast1-b
  • australia-southeast1-c

歴史[編集]

  • 2008年4月 - Google App Engine がサービス開始
  • 2010年5月 - Google Cloud Storage がサービス開始
  • 2013年12月 - Google Compute Engine がサービス開始
  • 2014年2月 - Google Cloud SQL がサービス開始

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Why Google Cloud Platform”. cloud.google.com. 2014年4月5日閲覧。
  2. ^ Google Cloud Products”. cloud.google.com. 2017年6月2日閲覧。
  3. ^ GCP の無料枠 | Google Cloud Platform の無料枠” (日本語). Google Cloud. 2019年6月9日閲覧。
  4. ^ “Google Doubles Down on Enterprise by Re-Branding Its Cloud” (英語). Fortune. http://fortune.com/2016/09/29/ggoogle-cloud-branding-g-suite/ 2018年9月8日閲覧。 
  5. ^ ロケーション - リージョンとゾーン” (日本語). Google Cloud. 2019年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]