TensorFlow

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TensorFlow
TensorFlowLogo.png
開発元 Google Brainチーム[1]
初版 2015年11月9日(22か月前) (2015-11-09
最新版 1.2.0[2] / 2017年6月15日(4か月前) (2017-06-15
リポジトリ github.com/tensorflow/tensorflow
プログラミング言語 PythonC++CUDA
プラットフォーム LinuxmacOSWindowsAndroid
種別 機械学習ライブラリ
ライセンス Apache 2.0 open source license
公式サイト www.tensorflow.org
テンプレートを表示

TensorFlow(テンソルフロー)は、幅広い課題にわたる機械学習のためのオープンソースソフトウェアライブラリである。Googleによって開発された。目的は、人間が用いる学習や論理的思考と似たように、パターンや相関を検出し解釈するニューラルネットワークを構築、訓練することができるシステムのための要求を満たすためである[3]。現在は、Googleのサービスの研究と生産に使用されており、以前に使用されていたクローズドソースのDistBeliefの役割をほぼ置き換えている‍[3]:min 0:15/2:17[4]:p.2[3]:0:26/2:17。TensorFlowは元々、2015年11月9日にApache 2.0 open source licenseの下で公開される前に、Google内部での使用のためにGoogle Brainチームによって開発された[1][5]

概要[編集]

C言語C++Python にて利用できる[6]。 対応OSUbuntu/Linux 64-bitとOS X[7]。 処理にGPUを使う事も可能[7]ディープラーニングに対応しており、Googleの各種サービスで広く活用されている。

AndroidiOSRaspberry Pi 向けのコードもGitHub上で公開されている[8]

2017年2月15日に「TensorFlow 1.0」がリリースされた[9][10]

応用[編集]

以下のような用途に利用可能[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b Credits”. 2015年11月10日閲覧。
  2. ^ “TensorFlow Release” (en-US). https://github.com/tensorflow/tensorflow/releases 2017年6月19日閲覧。 
  3. ^ a b c "TensorFlow: Open source machine learning" "It is machine learning software being used for various kinds of perceptual and language understanding tasks" — Jeffrey Dean, minute 0:47 / 2:17 from Youtube clip
  4. ^ TensorFlow: Large-scale machine learning on heterogeneous systems”. Google Research (2015年11月9日). 2015年11月10日閲覧。
  5. ^ Google Just Open Sourced TensorFlow, Its Artificial Intelligence Engine” (2015年11月9日). 2015年11月10日閲覧。
  6. ^ Basic Usage”. TensorFlow. 2016年8月12日閲覧。
  7. ^ a b Download and Setup”. TensorFlow. 2016年8月12日閲覧。
  8. ^ Mobile TensorFlow”. TensorFlow. 2016年8月13日閲覧。
  9. ^ Google、機械学習ライブラリ「TensorFlow 1.0」正式版を初リリース”. Internet watch (2017年2月16日). 2017年2月16日閲覧。
  10. ^ Announcing TensorFlow 1.0”. Google Research Blog (2017年2月15日). 2017年2月16日閲覧。
  11. ^ 米Google発のAIオープンソース「TensorFlow」を使ったデータ分析支援を8月に提供開始”. @Press. 2016年8月12日閲覧。
  12. ^ Comma.ai、高速道路自動走行のデータをオープンソースで公開―低価格の自動運転車に道”. TechCrunch Japan. 2016年8月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]