空撮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スキー場の空撮

空撮(英語:Aerial Shoot)とは、航空機(飛行機・ヘリコプター)等から撮影すること。写真の場合は空中写真ともいう。

報道以外でも、映画撮影などにも利用されている。またヒートアイランドの調査などには赤外線カメラなども使われている。

概要[編集]

朝日航洋の報道取材ヘリ(HBC仕様ベル430
空撮用のマルチコプター

以前は航空機の機内でカメラを肩に担ぎ、身を乗り出して撮影するのが主流であったが、機体からの振動が撮影映像に出やすいこともあり、簡易防振装置として簡易防振装置が出現する。しかし、簡易防振装置でも振動が映像に振動が出ることもあり、ジャイロを搭載したスタビライザーカメラが登場した。

空撮に使用する機体の運行は朝日航洋のような航空事業会社が請け負うのが一般的だが、朝日新聞社では自社で報道機を運行している。

最近では、マルチコプターなどを利用した低高度での空撮も行われるようになった。

主な実績[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

関連項目[編集]

空中撮影に関連した会社の一覧[編集]