ロスト・イン・スペース (2018年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ロスト・イン・スペース』は1965年のテレビドラマ『宇宙家族ロビンソン』に基づき、2018年に公開されたSFテレビドラマシリーズである。航路を外れて宇宙船で遭難した開拓者の家族の冒険を描く。Legendary Entertainment、Synthesis Entertainment、Appleboxによって製作され、ザック・エストリンがショーランナーを務める。

概要[編集]

2046年を舞台とし、選別され植民星に向かうロビンソン家、たまたま行動を共にすることになった乗組員ドン、そして犯罪者のスミスを中心に描く。彼らは思いもかけない別の惑星に飛ばされ、生存のために苦闘する。

1965年のオリジナルドラマに比べると設定は大幅に変更されている。シーズン1は2018年4月13日にNetflixで配信された。2018年5月、シーズン2の製作が発表された[1]

あらすじ[編集]

クリスマス・スターと呼ばれる隕石が落ちて地球は灰に覆われて危機を迎え、選抜された植民者の家族が植民星に移住する。優秀なエンジニアである母モーリーン、父の違う長女ジュディ、次女ペニー、末っ子で長男のウィルは別居中の父で軍人のジョンと共に恒星間宇宙船レゾルートで植民星アルファ・ケンタウリに向かう。だが異星人のロボットがレゾルートを襲撃し、植民者たちはそれぞれジュピター型の小型宇宙船に乗ってレゾルートを離れる。宇宙の裂け目が出現し、レゾルートと多くのジュピター号は見知らぬ惑星のそばに飛ばされ、一部のジュピター号は無事に着陸する。ロビンソン家のジュピター2号は氷河の上に着陸し、ジュディは氷に閉じ込められる。壊れた異星人の宇宙船も不時着しており、ウィルが自己修復を助けた異星人のロボットはウィルにリンクして忠実となり、ジュディの命を救う。

やがてロビンソン家は他の生存者たちと再会するが、その中には身分を偽りドクター・スミスと名乗る犯罪者のジュン・ハリスやレゾルートの技術者ドン・ウエストもいる。他の生存者たちはロボットを恐れるが、逮捕を免れたいスミスはロボットを味方につけようとする。惑星の奇妙な生物に燃料を食い荒らされて全てのジュピター号は離陸が不能となる中、この惑星が恒星とブラックホールの二重星の周りをまわっており、間もなく気温が異常に上昇して生存不可能となることが分かる。ロボットの危険性を知ったウィルはロボットをやむを得ず破壊するが、スミスがロボットの自己修復を助けて自分にリンクさせる。ジョンとドンはジュピター4号を軽量化して離陸し、レゾルートに助けを求めに行くが、スミスがモーリーンの管制を妨害して二人の乗るジュピター4号は爆発する。レゾルートに積まれた革新的なエンジンは、隕石であると報道された、異星人の宇宙船から盗まれたものであり、ロボットは取り返そうとレゾルートを襲ったことが分かる。

惑星の生物の糞から燃料を合成し、他の生存者たちはそれぞれのジュピター号で離陸し軌道上のレゾルートに合流する。スミスの妨害にもかかわらず、ロビンソン家のジュピター2号は軌道上で漂流するジョンとドンを救出する。ロボットはウィルを守って別の異星人のロボットと戦い、船外に消える。ジュピター2号には不時着した異星人の宇宙船のエンジンが隠されており、これが宇宙の裂け目を出現させて、スミス、ドン、ロビンソン家を乗せたジュピター2号は見知らぬ場所に飛ばされる。

キャスト[編集]

メイン[編集]

オリジナルのテレビドラマのロボット(日本名は"フライデー")からデザイン・設定を一新したロボットも登場する[8]

リカーリング[編集]

  • Sibongile Mlambo - アンジェラ・ゴダード : 生存者の女性
  • 祐真キキ - アイコ・ワタナベ : 日本人の生存者
  • ユカリ・コマツ - ナオコ・ワタナベ : 日本人の生存者
  • ケイリー=ヒロユキ・タガワ - ヒロキ・ワタナベ : 日本人の生存者 
  • ラザ・ジェフリー - ヴィクター・ダール : 植民者の指導者
  • Ajay Friese - ヴィジャイ・ダール : ヴィクターの息子

エピソード[編集]

通算
話数
タイトル監督脚本放送日
1"衝撃"
"Impact"
ニール・マーシャルMatt Sazama & Burk Sharpless2018年4月13日 (2018-04-13)

ロビンソン家の乗るジュピター2号は見知らぬ星の氷河に着地するが、宇宙船は氷の下の水中に落下し、モーリーンは足を骨折する。ウィルが補給の電池を取りに水に潜ることを躊躇したため、かわりに潜ったジュディが氷の下に閉じ込められる。ジョンとウィルは氷を解かすためマグネシウムを採掘に行くが、ウィルはクレバスに落下して氷河の麓まで滑り落ちる。ウィルは破壊された異星の宇宙船を目撃し、山火事に襲われる中で壊れた異形のロボットの修復を助ける。ロボットは姿を人間型に変え、ウィル、そしてジュディを救う。


フラッシュバックで、モーリーンが植民者選別試験に落ちたウィルを不正合格させるために何者かと取引をする。恒星間宇宙船レゾルートをウィルが出会ったのと同じ型のロボットが襲い、ある女が怪我をしたドクター・スミスの名をかたり、2人のステーション乗員と共にジュピター型宇宙船に乗り込んで逃げ出す。レゾルートと多くのジュピター号が時空の裂け目にのみこまれる。
2"空に浮かぶダイアモンド"
"Diamonds in the Sky"
ニール・マーシャルMatt Sazama & Burk Sharpless2018年4月13日 (2018-04-13)
ドン・ウェストとスミスは不時着を生き延び、他のジュピター号の墜落現場で、負傷したアンジェラを助ける。雷雲が近づき、スミスはドンとアンジェラを置いて助けを求めに行く。ロボットの助けでロビンソン家はジュピター号を水中から浮上させる。爆発の煙が見えたため、ジョン、モーリーン、ウィル、ロボットは捜索に向かうが残骸しか見つからず、次にロボットの宇宙船の残骸に向かう。船内で見たホログラムの宇宙図から、ジョンとモーリーンは自分たちが別の銀河系に飛ばされたことを知る。一方でウィルはロボットの精神とのリンクにより、今は自分に忠実なロボットがレゾルートを襲ったことを知るが、両親には秘密にする。雷雲を見たペニーは地上車チャリオットで両親らを救い、さらに信号弾で助けを呼んだスミスを拾い、ジュピター号に戻る。スミスはドンとアンジェラのことを秘密にする。スミスが信号弾を盗み出していたため、ドンとアンジェラは救助されないままとなる。
3"侵入者"
"Infestation"
Tim Southamザック・エストリン2018年4月13日 (2018-04-13)

フラッシュバックで、ドクター・スミスの正体は犯罪者のジューン・ハリスと分かる。ジューンは姉のふりをしてレゾルートに乗り込むも、姉の恋人に正体がばれて殺してしまう。ジューンは逮捕されるも、ロボットの侵入の混乱に乗じて逃げ出す。


氷河が崩壊しジュピター2号を破壊する恐れが出る。ロビンソン家は脱出をはかるが燃料漏れが見つかる。燃料を食べるウナギのような生物を見かけたロボットはウィルを守るため、スミスと同じクローゼットに閉じ込める。残りのロビンソン家は宇宙船を離陸させて氷河から抜け出し、森林の間に着陸する。他のジュピター号やレゾルートの信号を受信する。ロボットは、ウィルのために銃を3Dプリンターで製作して渡す。
4"ロビンソン一家参上"
"The Robinsons Were Here"
Alice TroughtonKatherine Collins2018年4月13日 (2018-04-13)
ジョンとモーリーンとジュディは生存者のワタナベ家のジュピター号に行き、保護されていたドン・ウエストに会い、ジュディはアンジェラの手当てをする。13機のジュピター号が無事で63人が生存するが、ウナギのような生物に燃料を食べられていずれも離陸不可能であると聞く。ジョンは、モーリーン、ドンは探索に出て、受信設備とドンの密輸品を含むレゾルートの一部を地上で発見して、レゾルートが通信を受信できない理由を知る。アンジェラと話したジュディはロボットがレゾルートを襲ったことを知り、妹と弟のもとに戻る。危険視されかねないロボットを子供たちは洞窟に隠すが、途中でヴィジャイにロボットを見られる。スミスは子供たちを尾行して洞窟に入り、ウィルに対する不信をロボットに植え付けようとする。夜、ジョンとモーリーンは結婚生活の問題を話し合う。翌朝戻った両親に、子供たちはロボットが出て行ったと嘘をつく。
5"伝えたいメッセージ"
"Transmission"
Deborah ChouKari Drake2018年4月13日 (2018-04-13)

生存者達はキャンプを作って結集し、レゾルートに信号を送るための光源を建設する。日の長さの急激な変化に気づいたモーリーンは観測気球に乗って調査する。スミスはドンに再会し、信号弾を盗んだことをごまかす。レゾルートとの交信を妨害するために、スミスはキャンプの防御に穴をあけ、侵入した生物が光源を破壊して生存者たちを襲う。スミスの求めに応じてウィルは心でロボットを呼び、ロボットが生物を倒す。生存者たちはレゾルートを襲ったロボットだと気づく。


フラッシュバックで、隕石クリスマス・スター落下による灰が地球を覆う危機の中、モーリーンは子供たちと植民に応募すべきかどうか話し合う。
6"追悼"
"Eulogy"
ヴィンチェンゾ・ナタリEd McCardie2018年4月13日 (2018-04-13)
モーリーンはこの惑星がブラックホールと恒星の二重星に引き寄せられて高温となり、生物は死滅する運命にあることをジョンだけに打ち明け、ペニーが立ち聞きをする。ヒロキ・ワタナベも既に気づいている。生存者たちはロボットの処遇を議論し、ウィルが報告を怠らない条件で共存することにする。ジョンはウィルとともにロボットによる犠牲者を追悼し、責任を教える。。惑星の地表はめまぐるしく変化する。ドンはヴィクターと自分が乗ってきたジュピター号の燃料を売る取引をする。ヴィクターはジュディ、ドンらと共に燃料回収に行き、ドンはスミスが偽物である証拠を手に入れてジュディに見せる。夫を亡くしたためロボットを恨むアンジェラはスミスの隠した銃を見つけ、スミスにそそのかされてロボットを撃つ。ウィルは反撃をやめさせるが、ジョンが負傷する。絶望したウィルはロボットに崖から飛び降りることを命じ、ロボットはバラバラとなる。
7"プレッシャーとの戦い"
"Pressurized"
Tim Southamザック・エストリン2018年4月13日 (2018-04-13)
モーリーンはアンジェラの銃が自分たちの3Dプリンターで作られことを突き止め、ウィルはロボットが作った銃を自分が隠したものだと言う。スミスはヴィクターが疑わしいと言う。ロビンソン夫妻はチャリオットを運転中に地殻変動に遭遇し、タールの沼に落ち込む。モーリーンはウィルを不正合格させたことを告白する。ジョンは自分を犠牲にしてモーリーンを救おうとする。モーリーンのアイデアで、二人は観測気球を使って沼の表面まで浮上して助かる。燃料回収から戻るヴィクターらも地殻変動に遭遇し、エヴァンがタンクの下敷きになる。ヴィクターに逆らってドンはタンクを動かすが、燃料の大半は失われエヴァンは死ぬ。ペニーはロボットを失ったウィルを慰める。スミスは崖下でロボットの破片を寄せ集め、ウィルの真似をして自分に忠実なロボットとして自己修復させようとするが上手くいかず、ウィルの記録を調べる。ヴィジャイはペニーから聞いたブラックホールの話を父に打ち明け、ヴィクターは離陸を決意する。
8"軌道を目指して"
"Trajectory"
Stephen SurjikKatherine Collins & Kari Drake2018年4月13日 (2018-04-13)
ヴィクターは乏しい燃料を使い、自分の家族の乗るジュピター4号を離陸させてレゾルートに助けを求めに行こうとする。モーリーンは燃料が不足だと中止を呼びかけ、ジョンが乗り込んで離陸を阻止する。モーリーンは全生存者にブラックホールの状況を説明する。20世紀のマーキュリー計画に倣ってジュピター4号の装備を減らして軽量化し、地上からの管制の下でパイロットが手動で操縦し、レゾルート号に助けを求めに行く計画を立てる。ジュディからスミスの正体を聞いたモーリーンはスミスを閉じ込める。レゾルート号から、ホーキング放射の危険が迫ったために24時間以内に軌道を離れるとの通信が入る。ジョンとドンがジュピター4号に乗り込み離陸する。スミスはウィルを騙して自分を解放させ、モーリーンを殴り倒して管制を妨害し、ジュピター4号は爆発する。
9"それぞれの復活"
"Resurrection"
Tim Southam原案:Daniel McLellan
脚本: Kari Drake
2018年4月13日 (2018-04-13)

フラッシュバックで、隕石"クリスマス・スター"が地球に落ちて灰が地球を覆い始め、モーリーンは早期に発見できなかったことを訝る。レゾルート上で、スミスはエンジンが異星人から盗んだものであると立ち聞きする。


現在、スミスはモーリーンを拘束して異星人の船に連れて行かせる。ジュディは母を探す。ウィルは父親の死を信じず、無線で連絡をとろうとする。ウィルは、洞窟で拾った石が化石化した糞であることを知り、ヒロキ・ワタナベは燃料に転化できるという。人々は洞窟に入り、危険な生物を避けながら糞を集める。異星人の船内で、モーリーンはレゾルートと同タイプのエンジンを見つける。クリスマス・スターは異星人の船であり、政府がエンジンを盗んだことで、地球に危機が及んだこと、ロボットがエンジンを取り戻すためにレゾルートを襲ったことを知る。ウィルは父から無線の連絡を受ける。ジュディはスミスを倒し、モーリーンを救い出す。だが自己修復し、スミスにリンクしたロボットが二人を止める。
10"迫りくる危険"
"Danger, Will Robinson"
デヴィッド・ナッターMatt Sazama & Burk Sharpless2018年4月13日 (2018-04-13)
宇宙船の破片の中で生き延びたジョンとドンには2時間の酸素しか残されていない。他のジュピター号はレゾルートに着く。ロビンソン一家はスミスとロボットを乗せたジュピター2号で後を追い、ジョンとドンを拾ってからレゾルートにドッキングしようとする。チャリオットの下に異星人のエンジンが隠されていたため、軌道上のジュピター2号には重力が存在する。燃料不足を知ったスミスがレゾルートに直行するよう脅したため、モーリーンはスミスとロボットを閉じ込める。スミスとロボットは脱出するが、モーリーンはロボットを貨物室におびき寄せ、ハッチから宇宙に放出する。だがそこに異星人の宇宙船が現れ、ウィルのロボットともう一体の4本腕のロボットが侵入してくる。4本腕のロボットがウィルを襲うと、ウィルのロボットが守って戦い、2体は外へ出る。ウィルは船外に出て故障したハッチを閉じ手動で閉鎖し空気流出を止めて家族を救う。ウィルは手を滑らせて宇宙空間に投げ出されるがジョンに捕まえられる。この間にスミスが銛を発射してジョンとドンを拾っていたことが分かる。だがモーリーンはスミスを幽閉したままとする。燃料の切れたジュピター2号に、ヴィクターがレゾルートを差し向けるが、異星人のエンジンがワームホールを開いてジュピター2号を別の場所に飛ばす。

参照[編集]

  1. ^ Goldberg, Lesley (2018年5月14日). “'Lost in Space' Reboot Renewed for Season 2 at Netflix”. The Hollywood Reporter. 2018年5月14日閲覧。
  2. ^ Andreeva, Nellie (2016年9月28日). “'Lost In Space': Molly Parker To Star In Netflix Series Remake”. Deadline.com. 2017年10月8日閲覧。
  3. ^ a b Andreeva, Nellie (2016年9月20日). “Toby Stephens To Topline 'Lost in Space' Netflix Remake, Maxwell Jenkins To Co-Star”. Deadline.com. 2017年10月8日閲覧。
  4. ^ Ausiello, Michael (2016年9月16日). “Lost in Space: Netflix Remake Casts Falling Skies Alum as Judy Robinson”. TVLine. 2016年9月16日閲覧。
  5. ^ Petski, Denise (2016年12月15日). “'Lost In Space': Mina Sundwall To Play Penny Robinson In Netflix Remake”. Deadline.com. 2016年12月16日閲覧。
  6. ^ Andreeva, Nellie (2016年12月13日). “'Lost In Space': Ignacio Serricchio To Play Don West In Netflix Remake”. Deadline.com. 2016年12月13日閲覧。
  7. ^ Petski, Denise (2016年11月22日). “'Lost In Space': Parker Posey Joins Netflix Series Remake”. Deadline.com. 2016年11月22日閲覧。
  8. ^ Estrin, Zack (2017年11月11日). “Not quite 50 shades of grey, but... Testing metal colors for The Robot at #SpectralMotion. #LostInSpace #Netflix”. Instagram. 2017年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]