原子力潜水艦シービュー号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原子力潜水艦シービュー号
Voyage to the bottom of the sea 1968.JPG
製作者 アーウィン・アレン
出演者 リチャード・ベイスハート
デヴィッド・ヘディソン
ボブ・ドウデル
ヘンリー・カルキー
テリー・ベッカー
デル・モンロー
アーク・ホイッティング
ポール・トリンカ
アラン・ハント
リチャード・ブル
ポール・カー
コンポーザー ポール・ソウテル
ヒューゴー・フリードホーファー
アレクサンダー・カレッジ
モートン・スティーヴンス
マイケル・ハナジン (one episode)
ジェリー・ゴールドスミス (one episode)
レイス・スティーヴンス
レニー・ヘイトン
ネルソン・リドル (one episode)
ハーマン・ステイン (one episode)
ロバート・ドラスニン (one episode)
ハリー・ゲラー
ジョセフ・マレンドア
アーヴィング・ゲルツ (one episode)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
シーズン数 4
話数 110
製作
放送時間 60 分(CMを含む)
製作会社 ケンブリッジ
20世紀フォックステレビジョン
放送
放送局 ABC
放送期間 1964年9月14日 – 1968年3月31日

原子力潜水艦シービュー号(げんしりょくせんすいかんシービューごう、Voyage to the Bottom of the Sea)は、SF映画地球の危機』のテレビドラマ化作品。1964年から1968年まで、アメリカABC系列で4シーズンにわたり110話が放送された。第1シーズンはモノクロ、第2シーズン以降はカラー放送。日本(関東)では、1964年から1965年まで、NET(現テレビ朝日)で第1シーズンが放送され、第2シーズン以降は、1967年から1969年にかけて、東京12チャンネル(現テレビ東京)から、原潜シービュー号 海底科学作戦のタイトルで放送された。

概要[編集]

シービュー号は、ネルソン海洋調査研究所(N.I.M.R:Nelson Institute of Marine Research)の所長、ハリマン・ネルソン海軍提督の設計した、最新鋭の原子力潜水艦。暗殺された初代艦長ジョン・フィリップスに替わり、若きリー・クレーンが艦長に就任。海洋調査の他、諜報活動から、巨大生物や宇宙人との戦いまで、あらゆる任務に挑む、というのが本シリーズのストーリー。

冒頭にもあるように、本シリーズは映画「地球の危機」をテレビドラマ化したもので、同じキャラクターが登場するが、配役は異なっている。例えば、ネルソン提督は、映画ではウォルター・ピジョンが演じた。両者で同じ役を演じたのは、コワルスキー役のデル・マンローのみである。ストーリー自体も連続性はなく、映画と同じ出来事が第2シーズンで起こっているが、経過は少し異なっている。

時代背景は(制作時から見た)近未来が設定されており、登場人物の会話や番組冒頭のテロップで、1973年から1982年までの話であることが確認できる。シリーズは4年間の放送だったが、作中では足掛け10年が過ぎていたことになる。

当時の実情を反映し、近未来の設定であるにもかかわらず、乗組員には女性がいない。乗員以外でも女性のレギュラー出演者がいないため、アメリカのテレビドラマとしては珍しく、女性が全く登場しない回が多くなっている。アーウィン・アレン制作の他のテレビ・シリーズでは、全て女性のレギュラー出演者がいるために、このようなことは起こっていない。また、アジア系は登場するものの、全編を通してアフリカ系アメリカ人が登場しない。これは、当時のテレビ業界(および視聴者)の間ではまだ差別意識が残っており、出演が困難だったためである。このような状況が改められるのは、1966年スタートの「スパイ大作戦」や「宇宙大作戦」の頃からで、アレン作品では1968年スタートの「巨人の惑星」からである。

制作予算の節約のために、シービュー号の航行や戦闘などの特撮シーンは、毎回のように使い回された。映画「地球の危機」からの流用シーンも多い。シービュー号の外観(特に目立つのは観測窓)は、第2シーズンで変更されているが、流用シーンは当然旧型のままなので、前後のつながりに混乱が生じている。その他の映画からの流用も行われ、中でも同じアレン制作の「失われた世界」の恐竜登場シーンは、たびたび使用されている。

本シリーズは、当初はさまざまな任務や冒険に挑んでおり、007映画のヒットに始まるスパイ・ブームの影響を受け、外国などのスパイが艦内に潜入したり、乗組員が諜報活動に従事したりする話も多く作られた。やがて、同じアレン制作の「宇宙家族ロビンソン」が、子供向きの内容にシフトして成功したのを受け、同様の路線転換が行われた。宇宙人や怪物などの登場を増やしたのがそれである。怪物は海洋の巨大生物ばかりでなく、亡霊狼男人魚、蘇生したミイラなど、さまざまなバリエーションが登場し、全くの荒唐無稽な物語と化してしまった。ネルソン役のリチャード・ベースハートは、1956年制作ジョン・ヒューストン監督の映画「白鯨」にも出演した名優だったが、このような状況に苦悩したと言われる[1]。結局、この路線転換は却って視聴率の低下を招き、第4シーズンで終わる。

シービュー号[編集]

ハリマン・ネルソン提督の設計した、最新鋭原子力潜水艦。艦内は3階構造。艦首は透明な観測窓となっているが、非常時には外側の防御シャッターを閉じる(ノベライズ版によると、ガラスではなく「ハーキュライト」製で、たまたま透明なだけだという)。

劇中に出てきた展望室のプレートによると、1972年9月15日建造を開始し、73年6月15日に就航したことになっている。

母港は、ネルソン研究所のあるサンタバーバラ

番組のカラー化に伴い改修がなされ、上下2列だった観測窓が1列になり、展望室とコントロールルームが直結された。また、艦首下部にフライング・サブの格納庫と、その発着口が作られた。

主要装備[編集]

  • 魚雷発射管:4門
  • ミサイル発射管:16門。ポラリス核弾頭ミサイルを発射可能。
  • ミニ・サブ:2人乗り小型潜航艇。気密性はなく、潜水服着用で搭乗する。フライング・サブの登場で、あまり使われなくなった。
  • フライング・サブ:飛行能力を備えた潜航艇。艦首下部の格納庫から発進する。
  • 潜水球(ダイビング・ベル):主にシービュー号やフライング・サブで潜行不可能な深海の探索用。シービュー号本体から、ワイヤーで下ろされる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

企画・制作:アーウィン・アレン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リー・クレーン艦長役デビッド・ヘディスンインタビュー Voyage to the Bottom of the Sea SEASON TWO・VOLUME TWO ASIN B000K7VHYG

関連作品[編集]

  • 『原子力潜水艦シービュー号』 : シオドー・スタージョン著、井上勇訳、創元推理文庫(東京創元社) - 映画『地球の危機』のノベライズ版。絶版。
  • 『シービュー号と海底都市』 : ポール・W・フェアマン著、高橋泰邦訳、創元推理文庫(東京創元社) - 本作のノベライズ版。絶版。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NET(テレビ朝日) 月曜20時枠
前番組 番組名 次番組
原子力潜水艦シービュー号