偕成社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社偕成社
KAISEI-SHA Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
162-8450
東京都新宿区市谷砂土原町三丁目5番地
設立 1936年(昭和11年)11月3日
業種 情報・通信業
法人番号 1011101004375
事業内容 児童書等の出版
代表者 今村正樹(代表取締役社長)
従業員数 40名
外部リンク www.kaiseisha.co.jp
テンプレートを表示

株式会社偕成社(かいせいしゃ)は、日本出版社。主に児童図書を出版している。出版点数は年間約150点で、児童図書出版社としては大手に入る。

出版する書籍の分野は多岐に亘っており、絵本、創作児童文学、翻訳児童文学、科学書等の学習用図書などである。かつて漫画雑誌(コミック・モエコミックFantasy)を刊行していたため、漫画も出版している。

ポプラ社は、数名の元偕成社社員が退社して創業した出版社である。両社には特に紛争はなく、両社を含めた児童図書専門出版社十社が集合して児童図書十社の会(児童図書十社の会)を結成し、共同で営業活動を行っている。

出版社番号は03。岩波書店旺文社朝日新聞社に次いで若い番号。

沿革[編集]

1936年11月3日埼玉県大里郡秦村(現熊谷市)出身で元銀行員の今村源三郎によって、東京都日本橋区で創業。翌月、最初の出版物である『人は何故に失敗するか』(W.ホワイト)を刊行した。今村は当初から児童図書出版社を目指していたが、当初は一般書も多く出版し、その利益で児童図書を刊行していたため、児童図書の点数は比較的少ない。

1945年3月10日東京大空襲で社屋が全焼したため、これ以前の刊行物や、戦前の社員については不明な点が多い。1945年11月に活動を再開。戦後はほぼ児童図書専門出版社となった。1950年、月刊『少女サロン』を刊行。柴田錬三郎山岡荘八などの著名作家の連載を開始させ、一時は15万5千部を記録したが、1955年に廃刊した。この時代、漫画雑誌が台頭してきたため、早めに見切りをつけた形になった。

1965年、本格的な絵本シリーズの刊行を開始。1967年には新社屋(のちの偕成ビル)が竣工。1975年、偕成社文庫を創刊。

1976年、絵本シリーズ『ノンタン』の第1作『ノンタン ぶらんこのせて』を刊行。以後、『ノンタン おやすみなさい』『あかんべノンタン』の順に刊行され、30年以上経った現在も根強い人気を持つロングセラーとなる。

1979年には、月刊『絵本とおはなし』を創刊。この雑誌は1983年に月刊『MOE』と改称し、その後、偕成社の完全子会社であるMOE出版が版元となり、その後再び偕成社発行に戻ったが、1990年代、版元は白泉社に移った。偕成社、MOE出版時代は、月刊絵本とおはなし新人賞、月刊MOE童話大賞、MOEコミック大賞という賞が存在した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]