ジェイムズ・ダレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェイムズ・ダレン
James Darren
ジェイムズ・ダレンJames Darren
2015年
本名 James William Ercolani
生年月日 (1936-06-08) 1936年6月8日(82歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
主な作品
Gidget
『タイムトンネル』
スタートレック:ディープ・スペース・ナイン

ジェイムズ・ダレン[1](James Darren, 1936年6月8日 - )は、アメリカ俳優である。テレビ映画への出演のほか、テレビディレクター歌手としても活動している。本名はJames William Ercolani。

経歴[編集]

1936年6月8日、ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。タレント・エージェントや配役の仕事をしていたジョイス・セルズニックに見出され、当初はアイドル活動をしていた。映画では1959年に『Gidget』にムーンドギー役で出演、テレビでもABCの人気番組『うちのママは世界一』にゲスト出演した。歌手としてもコルピックス・レコードから次々と作品を発表した。最大のヒットとなった『Goodbye Cruel World』(1961年)は100万枚以上を売り上げ、Billboard Hot 100では最高位3位を記録したほか、ゴールドディスクにもなった[2]。1962年の『Her Royal Majesty』もBillboard Hot 100で6位を記録している。当時の映像つきジュークボックス「スコピトーン」でもダレンが歌う「Because You're Mine」が取り上げられた。

この時期の活動ぶりからときどき混同されるが、歌手のボビー・ダーリンとは無関係である。両者が取り違えられやすい要因として、名前や年代が似ており、どちらもアイドルとして芸能活動を始め、同じような歌を歌っていたことに加え、2人とも映画『Gidget』に関係していることが挙げられる。ジェイムズ・ダレンはこの映画で主役のギジェットを演じたサンドラ・ディーの恋人役を演じたのに対し、ボビー・ダーリンはディーの実生活での恋人で、後に結婚した。

第二次世界大戦を扱った1961年の映画『ナバロンの要塞』では従来とは異なる役に挑戦、それまでのイメージの打破を試みた。1964年のアニメーション映画『クマゴローの大冒険 ヨギ・ベア物語』ではヨギ・ベアが歌う劇中歌「Ven-e, Ven-o, Ven-a」の歌声を担当した。1965年には『原始家族フリントストーン』にジミー・ダロック(Jimmy Darrock)役で出演、歌と声を担当した。1966年から放送されたSFドラマ『タイムトンネル』では直情的な科学者トニー・ニューマンの役を演じて成功を収めた。

1970年代にはゲーム番組『Match Game』にパネリストとして出演した。

1983年から1986年まで、ダレンは警察を舞台としたテレビドラマ『パトカーアダム30』にジム・コリガン巡査役でレギュラー出演した。また『刑事ハンター』『特攻野郎Aチーム』といったアクション番組、『ビバリーヒルズ青春白書』『メルローズ・プレイス』といったドラマ番組ではディレクターを務めた。

1998年、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』ではホログラムの歌手、ヴィック・フォンテーンを演じ、歌手としての人気を新たにした。劇中で使われた歌のほとんどはアルバム『This One's From the Heart』(1999)に再録された。このアルバムでは、フランク・シナトラとも親しいダレンがシナトラ風の歌唱を披露している。次作の『Because of You』では、トニー・ベネットについて同様の試みを行っている。

主な作品[編集]

音楽[編集]


シングル[編集]

  • 1959 "Gidget" (US #41)
  • 1959 "Angel Face" (US #47)
  • 1960 "Because They're Young" (UK #29)[3]
  • 1961 "Goodbye Cruel World" (US #3, UK #28)[3]
  • 1962 "Her Royal Majesty" (US #6, UK #36)[3]
  • 1962 "Conscience" (US #11, UK #30)[3]
  • 1962 "Mary's Little Lamb" (US #39)
  • 1962 "Hail to the Conquering Hero" (US #97)
  • 1963 "Pin a Medal on Joey" (US #54)
  • 1965 "Because You're Mine" (US AC #30)
  • 1967 "All" (US #35/US AC #5)
  • 1967 "Didn't We" (US AC #36)
  • 1977 "You Take My Heart Away" (US #52)

アルバム[編集]

  • 1960 James Darren No. 1 (2004年再発売)
  • 1961 Sings the Movies(『ヤング・ハワイ』関連商品)
  • 1962 Love Among the Young(2004年再発売)
  • 1962 Sings for All Sizes
  • 1963 Bye Bye Birdie(マーセルズ、ポール・ピーターセン、シェリー・フェブレーと)
  • 1963 Teenage Triangle(シェリー・フェブレー、ポール・ピーターセンと)
  • 1964 More Teenage Triangle(ポール・ピーターセン、シェリー・フェブレーと)
  • 1967 All(2005年再発売)
  • 1971 Mammy Blue
  • 1972 Love Songs from the Movies
  • 1994 The Best of James Darren
  • 1999 This One's from the Heart
  • 2001 Because of You

Many compilation albums also exist.

映画[編集]

  • 波止場の鼠 Rumble on the Docks (1956)
  • Operation Mad Ball (1957)
  • The Brothers Rico (1957)
  • 草原の野獣 Gunman's Walk (1958)
  • Gidget (1959)
  • The Gene Krupa Story (1959)
  • Because They're Young (1960)
  • 戦う若者たち All the Young Men (1960)
  • 俺の墓標は立てるな Let No Man Write My Epitaph (1960)
  • ヤング・ハワイ Gidget Goes Hawaiian (1961)
  • ナバロンの要塞 The Guns of Navarone (1961)
  • ダイアモンド・ヘッド Diamond Head (1963)
  • Gidget Goes to Rome (1963)
  • 若さでブッ飛ばせ! The Lively Set (1964)
  • 踊れ!サーフィン For Those Who Think Young (1964)
  • Venus in Furs (1969)
  • Magic Tree House series

テレビ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 筈見有弘監修『映画・ビデオ・テレビ外国俳優大事典』芳賀書店、1993年、249ページによる。『世界映画人名辞典』科学書院では「ダーレン・ジェイムズ」の表記。
  2. ^ Murrells, Joseph (1978). The Book of Golden Discs (2nd ed.). London: Barrie and Jenkins Ltd. p. 133. ISBN 0-214-20512-6. 
  3. ^ a b c d Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. p. 141. ISBN 1-904994-10-5. 

外部リンク[編集]