1964年公民権法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1964年公民権法(1964ねんこうみんけんほう、英語:Civil Rights Act of 1964)は、アメリカ国内において人種差別を禁止する法律。1950年代以降にアメリカ国内で活発化した公民権運動を背景として、1964年に連邦議会で成立した。同法は11条からなり[1][2]、職場・公共施設・連邦から助成金を得る機関・選挙人登録英語版における差別と分離教育英語版を禁止している[2]。なお同法は性差別を禁止する条文もあり、アメリカ法におけるセクシャルハラスメントの概念はここから確立した[3]

成立過程[編集]

アフリカ系アメリカ人が選挙権など平等な権利を求める公民権運動が活発化し、これに対抗する警察による暴力によって負傷者を伴う暴動が南部で発生するなどの事態を受け、1963年2月にケネディ大統領が強力な新公民権法を制定するよう連邦議会に求めた[1]

下院を通過した後、上院では500回以上の修正案が提出され[1]、当時の最長記録を更新するフィリバスターなどの妨害を南部議員から受けたが[4]、同年11月22日にケネディに代わって大統領に就任し、人種差別に否定的なジョンソン大統領がこの実現を粘り強く推進し[5]民主党共和党の北部議員による超党派の協力により成立に至った[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c 久保田きぬ子 アメリカの公民権法=1世紀にわたる理性の戦い アメリカ研究Vol. 1968 (1968) No. 2 P 161-172
  2. ^ a b The Civil Rights Act of 1964 - The Civil Rights Act of 1964: A Long Struggle for Freedom | Exhibitions - Library of Congress
  3. ^ 『基礎から学べるアメリカ法』p.190
  4. ^ a b How LBJ Saved the Civil Rights Act - The Atlantic Michael O'Donnell April 2014
  5. ^ 国務省出版物 米国の歴史と民主主義の基本文書大統領演説 公民権に関する声明(1964 年)

関連項目[編集]