宇宙大作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇宙大作戦
Star Trek TOS logo.svg
製作者 ジーン・ロッデンベリー
出演者 ウィリアム・シャトナー
レナード・ニモイ
デフォレスト・ケリー
テーマ曲
作者
アレクサンダー・カレッジ
オープニングテーマ "Theme from Star Trek"
コンポーザー アレクサンダー・カレッジ
ジョージ・ダニング
ジェリー・フィールディング
ジェラルド・フライド
ソル・カプラン
サミュエル・マトロフスキー
ジョセフ・マレンドア
フレッド・スタイナー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 3
話数 79 (エピソード一覧)
製作
製作総指揮 ジーン・ロッデンベリー
プロデューサー ジーン・L・クーン
ジョン・メレディス・ルーカス
フレッド・フライバーガー
放送時間 50分[出典 1]
製作会社 デシル・プロダクション (1966–1967)
パラマウント・テレビジョン (1967–1969)
ノーウェイ・コーポレーション
放送
放送局 NBC
映像 NTSC (480i)
4:3 1080pデジタルリマスター
音声 モノラル, ドルビーデジタル 5.1(デジタルリマスター), DTS-HDマスターオーディオ 7.1(Blu-ray)
放送期間 1966年9月8日 (1966-09-08) – 1969年6月3日 (1969-6-3)
後番組 まんが宇宙大作戦
関連番組 新スタートレック,
スタートレック:ディープ・スペース・ナイン,
スタートレック:ヴォイジャー,
スタートレック:エンタープライズ
外部リンク
The Original Series at StarTrek.com

宇宙大作戦』(うちゅうだいさくせん、Star Trek)は、アメリカSFテレビドラマNBC系列において1966年から1969年まで全3シーズンが放送された。

その後、劇場版やテレビ版の続編などが制作されたため、本作は『スタートレック』シリーズの最初の作品として『Star Trek: The Original Series』、あるいはそれを略した『ST: TOS』や『TOS』という通称で呼ばれるようになった。

概要[編集]

それまでのSFドラマに比べ、人間ドラマとしての側面を強くうち出している。そのため、普遍的なテーマを扱うことが多く、製作から年月が経過しているにもかかわらず十分鑑賞に堪え得るストーリーである物が多い。また、SF作家のジェイムズ・ブリッシュによるノベライズ版も存在する。

登場人物に、アメリカ人アフリカ民族スコットランド人ロシア人アジア人など各民族を配し、女性も主要士官に含めるなど、差別のなくなった時代を描いている。中でも、アフリカバンツー族出身という設定のウフーラを演じたニシェル・ニコルズは、未だ黒人に対する差別意識が強く残る中、黒人の、しかも女性たちに大きな希望を与えたといわれている[1]

放映当時はSF特有の「とっつきにくさ」が災いし、視聴率的にはふるわず、第2シーズンでの打ちきりが囁かれた。ファンによる手紙での継続嘆願運動などにより何とか第3シーズンは放映できたものの、夜8時30分から夜10時への放映時間の変更やそれに伴うドラマの方向性の変更(そして予算削減による内容の質的低下)が視聴率の低下を招き、結局このシーズンをもって打ちきりとなってしまった。 しかしその後、シンジケート再放送が始まると、次第にアメリカ全土でファンを獲得。ニューヨークなど大都市でコンベンションが開かれるようになった。

作品の製作権を持っていたパラマウント映画では、創作者であるジーン・ロッデンベリーに続編の製作を依頼し、新しいテレビシリーズ『スタートレック:フェイズII』が企画される。しかし、1977年に『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』が大ヒットすると、巨匠ロバート・ワイズを監督に迎え、急遽劇場版として製作されることになった。特撮部分の作り直しなどトラブルもあったが1979年末に劇場版は公開され、莫大な製作費の回収さえ至らなかったものの、作品世界を広げ、その後もシリーズが継続して作られる基点となる。

なお、2006年から2009年まで、特撮シーンをCGIに置き換え再合成、画像処理・音響処理を施しHD化したリマスター版がアメリカで放映された[出典 2]ほか、iTunes Storeでも販売されている[出典 3]

ストーリー[編集]

Leonard Nimoy William Shatner Star Trek 1968.JPG

「宇宙、それは人類に残された最後の開拓地である。そこには人類の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない」

23世紀、超光速航行技術を開発した地球人はバルカン人[2]などいくつかの種族と惑星連邦を結成していた。

その惑星連邦を守護し、深宇宙探査・防衛・外交・巡視・救難などあらゆる任務を行うのが惑星連邦宇宙艦隊であり、その宇宙艦隊の最新鋭艦が、カーク船長率いる宇宙船U.S.S.エンタープライズ号であった。

「これは人類最初の試みとして5年間の調査飛行に飛び立った、宇宙船U.S.S.エンタープライズ号の驚異に満ちた物語である」

登場人物[編集]

  • オープニング・ナレーション(ウイリアム・シャトナー)

日本語版の吹き替え[編集]

吹き替えを担当した東北新社によって、スコットの名前が「チャーリー」、ウフーラの苗字が「ウラ」、スールーの苗字が「カトウ」に変更された。このあおりを受けて、第8話「セイサス星から来た少年」に登場する少年の名前も、「チャーリー」から「ピーター」に変更されている。

主要キャスト

役名 第1シーズン 第1シーズン
追録部分
第2-3シーズン 第2-3シーズン
追録部分
ジェームズ・T・カーク 矢島正明
スポック 久松保夫 菅生隆之 久松保夫 菅生隆之
レナード・マッコイ 吉沢久嘉[3] 小島敏彦 吉沢久嘉 小島敏彦
モンゴメリー・スコット
(チャーリー・スコット)
小林修 内海賢二
ウフーラ
(ウラ)
松島みのり
ヒカル・スールー
(ヒカル・カトウ)
富山敬 坂東尚樹 田中亮一
納谷六朗
(一部代役)
パヴェル・チェコフ 井上弦太郎 樫井笙人

その他の出演者

日本では放送時間に合わせ一部シーンをカットした状態で放映され、完全な日本語吹き替え版が存在しなかったが、カット部分を旧版DVDは字幕で補完し、デジタルリマスター版DVDはその部分に追加収録を敢行している。追加録音は各登場人物に可能な限り放映当時と同じキャストを起用しているが、既に故人や引退、他諸事情で代役が声を当てている部分があり、現行DVDは一部で異なる声色や同一声優でも経年変化が散見されるシーンが存在する。

准士官以上は敬称が必須とされる英米海軍伝統に則り、日本語吹き替え版は「ミスタースポック」など人名に敬称が採られ、船医「マッコイ」は「ドクターマッコイ」や「ドクター」と呼称されている。惑星連邦宇宙艦隊階級は海軍に基準しており、「Captain」は「大佐[4]を指し、本作や劇場版で「カーク」は「船長」であり、以後のシリーズは「指揮官」呼称として「艦長」が採られている。

放映状況[編集]

アメリカNBC系列では以下の時間帯に放送された。

  • 第1シーズン 1966年9月8日~1967年4月13日 29話 木曜 20:30 - 21:30 (EST)
  • 第2シーズン 1967年9月15日~1968年3月29日 26話 金曜 20:30 - 21:30 (EST)
  • 第3シーズン 1968年9月20日~1969年6月3日 24話 金曜 22:00 - 23:00 (EST)

イギリスBBCでは子供向けの番組として放送されたため、子供には刺激が強すぎると判断された話は封印作品の扱いを受け、長らく再放送されることがなかった。第12話「400才の少女」、第63話「恒星ミナラの生体実験」、第67話「キロナイドの魔力」、第71話「宇宙の精神病院」がそれにあたる。

日本での放映状況[編集]

日本テレビ系列
1969年4月27日 - 1970年1月11日(29話):日曜 16:00 - 16:55 (JST、日本テレビ)
第1シーズンが日本テレビ系列で放送された。
フジテレビ系列
1972年4月16日 - 1974年3月30日(50話):土曜 7:30 - 8:00 (JST、フジテレビ。ただし1973年7月から同年9月の間は15分繰り上げ)
第2シーズン以降がフジテレビ系列により放送された。フジテレビ系列では『宇宙パトロール』という題名になり、1話を前後に分けて30分番組として放送された。また、この際に一部の吹き替え声優の配役が変更された。なお、富山県では放映権がフジテレビ系列へ移行した後も富山テレビ放送へ移行せず、北日本放送が継続して放送した。
スーパー!ドラマTV
現在[いつ?]ではスーパー!ドラマTVにより『宇宙大作戦/スタートレック』の題名で幾度となく再放送されている。
NHK BS2[出典 4]

各話タイトル[編集]

制作順、本国放映順、日本放送順、リマスター版放送順はかなり異なっている。リマスター版の日本での放送は、2007年からのNHKBS2ではリマスター版本国放送順に近い放送順によって、2008年からのスーパー!ドラマTVではオリジナル版本国放映順によってなされた。また、第16話「タロス星の幻怪人(前後編)」は1965年に製作されたパイロット版「歪んだ楽園」の映像に新たな映像を追加、再構成して作られており、制作順では1話分として計上されている。

逸話[編集]

アマチュアによるパソコンゲーム
本作をゲーム化した『スタートレック』がアマチュアらにより非公式ながら公開され、手軽に遊べる数少ないシミュレーションゲームとして1980年代初期まで人気を博した。
UNIX自体がこのゲームのために企画し設計[1]されたとも見聞されるが、『スペーストラベル』にまつわるエピソードの誤解である。[5]
アメリカ横断ウルトラクイズ
テーマ曲のアレンジバージョン(演奏:メイナード・ファーガソン)が使用された。

脚注[編集]

出典
注釈
  1. ^ 例えば、初のアフリカ系アメリカ人女性として宇宙飛行を行ったメイ・ジェミソンは、ウフーラにインスパイアされて宇宙飛行士を目指したという。また、続編の『新スタートレック』などにも出演しているウーピー・ゴールドバーグも、彼女に影響されて女優の道を歩み出したという。
  2. ^ 以後のシリーズでは「ヴァルカン人」とも表記される。
  3. ^ 日本テレビ版では吉久嘉と誤表記されていた。
  4. ^ 陸軍空軍では「大尉」である。
  5. ^ スペースウォー!』も同様に間違えられる。

外部リンク[編集]

英語
日本語
日本テレビ 日曜16時枠
前番組 番組名 次番組
日曜映画劇場(第1期)
(15:45 - 17:15)
宇宙大作戦
(1969.4 - 1970.1)
フジテレビ 土曜7:15 - 7:30枠
宇宙パトロール
(1973.7 - 9)
フジテレビ 土曜7:30 - 7:45枠
忍者部隊月光(再)
(月 - 土7:30 - 8:00)
【土曜放送廃止】
宇宙パトロール
(1972.4 - 1974.3)
スペクトルマン(再)
(月 - 土7:30 - 8:00)
【土曜放送開始】
フジテレビ 土曜7:45 - 8:00枠
忍者部隊月光(再)
(月 - 土7:30 - 8:00)
【同上】
宇宙パトロール
(1972.4 - 1973.6)
おかあさんの童話
宇宙パトロール
(1973.10 - 1974.3)
スペクトルマン(再)
(月 - 土7:30 - 8:00)
【同上】