ゼフラム・コクレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゼフラム・コクレーン(Zefram Cochrane)はアメリカのSF作品『スタートレック』シリーズの登場人物。「2063年に地球人として初めてワープ技術を発明し超光速航行を成し遂げ、同時にバルカン人とのファーストコンタクトを実現させ地球に新時代を迎えさせた歴史上の偉人」として作中でたびたび言及される。「コクレーン」は亜空間強度を示す物理単位の名称としても劇中にたびたび登場する。

登場作品[編集]

作品名 演技者 備考
宇宙大作戦』 第31話 "Metamorphosis" グレン・コーベット 2267年。カーク船長が長年不明だったコクレーンと遭遇する。
スタートレック ファーストコンタクト ジェームズ・クロムウェル 2063年、ワープ実験の前日。
スタートレック:エンタープライズ』第1話 "Broken Bow" ジェームズ・クロムウェル[1] 記録映像としての登場。未知の文明との遭遇を希望し、深宇宙探査用のワープエンジンの開発を宣言する演説。

作中の経歴[編集]

2032年生まれ。夢想癖のある変人として知られ、ロック音楽とテキーラを愛する。24世紀では「宇宙旅行を夢見てワープドライブを発明した」とされているが、実際の彼は飛行機すら嫌いで旅行は必ず電車で行くタイプであった。

2053年ごろに停戦を迎えたものの6億人の犠牲者を出した第三次世界大戦によって世界が荒廃した時代、コクレーンと彼のチームは亜空間フィールドバブルに包まれた船体が光速を突破することを発見する。無人探査機で超光速実験を繰り返した後、コクレーンは核ミサイルであるタイタンV型ロケットを改造して有人超光速宇宙船の開発に取りかかった。これが人類初のワープドライブ船・フェニックス号である。

2063年4月5日、自らフェニックスに乗り込んだコクレーンはボーズマン(実際にアメリカ合衆国モンタナ州にある町)から宇宙へ向けて発進し、初の有人ワープドライブ実験に成功した。この時のワープサインが偶然地球近くを航行していたバルカンの科学探査船トゥプラナ・ハスに探知される。調査隊は地球人がついに光速を突破する技術を得たことを知り、コースを逆戻りして地球人とバルカン人とのファーストコンタクトが行われた。バルカン人との遭遇によって宇宙に他の生命体がいることを知った人類は争いをやめ、地球人類としての一体感をを持つようになる。そしてその後50年をかけて地球上から戦争や貧困を撲滅した。(劇場版スタートレック第8作「ファーストコンタクト」)

なおバルカン人はこれ以前にも地球を調査していたが、超光速航行が可能な種族にのみ交渉を持つというバルカンの規定にのっとり、正式な接触はなされていなかった。またコクレーンは本来ワープドライブ技術による商業的な成功を目指していたが、次第に自らの技術が地球人の復興に役立つことを自覚するようになる。コクレーンは地球の復興とともに深宇宙探査が可能な高速ワープのための研究を続け、22世紀初頭には光速の125倍の速度が可能なワープ5エンジンの開発研究を目的とした「ワープ5センター」を設立、より実用的な宇宙船開発の礎とした。(スタートレック:エンタープライズ1話「夢への旅立ち」)

しかし晩年、コクレーンはアルファ・ケンタウリ星付近から忽然と姿を消し、行方不明となってしまう。その後、とある星域で瀕死状態となっているところをコンパニオンと呼ばれることになるガス状の知的生命体に助けられ、生まれ変わったかのような永遠の若さを手に入れ、小惑星で生きていくことになった。2267年、ふさぎ込んでいたコクレーンのために、コンパニオンによって呼び寄せられた連邦探査船U.S.S.エンタープライズNCC-1701のジェームズ・T・カーク船長らに発見される。ただしコンパニオンと共生していくことを決めたコクレーンは生存していることをカークらに口止めしたため、公式には行方不明ののち死亡したとされている。(宇宙大作戦38話「華麗なる変身」)

脚注[編集]

  1. ^ 『ファーストコンタクト』からの映像流用で、顔が見えない新作カットのみ別のエキストラで撮っている。