坂口芳貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さかぐち よしさだ
坂口 芳貞
本名 坂口 芳貞[1]
生年月日 (1939-10-02) 1939年10月2日
没年月日 (2020-02-13) 2020年2月13日(80歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府[2]
死没地 日本の旗 日本東京都
身長 175 cm[2][3]
職業 俳優演出家声優
ジャンル 舞台テレビドラマ吹き替えアニメ
活動期間 1960年代 - 2020年
配偶者 坂口玲子(翻訳家、2015年没)[4]
事務所 文学座
テンプレートを表示

坂口 芳貞(さかぐち よしさだ、1939年10月2日[2] - 2020年2月13日) は、日本俳優[5]演出家[5]声優[6]身長175cm[2][3]文学座所属[3]

東京府(現東京都)出身[2][3]北海道大学文学部卒業[7]

人物・来歴[編集]

1963年文学座附属演劇研究所に第3期生として入所[3][8]

1967年に劇団の座員となり[3][8]テレビドラマ舞台などで活動。

2011年から文学座附属演劇研究所所長[8]

桜美林大学総合文化学群教授[9]、同学群の演劇専修長[10] を経て、同大学名誉教授[10]

モーガン・フリーマンの大半の吹き替えを務めており[8][11]、過去にはダニー・グローヴァージェームズ・アール・ジョーンズショーン・コネリートミー・リー・ジョーンズの吹き替えも複数担当していた。

長年担当したモーガン・フリーマンに関しては「クソ真面目かと思うとそうじゃなかったり、声が非常に高いかと思うと急に低くなったり。どこで息を吸ってるのかなと思うくらい息を継ぐ隙もなくて。シリアスさとユーモアがすぐに来るので、この人を吹き替えるのは難しいですね。いつも苦労していますよ」と語っている。フリーマンの演技について『ダニー・ザ・ドッグ』(テレビ東京版)収録時の2007年のインタビューでは「モーツァルトのクラシック、それにジャズとかがすごく似合ってるんだよね。私自身には似合ってないけど(笑)」と話し[12]、12年後である『ウォンテッド』(BSテレ東版)収録時は「老いて益々盛んですね」と感心していた[13]

昔から黒人役が多かったといい、初のレギュラーも『黒いジャガー』のリチャード・ラウンドトゥリーであった。このことに関して「声がハスキーだから乱暴な役が多いんです(笑)」と述べ、二枚目役は昔からあまりなかったものの『冒険者たち』でアラン・ドロンを一度だけ吹き替えたことが印象的であったと述べている[12]

「今後声をアテてみたい俳優は?」とインタビューで聞かれた際には「ニコラス・ケイジがうんと老けたら、その役をやってみたい」と答えており、「それまではね、頑張って長生きしたいですよ」と話していた[12]

2016年に大腸がんを発症し晩年は闘病しながら活動を続けたが2019年末に体調が悪化、翌年2020年2月13日10時9分、大腸がんのため東京都内の自宅で死去[11]。80歳没。遺作は長年吹替を務めたモーガン出演の映画で2019年10月末に収録された『ポイズンローズ[14]。翌月公開された『エンド・オブ・ステイツ』は療養中で出演できず、坂口に次いでモーガンの吹替を担当していた池田勝ニック・ノルティと兼任する形で引き継いだ。

後任[編集]

坂口の役を引き継いだ人物は以下の通り。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

俳優[編集]

ジェームズ・アール・ジョーンズ
ショーン・コネリー
ダニー・グローヴァー
トミー・リー・ジョーンズ
モーガン・フリーマン

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

1979年
1996年
1999年
2001年
2005年
  • MONSTER(カレル・ランケ大佐)
2006年
2007年
2010年
2016年
2018年
  • バキ(ゲリー・ストライダ厶[28]〈初代〉)

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

その他[編集]

  • NHKスペシャル
    • 「日本海軍 400時間の証言」 ※声の出演
    • 「原爆投下・いかされなかった極秘情報」 ※声の出演
    • 新・映像の世紀」第1集「百年の悲劇はここから始まった」 ※朗読
  • NHKドキュメント
    • 野性発見の旅 〜ライオンとアンソニー・ホプキンス〜 (アンソニー・ホプキンス)※ナレーション

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『日本タレント名鑑(2015年版)』VIPタイムズ社、2015年1月28日、166頁。ISBN 978-4-904674-06-2
  2. ^ a b c d e 『日本タレント名鑑(2020年版)』VIPタイムズ社、2020年1月26日、162頁。ISBN 978-4-904674-11-6
  3. ^ a b c d e f 坂口芳貞”. 文学座. 2017年5月11日閲覧。
  4. ^ “翻訳家、坂口玲子さんが死去、75歳”. 産経ニュース. (2015年11月18日). https://www.sankei.com/smp/entertainments/news/151118/ent1511180006-s.html 2020年11月6日閲覧。 
  5. ^ a b 坂口芳貞”. タワーレコード. 2020年6月26日閲覧。
  6. ^ 坂口芳貞”. タレントデータバンク. 2017年5月11日閲覧。
  7. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.543
  8. ^ a b c d 文学座附属演劇研究所 坂口芳貞×植田真介 対談”. ステージナタリー. 2020年2月14日閲覧。
  9. ^ 桜美林大学パフォーミングアーツプログラム【OPAP】
  10. ^ a b 桜美林大学パフォーミングアーツプログラム〈OPAP〉vol.55 「胸騒ぎの放課後」
  11. ^ a b "俳優、坂口芳貞氏が死去 モーガン・フリーマンさんら海外俳優の吹き替えなど". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 14 February 2020. 2020年2月14日閲覧
  12. ^ a b c 木曜洋画劇場2000回記念スペシャル : テレビ東京
  13. ^ 『ウォンテッド』新録版放送決定!収録現場から出演の皆様よりコメントをいただきました!(2019-02-14)
  14. ^ 文学座の説明より
  15. ^ 坂口は前作『エンド・オブ・キングダム』まで担当。今作への出演は療養に伴い叶わなかった為、坂口と同じくモーガンの吹替を多く担当していた池田が役を引き継ぎ、ニック・ノルティが演じたクレイ・バニングと兼任して担当した。
  16. ^ アロー・ブラックが全米を旅する音楽ドキュメンタリー映画『アメリカン・ミュージック・ジャーニー』公開決定”. ビルボードジャパン. 2018年11月29日閲覧。
  17. ^ オブリビオン”. 金曜ロードSHOW!. 2016年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月26日閲覧。
  18. ^ くるみ割り人形と秘密の王国”. ふきカエル大作戦!! (2018年11月30日). 2018年11月30日閲覧。
  19. ^ 最高の人生の見つけ方”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  20. ^ 「テッド2」吹替キャスト第2弾発表、有吉弘行×咲野俊介コンビ再び”. 映画ナタリー. 2015年8月10日閲覧。
  21. ^ ダークナイト”. 日曜洋画劇場. 2016年7月21日閲覧。
  22. ^ RED/レッド〜RED”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。
  23. ^ インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 〜INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRYSTAL SKULL”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。
  24. ^ インデペンデンス・デイ”. 金曜ロードSHOW!. 2016年7月13日閲覧。
  25. ^ ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月16日閲覧。
  26. ^ ハード・ターゲット[吹]|映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]
  27. ^ テレコムアニメーションフィルム公式(@telecom_anime) (2016年2月18日). “メインゲストキャラを演じるのは、モーガン・フリーマンの吹替でもお馴染みの坂口芳貞さん‼︎”. Twitter. 2016年2月20日閲覧。
  28. ^ キャスト・スタッフ”. TVアニメ「バキ」公式サイト. 2018年10月15日閲覧。

外部リンク[編集]