ロミオ+ジュリエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロミオ+ジュリエット
William Shakespeare's Romeo + Juliet
監督 バズ・ラーマン
脚本 バズ・ラーマン
クレイグ・ピアース
製作 バズ・ラーマン
ガブリエラ・マルチネリ
出演者 レオナルド・ディカプリオ
クレア・デーンズ
ジョン・レグイザモ
音楽 ネリー・フーパー
撮影 ドナルド・マカルパイン
配給 20世紀FOX
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年11月1日
ドイツの旗 1997年2月BIFF
日本の旗 1997年4月19日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,500,000
興行収入 $46,000,000 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

ロミオ+ジュリエット』(原題:Romeo + Juliet)は、1996年に製作されたアメリカ映画

シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』が原作で、台詞もそのままであるが、時代設定を現代に変えて、両家の争いをマフィア同士の抗争に置き換えられている。物語の舞台はブラジルのヴェローナ・ビーチ(架空の都市)。そのため、服はアロハシャツを着、高層ビル、剣による決闘ではなく街を巻き込む銃激戦となる。しかし銃のブランド名は"Sword"である。

バズ・ラーマンらしく、過剰なほどのカメラの動きやカラフルな色彩などによって好き嫌いが分かれるが、根強いファンも多い。

レオナルド・ディカプリオがベルリン国際映画祭銀熊賞 (男優賞)を受賞した。

ストーリー[編集]

ヴェローナ・ビーチで最も権力のある二大マフィア、モンタギュー家とキャピュレット家は毎度のこと抗争が絶えず、街を巻き込む銃撃戦が絶えなかった。

そんな中、モンタギュー家の一人息子ロミオはロザラインという女性に思いを馳せていた。一方でキャピュレット家の一人娘ジュリエットは親が決めた相手との縁談を間近に控えていた。そんな中、ロミオは敵対するキャピュレット家でパーティーがあると聞きつけた親友マキューシオに誘われ、仮装してパーティーに乗り込み、そこで出会ったジュリエットに一目惚れをする。

この時までロミオはあのキャピュレット家の娘、ジュリエットであると知らず、真実を知りショックを受ける。しかし、想いを断ち切れないロミオは引き留めるマキューシオを振り切り、パーティー後キャピュレット家に行き、ジュリエットに愛の告白をする。二人は相思相愛となるが、この二人の恋が、両家の争いに大きな変化を与えることとなる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日版 フジテレビ版
ロミオ レオナルド・ディカプリオ 草尾毅 浪川大輔 鳥海勝美
ジュリエット クレア・デインズ 坂本真綾 大坂史子
ティボルト ジョン・レグイザモ 家中宏 森川智之 中尾隆聖
マキューシオ ハロルド・ペリノー・ジュニア 成田剣 後藤敦 桐本琢也
ロレンス神父 ピート・ポスルスウェイト 坂口芳貞 堀勝之祐 阪脩
テッド・モンタギュー ブライアン・デネヒー 廣田行生 宝亀克寿
フルヘンシオ・キャピュレット ポール・ソルヴィノ 富田耕生 渡部猛
グロリア・キャピュレット ダイアン・ヴェノーラ 一城みゆ希
デイヴ・パリス ポール・ラッド やなせさとる 櫻井孝宏
バルサザー ジェシー・ブラッドフォード
サンプソン ジェイミー・ケネディ

外部リンク[編集]